[ リストに戻る ]
No.6585へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all SS置場 - 城 華一郎 - 2010/02/17(Wed) 20:23:41 [No.6247]
お祭りイベント用。へんなのでけた。 - 浅葱空 - 2011/12/11(Sun) 02:32:04 [No.7642]
お祭りイベントていしゅつよーSS - 城 華一郎 - 2011/12/11(Sun) 01:22:42 [No.7640]
晶と煮干の話。 - 三園晶 - 2011/12/10(Sat) 00:50:43 [No.7624]
たなばた - 浅葱空 - 2011/07/07(Thu) 23:08:05 [No.7494]
七夕の奉納 - 城 華一郎 - 2011/07/07(Thu) 22:03:32 [No.7493]
ちょっち - 楠瀬藍 - 2011/06/28(Tue) 23:39:09 [No.7470]
Re: ちょっち - 楠瀬藍 - 2011/07/14(Thu) 02:44:42 [No.7503]
猫士SS2 - むつき - 2011/06/10(Fri) 16:00:19 [No.7415]
(No Subject) - 三園晶 - 2011/06/08(Wed) 22:41:33 [No.7409]
猫士SS(じにあ編) - 楠瀬藍 - 2011/06/05(Sun) 23:45:54 [No.7401]
にゃふにゃふSS - 浅葱空 - 2011/06/05(Sun) 03:04:06 [No.7397]
猫士SS - むつき - 2011/06/04(Sat) 16:15:19 [No.7392]
(No Subject) - 蝶子 - 2011/06/01(Wed) 19:00:01 [No.7379]
フエネシャダイ発売予定記念SS - フエ猫 - 2011/05/01(Sun) 09:45:06 [No.7316]
Re: フエネシャダイ発売予定記念(蝶子さん、お許し下さい!... - フエ猫 - 2011/05/01(Sun) 10:31:06 [No.7317]
Re: フエネシャダイ発売予定記念(城さん、お許し下さい!)... - フエ猫 - 2011/05/01(Sun) 14:51:06 [No.7318]
夜明けのBlue Wheel - 城 華一郎 - 2011/02/12(Sat) 19:48:12 [No.7291]
5970-12895 - 城 華一郎 - 2010/12/07(Tue) 06:15:49 [No.7177]
スーパーオペレーター(書き溜め分+α) - 城 華一郎 - 2010/11/28(Sun) 05:57:11 [No.7133]
ただの古い/そしていつか新しい/モノローグ - 城 華一郎 - 2010/11/28(Sun) 05:09:54 [No.7132]
赤夢 - 城 華一郎 - 2010/11/28(Sun) 04:50:45 [No.7131]
ニューワールドの子供たち−Episode2:Dear My Prince... - 城 華一郎 - 2010/11/24(Wed) 02:45:26 [No.7118]
ニューワールドの子供たち - 城 華一郎 - 2010/11/05(Fri) 22:36:28 [No.7069]
007 - 城 華一郎 - 2010/11/27(Sat) 23:54:36 [No.7126]
006 - 城 華一郎 - 2010/11/26(Fri) 23:41:54 [No.7124]
005 - 城 華一郎 - 2010/11/25(Thu) 23:48:40 [No.7122]
004 - 城 華一郎 - 2010/11/24(Wed) 23:22:01 [No.7119]
003 - 城 華一郎 - 2010/11/23(Tue) 20:46:58 [No.7115]
002 - 城 華一郎 - 2010/11/22(Mon) 21:36:32 [No.7112]
001 - 城 華一郎 - 2010/11/21(Sun) 20:04:50 [No.7110]
秘宝館SS:日向美弥様オーダー - 城 華一郎 - 2010/10/12(Tue) 20:01:26 [No.7028]
後書き - 城 華一郎 - 2010/10/12(Tue) 22:52:42 [No.7029]
NOT秘宝館SS:城 華一郎様オーダー - 城 華一郎 - 2010/10/03(Sun) 15:22:59 [No.7013]
後書き - 城 華一郎 - 2010/10/03(Sun) 15:41:18 [No.7014]
秘宝館SS:蒼のあおひと様オーダー - 城 華一郎 - 2010/09/04(Sat) 16:52:00 [No.6965]
『遺言』 - 城 華一郎 - 2010/06/22(Tue) 11:20:17 [No.6690]
『遺言』(20900102改訂版) - 城 華一郎 - 2010/09/02(Thu) 01:43:12 [No.6958]
秘宝館SS:砂浜ミサゴ様オーダー - 城 華一郎 - 2010/06/17(Thu) 05:10:26 [No.6642]
後書き - 城 華一郎 - 2010/06/17(Thu) 05:28:18 [No.6643]
無限爆愛レンレンジャー:幕間 - 城 華一郎 - 2010/06/04(Fri) 22:44:15 [No.6606]
無限爆愛レンレンジャー:幕間2 - 城 華一郎 - 2010/09/10(Fri) 00:15:20 [No.6974]
赤い刻印 - 城 華一郎 - 2010/05/30(Sun) 20:32:37 [No.6587]
白い感情。 - 城 華一郎 - 2010/05/29(Sat) 16:58:55 [No.6585]
20100527(夕):とある男の姿あり - 城 華一郎 - 2010/05/27(Thu) 17:50:54 [No.6580]
20100521(朝):市民病院裏 - 城 華一郎 - 2010/05/21(Fri) 08:40:11 [No.6572]
『宛先のない恋文』 - 城 華一郎 - 2010/05/10(Mon) 17:55:51 [No.6486]
『宛先のある恋文』 - 城 華一郎 - 2010/11/28(Sun) 06:16:25 [No.7134]
やまなし、おちなし、いみなしな突発もの。 - 遊佐呉 - 2010/05/02(Sun) 02:41:32 [No.6440]
ニューワールドの子供たち−Episode1:World Out Side... - 城 華一郎 - 2010/04/06(Tue) 22:47:27 [No.6342]
1 - 城 華一郎 - 2010/11/24(Wed) 01:36:15 [No.7117]
ニューワールドの子供たち−Episode3:Digital Person... - 城 華一郎 - 2010/04/06(Tue) 22:14:10 [No.6341]
1 - 城 華一郎 - 2010/09/02(Thu) 02:48:01 [No.6959]
2 - 城 華一郎 - 2010/11/24(Wed) 00:46:49 [No.7116]
ミニインタビュー:アイドルに聞く! - 城 華一郎 - 2010/04/06(Tue) 03:20:33 [No.6335]
秘宝館SS:城 華一郎様オーダー - 城 華一郎 - 2010/03/12(Fri) 06:45:15 [No.6285]
後書き - 城 華一郎 - 2010/03/12(Fri) 07:16:33 [No.6286]
鳥物語(1) - 城 華一郎 - 2010/02/27(Sat) 18:10:45 [No.6270]
鳥物語(了) - 城 華一郎 - 2010/06/05(Sat) 00:31:33 [No.6611]
鳥物語(6) - 城 華一郎 - 2010/03/10(Wed) 00:39:40 [No.6284]
鳥物語(5) - 城 華一郎 - 2010/03/04(Thu) 00:43:07 [No.6278]
鳥物語(4) - 城 華一郎 - 2010/03/04(Thu) 00:31:48 [No.6277]
鳥物語(3) - 城 華一郎 - 2010/03/03(Wed) 14:11:09 [No.6275]
鳥物語(2) - 城 華一郎 - 2010/02/27(Sat) 18:20:14 [No.6271]
無限爆愛レンレンジャー:第二話(2) - 城 華一郎 - 2010/02/18(Thu) 00:22:14 [No.6249]
無限爆愛レンレンジャー・楽屋編その1 - 城 華一郎 - 2010/02/17(Wed) 20:25:03 [No.6248]


白い感情。 (No.6247 への返信) - 城 華一郎

白い靄が立ち込めていた。
四ツ辻の真ん中、細い、こよりのような……と言ってもそれは、人型に似て非なる、異形の相を呈していたが……白い靄が、立っていた。
朝まだきの、薄青い世界の中での、ことである。

街角は荒れ果てている。
述べるなら、弾痕で建物を形作る煉瓦が破砕し、生活臭の気配はなく、けれどもどこか生々しい、あの、事件現場に残る白チョークの跡のように、くっきりと、汚濁の存在を感じられる、そんなような有様であった。

這う、一人の女がいる。

木製の、観音開きの扉が割れた、建物の中から這い出して、地に、こすれている。

体を引き寄せる二の腕は抗いの結果に震え、諸肌を出した胸元は、白い肉が潰れて、砂と、泥と、傷と、埃と、血と、まあ、およそ考えつく限りの汚れ方で、痛ましく赤剥けている。

体を装う衣は一直線に引き裂きと破り取りの跡が見られ、要するに、辺りをよどませる汚濁の元凶は、この女の中に、深く打ち込まれたものであり、今や、この女そのものから、立ち上るようにもなっていた。

灰髪の女である。

この国の女、レンジャー連邦の女、西国の女、愛の民の女。

女は這っている。

ここではないどこかを探して、這っている。

四ツ辻に立つ白い靄は、まるで女を待ち望むかのように揺らめいて……

いや。

女を、待ち望んでいた。

/*/

白い、亀裂のようなものが、四ツ辻に走る。
それは立ち込めた靄に生じた歪な亀裂であり、
直接空気を震わす、物理的な鳴動となったが、
それは同時に、明らかに、女の笑い声であった。

『 憎み、ましょう? 』

がらんどうほども大きく微笑む白い声。
その声は、ただの空気の振動にも関わらず、明らかに白く、
虚ろな癖に、とてつもなく明瞭に、響いていた。

『 憎むことより、綺麗なものはなくて、 』
『 憎むことより、強い感情は、ないよ? 』
『 だから…… 』

憎み、ましょう?

/*/

「…………」

這う、女の髪から、色が抜けゆく。

肘で上体を支え、靄を見上げた格好のまま、あんぐりと口を開けた、虚ろに重たい表情が、徐々に白く染まっていく。

焦点のぼやけた瞳の色が、ますますぼやけて瞳孔が広がり、虹彩が、緩んで白く、濁っていく。

汚濁の気配が消えた。

生々しさが女の上から滑り落ちて行く。

代わりに、とてつもなく深まったのは、閉塞感。

瞳は誰を見ることもなく、

耳は誰を聞くこともなく、

唇は誰を問うこともなく、

舌は誰を求めることもない。

完成された孤独が、そこに生まれた。

女は目をつむると、辻の真ん中に、体をあおむけにひっくり返し、横たわった。

/*/

ああ……

ここはなんて白い世界。

まぶしいほどに、何もない。

美しい世界。

私だけの世界。

/*/

イヤナコトガ ナニモオコラナイ世界

/*/

憎悪に依り代を得て立ち上がったのは、白い旋律の女、アドラであった。

「……私は憎しみ、私は愛。」

呟きは艶めかしく、白く、深い。

「私は、」

私を愛さなかった、すべてを奪うために、生まれます。

くぱあ、と、それだけはドギツく赤い舌が、大きく何かを迎え入れるようにして開いた口の中、淫蕩に踊った。

とても、

とても、

嬉しそうに。

まるでそれだけが、生きる証であるかのように。


[No.6585] 2010/05/29(Sat) 16:58:55

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS