[ リストに戻る ]
No.7493へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all SS置場 - 城 華一郎 - 2010/02/17(Wed) 20:23:41 [No.6247]
お祭りイベント用。へんなのでけた。 - 浅葱空 - 2011/12/11(Sun) 02:32:04 [No.7642]
お祭りイベントていしゅつよーSS - 城 華一郎 - 2011/12/11(Sun) 01:22:42 [No.7640]
晶と煮干の話。 - 三園晶 - 2011/12/10(Sat) 00:50:43 [No.7624]
たなばた - 浅葱空 - 2011/07/07(Thu) 23:08:05 [No.7494]
七夕の奉納 - 城 華一郎 - 2011/07/07(Thu) 22:03:32 [No.7493]
ちょっち - 楠瀬藍 - 2011/06/28(Tue) 23:39:09 [No.7470]
Re: ちょっち - 楠瀬藍 - 2011/07/14(Thu) 02:44:42 [No.7503]
猫士SS2 - むつき - 2011/06/10(Fri) 16:00:19 [No.7415]
(No Subject) - 三園晶 - 2011/06/08(Wed) 22:41:33 [No.7409]
猫士SS(じにあ編) - 楠瀬藍 - 2011/06/05(Sun) 23:45:54 [No.7401]
にゃふにゃふSS - 浅葱空 - 2011/06/05(Sun) 03:04:06 [No.7397]
猫士SS - むつき - 2011/06/04(Sat) 16:15:19 [No.7392]
(No Subject) - 蝶子 - 2011/06/01(Wed) 19:00:01 [No.7379]
フエネシャダイ発売予定記念SS - フエ猫 - 2011/05/01(Sun) 09:45:06 [No.7316]
Re: フエネシャダイ発売予定記念(蝶子さん、お許し下さい!... - フエ猫 - 2011/05/01(Sun) 10:31:06 [No.7317]
Re: フエネシャダイ発売予定記念(城さん、お許し下さい!)... - フエ猫 - 2011/05/01(Sun) 14:51:06 [No.7318]
夜明けのBlue Wheel - 城 華一郎 - 2011/02/12(Sat) 19:48:12 [No.7291]
5970-12895 - 城 華一郎 - 2010/12/07(Tue) 06:15:49 [No.7177]
スーパーオペレーター(書き溜め分+α) - 城 華一郎 - 2010/11/28(Sun) 05:57:11 [No.7133]
ただの古い/そしていつか新しい/モノローグ - 城 華一郎 - 2010/11/28(Sun) 05:09:54 [No.7132]
赤夢 - 城 華一郎 - 2010/11/28(Sun) 04:50:45 [No.7131]
ニューワールドの子供たち−Episode2:Dear My Prince... - 城 華一郎 - 2010/11/24(Wed) 02:45:26 [No.7118]
ニューワールドの子供たち - 城 華一郎 - 2010/11/05(Fri) 22:36:28 [No.7069]
007 - 城 華一郎 - 2010/11/27(Sat) 23:54:36 [No.7126]
006 - 城 華一郎 - 2010/11/26(Fri) 23:41:54 [No.7124]
005 - 城 華一郎 - 2010/11/25(Thu) 23:48:40 [No.7122]
004 - 城 華一郎 - 2010/11/24(Wed) 23:22:01 [No.7119]
003 - 城 華一郎 - 2010/11/23(Tue) 20:46:58 [No.7115]
002 - 城 華一郎 - 2010/11/22(Mon) 21:36:32 [No.7112]
001 - 城 華一郎 - 2010/11/21(Sun) 20:04:50 [No.7110]
秘宝館SS:日向美弥様オーダー - 城 華一郎 - 2010/10/12(Tue) 20:01:26 [No.7028]
後書き - 城 華一郎 - 2010/10/12(Tue) 22:52:42 [No.7029]
NOT秘宝館SS:城 華一郎様オーダー - 城 華一郎 - 2010/10/03(Sun) 15:22:59 [No.7013]
後書き - 城 華一郎 - 2010/10/03(Sun) 15:41:18 [No.7014]
秘宝館SS:蒼のあおひと様オーダー - 城 華一郎 - 2010/09/04(Sat) 16:52:00 [No.6965]
『遺言』 - 城 華一郎 - 2010/06/22(Tue) 11:20:17 [No.6690]
『遺言』(20900102改訂版) - 城 華一郎 - 2010/09/02(Thu) 01:43:12 [No.6958]
秘宝館SS:砂浜ミサゴ様オーダー - 城 華一郎 - 2010/06/17(Thu) 05:10:26 [No.6642]
後書き - 城 華一郎 - 2010/06/17(Thu) 05:28:18 [No.6643]
無限爆愛レンレンジャー:幕間 - 城 華一郎 - 2010/06/04(Fri) 22:44:15 [No.6606]
無限爆愛レンレンジャー:幕間2 - 城 華一郎 - 2010/09/10(Fri) 00:15:20 [No.6974]
赤い刻印 - 城 華一郎 - 2010/05/30(Sun) 20:32:37 [No.6587]
白い感情。 - 城 華一郎 - 2010/05/29(Sat) 16:58:55 [No.6585]
20100527(夕):とある男の姿あり - 城 華一郎 - 2010/05/27(Thu) 17:50:54 [No.6580]
20100521(朝):市民病院裏 - 城 華一郎 - 2010/05/21(Fri) 08:40:11 [No.6572]
『宛先のない恋文』 - 城 華一郎 - 2010/05/10(Mon) 17:55:51 [No.6486]
『宛先のある恋文』 - 城 華一郎 - 2010/11/28(Sun) 06:16:25 [No.7134]
やまなし、おちなし、いみなしな突発もの。 - 遊佐呉 - 2010/05/02(Sun) 02:41:32 [No.6440]
ニューワールドの子供たち−Episode1:World Out Side... - 城 華一郎 - 2010/04/06(Tue) 22:47:27 [No.6342]
1 - 城 華一郎 - 2010/11/24(Wed) 01:36:15 [No.7117]
ニューワールドの子供たち−Episode3:Digital Person... - 城 華一郎 - 2010/04/06(Tue) 22:14:10 [No.6341]
1 - 城 華一郎 - 2010/09/02(Thu) 02:48:01 [No.6959]
2 - 城 華一郎 - 2010/11/24(Wed) 00:46:49 [No.7116]
ミニインタビュー:アイドルに聞く! - 城 華一郎 - 2010/04/06(Tue) 03:20:33 [No.6335]
秘宝館SS:城 華一郎様オーダー - 城 華一郎 - 2010/03/12(Fri) 06:45:15 [No.6285]
後書き - 城 華一郎 - 2010/03/12(Fri) 07:16:33 [No.6286]
鳥物語(1) - 城 華一郎 - 2010/02/27(Sat) 18:10:45 [No.6270]
鳥物語(了) - 城 華一郎 - 2010/06/05(Sat) 00:31:33 [No.6611]
鳥物語(6) - 城 華一郎 - 2010/03/10(Wed) 00:39:40 [No.6284]
鳥物語(5) - 城 華一郎 - 2010/03/04(Thu) 00:43:07 [No.6278]
鳥物語(4) - 城 華一郎 - 2010/03/04(Thu) 00:31:48 [No.6277]
鳥物語(3) - 城 華一郎 - 2010/03/03(Wed) 14:11:09 [No.6275]
鳥物語(2) - 城 華一郎 - 2010/02/27(Sat) 18:20:14 [No.6271]
無限爆愛レンレンジャー:第二話(2) - 城 華一郎 - 2010/02/18(Thu) 00:22:14 [No.6249]
無限爆愛レンレンジャー・楽屋編その1 - 城 華一郎 - 2010/02/17(Wed) 20:25:03 [No.6248]


七夕の奉納 (No.6247 への返信) - 城 華一郎

7を、孤独の7つの集まりだと呼んだのは、いつの時代のことだろうか。

「おい! 1人多くないか?」

音。
絶え間なく耳元で唸り続ける獣の咆哮に、負けぬ位の声を張り上げて、振り返った白づくめの先頭が告げる。
獣の名を、風と言った。

アスファルトの戦場。
細く、しなやかな馬たちを駆る7人の騎兵は、馬上で互いに覇を競い合っていた。
それは自然の生み出した優美な肉量の流線にも負けぬ、人の手が育み育てた、人の足で走る現代の馬である。

ロードレーサー。
アマチュアの入門モデルでも僅か7キロ、プロモデルでは、さらに5キロ前後にまで、その金属の馬体は絞られる。かつての馬たちと比べ、凡そ100分の1以下という、恐るべき軽量化が施されている。食らう疾走源はただ一つ、人間の体力という名の情熱だ。

今、騎兵たちは筋肉のこぶを背中に作り、ジョッキーさながらに腹を折り曲げ、前屈し、握りしめたハンドルの、先の先まで顔面を乗り出して体重を前に掛けている。
頭には兜。
落馬では、自らや後続の馬に踏まれて命を危うくすることも多いが、この、婦女子でも片手で持ち上がるほど軽い、最新鋭の馬では、それ以上に、大地という巨人からの、天地を逆さにした踏みつけを、一番恐れている。
ことにロードレーサー乗りたちには、巨人の足裏に対し、最も不安な部位である頭部を晒しているために、専用のヘルメットで身を守ることが、半ば義務づけられている。

今、馬たちの輪状の足が、最新鋭のゴムの蹄鉄で、いかにもか細く地面を掴み、蹴立てて主と共に己が身を突き進ませている。

7つの音が折り重なる。

7つの異なるリズムが織り重なる。

金属の手綱を前後に食んで、二つの足で操る旋回の摩擦が、まるで、この金属製の馬たちの、呼吸の音であるかのように、響きわたっている。

肩と肩が触れ合うほどに密集した7人の騎兵たち。
風という名の獣の腹を、一塊の槍と化して貫くための、それは現代の馬上の槍術であった。

見ている間にも、先頭が次々と入れ替わる。
この獣は、前に進もうとする限り再現なく蘇る、気まぐれで不死身の怪物だ。
挑むにも、合戦の作法が必要なのである。

焔のように赤い鎧の騎兵が先頭に立つ。
この時代の鎧は極めて装甲が薄い。天に、地に、そこいらじゅうに潜む怪物たちの牙の攻撃を、受け流すために特化されているためである。

「入賞は、6人までだし。どのみち、じき、激坂だよ。振り落とされる奴が出るはず」

眼前で、大地の巨人は、その四肢を、見る間に細く、尖らせていく。

山岳という怪物の出現である。
この怪物、風とは異なり、数に限りはあるものの、屈強なこと、この上ない。
頑健な皮膚を貫き通すのに必要な膂力を持ち得る者だけが、挑むことを許される。

先刻と打って変わって、馬のいななきが息苦しい。
その上に乗る騎兵たちの顔も、ことごとくが歪んでいる。
風は顎を緩めたが、誰も脱落する者はいない。

「ああ嫌だ嫌だ最前線。食えないねえ、食えないよ。食えないコースはないって奴らが、一番食えないんだ、ほんと」

黄色の鎧の騎兵が肩をすくめる。
地獄の椅子取りゲームは、どうやらまだまだ終わりを告げないらしい。

「入賞と言わず、いつだって生き残るのは、たった一人――違うか?」

黒い鎧の騎兵が犬歯をむき出し、笑った。

全員つられてそれぞれに、煮えたぎった笑みを浮かべて呼応する。

違いない。

最早誰も身を寄せ合ってはいない。
肩と肩とをぶつけ合うほど、くつわを並べ、しかし、時に追いすがり、引きちぎり、そうしてすれ違う中での、対話である。

聞こえている声もある。聞こえない声もある。
どれも、風がその背に乗せ、耳元まで、運んでくるのだ。
このメッセンジャー、自身の唸り声がうるさすぎて、すこぶる向いていない。

それでも、お互いの意志だけは、感じられる。
確かに、そこに存在していることを、疑いなく信じられる。

「ッたく、お前らの顔なんて見たくもないッつーのによォ!」

緑の鎧の騎兵が忌々しそうにしながら先頭に飛び出る。
馬体が左右にふらふらと揺れ踊り、景観はじりじりとだが移ろいを重ねていく。

「山岳…賞!!」

橙の鎧の騎兵が、すんでで制した。
その横を一陣の青い閃きが滑り落ちる。

「――――後はただ、最速で、一直線に」

青い鎧の騎兵が鋭い槍の切っ先で挑む。
獣を貫き、疲労の鎖を引きちぎり、恐怖の雲を切り裂いて、その切っ先は、ただ一塊の小さな小さな刃となる。

連なる7つの疾走が、余韻をたなびかせて走り抜けた。

息。
ぜいぜいと激しく、しかし、生きづいて。

意気。
どこまでも終わりなく、伸びていく。

7つの騎兵は今日も行く。
命のペダルを踏みしめて、抜きつ、抜かれつ、
輝きて。

終わりなき、7つの競い手たちは、
明日もまた時間の競技を、魂の限りに貫くだろう。


[No.7493] 2011/07/07(Thu) 22:03:32

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS