[ リストに戻る ]
No.8332へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all T20準備スレッド2 - 城 華一郎 - 2017/08/21(Mon) 09:14:35 [No.8293]
連絡用の枝 - 城 華一郎 - 2017/08/21(Mon) 21:24:34 [No.8296]
設置可能生活施設の確認 - 白河 輝 - 2017/09/03(Sun) 02:03:48 [No.8379]
施設数 - 三園晶 - 2017/09/04(Mon) 22:06:13 [No.8399]
Re: 施設数 - 白河 輝 - 2017/09/04(Mon) 22:30:33 [No.8401]
【遠邦さんへ】水道施設の質疑について - 蝶子 - 2017/08/31(Thu) 02:52:28 [No.8363]
質疑結果:OK - 三園晶 - 2017/09/07(Thu) 22:55:53 [No.8409]
●タスク整理0829 - 蝶子 - 2017/08/30(Wed) 01:50:29 [No.8362]
●タスク整理0827 - 蝶子 - 2017/08/28(Mon) 03:11:34 [No.8357]
【修正許可】住居の地形への追記 - 蝶子 - 2017/08/28(Mon) 00:04:31 [No.8353]
●タスク整理0826 - 蝶子 - 2017/08/27(Sun) 03:08:56 [No.8345]
【作業のお願い】白河さん&むつきさん宛て - 蝶子 - 2017/08/27(Sun) 02:49:18 [No.8344]
所在地の追加 - 白河 輝 - 2017/08/28(Mon) 00:14:57 [No.8354]
確認しました - 蝶子 - 2017/08/28(Mon) 00:32:23 [No.8356]
レンジャー連邦駅の修正 - むつき - 2017/08/27(Sun) 20:43:37 [No.8351]
確認しました - 蝶子 - 2017/08/28(Mon) 00:21:08 [No.8355]
【修正報告】レンジャー連邦の特徴的地形 - 城 華一郎 - 2017/08/26(Sat) 08:46:09 [No.8335]
施設の所在地確認 - 三園晶 - 2017/08/26(Sat) 08:07:19 [No.8334]
●タスク整理0825 - 蝶子 - 2017/08/26(Sat) 01:57:45 [No.8331]
藩国基本動作テスト(白河&三園実施) - 白河 輝 - 2017/08/25(Fri) 22:33:03 [No.8329]
藩国動作テスト(プレイ風) - 白河 輝 - 2017/08/25(Fri) 23:01:20 [No.8330]
質疑・高物理資源 - 城 華一郎 - 2017/08/25(Fri) 16:36:06 [No.8321]
タスク整理 - 蝶子 - 2017/08/25(Fri) 01:57:49 [No.8315]
サウドさんの質疑 - 蝶子 - 2017/08/25(Fri) 04:30:52 [No.8317]
考えてる方向性 - 城 華一郎 - 2017/08/23(Wed) 23:24:51 [No.8306]
結論 - 城 華一郎 - 2017/08/26(Sat) 15:49:03 [No.8337]
電子妖精については - 三園晶 - 2017/08/25(Fri) 20:47:17 [No.8327]
Re: 考えてる方向性 - 白河 輝 - 2017/08/24(Thu) 20:47:06 [No.8313]
意見 - むつき - 2017/08/24(Thu) 19:49:36 [No.8312]
意見 - 蝶子 - 2017/08/24(Thu) 16:30:50 [No.8308]
8/23まで 今日のアイドレスより - 三園晶 - 2017/08/23(Wed) 21:48:58 [No.8303]
威信点習得によるオススメ - 白河 輝 - 2017/08/23(Wed) 06:12:43 [No.8301]
部品開発の枝 - 城 華一郎 - 2017/08/21(Mon) 21:23:17 [No.8295]
蒼天・霞型の開発 - 白河 輝 - 2017/09/03(Sun) 23:56:44 [No.8380]
蒼天・霞型の開発できました。 - 白河 輝 - 2017/09/05(Tue) 22:24:45 [No.8402]
修正お願い - むつき - 2017/09/04(Mon) 21:38:38 [No.8398]
レンジャー連邦警察署 - 白河 輝 - 2017/09/03(Sun) 00:05:45 [No.8378]
修正お願い - むつき - 2017/09/04(Mon) 20:53:22 [No.8391]
サウドさん(現在の状態) - 城 華一郎 - 2017/08/31(Thu) 11:17:26 [No.8364]
修正お願い - むつき - 2017/09/04(Mon) 20:45:17 [No.8390]
通信・電話会社(未) - 蝶子 - 2017/08/27(Sun) 03:59:27 [No.8348]
ガス(未) - 蝶子 - 2017/08/27(Sun) 03:58:34 [No.8347]
風営法(未) - 蝶子 - 2017/08/27(Sun) 03:57:24 [No.8346]
民間航空機 - 城 華一郎 - 2017/08/26(Sat) 16:06:29 [No.8338]
レンジャー連邦の伝統的家屋 - 蝶子 - 2017/08/26(Sat) 03:07:12 [No.8333]
電力会社&変電所(未) - 蝶子 - 2017/08/25(Fri) 17:52:14 [No.8326]
Re: 電力会社&変電所(未) - 蝶子 - 2017/08/27(Sun) 04:51:57 [No.8349]
電力会社(施設用) - 蝶子 - 2017/09/01(Fri) 13:04:39 [No.8375]
電力設備(地形用) - 蝶子 - 2017/09/01(Fri) 01:21:48 [No.8373]
えりーとぱいろっと(仮名・予定地) - 城 華一郎 - 2017/08/25(Fri) 16:04:19 [No.8320]
エリートパイロット作成 - 白河 輝 - 2017/08/27(Sun) 12:40:57 [No.8350]
エリートパイロット完成 - 白河 輝 - 2017/09/02(Sat) 00:30:33 [No.8376]
空挺戦隊ハイレンジャー - 城 華一郎 - 2017/08/25(Fri) 15:02:13 [No.8318]
レンジャー連邦空港 - 白河 輝 - 2017/08/25(Fri) 02:30:48 [No.8316]
修正お願い - むつき - 2017/08/28(Mon) 22:33:54 [No.8361]
Re: 修正お願い - 城 華一郎 - 2017/09/04(Mon) 13:10:15 [No.8381]
水道施設・下水処理場(かり) - 遠邦なる - 2017/08/24(Thu) 22:31:00 [No.8314]
作業中:ツッコミ待ち - 三園晶 - 2017/08/25(Fri) 21:41:25 [No.8328]
修正お願い - むつき - 2017/08/28(Mon) 22:02:13 [No.8360]
ウイングオブテイタニア - 城 華一郎 - 2017/08/24(Thu) 16:23:13 [No.8307]
カーボン産業 - 城 華一郎 - 2017/08/23(Wed) 23:17:50 [No.8305]
カーボン産業(研究開発の大部品追加) - 白河 輝 - 2017/08/26(Sat) 01:58:45 [No.8332]
修正お願い - むつき - 2017/08/28(Mon) 21:36:57 [No.8359]
Re: 修正お願い - 城 華一郎 - 2017/09/04(Mon) 13:27:51 [No.8382]
流用申請 - 城 華一郎 - 2017/08/25(Fri) 15:29:01 [No.8319]
ラブホテル - 城 華一郎 - 2017/08/23(Wed) 23:13:33 [No.8304]
【重要】アンケート:生産する資源の対象について - 城 華一郎 - 2017/08/21(Mon) 21:30:53 [No.8297]
終了〜 - 城 華一郎 - 2017/08/23(Wed) 09:22:10 [No.8302]
案2に一票 - 九護照 - 2017/08/21(Mon) 23:51:57 [No.8300]
案2ですかね - むつき - 2017/08/21(Mon) 23:21:02 [No.8299]
案2に挙手 - 白河 輝 - 2017/08/21(Mon) 22:24:31 [No.8298]


カーボン産業(研究開発の大部品追加) (No.8305 への返信) - 白河 輝

中に研究開発の大部品を追加しました。

JSON:http://0ranger.webspace.ne.jp/bbs/0ranger_tree_r_124.html


*部品構造

-大部品: カーボン産業 RD:87 評価値:11
--大部品: 炭素繊維 RD:15 評価値:6
---大部品: 開発経緯 RD:4 評価値:3
----部品: 航空機での使用
----部品: 燃料生産の副産物が素材に
----部品: 東都大学との産学連携
----部品: PAN系技術の封印
---大部品: 基本特性 RD:5 評価値:3
----部品: 軽量
----部品: 物理強度
----部品: 化学的安定性
----部品: 導電性
----部品: 断熱性
---大部品: 特徴 RD:2 評価値:1
----大部品: ピッチ系 RD:2 評価値:1
-----部品: 等方性
-----部品: メゾフェーズ
---大部品: 製品 RD:3 評価値:2
----部品: 混練素材
----部品: 成形部品
----部品: 合成樹脂系
---部品: 加工工程
--大部品: 特殊炭素素材 RD:3 評価値:2
---部品: 不浸透性黒鉛
---部品: 高純度処理黒鉛
---部品: 黒鉛シート
--大部品: 研究開発 RD:4 評価値:3
---部品: 研究所
---部品: コスト削減計画
---部品: 応用研究
---部品: カーボンナノファイバーの開発
--大部品: 産業設備 RD:65 評価値:10
---部品: 燃料生産地との一体化
---部品: 炭化炉
---部品: 黒鉛化炉
---大部品: 生産工場 RD:62 評価値:10
----大部品: 基本的な機能 RD:42 評価値:9
-----部品: 保安・防災
-----部品: 広報
-----部品: 環境対策
-----部品: 経理
-----部品: 事務
-----部品: 安全管理
-----部品: イベント運営
-----部品: 慶弔
-----部品: 契約管理
-----部品: 衛生管理
-----部品: セキュリティ管理
-----部品: 営業設計
-----部品: 受注営業
-----部品: 工場営業
-----部品: 製品企画
-----部品: 基本設計
-----部品: 詳細設計
-----部品: 生産工程管理
-----部品: 加工・組立技術開発
-----部品: 生産システム開発
-----部品: 工程計画
-----部品: 原材料調達
-----部品: 中間製品の購入
-----部品: 加工作業
-----部品: 組立作業
-----部品: 製品検査
-----部品: 梱包作業
-----部品: 出荷作業
-----部品: 検査技術の開発
-----部品: サービス部品受注・発送
-----部品: 製品の保守・点検
-----大部品: ライン生産方式 RD:3 評価値:2
------部品: ライン生産方式とは
------部品: 作業者の熟練度の影響が小さい
------部品: 大量生産向き
-----大部品: セル生産方式 RD:5 評価値:3
------部品: セル生産方式とは
------部品: 多品種少量生産向き
------部品: 少量の材料から生産可能
------部品: 生産ボリュームの変更に対応しやすい
------部品: 作業者の士気向上
-----大部品: 機能別生産方式 RD:3 評価値:2
------部品: 機能別生産方式とは
------部品: 生産計画や仕様への対応力が高い
------部品: 設備稼働率向上
----大部品: 基本的な工場施設 RD:12 評価値:6
-----部品: 事務所
-----部品: 企画・設計室
-----部品: 資材・原料貯蔵施設
-----部品: 加工施設
-----部品: 組立施設
-----部品: 検査施設
-----部品: 出荷施設
-----部品: 廃棄物処理施設
-----部品: 廃棄物保管所
-----部品: 自家発電施設
-----部品: 福利厚生施設
-----部品: 社宅・寮
----大部品: 基本的な職掌 RD:7 評価値:4
-----部品: 工場長
-----部品: 事務員
-----部品: 営業員
-----部品: 開発設計者
-----部品: 生産技術者
-----部品: 技能者
-----部品: 作業者
----部品: 生産工場の流用実績



*部品定義

**部品: 航空機での使用
レンジャー連邦では兵器・産業の双方において航空機の開発に注力しており、炭素繊維は機体の素材として用いられてきた習慣があった。これを、自前で生産するのみに留めず、本格的に高物理資源として産業化できないかというのが、産業勃興のきっかけであった。

**部品: 燃料生産の副産物が素材に
レンジャー連邦に存在する燃料生産地は石油系である。この石油を精製して生まれる副産物に、ピッチ(歴青)がある。
アスファルトや接着剤にもなる汎用性の高い石油化合物だが、この他にも、ピッチは炭素繊維の原料ともなるのである。
原料の輸入なしで採掘から加工までを一貫化出来るため、高効率化が望める。これは、いける。

**部品: 東都大学との産学連携
カーボン産業は、工業をその専門分野に持つ東都大学との産学連携により、その歩みを加速し、また、発生するであろう諸問題への先行研究と対策までをプロジェクトに組み込むこととなった。

**部品: PAN系技術の封印
ピッチ系を主体とするレンジャー連邦の炭素繊維工業だが、本来は特性の差異や、輸入しての加工産業を備えておくことで、国内だけではない、全世界的なチェーンへの発達を見越し、PAN系技術の導入も可能であった。これを意図的に封印したのは、化学的な工業の過度な発達による汚染の重度化を嫌ったためである。

**部品: 軽量
カーボン素材は、金属よりも優れた特性が多々ある上に、軽いのである。
単一成形は勿論、素材として混ぜ込むだけでも大幅な軽量化が見込める。
輸送のコストが減るのは、どんな局面でも歓迎すべき長所だ。

**部品: 物理強度
カーボン素材は単純に強靭である。
鉄を例に挙げるなら、引っ張られて破断するまでの強さを測る指数・引張強度から導き出される比強度は10倍、変形しにくさを測る指数・比弾性率から導き出される比弾性率は7倍にも及ぶ。

**部品: 化学的安定性
カーボン素材は化学的に安定しており、疲労しにくく、錆びず、熱にも強い。
これは、炭素の分子構造的安定の高さに加え、そもそもの加工過程に高温で蒸し焼いて不純物を取り除く工程があるからである。

**部品: 導電性
本体そのものの導電性の高さに由来し、粉末状にして練り込む『混練』のための素材として、少量で導電性を高め、かつ、混練もスムーズに行えるような分子構造の素材開発が行える。

**部品: 断熱性
優れた低熱伝導性を元に、各種の炉の素材になるほどの断熱性が構築可能である。
素材中に生じる孔の数と大きさに焦点を絞ることで、これを更に精密に制御する。

**部品: 等方性
紡糸化した後、繊維として加工した状態のピッチ。
熱処理を経たメゾフェーズ状態とは異なり、扱いやすく、コストパフォマンスに優れている。

**部品: メゾフェーズ
等方性の繊維にまで加工したピッチを、さらに熱処理を加えることで、液晶状態に分子構造を変化させたもの。
優れた振動減衰性を持ち、それまでと一転して高い熱伝導率を持つようになる。また、熱膨張率もより低くなる。

**部品: 混練素材
各種の素材と混ぜ合わせることで、カーボンの特性を付与する目的で開発された商品。
目的に応じて分子構造単位で開発しており、総じて黒系の色名を与えられる。
主にはミルド(粉にした状態)とチョップ(繊維を短く切った状態)がある。

**部品: 成形部品
炭素繊維を編み込み、成形することで、様々な形状を持たせられる。
部品工場を持つレンジャー連邦らしく、実用では航空機の大型部品から、研究段階ではカーボンナノチューブを用いた半導体構築まで、大小様々なスケールで取り扱っている。

**部品: 合成樹脂系
混練素材の主な用途の一つ。
合成樹脂に混ぜ込みつつ、対象の各所へと浸透させることで、カーボンの皮膜を与える。
炭素繊維強化プラスチックとも呼ばれる。

**部品: 加工工程
1.石油の生成過程で生じた重質油を改質・精製してピッチ化
2.ピッチを溶融することで、再度の溶融が起こらないように安定化
3.二度に渡る熱処理で純度を高め、炭素繊維化
4.表面処理し、サイズを用途別に整える

**部品: 不浸透性黒鉛
化学的安定性の高さを長所として伸ばし、化学装置用の構造材料とした商品シリーズ。
大型一体成型を売りとしている。継ぎ目がなければ漏れる心配もないという訳である。

**部品: 高純度処理黒鉛
半導体を作る環境にもカーボンは活躍する。
化学的安定性に加え、高純度な単一素材で装置を形成することによって、化学的にクリーンな環境を整えられるのである。

**部品: 黒鉛シート
シート状にすることで、耐蝕性の高い素材を柔軟な用途に向いた状態にした商品シリーズ。
密閉素材に適している。

**部品: 研究所
関係分野を研究するための研究所。この場所でカーボンに関する研究開発や産業構造の策定なども行っている。

**部品: コスト削減計画
カーボン産業における各工程のコストを計算、そしてその低減を策定し計画、実行を行う事で、産業としての地盤を固める。

**部品: 応用研究
カーボンの元素構成上、ダイヤモンドと変わらない。このような単体変化や組合せによるカーボンの応用方法を研究する。

**部品: カーボンナノファイバーの開発
カーボン繊維の更に細い0.4〜50nmほどの極細の繊維のことである。炭素をナノメートル単位まで細くし、編み込んでいく事で従来のカーボン繊維よりも軽く強靭な素材とする技術。
ここでは、カーボナノファイバーの伸び代や応用を研究している。

**部品: 燃料生産地との一体化
石油精製で生まれるピッチを、流れを止めることなく利用するために、工場の再設計と段階的な増改築・リプレース・新造を進めた。
水や、水にいつかは染み渡る土壌に汚染のないよう、就業者の健康および環境面への配慮を重点的にみた設計となっている。

**部品: 炭化炉
水分を絞り、純粋な炭素とするための炉。
炭素繊維化の過程においては、1,000〜1,500度、不活性ガスの中で加熱処理する。

**部品: 黒鉛化炉
炭素繊維製造においては不活性ガスの中で熱処理を行うが、最大3000度にも達する高熱を与えられる点で、炭化炉と大きく異なる。
黒鉛結晶化を進行させることで、炭素繊維の種々の化学的特性が育っていくため、不可欠。

**部品: 保安・防災
火災報知機や施錠の確認、電気パラメーターの確認などを行うと共に定期的な巡回やメンテナンスにより施設全体の保全を図る。これにより施設全体の安全を確実なものに近づけ、安心して働ける環境を作ることに腐心する。また災害時に備え消化、緊急呼び出し、通報など各種防災訓練を行う。さらに工場の立地、業務内容によりさらに追加の対応訓練を企画・実施する。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

**部品: 広報
工場での生産活動の発信や製品アピール、イメージアップなど情報発信に関する業務を引き受ける表の顔である。彼らが働くことによって製品の情報は各方面に発信され、営業部や開発部、強いては工場全体の為の一般社会のイメージを作り上げてくれるのだ。不信・不安を抱かれないよう地域社会と良好な関係を築くためにも重要な業務である。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

**部品: 環境対策
公害は工場の運営を阻害する要因の一つである。環境の悪化は規制の締め付けや環境保護団体による業務妨害、訴訟などの問題を引き起こし、同時に周辺環境の悪化によって様々な悪疫を及ぼす。これらを防ぐための対策を立て、工場が規制水準を上回る汚染を引き起こさないよう管理し、自然を維持する為の様々な努力を行うのが彼らの仕事である。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

**部品: 経理
経理業務は工場を支える動脈である。お金を管理する事ができなければ資材を購入する事も従業員に給料を払う事も出来ず工場を維持する事が出来ない。収入と支出の状態を管理し適切なお金の管理を行う彼らこそ、工場を支える最重要業務の1つだといえるだろう。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は経理部として単独部署となることもある。

**部品: 事務
工場においても一般企業と同様、来客・電話対応、各種書類整理、作成、データ入力、請求書や納品書のチェック、取引先への連絡等の一般事務作業全般が発生する。それに加えて工場ならではのお材料の仕入れや管理といった業務も追加されることがある。勤務者には基本的なビジネスマナーができていること、PC等データ管理機器の操作能力が求められる。主に総務部の業務。

**部品: 安全管理
従業員の健康を守り、工場内の環境を保つ業務。日頃から効率優先での超過作業やマニュアルを無視した作業などの危険要因を監視・排除し、労災や事故の発生を防ぐ。労働環境の改善によって従業員のモチベーションを高める他、ミスや事故による作業中断を回避して結果的にコストカットにも繋がる。主に総務部の業務。

**部品: イベント運営
従業員の士気を高めるためにも、外向けの展示会をするにもイベントの開催は必須である。彼らは広報や運営部、企画部と連携し様々なイベントや展覧会を企画運営する事で士気を高め、商売を作り出す手助けをするのが仕事である。主に総務部の業務。

**部品: 慶弔
工場勤務者の中に不幸があった場合、近親であれば一定の休暇と見舞金が払われるのが通例となっている。これらが満たされない工場であれば、勤務者の不満が大きく高まり勤務態度の悪化や離職する者が現れる。主に総務部の業務。

**部品: 契約管理
基本的に外部との交渉は全て契約という形で書面化され保存される。これを保管・分類し検索・閲覧性を高めておくことで各部署からの確認や契約更新作業等を効率化することができ、トラブルや情報漏えいの可能性を引き下げることができる。管理業務の他、問題が起きた場合の法的な手続きの業務も兼ねる。主に総務部の業務。

**部品: 衛生管理
製品が使用者に触れる部分の衛生状態を管理する業務。食品、化粧品、医薬品などでは特に食中毒や異物混入を防止する必要があるために重要な作業。整理・整頓・清掃・清潔・躾の5Sが基本となる。主に総務部の業務。

**部品: セキュリティ管理
工場の物的・知的財産を外部の脅威から守るためにセキュリティ管理が求められる。工場への入退場管理、個人情報・機密情報の管理、不良製品の発生防止、搬出入エリアの入退場管理、外周エリアの管理・警戒などその業務は多岐に渡る。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

**部品: 営業設計
顧客ニーズを調査し、どのような仕様の製品をどのくらいの価格で提供することができるか検討・準備する業務。必要に応じて客先に出向いてのプレゼンや仕様の提案も行う。顧客の提示要件に基いて価格、技術仕様、体制、スケジュール、財務など様々な資料を作成する能力が求められる。主に営業部の業務。

**部品: 受注営業
一般に営業業務のイメージである、実際に受注を取ってくる業務。顧客の需要動向を把握し、積極的に顧客の需要を喚起するとともに受注に結びつけなければならない。安く引き受け過ぎれば従業員や会社が傾くことになるが高く受けすぎても今後につながらない可能性がある。彼らの仕事に関する知識と交渉、そしてバランス感覚は仕事を回す上で必須なのである。主に営業部の業務。

**部品: 工場営業
受注後の契約履行業務。製造過程での顧客の要求を製造部門に伝え、各部門との折衝を行い適正な利益確保に務める。工場内コストの取り纏めや部署間の情報共有サポート、納期の調整、追加・変更契約時の商務取り纏めなど、顧客と工場間を取り持って作業が円滑に進むよう調整する。納入後の保証期間内における瑕疵・トラブル対応も行う。主に営業部の業務。

**部品: 製品企画
顧客のニーズをもとに製品コンセプト、仕様、開発と販売の計画を立案する作業。誰のためになぜ製品を作るのかを考え、そこから製品がどのようなものであるか、技術的にどのように実現するのかを計画する。仕様が決まれば開発担当者と期間、開発費用を決定し、製品の販売価格、場所、個数、期間をどのように設定すれば採算性があるのかを計画して初めて実際の設計作業に入ることになる。企画部もしくは設計部の業務。

**部品: 基本設計
製品企画で決定された仕様を実現するために、製品全体をどのような構造にするかを決定する作業。複雑な構造を持つ製品の場合はさらに詳細設計が必要になることもある。詳細設計が必要になる場合はこの段階でデザインレビュー(設計審査)が行われ、各部署の経験豊富な専門家を集めて問題を抽出、問題があれば改善してから次の詳細設計に進む。業種によっては構想設計とも呼ばれる。基本設計は後々の生産の段階を予想しながら設計する必要がある。これは設計の上流で発生した問題が隠れたまま生産に近い段階で発覚すると修正に大きなコストが掛かるためである。設計部の業務。

**部品: 詳細設計
詳細設計では基本設計に基づいてさらに具体的な構造、寸法を決めていき実際に製品が製造できる所まで具体化していく。設計部の業務。

**部品: 生産工程管理
顧客から依頼された所定の製品を所定の数量・品質・原価で所定の納期に納品できるよう、工場内で製造設備、労働力、資材等のリソースを効率的に活用するよう管理する活動。工程計画と工程統制からなる。生産管理部、もしくは製造部の業務。

**部品: 加工・組立技術開発
実際の製品を開発する前段階として、製品を製造するための技術開発はものづくりのために重要な要素である。製造の効率、安全性、難易度など様々な技術開発が行われる。生産管理部、もしくは製造部の業務。

**部品: 生産システム開発
生産システムとは需要というインプットに対して製品をアウトプットするためのシステムであり、人・設備・空間(工場)・情報をやりとりする仕組みの4要素で成り立っている。生産システムの組み立て方によって製造の効率は劇的に変化するため、生産システムは常に見直しとアップデートが必要なのである。主に生産管理部の業務。

**部品: 工程計画
製品をいつ、どのように生産するかを決める計画。生産手順を決定し、生産に必要な工数を算出、日程と比較して生産能力に対する負荷を割り出し、過不足を調整する。主に生産管理部の業務。

**部品: 原材料調達
加工もしくは組立のための実体としての材料及び副資材を調達する業務。社内各部署からの要請に基づいて適正な品質のものを最適なコストで調達し、最適な在庫を保持することが求められる。資材調達部の業務。

**部品: 中間製品の購入
原材料から部品を製造するのではなく、他企業の製造した製品を購入して部品として組み込む、または材料として使用すること。優れた技術力の部品メーカーが存在している場合、その部品を組み込むことで品質保証や技術的な検証などの重荷から解放されて自社の製品の品質に注力出来るため、日頃から優秀な発注先を確保することが競争力に繋がる。場合によっては独自仕様で特注品を製造してもらうこともある。資材調達部の業務。

**部品: 加工作業
製品の仕様、設計に従って原材料を部品に加工する作業。業種によって異なるが、種々の道具、あるいは加工機を用いる。製造部、もしくは加工部の業務。




**部品: 組立作業
部品を設計通りに組み立て・組み付けする作業。組み立て工具、治具、検査器具等を用いて作業を行う。一部加工工程や検査工程を含む場合もある。生産方式によって必要な熟練度が異なる。製造部の業務。

**部品: 製品検査
製品・部品に不具合や数量過不足がないか確認する作業。目視検査、外観検査、寸法検査、性能検査など業種により様々な検査が行われる。検査方法も人力によるものと機械によるものがあり、検査も全数検査の場合と抜き取り検査の場合がある。抜き取り検査の場合は製品の品質は統計学的に保証されるが、不良の数量が増えてきた場合は対策を打ち、工程能力が向上するまでは全数チェックに戻すといった、生産現場の状態への柔軟な対応が求められる。業種によっては出荷先担当者による立ち会い検査を行う場合もある。検査・品質保証部の業務。

**部品: 梱包作業
製品が輸送時に破損・汚損しないようにパッケージングする業務。製品の梱包に必要な資材としては小型であれば箱、緩衝材、説明書類、製番を示すシール類などである。一方で大型の製品であれば木材で出来たパレットの上にボルトで固定してカバーをかぶせるなど、形と大きさに合わせた対応が必要となり、それなりの手間が掛かる。製造部が製造の一環として行う場合と、梱包・出荷部が行う場合がある。

**部品: 出荷作業
検査・梱包された製品を出荷・納品する作業。工場における最終工程であり、検収書を受取り納品を行うことで工場の業務は完了となる。出荷する製品は出荷場に一旦仮置きされるが、専任の責任者、スタッフが配置と在庫管理を引き受ける。

**部品: 検査技術の開発
製品の検査の場合、検査に時間が掛かっては生産に追いつかないため検査工程は製品毎に設定し製造のタクトタイム内に済むことが求められる。全数検査の場合は検査装置を用意し、全て自動で検査を行い、結果の確認のみで済ませることが理想的となる。抜き取り検査の場合は検査装置をマニュアルで使用することで十分な場合もある。

**部品: サービス部品受注・発送
アフターサービス業務の一つ。サービス部品とは納入した製品の補修・交換用部品のことであり、これの受注・発送も重要な業務の一つである。サービス部品は製品の生産が終わってからも(製品種類により異なるが)一定期間生産・保管する義務がある。製品本体の品質もさることながら、サービス部品対応も製品の信頼に繋がる重要なファクターである。

**部品: 製品の保守・点検
アフターサービス業務の一つ。小型の製品であれば保守・点検は工場に送付の上で行われるが、大型の製品の場合はサービスマンを派遣して行う場合もある。業種によっては保守・点検要員を営業所や納品先に常駐させることもある。

**部品: ライン生産方式とは
ラインに乗せた製品をコンベアなどで流しながら組み立てる方式。いわゆる流れ作業。製造工程に従って設備・人員を配置する。単一製品を大量に生産するのに向いている。

**部品: 作業者の熟練度の影響が小さい
作業者一人一人の作業は数点の部品組み付け・加工といったものであり職人的な技量は求められない。作業者の熟練度が上がるとライン速度を上げることができ、生産効率が向上する。

**部品: 大量生産向き
ライン生産方式では工程1つあたりのサイクルタイムを揃えて単一製品もしくは同一工程の製品を連続して生産するため、最も仕掛り品が少なく、リードタイムも短くすることができる。

**部品: セル生産方式とは
ライン方式と機能別生産方式の中間の生産方式。一人、または少数の作業者チームでミニラインを作り、製品の組立工程を完成(または検査)まで担当する方式。作業者の周りを部品や作業台がコの字に囲むことからセル(細胞)と呼ばれる。作業者は全工程を行うために高いスキルレベルを持っている必要がある。

**部品: 多品種少量生産向き
個々のセルで異なる品目を扱え、部品・工具棚を交換すれば別品目への段取り変更が終わるために多品種少量生産に適している。

**部品: 少量の材料から生産可能
1品目1セルから生産可能であるため、ライン方式のように大量の材料を抱える必要がなく、工程間在庫も少なくて済む。

**部品: 生産ボリュームの変更に対応しやすい
需要の高低によって稼働セル数の増減が容易に行え、休止させたラインの他品目への変更も可能なので遊休スペースの発生も減らせる。

**部品: 作業者の士気向上
セル生産方式では商品完成の実感を得やすいことやスキル向上が作業量と品質の向上に直結するために作業者の士気が上がりやすい。

**部品: 機能別生産方式とは
別名ジョブショップ方式。同種の機能や性能をもつ設備をグルーピングして工程を編成し、製品別に必要な工程間を運搬して生産を行う方式。品種ごとに専用レイアウトを設けないために多品種少量生産に向いているが、加工経路が長くなる、管理が煩雑となる、生産リードタイムが大きくなり仕掛品が増加するといったデメリットもある。

**部品: 生産計画や仕様への対応力が高い
製品が必要な工程だけを選択して通ることから生産計画や仕様が変化しても設備やレイアウトを変更する必要がないため、柔軟に対応できる。


**部品: 設備稼働率向上
各工程グループが品目専用レイアウトとなっていないため、設備の稼働率が他方式に比べて非常に高くなり、作業者の熟練度も上がりやすくなる。

**部品: 事務所
書類・帳簿の作成・処理など、主として机の上でする仕事を行う作業を行う部屋。オフィス。主に総務部、営業部といった部署が使用する。工場規模によっては企画・設計部も同室であることがある。

**部品: 企画・設計室
製品や設備の企画から設計、開発までを一括して進める施設。設計資料や設計機材、打合せ用の会議スペース等も含まれる。設計・企画情報は機密情報となるため、基本的に許可された人員以外立ち入りは許可されず情報媒体の出入りには制限が掛けられる。

**部品: 資材・原料貯蔵施設
製品の原材料や中間製品、仕掛品等を保管する施設。工場の片隅やバックヤードがこれにあたる場合もある。資材によっては劣化を防ぐための専用保管設備に保管される。露天、あるいはそれに近い形で保管する場合は保護カバー等で汚損しないように注意が払われる。

**部品: 加工施設
原材料を部品、または製品に加工する施設。業種によって異なるが製品に応じた様々な加工設備・機械を備える。設備レイアウトは生産システムによって異なるが、概ねライン・セル・機能方式のいずれかで配置される。組立施設と一体になっている場合もある。

**部品: 組立施設
加工、もしくは購入した部品を組み立てて最終製品を完成させる施設。業種によって異なるが製品に応じた様々な組立設備・機械を備える。設備レイアウトは生産システムによって異なるが、概ねライン・セル・機能方式のいずれかで配置される。加工施設や検査施設と一体になっている場合もある。

**部品: 検査施設
加工された部品、または組み立てられた製品を検査し不具合が無いかを確認する施設。業種によっては加工施設や組み立て施設と一体になっている場合もある。

**部品: 出荷施設
製品を出荷するための施設。トラック、輸送船等輸送機材への積み込み設備である。完成品倉庫を兼ねる場合もある。次々と来る完成品と引き取りの業者を裁くため大きく場所を取ることが一般的であり、管理する人員は外部と内部の両方への取り持ちをするため比較的独立した判断を求められ、両方が納得するように調整する必要がある。

**部品: 廃棄物処理施設
工場の排煙や排水から公害が発生しないように、法律や条例で定められた基準を満たすよう定期的に検査が行われる。検査の基準が満たないようであれば排煙処理施設、排水処理施設の改善を行うように指導をされ、再度検査に合格するまで操業停止が言い渡される。

**部品: 廃棄物保管所
大型ゴミや資源となる金属屑、危険物となる産業廃棄物は回収時期が一定期間毎のため、回収のタイミングまで保管する倉庫が必要となる。これは火災などの災害時に工場本体へ影響が出ないようにある程度離れた場所に設定される。

**部品: 自家発電施設
工場内で停電が起こった場合、通信遮断や重要機器の停止等で多大な被害を被るケースが考えられるが、それを防ぐために工場内で小規模な発電施設が用意されている。これによって生み出される電力は一時しのぎに過ぎず、長期間工場を稼働させるには当然足らないが、災害等による一時的な停電に対応するには十分な量であった。

**部品: 福利厚生施設
福利厚生の一環として、社員の心身のケアのために会社が用意した施設。保養施設・体育館・診療所等がこれにあたるが、施設の利用は社員であれば誰でも利用できるようになっている。

**部品: 社宅・寮
福利厚生の一環として、遠方から出社せざるを得ない社員や自宅を持っていない社員のために会社が用意した住宅・寮。交通の便の関係から用意した会社の敷地内、もしくは会社の近辺に存在することが多い。家族を持っているための家族向けの社宅なども用意されているほか、子供や家族が学校や買い出しで街へ通えるように毎日数本のバスが運行されており生活に対して幾分もの配慮がなされている。また寮には工場が寮母を雇う事で生活面の補助がされており、希望者は朝と夜の食事と洗濯のサービスを受ける事が出来るようになっている。

**部品: 工場長
ラインの立ち上げや新しい生産技術の開発といった難しい業務を成功させた熟練技術者であったり、大型案件を次々と取得する優秀な営業担当であったり、その前身は様々だが一概に言えば、各世代で最も工場の運営拡大に貢献した者がなるべき職。一方で上位組織の幹部が監督のために就任する場合も多い。

**部品: 事務員
事務員は工場の運営に必要な会計処理から書類の整備、部材の手配といった外部との折衝まで行う場合もある。庶務全般を取り仕切るため、細々とした内容の確認やすり合わせがあり、緻密な対応が求められる。

**部品: 営業員
営業員は工場の製品納入先との交渉を担当する。仕事の発生=営業が手に入れてくる発注依頼となるため精神的なプレッシャーが大きい職種となる一方で優秀であれば大きく工場の運営に貢献することが出来る。

**部品: 開発設計者
開発設計者が工場で担当する業務は生産技術者と兼任となることも多いが、各工程に必要とされる治具や専用機械の開発となる。専用機械については外部から購入、据え付けるとともに十全に機能を発揮出来るように周辺の部品を設計し、工程において作業者と連携することで完成となる。

**部品: 生産技術者
生産技術者の主な仕事は工場のラインを設計・開発・維持管理することとなる。新規設計のラインを立ち上げる際には新しい試みとなる工程について事前に検証実験を進め、理論を確立してからラインに組み込むことが望ましい。

**部品: 技能者
技能者は作業者の中でも特定の技能を持つことで特殊な工程を担当することが出来る人員となる。技能者の熟達した者はマニュアルを整備する、他の作業者に技能を教育することで、技能者を育てることが求められる。

**部品: 作業者
工場の各工程に配置される作業者は、基本的にマニュアルにそって作業を進めることが推奨される。そのため、マニュアルの整備次第で工程のタクトタイムは早くなり、理論値に近づけることが求められる。また作業者が独自の改善活動を行うことで、無駄をなくすことも生産性の向上に大きく寄与する。

**部品: 生産工場の流用実績
このアイドレスは無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
レンジャー連邦様の【航空機工場】に流用されました。
レンジャー連邦様の【部品工場】に流用されました。
akiharu国様の【akiharu国の軍事工場】に流用されました。
紅葉国様の【紅葉国民間造船所】に流用されました。
世界忍者国様の【世界忍者国汎用兵器工場(T20)】に流用されました。



*提出書式

大部品: カーボン産業 RD:87 評価値:11
-大部品: 炭素繊維 RD:15 評価値:6
--大部品: 開発経緯 RD:4 評価値:3
---部品: 航空機での使用
---部品: 燃料生産の副産物が素材に
---部品: 東都大学との産学連携
---部品: PAN系技術の封印
--大部品: 基本特性 RD:5 評価値:3
---部品: 軽量
---部品: 物理強度
---部品: 化学的安定性
---部品: 導電性
---部品: 断熱性
--大部品: 特徴 RD:2 評価値:1
---大部品: ピッチ系 RD:2 評価値:1
----部品: 等方性
----部品: メゾフェーズ
--大部品: 製品 RD:3 評価値:2
---部品: 混練素材
---部品: 成形部品
---部品: 合成樹脂系
--部品: 加工工程
-大部品: 特殊炭素素材 RD:3 評価値:2
--部品: 不浸透性黒鉛
--部品: 高純度処理黒鉛
--部品: 黒鉛シート
-大部品: 研究開発 RD:4 評価値:3
--部品: 研究所
--部品: コスト削減計画
--部品: 応用研究
--部品: カーボンナノファイバーの開発
-大部品: 産業設備 RD:65 評価値:10
--部品: 燃料生産地との一体化
--部品: 炭化炉
--部品: 黒鉛化炉
--大部品: 生産工場 RD:62 評価値:10
---大部品: 基本的な機能 RD:42 評価値:9
----部品: 保安・防災
----部品: 広報
----部品: 環境対策
----部品: 経理
----部品: 事務
----部品: 安全管理
----部品: イベント運営
----部品: 慶弔
----部品: 契約管理
----部品: 衛生管理
----部品: セキュリティ管理
----部品: 営業設計
----部品: 受注営業
----部品: 工場営業
----部品: 製品企画
----部品: 基本設計
----部品: 詳細設計
----部品: 生産工程管理
----部品: 加工・組立技術開発
----部品: 生産システム開発
----部品: 工程計画
----部品: 原材料調達
----部品: 中間製品の購入
----部品: 加工作業
----部品: 組立作業
----部品: 製品検査
----部品: 梱包作業
----部品: 出荷作業
----部品: 検査技術の開発
----部品: サービス部品受注・発送
----部品: 製品の保守・点検
----大部品: ライン生産方式 RD:3 評価値:2
-----部品: ライン生産方式とは
-----部品: 作業者の熟練度の影響が小さい
-----部品: 大量生産向き
----大部品: セル生産方式 RD:5 評価値:3
-----部品: セル生産方式とは
-----部品: 多品種少量生産向き
-----部品: 少量の材料から生産可能
-----部品: 生産ボリュームの変更に対応しやすい
-----部品: 作業者の士気向上
----大部品: 機能別生産方式 RD:3 評価値:2
-----部品: 機能別生産方式とは
-----部品: 生産計画や仕様への対応力が高い
-----部品: 設備稼働率向上
---大部品: 基本的な工場施設 RD:12 評価値:6
----部品: 事務所
----部品: 企画・設計室
----部品: 資材・原料貯蔵施設
----部品: 加工施設
----部品: 組立施設
----部品: 検査施設
----部品: 出荷施設
----部品: 廃棄物処理施設
----部品: 廃棄物保管所
----部品: 自家発電施設
----部品: 福利厚生施設
----部品: 社宅・寮
---大部品: 基本的な職掌 RD:7 評価値:4
----部品: 工場長
----部品: 事務員
----部品: 営業員
----部品: 開発設計者
----部品: 生産技術者
----部品: 技能者
----部品: 作業者
---部品: 生産工場の流用実績


部品: 航空機での使用
レンジャー連邦では兵器・産業の双方において航空機の開発に注力しており、炭素繊維は機体の素材として用いられてきた習慣があった。これを、自前で生産するのみに留めず、本格的に高物理資源として産業化できないかというのが、産業勃興のきっかけであった。

部品: 燃料生産の副産物が素材に
レンジャー連邦に存在する燃料生産地は石油系である。この石油を精製して生まれる副産物に、ピッチ(歴青)がある。
アスファルトや接着剤にもなる汎用性の高い石油化合物だが、この他にも、ピッチは炭素繊維の原料ともなるのである。
原料の輸入なしで採掘から加工までを一貫化出来るため、高効率化が望める。これは、いける。

部品: 東都大学との産学連携
カーボン産業は、工業をその専門分野に持つ東都大学との産学連携により、その歩みを加速し、また、発生するであろう諸問題への先行研究と対策までをプロジェクトに組み込むこととなった。

部品: PAN系技術の封印
ピッチ系を主体とするレンジャー連邦の炭素繊維工業だが、本来は特性の差異や、輸入しての加工産業を備えておくことで、国内だけではない、全世界的なチェーンへの発達を見越し、PAN系技術の導入も可能であった。これを意図的に封印したのは、化学的な工業の過度な発達による汚染の重度化を嫌ったためである。

部品: 軽量
カーボン素材は、金属よりも優れた特性が多々ある上に、軽いのである。
単一成形は勿論、素材として混ぜ込むだけでも大幅な軽量化が見込める。
輸送のコストが減るのは、どんな局面でも歓迎すべき長所だ。

部品: 物理強度
カーボン素材は単純に強靭である。
鉄を例に挙げるなら、引っ張られて破断するまでの強さを測る指数・引張強度から導き出される比強度は10倍、変形しにくさを測る指数・比弾性率から導き出される比弾性率は7倍にも及ぶ。

部品: 化学的安定性
カーボン素材は化学的に安定しており、疲労しにくく、錆びず、熱にも強い。
これは、炭素の分子構造的安定の高さに加え、そもそもの加工過程に高温で蒸し焼いて不純物を取り除く工程があるからである。

部品: 導電性
本体そのものの導電性の高さに由来し、粉末状にして練り込む『混練』のための素材として、少量で導電性を高め、かつ、混練もスムーズに行えるような分子構造の素材開発が行える。

部品: 断熱性
優れた低熱伝導性を元に、各種の炉の素材になるほどの断熱性が構築可能である。
素材中に生じる孔の数と大きさに焦点を絞ることで、これを更に精密に制御する。

部品: 等方性
紡糸化した後、繊維として加工した状態のピッチ。
熱処理を経たメゾフェーズ状態とは異なり、扱いやすく、コストパフォマンスに優れている。

部品: メゾフェーズ
等方性の繊維にまで加工したピッチを、さらに熱処理を加えることで、液晶状態に分子構造を変化させたもの。
優れた振動減衰性を持ち、それまでと一転して高い熱伝導率を持つようになる。また、熱膨張率もより低くなる。

部品: 混練素材
各種の素材と混ぜ合わせることで、カーボンの特性を付与する目的で開発された商品。
目的に応じて分子構造単位で開発しており、総じて黒系の色名を与えられる。
主にはミルド(粉にした状態)とチョップ(繊維を短く切った状態)がある。

部品: 成形部品
炭素繊維を編み込み、成形することで、様々な形状を持たせられる。
部品工場を持つレンジャー連邦らしく、実用では航空機の大型部品から、研究段階ではカーボンナノチューブを用いた半導体構築まで、大小様々なスケールで取り扱っている。

部品: 合成樹脂系
混練素材の主な用途の一つ。
合成樹脂に混ぜ込みつつ、対象の各所へと浸透させることで、カーボンの皮膜を与える。
炭素繊維強化プラスチックとも呼ばれる。

部品: 加工工程
1.石油の生成過程で生じた重質油を改質・精製してピッチ化
2.ピッチを溶融することで、再度の溶融が起こらないように安定化
3.二度に渡る熱処理で純度を高め、炭素繊維化
4.表面処理し、サイズを用途別に整える

部品: 不浸透性黒鉛
化学的安定性の高さを長所として伸ばし、化学装置用の構造材料とした商品シリーズ。
大型一体成型を売りとしている。継ぎ目がなければ漏れる心配もないという訳である。

部品: 高純度処理黒鉛
半導体を作る環境にもカーボンは活躍する。
化学的安定性に加え、高純度な単一素材で装置を形成することによって、化学的にクリーンな環境を整えられるのである。

部品: 黒鉛シート
シート状にすることで、耐蝕性の高い素材を柔軟な用途に向いた状態にした商品シリーズ。
密閉素材に適している。

部品: 研究所
関係分野を研究するための研究所。この場所でカーボンに関する研究開発や産業構造の策定なども行っている。

部品: コスト削減計画
カーボン産業における各工程のコストを計算、そしてその低減を策定し計画、実行を行う事で、産業としての地盤を固める。

部品: 応用研究
カーボンの元素構成上、ダイヤモンドと変わらない。このような単体変化や組合せによるカーボンの応用方法を研究する。

部品: カーボンナノファイバーの開発
カーボン繊維の更に細い0.4〜50nmほどの極細の繊維のことである。炭素をナノメートル単位まで細くし、編み込んでいく事で従来のカーボン繊維よりも軽く強靭な素材とする技術。
ここでは、カーボナノファイバーの伸び代や応用を研究している。

部品: 燃料生産地との一体化
石油精製で生まれるピッチを、流れを止めることなく利用するために、工場の再設計と段階的な増改築・リプレース・新造を進めた。
水や、水にいつかは染み渡る土壌に汚染のないよう、就業者の健康および環境面への配慮を重点的にみた設計となっている。

部品: 炭化炉
水分を絞り、純粋な炭素とするための炉。
炭素繊維化の過程においては、1,000〜1,500度、不活性ガスの中で加熱処理する。

部品: 黒鉛化炉
炭素繊維製造においては不活性ガスの中で熱処理を行うが、最大3000度にも達する高熱を与えられる点で、炭化炉と大きく異なる。
黒鉛結晶化を進行させることで、炭素繊維の種々の化学的特性が育っていくため、不可欠。

部品: 保安・防災
火災報知機や施錠の確認、電気パラメーターの確認などを行うと共に定期的な巡回やメンテナンスにより施設全体の保全を図る。これにより施設全体の安全を確実なものに近づけ、安心して働ける環境を作ることに腐心する。また災害時に備え消化、緊急呼び出し、通報など各種防災訓練を行う。さらに工場の立地、業務内容によりさらに追加の対応訓練を企画・実施する。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

部品: 広報
工場での生産活動の発信や製品アピール、イメージアップなど情報発信に関する業務を引き受ける表の顔である。彼らが働くことによって製品の情報は各方面に発信され、営業部や開発部、強いては工場全体の為の一般社会のイメージを作り上げてくれるのだ。不信・不安を抱かれないよう地域社会と良好な関係を築くためにも重要な業務である。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

部品: 環境対策
公害は工場の運営を阻害する要因の一つである。環境の悪化は規制の締め付けや環境保護団体による業務妨害、訴訟などの問題を引き起こし、同時に周辺環境の悪化によって様々な悪疫を及ぼす。これらを防ぐための対策を立て、工場が規制水準を上回る汚染を引き起こさないよう管理し、自然を維持する為の様々な努力を行うのが彼らの仕事である。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

部品: 経理
経理業務は工場を支える動脈である。お金を管理する事ができなければ資材を購入する事も従業員に給料を払う事も出来ず工場を維持する事が出来ない。収入と支出の状態を管理し適切なお金の管理を行う彼らこそ、工場を支える最重要業務の1つだといえるだろう。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は経理部として単独部署となることもある。

部品: 事務
工場においても一般企業と同様、来客・電話対応、各種書類整理、作成、データ入力、請求書や納品書のチェック、取引先への連絡等の一般事務作業全般が発生する。それに加えて工場ならではのお材料の仕入れや管理といった業務も追加されることがある。勤務者には基本的なビジネスマナーができていること、PC等データ管理機器の操作能力が求められる。主に総務部の業務。

部品: 安全管理
従業員の健康を守り、工場内の環境を保つ業務。日頃から効率優先での超過作業やマニュアルを無視した作業などの危険要因を監視・排除し、労災や事故の発生を防ぐ。労働環境の改善によって従業員のモチベーションを高める他、ミスや事故による作業中断を回避して結果的にコストカットにも繋がる。主に総務部の業務。

部品: イベント運営
従業員の士気を高めるためにも、外向けの展示会をするにもイベントの開催は必須である。彼らは広報や運営部、企画部と連携し様々なイベントや展覧会を企画運営する事で士気を高め、商売を作り出す手助けをするのが仕事である。主に総務部の業務。

部品: 慶弔
工場勤務者の中に不幸があった場合、近親であれば一定の休暇と見舞金が払われるのが通例となっている。これらが満たされない工場であれば、勤務者の不満が大きく高まり勤務態度の悪化や離職する者が現れる。主に総務部の業務。

部品: 契約管理
基本的に外部との交渉は全て契約という形で書面化され保存される。これを保管・分類し検索・閲覧性を高めておくことで各部署からの確認や契約更新作業等を効率化することができ、トラブルや情報漏えいの可能性を引き下げることができる。管理業務の他、問題が起きた場合の法的な手続きの業務も兼ねる。主に総務部の業務。

部品: 衛生管理
製品が使用者に触れる部分の衛生状態を管理する業務。食品、化粧品、医薬品などでは特に食中毒や異物混入を防止する必要があるために重要な作業。整理・整頓・清掃・清潔・躾の5Sが基本となる。主に総務部の業務。

部品: セキュリティ管理
工場の物的・知的財産を外部の脅威から守るためにセキュリティ管理が求められる。工場への入退場管理、個人情報・機密情報の管理、不良製品の発生防止、搬出入エリアの入退場管理、外周エリアの管理・警戒などその業務は多岐に渡る。主に総務部の業務だが、組織が大きい場合は単独部署となることもある。

部品: 営業設計
顧客ニーズを調査し、どのような仕様の製品をどのくらいの価格で提供することができるか検討・準備する業務。必要に応じて客先に出向いてのプレゼンや仕様の提案も行う。顧客の提示要件に基いて価格、技術仕様、体制、スケジュール、財務など様々な資料を作成する能力が求められる。主に営業部の業務。

部品: 受注営業
一般に営業業務のイメージである、実際に受注を取ってくる業務。顧客の需要動向を把握し、積極的に顧客の需要を喚起するとともに受注に結びつけなければならない。安く引き受け過ぎれば従業員や会社が傾くことになるが高く受けすぎても今後につながらない可能性がある。彼らの仕事に関する知識と交渉、そしてバランス感覚は仕事を回す上で必須なのである。主に営業部の業務。

部品: 工場営業
受注後の契約履行業務。製造過程での顧客の要求を製造部門に伝え、各部門との折衝を行い適正な利益確保に務める。工場内コストの取り纏めや部署間の情報共有サポート、納期の調整、追加・変更契約時の商務取り纏めなど、顧客と工場間を取り持って作業が円滑に進むよう調整する。納入後の保証期間内における瑕疵・トラブル対応も行う。主に営業部の業務。

部品: 製品企画
顧客のニーズをもとに製品コンセプト、仕様、開発と販売の計画を立案する作業。誰のためになぜ製品を作るのかを考え、そこから製品がどのようなものであるか、技術的にどのように実現するのかを計画する。仕様が決まれば開発担当者と期間、開発費用を決定し、製品の販売価格、場所、個数、期間をどのように設定すれば採算性があるのかを計画して初めて実際の設計作業に入ることになる。企画部もしくは設計部の業務。

部品: 基本設計
製品企画で決定された仕様を実現するために、製品全体をどのような構造にするかを決定する作業。複雑な構造を持つ製品の場合はさらに詳細設計が必要になることもある。詳細設計が必要になる場合はこの段階でデザインレビュー(設計審査)が行われ、各部署の経験豊富な専門家を集めて問題を抽出、問題があれば改善してから次の詳細設計に進む。業種によっては構想設計とも呼ばれる。基本設計は後々の生産の段階を予想しながら設計する必要がある。これは設計の上流で発生した問題が隠れたまま生産に近い段階で発覚すると修正に大きなコストが掛かるためである。設計部の業務。

部品: 詳細設計
詳細設計では基本設計に基づいてさらに具体的な構造、寸法を決めていき実際に製品が製造できる所まで具体化していく。設計部の業務。

部品: 生産工程管理
顧客から依頼された所定の製品を所定の数量・品質・原価で所定の納期に納品できるよう、工場内で製造設備、労働力、資材等のリソースを効率的に活用するよう管理する活動。工程計画と工程統制からなる。生産管理部、もしくは製造部の業務。

部品: 加工・組立技術開発
実際の製品を開発する前段階として、製品を製造するための技術開発はものづくりのために重要な要素である。製造の効率、安全性、難易度など様々な技術開発が行われる。生産管理部、もしくは製造部の業務。

部品: 生産システム開発
生産システムとは需要というインプットに対して製品をアウトプットするためのシステムであり、人・設備・空間(工場)・情報をやりとりする仕組みの4要素で成り立っている。生産システムの組み立て方によって製造の効率は劇的に変化するため、生産システムは常に見直しとアップデートが必要なのである。主に生産管理部の業務。

部品: 工程計画
製品をいつ、どのように生産するかを決める計画。生産手順を決定し、生産に必要な工数を算出、日程と比較して生産能力に対する負荷を割り出し、過不足を調整する。主に生産管理部の業務。

部品: 原材料調達
加工もしくは組立のための実体としての材料及び副資材を調達する業務。社内各部署からの要請に基づいて適正な品質のものを最適なコストで調達し、最適な在庫を保持することが求められる。資材調達部の業務。

部品: 中間製品の購入
原材料から部品を製造するのではなく、他企業の製造した製品を購入して部品として組み込む、または材料として使用すること。優れた技術力の部品メーカーが存在している場合、その部品を組み込むことで品質保証や技術的な検証などの重荷から解放されて自社の製品の品質に注力出来るため、日頃から優秀な発注先を確保することが競争力に繋がる。場合によっては独自仕様で特注品を製造してもらうこともある。資材調達部の業務。

部品: 加工作業
製品の仕様、設計に従って原材料を部品に加工する作業。業種によって異なるが、種々の道具、あるいは加工機を用いる。製造部、もしくは加工部の業務。




部品: 組立作業
部品を設計通りに組み立て・組み付けする作業。組み立て工具、治具、検査器具等を用いて作業を行う。一部加工工程や検査工程を含む場合もある。生産方式によって必要な熟練度が異なる。製造部の業務。

部品: 製品検査
製品・部品に不具合や数量過不足がないか確認する作業。目視検査、外観検査、寸法検査、性能検査など業種により様々な検査が行われる。検査方法も人力によるものと機械によるものがあり、検査も全数検査の場合と抜き取り検査の場合がある。抜き取り検査の場合は製品の品質は統計学的に保証されるが、不良の数量が増えてきた場合は対策を打ち、工程能力が向上するまでは全数チェックに戻すといった、生産現場の状態への柔軟な対応が求められる。業種によっては出荷先担当者による立ち会い検査を行う場合もある。検査・品質保証部の業務。

部品: 梱包作業
製品が輸送時に破損・汚損しないようにパッケージングする業務。製品の梱包に必要な資材としては小型であれば箱、緩衝材、説明書類、製番を示すシール類などである。一方で大型の製品であれば木材で出来たパレットの上にボルトで固定してカバーをかぶせるなど、形と大きさに合わせた対応が必要となり、それなりの手間が掛かる。製造部が製造の一環として行う場合と、梱包・出荷部が行う場合がある。

部品: 出荷作業
検査・梱包された製品を出荷・納品する作業。工場における最終工程であり、検収書を受取り納品を行うことで工場の業務は完了となる。出荷する製品は出荷場に一旦仮置きされるが、専任の責任者、スタッフが配置と在庫管理を引き受ける。

部品: 検査技術の開発
製品の検査の場合、検査に時間が掛かっては生産に追いつかないため検査工程は製品毎に設定し製造のタクトタイム内に済むことが求められる。全数検査の場合は検査装置を用意し、全て自動で検査を行い、結果の確認のみで済ませることが理想的となる。抜き取り検査の場合は検査装置をマニュアルで使用することで十分な場合もある。

部品: サービス部品受注・発送
アフターサービス業務の一つ。サービス部品とは納入した製品の補修・交換用部品のことであり、これの受注・発送も重要な業務の一つである。サービス部品は製品の生産が終わってからも(製品種類により異なるが)一定期間生産・保管する義務がある。製品本体の品質もさることながら、サービス部品対応も製品の信頼に繋がる重要なファクターである。

部品: 製品の保守・点検
アフターサービス業務の一つ。小型の製品であれば保守・点検は工場に送付の上で行われるが、大型の製品の場合はサービスマンを派遣して行う場合もある。業種によっては保守・点検要員を営業所や納品先に常駐させることもある。

部品: ライン生産方式とは
ラインに乗せた製品をコンベアなどで流しながら組み立てる方式。いわゆる流れ作業。製造工程に従って設備・人員を配置する。単一製品を大量に生産するのに向いている。

部品: 作業者の熟練度の影響が小さい
作業者一人一人の作業は数点の部品組み付け・加工といったものであり職人的な技量は求められない。作業者の熟練度が上がるとライン速度を上げることができ、生産効率が向上する。

部品: 大量生産向き
ライン生産方式では工程1つあたりのサイクルタイムを揃えて単一製品もしくは同一工程の製品を連続して生産するため、最も仕掛り品が少なく、リードタイムも短くすることができる。

部品: セル生産方式とは
ライン方式と機能別生産方式の中間の生産方式。一人、または少数の作業者チームでミニラインを作り、製品の組立工程を完成(または検査)まで担当する方式。作業者の周りを部品や作業台がコの字に囲むことからセル(細胞)と呼ばれる。作業者は全工程を行うために高いスキルレベルを持っている必要がある。

部品: 多品種少量生産向き
個々のセルで異なる品目を扱え、部品・工具棚を交換すれば別品目への段取り変更が終わるために多品種少量生産に適している。

部品: 少量の材料から生産可能
1品目1セルから生産可能であるため、ライン方式のように大量の材料を抱える必要がなく、工程間在庫も少なくて済む。

部品: 生産ボリュームの変更に対応しやすい
需要の高低によって稼働セル数の増減が容易に行え、休止させたラインの他品目への変更も可能なので遊休スペースの発生も減らせる。

部品: 作業者の士気向上
セル生産方式では商品完成の実感を得やすいことやスキル向上が作業量と品質の向上に直結するために作業者の士気が上がりやすい。

部品: 機能別生産方式とは
別名ジョブショップ方式。同種の機能や性能をもつ設備をグルーピングして工程を編成し、製品別に必要な工程間を運搬して生産を行う方式。品種ごとに専用レイアウトを設けないために多品種少量生産に向いているが、加工経路が長くなる、管理が煩雑となる、生産リードタイムが大きくなり仕掛品が増加するといったデメリットもある。

部品: 生産計画や仕様への対応力が高い
製品が必要な工程だけを選択して通ることから生産計画や仕様が変化しても設備やレイアウトを変更する必要がないため、柔軟に対応できる。


部品: 設備稼働率向上
各工程グループが品目専用レイアウトとなっていないため、設備の稼働率が他方式に比べて非常に高くなり、作業者の熟練度も上がりやすくなる。

部品: 事務所
書類・帳簿の作成・処理など、主として机の上でする仕事を行う作業を行う部屋。オフィス。主に総務部、営業部といった部署が使用する。工場規模によっては企画・設計部も同室であることがある。

部品: 企画・設計室
製品や設備の企画から設計、開発までを一括して進める施設。設計資料や設計機材、打合せ用の会議スペース等も含まれる。設計・企画情報は機密情報となるため、基本的に許可された人員以外立ち入りは許可されず情報媒体の出入りには制限が掛けられる。

部品: 資材・原料貯蔵施設
製品の原材料や中間製品、仕掛品等を保管する施設。工場の片隅やバックヤードがこれにあたる場合もある。資材によっては劣化を防ぐための専用保管設備に保管される。露天、あるいはそれに近い形で保管する場合は保護カバー等で汚損しないように注意が払われる。

部品: 加工施設
原材料を部品、または製品に加工する施設。業種によって異なるが製品に応じた様々な加工設備・機械を備える。設備レイアウトは生産システムによって異なるが、概ねライン・セル・機能方式のいずれかで配置される。組立施設と一体になっている場合もある。

部品: 組立施設
加工、もしくは購入した部品を組み立てて最終製品を完成させる施設。業種によって異なるが製品に応じた様々な組立設備・機械を備える。設備レイアウトは生産システムによって異なるが、概ねライン・セル・機能方式のいずれかで配置される。加工施設や検査施設と一体になっている場合もある。

部品: 検査施設
加工された部品、または組み立てられた製品を検査し不具合が無いかを確認する施設。業種によっては加工施設や組み立て施設と一体になっている場合もある。

部品: 出荷施設
製品を出荷するための施設。トラック、輸送船等輸送機材への積み込み設備である。完成品倉庫を兼ねる場合もある。次々と来る完成品と引き取りの業者を裁くため大きく場所を取ることが一般的であり、管理する人員は外部と内部の両方への取り持ちをするため比較的独立した判断を求められ、両方が納得するように調整する必要がある。

部品: 廃棄物処理施設
工場の排煙や排水から公害が発生しないように、法律や条例で定められた基準を満たすよう定期的に検査が行われる。検査の基準が満たないようであれば排煙処理施設、排水処理施設の改善を行うように指導をされ、再度検査に合格するまで操業停止が言い渡される。

部品: 廃棄物保管所
大型ゴミや資源となる金属屑、危険物となる産業廃棄物は回収時期が一定期間毎のため、回収のタイミングまで保管する倉庫が必要となる。これは火災などの災害時に工場本体へ影響が出ないようにある程度離れた場所に設定される。

部品: 自家発電施設
工場内で停電が起こった場合、通信遮断や重要機器の停止等で多大な被害を被るケースが考えられるが、それを防ぐために工場内で小規模な発電施設が用意されている。これによって生み出される電力は一時しのぎに過ぎず、長期間工場を稼働させるには当然足らないが、災害等による一時的な停電に対応するには十分な量であった。

部品: 福利厚生施設
福利厚生の一環として、社員の心身のケアのために会社が用意した施設。保養施設・体育館・診療所等がこれにあたるが、施設の利用は社員であれば誰でも利用できるようになっている。

部品: 社宅・寮
福利厚生の一環として、遠方から出社せざるを得ない社員や自宅を持っていない社員のために会社が用意した住宅・寮。交通の便の関係から用意した会社の敷地内、もしくは会社の近辺に存在することが多い。家族を持っているための家族向けの社宅なども用意されているほか、子供や家族が学校や買い出しで街へ通えるように毎日数本のバスが運行されており生活に対して幾分もの配慮がなされている。また寮には工場が寮母を雇う事で生活面の補助がされており、希望者は朝と夜の食事と洗濯のサービスを受ける事が出来るようになっている。

部品: 工場長
ラインの立ち上げや新しい生産技術の開発といった難しい業務を成功させた熟練技術者であったり、大型案件を次々と取得する優秀な営業担当であったり、その前身は様々だが一概に言えば、各世代で最も工場の運営拡大に貢献した者がなるべき職。一方で上位組織の幹部が監督のために就任する場合も多い。

部品: 事務員
事務員は工場の運営に必要な会計処理から書類の整備、部材の手配といった外部との折衝まで行う場合もある。庶務全般を取り仕切るため、細々とした内容の確認やすり合わせがあり、緻密な対応が求められる。

部品: 営業員
営業員は工場の製品納入先との交渉を担当する。仕事の発生=営業が手に入れてくる発注依頼となるため精神的なプレッシャーが大きい職種となる一方で優秀であれば大きく工場の運営に貢献することが出来る。

部品: 開発設計者
開発設計者が工場で担当する業務は生産技術者と兼任となることも多いが、各工程に必要とされる治具や専用機械の開発となる。専用機械については外部から購入、据え付けるとともに十全に機能を発揮出来るように周辺の部品を設計し、工程において作業者と連携することで完成となる。

部品: 生産技術者
生産技術者の主な仕事は工場のラインを設計・開発・維持管理することとなる。新規設計のラインを立ち上げる際には新しい試みとなる工程について事前に検証実験を進め、理論を確立してからラインに組み込むことが望ましい。

部品: 技能者
技能者は作業者の中でも特定の技能を持つことで特殊な工程を担当することが出来る人員となる。技能者の熟達した者はマニュアルを整備する、他の作業者に技能を教育することで、技能者を育てることが求められる。

部品: 作業者
工場の各工程に配置される作業者は、基本的にマニュアルにそって作業を進めることが推奨される。そのため、マニュアルの整備次第で工程のタクトタイムは早くなり、理論値に近づけることが求められる。また作業者が独自の改善活動を行うことで、無駄をなくすことも生産性の向上に大きく寄与する。

部品: 生産工場の流用実績
このアイドレスは無名騎士藩国によって製作された流用可能アイドレスです。
レンジャー連邦様の【航空機工場】に流用されました。
レンジャー連邦様の【部品工場】に流用されました。
akiharu国様の【akiharu国の軍事工場】に流用されました。
紅葉国様の【紅葉国民間造船所】に流用されました。
世界忍者国様の【世界忍者国汎用兵器工場(T20)】に流用されました。



[No.8332] 2017/08/26(Sat) 01:58:45

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS