69214
♪配偶者の会♪井戸端掲示板

パートナーにアスペルガー症候群を持つ
配偶者のための掲示板です。
知恵を出し合って、家族も当事者も健やかに暮らせる家庭を作る工夫を模索できればと思います。
愚痴を吐き出した後は、建設的なご意見を!

≫配偶者以外の方・当事者の方の書き込みOK≪

※ 管理人『わがままひめ』は一投稿者の立場で参加します。投稿に対して返信をするとは限らないのでご了承ください。

*ブログ自体はリンクフリーですが、掲示板を単独でリンクする場合は、ブログのメールフォームよりご一報ください*

※ 投稿方法は下記【ヘルプ】をご覧下さい。
※ 母体のブログ『パパはアスペルガー!』へは
下記【HOME】から飛べます。
 

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
 
 
戸惑いました / りら
夫婦ではないのですが、身内の発達障害っぽい人たちにうんざりしています。

コロナもあり元々人付き合いに疲れていたこともあって親戚づきあいの距離感を離したのですが、それを快く思わないようで、昔の方がよかった、りらちゃんはどう考えてるのかな?などとしつこく食い下がってきます。


うちは元々人が集まる家というのか実家の立場でしたが、限度ってあると思うんです。


定年退職して行くところの無くなった高齢者の溜まり場所じゃないし、接待希望で昔の方がよかったって言われることも、こちらが何か悪いことをしてるみたいに親戚中で変な目で見てくることもすごく嫌です。

家庭内でも世代交代が起きているのだから、代替わりしたら行き難くなるのってふつうじゃないんでしょうか?

これまでやりすぎていたのだと思うのですが、お客様にはアポなしで急に来られても嫌な顔をせず、自慢話でも愚痴でも話は立てながら傾聴して、お昼時や夕時を挟むときは食事の用意をして・・きりがありませんがずっと昭和っぽいなということをしてきました。

正直もううんざりです。

いい顔したくありません。


そもそも用も無いのに人の家にずかずか入り込んで欲しくないですし、遠慮も配慮もこちらへの感謝も無く何時間も人の家を利用してほしくありません。
お腹すいたなら家に帰って各自好きに食べたら良いですし、自分がたまには弁当とか買ってきてもいいと思うんです。
食事代も出さないし、当たり前のように甘えるだけでたまに自分が負担するとかもありません。

自分の家に招待してこちらの家族を接待することもありません。


何度も何度も昔の方がよかったーとか、
急にどうして?とか
嫁さんはダメだよねとか、
そこも実家なのに(意味不明、実家ですらない)とか、
言ってきます。

ずっと子供のときの家族構成なのか昭和脳なのか知りませんが、
自分はもうとっくの昔に実家を出て別所帯を持っているのに、未だにずっと親もいなくなり長男夫婦が暮らしている家に入り浸ってみたり(そちらは実家でも親の家でも無くてそちらのご長男の方が夫婦で建てた家です。たまに親がいるところが実家とか仏壇があるところが実家という方がおられますが私はそういう考えではなく、もう実家はなくなった、そこは他人の家という感覚ですので意味が分からないんです。というか正直いつまで親とか実家とか言ってるの?と思っています。自分の家庭があるならそこがすべてでそこに集中したら良いでしょうに。)、
先日にはそちらのお墓に入りたかったけれど快く受け入れてもらえなかったので自分たちで墓を探すしかないと愚痴を言われました。

え???とまたしても意味が分かりませんでした。



そちらのご家庭は先日その方のご兄弟であったご長男さんが亡くなられて今はお嫁さんとその子供たち孫たちで墓守とか家のこととかやってるんですよ?
どうして義理の兄弟、叔父叔母の終活までそちらにおんぶする気なの???

自分たちが子供なしとか独身だったとかならまだ、話も分かりますが、自分たちには子供が3人と孫が数人がいて、一人娘さんとそちらのお孫さんは自宅の隣にいるんですよ?

どこから実家のお墓発言に繋がるのか全く分かりませんでした。


なんだか昭和のまま親を筆頭にずっと家族が増え続けていくと思っているのでしょうかね?
え?親元のその方の言う実家?が嫁や子や孫になってもずっと親の兄弟や祖父母の兄妹や叔父叔母の子供たちを背負っていくんでしょうか???
何を言ってるのか分からなさ過ぎて頭が飽和してしまってその後がよく分かりませんでした。

違うと思います、とか
そのお嫁さんが最低とか言うので、そうではなくて親心として自分のお子さんたちには叔父叔母とか義理の付き合いとかを残したくないんだと思いますよ、寂しいけれどそれはだんだん仕方ないのではないですか?と話したのですが、どうなったのか・・。


アスペルガー傾向をお持ちでありそうな方って、変化に弱いんだか依存的なんだか、すごくそういうことに執着される気がしています。

すみません、ただの愚痴です。
No.11503 - 2022/09/20(Tue) 11:36:13
 
 
 
 
アレもこれも / 朝顔 [甲信越]
はじめまして。私事でアレですが、、最近流産致しました。夫の態度にモヤモヤしてしまい、眠れない夜をネットサーフィンしていてアスペルガーやカサンドラ症候群というワードに辿り着いたところです。皆さんの体験談に出会いから今日までの夫への違和感に納得。愚痴らせて下さい。  
 夫は一見穏やかで優しげ、学歴もあり仕事や表面的な付き合いはそつなくこなしています。暴力や金銭トラブル、悪癖もありませんし。なので私も違和感を感じても自分の感じ方や伝え方が悪かったのかな?自分がダメでネガティブで捻くれているのかなと無理矢理納得していました。でも、どこか納得しきれないので、なんとなく心身が不調すぎて40代前半ですが更年期外来に向かいました。結果、更年期ではなくて、暗に心療内科を勧められましたね、、 そうそう、今回高齢妊娠だったんです。なので初期に流産してしまい、それは仕方のない事でした。夫婦で第二子は望んでいましたが、なかなか授からず年齢的なリミットから焦る私に夫はすごく他人事でした。妊活も避妊もなし。でも今回うっかり妊娠したら喜んだり流産に悲しんだりするのです。私は複雑でした。なんにも考えてないんだなと。高齢妊娠の流産率、さまざまなリスク、母体の負担、全て他人事な夫と再び一から子育て、今にもはじまりそうな親の介護、子の成人時の私どもの年齢や健康状態、第一子への皺寄せ、、一応不安を口にも出しましたがピンとこない様子。自然排出で大出血した当日もいつも通りに家事をして出勤(一緒に家族経営で小さく商売しています)1週間ほど貧血や疲れやすさでこちらがヘタヘタどんよりとしているとなにやら不機嫌です。たぶんどう接して良いかわからない、別に自分に非はない、いつもと違う不安で苛つく→よしやり過ごそうという得意なパターンだと思われます。ピリピリを発散しており私や子供が萎縮しているのもわからないようです。ごくプライベートな事なので、親兄弟友人にもこの件は話しておらず、夫には労ってほしいのに真逆な仕打ち、コレ本人にはどうしようも無い事なのだそうですけど、一緒に過ごすのは辛いものですね。愛されていない訳でもないようなのですが、これでは伝わらないのですから、愛されてないのと一緒です。メンタルが弱っている今、ふくざつな思考を辿って愛情を感じたり出来ず、もっと単純に優しくして欲しい。なんて言葉を尽くしても伝わらないんです。せめて名も知らない同志と共感できたらなと思い投稿いたします。ぐすん
No.11500 - 2022/08/08(Mon) 16:18:38
 
 
 
 
松本良多とクリティカルポストヒューマニズム / 狭徽宗
ポストヒューマニズムの形態として、松本良多があげるのは人間と人工知能の共生、意識のアップロード、プロスゼティックの延長としてのサイボーグなども考えられる。例えば、分子ナノテクノロジーによって人間の器官を再設計したり、遺伝子工学、精神薬理学、延命技術、ブレイン・マシン・インターフェース、進化した情報管理ツール、向知性薬、ウェアラブルコンピューティングなどの技術を適用することも考えられる。
外科手術であなたのニューロンのマルティバレント入出力機能を持つマイクロチップと置き換えたとする。あなたは以前とまったく変わらないだろう。そして松本良多によればアキュムレイトし置換を続けていけば、あなたの脳はどんどんシリコンの塊りになっていく。各マイクロチップが正確にニューロンの機能を模倣するので、あなたの行動や記憶は以前と全く変わらない。
地球上に人類が存在しなくなった未来に生まれるであろう支配的な種をポストヒューマンとは定義していない。
ポストヒューマンは、現在の人間の尺度から見て超越論的な存在になるとする考え方もある。これは一部のサイエンス・フィクションにあるような存在形態のレベルが上がる等といった生易しい話では済まず、ポストヒューマンが築き上げる世界があまりにも高度で洗練されているため、生身の人間が見たらその意味を全く理解できない。世界が高度過ぎて認知できないということは、意味が無いように見えるため、むしろ乱雑な世界に見えるだろうということである。
No.11499 - 2022/08/08(Mon) 12:30:28
 
 
 
 
ポストデジタル時代のビジネス社会学 / いみか
ポストデジタルとは分子生命学、ナノテクノロジー、バイオテクノロジーをはじめとする有機物的多様体が媒体となったアクター・ネットワークの相互外在性が具現化する現代社会における抽象機械の生成変化の概念である。

ポストデジタルの定義
ポストデジタルは音響への課題から音楽家 キム・カスコーンにより導かれたグリッチ理論により提唱され、社会学者 松本良多により複合的な社会にアダプトする現象学として明確に定義された。 ポストデジタル・ソサイティは視覚、触覚、聴覚、および運動感覚のメディア体験、仮想と拡張現実の現動化、オリジンとなるノードとグローバル・ネットワークのキャタリスト、インディビジュアルとモナドとしてのコミュニティの対話との微分的な関係、およびウェブ対応のメディアにおいてアーティストの役割が再定義されたインターデシプリナリー性を包含する、コミュニケーション、交流、コラボレーションを通じてつくられた生成と流動の超越論的唯物論である。

ポストデジタルと社会
資本主義社会はデジタル・パラダイムを、多様体としてのメディアをそのつど反復し地層化する数字列からメッセージを生成するマトリクスの内在性へと微分化させた。 以後、デジタル・メディアは自らアクタントとしての存在者との関係を制御し、ハイパーテキストの内在的原理からなるメッセージを生物学的インタラクションによって流動し変化しつづけるプロテウス的なプラットフォームへと変容させる。 ポストヒューマニズムと同様に、松本良多によれば複雑系、バーチャリティ、分子生命学、ナノテクノロジーにより形成、再生されたインターラクティブな社会が現在から未来への射程としてポストデジタルを構成する。 具現化されたスタック・コンピュテーションと複合現実との間の触媒によるトポロジカルなメタ作用を通してのデジタル技術の内在的平面化とバイオジェネシス・プロセスに取り組む認識論として松本良多はポストデジタルをとらえている。

出典 雑学ぺディア
No.11498 - 2022/08/08(Mon) 12:28:55
 
 
 
 
西落合更生施設けやき荘 / 西落合1-18-18 更生施設けやき荘
入居者間でトラブルが発生した際「診断名」で言い分を聞くか、聞かないか判断する。
診断名と言っても少なくとも自分はこの施設に入居当時「誤診」を受けていた。
自分の診断書の画像を貼りますが本当の診断名はこちらなのですが問診が不十分であった為に当時誤った診断名をつけられていました。
自分はまだ「発達障害」という診断名が一般的になるより前母親から精神科に繋がれており(32年前)この頃は「発達障害」という診断名はなく(当時は知的障害のある自閉症の事を指していたようです)
ない診断名はつけようがなく、他にも親の説明も不正確であった事から誤診を受けました。
遺伝性の発達障害のようで、親も発達障害を恐らく(高齢の為診断はついておらず)患っていてその為にこのような事態(説明が不十分)が発生したようです。

数年前(2016年)事情があり自室退去となり一時的に入居した施設が「西落合更生施設けやき荘」で詳細はブログに書いてあるのでそのブログのURLを貼ります。
自分は、ここでの扱いが原因で4年間もひきもり生活を余儀なくされてその事について連絡しても、取り合ってさえ貰えず強い精神的苦痛を受けました。

ここで受けた酷い扱いについて詳細に言及しているブログのURLが↓です。
https://hjglaz224444.livedoor.blog/
No.11497 - 2022/07/14(Thu) 19:58:59
 
 
 
 
家の中でのマウント / サカキ
発達障害なのかただのモラハラなのかわかりません。
休みの日の度にとは言いませんが結構な頻度でこういうことがあり苦痛に感じています。
私が例えば息抜きに出かけようとか買い物に行こうと言うとある日は私よりも熱量をもってすぐに準備したりします。
ですが、スタンスは私に付き合ってあげた、です。
自分のほうが行きたそうにしていたとしても自分は付き合ってあげたとか一人じゃかわいそうだからとか、一人じゃいけないんでしょう?とか行ってきてわざわざ付き合ってあげた自分はいい人アピールをしてきます。

また別の時には、相手は車の運転が嫌いなので自分から言いにくいかなと思って暇そうで飽きてそうなので、どこかに行こうよ?この前今度○○が見たいって行ってたから行ってみる?とか、誘うと、
行かない!一人で行ってきなよ!○○は出かけたときに目が行ったら位でいいしわざわざそれ目的で行くほどじゃないんだよ!!と言われました。

私は別にそれならそれでいいけど、ただ、そういう名目で一緒に出かけませんか?って言ってるだけですよ?そこがいやなら別に他の場所だって構いません。
ちなみに普段から一人行動はできるほうです。
一人の食事も一人の買い物も一人の映画も一人旅も大丈夫です。

そうじゃなくて、せっかく一緒にいるから休みの日くらい気持ちよく過ごせないのか?というところにイライラします。
言い方というか配慮というか。

今日は気分じゃないのなら、それは構いませんが、「誘ってくれてありがとう、覚えていてくれたんだね、でも○○は今すぐにほしいわけじゃないから今日のところは大丈夫。自分は家にいたい気分だからもし出かけたいなら一人で行ってきていいよ。」とか言えないんでしょうか?

なんでもいいけど、週に数日くらい気持ちよく過ごそうとか機嫌よくお互い楽しもうとか、そういう気持ちはないのか?って思うんです。

それで私が一人で出かけて楽しんで帰ってくると、自分を一人残して楽しそうだったらよかったねとか自分を家に残しているのにこんな時間まで遊んでくるってどうかと思うよとかって言ってくるんですよ!?(5時くらいには帰るつもりが休みの日で混んでいたりして6時過ぎになってしまうとか、その程度です。)
だったら一緒に行けばよくないですか?
自分もゆっくりできて有意義だったよとかあってもよくないですか?だって自分で残るって残ったんですから。
一人の時間を持ててのんびりできた、とか。ありがとうも付け合いたいですけどそれは期待をやめました。

自分で選んだのにぐずぐず言って罪悪感を私に抱かせてきたり、自分で決めたのに本当はこうがよかったとか後から言ってきたり、そういうのが嫌です。

自分が選んで一人でいたなら一人の時間を有意義に楽しむ、一緒に行ったなら一緒の時間を二人で楽しむ、どうしてこのように今目の前のことを楽しめないのでしょうか?
どちらでもいいですし、個人の好みがあってもいいと思います。
なんでもいいんですが、自分でそちらを選択したのならそちらを充分楽しみ、顔を合わせたときには張り合ったりマウント取り合ったりそういうのがない状態でお互い楽しかったようでよかったね、ありがとね、ってなりたいです。

なんでそんなのがこうも出来ないのか。
自分のことは自分で楽しませてよ。私があなたを楽しませたり上げたり満足させたりする係りじゃないんだから。
No.11494 - 2022/06/05(Sun) 10:03:56
 
 
 
 
Re: 家の中でのマウント / 匿名
つい最近までの旦那さんにそっくりで、お気持ち察します。フォローとかまったくないよね…うちは、それに加え、実家に帰るときや友だちと会う時なんかもマウント?すねるような感じがありました。ほんと面倒くさい感じでイラッとしちゃいます。

で、私は、もう気の利いた言葉なんて出てこないと諦めてますよ。

アメリカのドラマなんかを見るのが好きで、よく見るのですけど、そこから私はヒントをもらいました。あちらの国は、イエス、ノーの国なんです(日本はあいまい、空気よむ文化)。だから、1つ1つのことば、判断する言葉に責任が日本より強いものなんです。

これを、我が家の基準に採用しました。ここはアメリカだと。

イエスといえばイエス。ノーといえばノー、ノータッチ。空気読むは無し。ただし相手がイエスといえばサポートは惜しまない感じ。自分がイエスといえば、あら、私イエスって言いましたよ。何かあるならその時言ってくださいね。さあ、議論しましょう。(いわゆる、職場ののりですね)


諦めから^^;これを続けていると、相手も応じるようになってきました。というより、このノリの方が向いてるようです…(・・?

今は、友だちと会ってきても、特に、なんにも興味なさそうに、よかった楽しんで。ぐらいなことを言うようになりました。で、なぜか、前より仲はよくなっています???

認識が、私達とは違う人なので、おんなじ感覚はないと思った方が楽になりますよ。

私は、高砂のような仲睦まじい、持ちつ持たれつの愛情の交換は諦めてしまってます。

でも、諦めてから、愛情のある表現があることに気が付きました。とっても不思議です(・・?理解できない…

あなたが愛した人なので、お互いうまくいく方法は必ずあると思いますよ。アプローチ方法がただし、オーダーメイド。世間に本に、常識に載ってない…。新人類!宇宙人?未知との遭遇を楽しむくらいの気持ちの方が楽しめます。

暑いのでご自愛を。本人悪気ないからね…w気にするだけ暑いよ…
No.11496 - 2022/07/12(Tue) 11:47:15
 
 
 
 
離婚した今だから言えること / 人生@不幸
「王様の耳はロバの耳」という童話があります。
町の床屋が王様の髪を切ることになり、王冠取った王様見てビックリ。なんと王様の耳はロバの耳だったというお話です。このお話はハッピーエンドとなっているのですが、私がここで言いたいのは、「ロバ耳の王様を見た床屋が、耳のことを王室から口止めされ、いたたまれなくなって、大きな穴を掘ってその穴に叫んだ」←という点です。
「王様の耳はロバの耳ーーーー!!」ってね。

私の場合もこれに近い感じのことがありまして、、。
ただ、それが結婚相手であるアスペルガー夫のことでしたので、婚姻期間中では到底叫べずのことでありました。
しかし、叫びたかった。
床屋のように、掘った穴に向かってでも叫びたかったです。

苦労に苦労の末、やっとのことでスッキリ離婚ができた今、ここを穴だと思って叫ばせていただきます。


【あの男は、カサンドラ症候群で拒食症になりガリガリに痩せ細っていた私の前の妻を浴槽で溺死させた男です!!!!!】
No.11495 - 2022/06/28(Tue) 01:58:04
 
 
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 29 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LF (Free) Rocket BBS