[ リストに戻る ]
No.4910へ返信



all 生活ゲーム関連ツリー - 鈴藤 瑞樹 - 2008/05/09(Fri) 14:17:31 [No.4802]
生死判定結果 - 鈴藤 瑞樹 - 2008/05/27(Tue) 23:28:24 [No.4966]
5/25 生ログ - 経@詩歌藩国 - 2008/05/25(Sun) 15:01:29 [No.4943]
5/21 花陵・生ログ - 花陵 - 2008/05/21(Wed) 22:27:03 [No.4910]
5/21 試練ログ - 鈴藤 瑞樹 - 2008/05/21(Wed) 21:02:05 [No.4909]
申請下書き - 経@詩歌藩国 - 2008/05/17(Sat) 02:25:12 [No.4860]
5/8 試練ログ - 鈴藤 瑞樹 - 2008/05/09(Fri) 14:18:55 [No.4803]


5/21 花陵・生ログ (No.4802 への返信) - 花陵

花陵:こんばんは。
芝村:記事どうぞ
花陵:時間になりましたので、生活ゲームに参りました。

花陵:
【予約者の名前】1800346:花陵:詩歌藩国
【実施予定日時】5月21日/20:00〜21:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】 
・ミニイベント(1時間):20マイル×1時間
【予約の有無】今回は不要【召喚ACE】(※生活ゲームのみ) 
・ヤガミ:藩国非滞在:10マイル
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】 
・1800346:花陵:詩歌藩国:入学済:33マイル 
・藩国マイル:0マイル

花陵:以上が記事です。
芝村:イベントは?
花陵:何も考えてないので、ヤガミにお任せしてもよろしいでしょうか?
芝村:はい。2分待ってね
花陵:はい。よろしくお願いしますー。

芝村:/*/

芝村:ここは宰相府藩国、果ての砂漠だよ。
芝村:砂が混じった風が吹いている。

花陵:「おおー!」

花陵:Q:星とか見えてます?
芝村:時刻は夕方だ。
芝村:真上では星が瞬き始めているね。
芝村:ヤガミはのんびり、星を見てる

花陵:「こんにちは、ヤガミー。」
ヤガミ:「ああ」
花陵:「私、星を見るの好き。」
ヤガミ:「たまにはこういうところもいいかなと思ってな」
花陵:「うん。いいよね。私、月蝕が好きでねー。」
ヤガミ:「残念ながら今日は普通の満月だがな」

芝村:ヤガミはふと笑った
花陵:r:私も、ヤガミの顔を見上げて笑う。

花陵:「満月の黄色も好き。」

芝村:段々薄暗くなってきたね。月が輝いている。
芝村:ヤガミは上を見た。
芝村:風の音しかしない
花陵:r:私もヤガミの見た方を見ます。

花陵:「何を考えてるの?」
ヤガミ:「なにも」
ヤガミ:「たまにはこう言う日があってもいいだろう」
花陵:「そうね。私は、けっこういつもバタバタしてるからなー。」
ヤガミ:「そうなのか?」
花陵:「そう、そう。この間も、ボンダンス踊ってはしゃいでたの!」
ヤガミ:「盆踊りか?」
ヤガミ:「そりゃ気が早いな」
花陵:「あのねー。詩歌藩国民は全員で、だったのだよ!」
花陵:「お尻に、痣とか出来ちゃって!」
ヤガミ:「……祭りか」

芝村:ヤガミは変な顔をした。

ヤガミ:「なんだそりゃ」
花陵:「あ。これこれ!」
花陵:r:蛇の指輪2を取り出して、見せます。

芝村:ヤガミはじーと見てる。

ヤガミ:「蛇だな」
花陵:「ふ、ふふー。いいでしょ!これ、作ったのよー。函ゲームをしてね。」
ヤガミ:「へえ」
ヤガミ:「ま、今度明るいところでよく見せてもらおうか」
花陵:「あのね。これ、ヤガミ貰ってくれないかな?」
花陵:「そのつもりで、作ったの。」
ヤガミ:「分かった。貰っておこうか」

芝村:ヤガミは笑った

花陵:「よかった!」
花陵:「耐久が上がるのよ!これで、少し安心だよ!」
ヤガミ:「おいおい」
ヤガミ:「さすがに危ないものは食べないぞ」

花陵:r:えへへー。と、笑う。
芝村:ヤガミは笑ってる。

花陵:「知ってる。私も、拾い食いはしないようにしてる。」
花陵:「でも、ほら怪我すると痛いし!」

芝村:ヤガミは笑った。

ヤガミ:「そうだな」
花陵:「でも、道のつつじの蜜はこの間、ちょっと吸ってみた。甘かったよ!」
花陵:「ちょうど、今、咲いてるのよ。」
ヤガミ:「危ないんじゃないか?種類によっては」
花陵:「へ?だめなのあるのだっけ?」
ヤガミ:「毒性持つのがあるな」
花陵:「あるのか…知らなかった…」
花陵:#ちょっと、全然、知らなかったですよ!

芝村:ヤガミは貴方の頭をなんどかぽんぽんと叩いて笑った。

花陵:「今度から、気をつけますー。」
花陵:「何だかなー。毒もったのがあるとは、ほんと知らなかった。」
ヤガミ:「どんなつつじにも毒はあるが、レンゲツツジが一番だな。羊とかだところりと死ぬ」
花陵:「こ、ころり…」

芝村:ヤガミは笑った。

ヤガミ:「ま、少しくらいだ。死にはしないさ。あの花の蜜をコップ一杯集めてあおるとあぶないが」
花陵:「他も、山で取ったのを勝手に食べた時が…」
花陵:「木苺とか…」
花陵:「あ!今、ピンピンしてるから、大丈夫だったのだね!」

芝村:ヤガミは爆笑している。

花陵:「なによー。でも、可笑しいか」私も、笑いますー。
ヤガミ:「そりゃそうだな。まあ、ヘビイチゴや木苺くらいなら大丈夫だろう」
花陵:「や。見ると、美味しそうだから。ついね!」
花陵:「へびイチゴは、美味しくないから食べないー。」
ヤガミ:「まあ、知識があるならいいんじゃないか?」
花陵:「あと取って食べたのは、むかごくらいだから、大丈夫よね。」
花陵:「あのねー。その、むかごの色と模様が、たぬきの顔みたいで面白かった!」
ヤガミ:「ははは」
ヤガミ:「居酒屋でたべたなあ」
花陵:「むかごは、美味しいよねー。」
ヤガミ:「ああ」
花陵:「居酒屋かー。今度、行こうか?」
ヤガミ:「ヘビイチゴはそうだな。ジャムにしてたな。ああ、あと酒につけてた」
ヤガミ:「そうだな」
ヤガミ:「もっとも俺は安酒専門だぞ?」#なぜか自慢げ
花陵:「いいよー。いいお酒は、私も飲みなれてないって!」
花陵:「ふ、ふふ。楽しみー。」
ヤガミ:「変な奴だな」

芝村:とかいいながらヤガミは優しい

花陵:「だって、ヤガミと一緒だよ?」
花陵:「楽しみだってー!」
ヤガミ:「ははは」
花陵:「ね。ヤガミも楽しみでしょ?」
ヤガミ:「どうかな?」#ふふんという感じで
ヤガミ:「ま、そうだな。楽しみだ」
花陵:「よーし!行ったら、一杯のーむーぞー。」
花陵:「って、言っても、すーぐ眠たくなるんだよなー。」
ヤガミ:「ははは」
花陵:「大分、前よりは、飲めるようにはなったのだけど、ね。」
ヤガミ:「ま、自分のペースで飲めばいいさ」
花陵:「焼酎の40度越えるのも、飲めるのだよ。」えっへん!
花陵:「すごく、香りがよくってー。」

芝村:ヤガミは貴方を見てる
花陵:r:ヤガミを見上げます。誇らしげです!

ヤガミ:「今日ははしゃいでるな。何かいいことでも?」
花陵:「ヤガミと、会ってるでしょー。だからだよ。」
花陵:「なかなか、会えないからー。ついつい、ね。」
ヤガミ:「そうか」
花陵:「うん。楽しいから、ついついねー。」
ヤガミ:(前からそうだったっけ・・・)

芝村:ヤガミは腕組みながらハイキングを思い出したりしてる

花陵:「うん?」
花陵:「ハイキングの時は、歌がでちゃったり、ね!」
ヤガミ:「そう言えばそうだったか」

芝村:ヤガミは笑いました。

芝村:ヤガミ:「よし、じゃあ居酒屋だ」
花陵:「はい!」
芝村:/*/

芝村:はい。お疲れ様でした
花陵:ありがとうございましたー。
芝村:評価は+1+1でした
花陵:のんびり。の筈が、しゃべり
花陵:しゃべりっぱなしでした(笑)
花陵:蛇の指輪2も貰ってくれて、良かったですー。
芝村:ははは。
花陵:あ。蛇の指輪は、編成に組み込んでいるのですが、こんどイベントに出る時に抜いておけば大丈夫ですよね?
芝村:ええ。
芝村:もうこのターンは使わないでしょうし
芝村:秘宝館には1、1で依頼出来ます。
花陵:はーい。
芝村:では解散しましょう。おつかれさまでしたー
花陵:はい。
花陵:あ。
花陵:時間がたってましたが、評価は下がってましたでしょうか?
芝村:今は3・3ですね
花陵:Q:今回上がったのもいれて、3・3でしょうか?
芝村:A:ええ
花陵:はい。ありがとうございました!
芝村:ではー
花陵:お引止めして、申し訳ございませんでした!
花陵:では、またですー。


[No.4910] 2008/05/21(Wed) 22:27:03

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 180 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS