[ リストに戻る ]
No.7367へ返信



all 詩歌音楽祭ってきっとこんなのだよ!(アイデア募集) - 星月典子 - 2010/03/24(Wed) 01:50:57 [No.7344]
回答いただいたのでまとめてみました - 星月典子 - 2010/04/02(Fri) 20:24:10 [No.7363]
政策ぽく(?)作ってみました(ご意見募集) - 星月典子 - 2010/04/05(Mon) 05:38:19 [No.7368]
こっそり - 星月典子 - 2010/04/08(Thu) 18:07:41 [No.7373]
Re: こっそり - 花陵 - 2010/04/08(Thu) 22:01:00 [No.7374]
きっとこんなのだよ! - 花陵 - 2010/04/01(Thu) 23:36:36 [No.7359]
音楽祭SS(1)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/03/28(Sun) 00:40:42 [No.7350]
音楽祭SS(2)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/03/29(Mon) 22:16:58 [No.7351]
音楽祭SS(3)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/03/31(Wed) 00:21:17 [No.7352]
音楽祭SS(4)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/01(Thu) 00:35:28 [No.7357]
音楽祭SS(5)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/02(Fri) 02:13:00 [No.7362]
音楽祭SS(6)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/03(Sat) 02:08:04 [No.7364]
音楽祭SS(7)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/04(Sun) 00:12:41 [No.7366]
音楽祭SS(8)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/05(Mon) 00:07:39 [No.7367]
音楽祭SS(9)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/05(Mon) 23:28:14 [No.7369]
音楽祭SS(10)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/06(Tue) 23:15:00 [No.7371]
Re: 音楽祭SS(3)  - 花陵 - 2010/03/31(Wed) 20:00:21 [No.7355]
きっとこんなのだよ! - 岩崎経 - 2010/03/26(Fri) 12:48:54 [No.7348]
きっとこんなのだよ!! - 鈴藤 瑞樹 - 2010/03/25(Thu) 22:04:27 [No.7347]


音楽祭SS(8)  (No.7366 への返信) - 士具馬 鶏鶴

その場に居る誰もが、天上に光る星々が孤独ではないと今日思った。

夜闇に沈む姿がずっと寂しそうだった。大海にポツンと浮かぶこの国も。

だが、そうではない。

今ならそう言える。隣を見れば見知った顔も見知らぬ顔もあった。

詩歌藩国音楽祭、最後の幕が開こうとしていた。





使用される楽器、人員共に過去最大数を誇る。楽器演奏科と総合科の学生、講師陣、全てが楽器を手にしている。
これまで繰り広げられていた大騒ぎが、嘘のようである。静謐が過ぎ、聴衆の背がぞくりと揺れた。演者達の手にうっすらと汗がにじむ。酒の酔いなど、とうに抜けていた。



最後の演者が、整然と並ぶ演者達の前に現われた。

詩歌が誇る二人の摂政が一人、竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーンである。

最後の空席、グランドピアノが埋まった。メガネをくいと押し上げる。
指揮台に立つ初老の男が、指揮棒を高く突き上げた。今まさに振り下ろされんとする一本の棒を、誰もが注視していた。

第一幕、開始。




音が奏でたのは、魂との再会であった。

始まりは、ピアノの緩やかな独奏。スピードは、歩くような速さで。

二人の男と一機が緑の森を抜ける。落ち葉を踏み、銀の森を故郷にもつ彼は言った。

ここは、死の森だと。湿っていて、暖かいけど、どこか冷たいと。

曲調、急転。ヴァイオリンの鋭利な音が平穏を切り裂く。
それは、突然の別離。

何十ものヴァイオリンはつのる不安、緊張を次々にえがきだす。

シンバルの爆発でピアノのリズムは急上昇。トランペットの音が高らかに響く。
透明な絶望。薄氷の上を無我夢中で走り抜ける必死さであった。


涙を流しながら見上げた空が、青かった。広く、穏やかだった。
それが、無性に悔しかった。



曲調は再び穏やかに。チェロ、トロンボーンが低く深い音を編みこむ。

男は気づく、もはや救いはないのだと。

深い失意と悔恨の中、彼は出会う。運命の少年と。




トランペット、ホルン、トロンボーン、チューバが告げた、信じがたい奇跡を。

ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、コントラバスが告げた、再会の喝采を。

シンバルの爆発で全ての音が止む。


そして、流れ出すのはピアノの静かな音色。

スピードは、歩くような速さで。

手をつなぎ、歩くような。





最後の一音が止んだ。耳が痛くなるような一拍の静寂、そして。


耳が痛くなるような喝采が、惜しみなく、演者達に向けられた。


[No.7367] 2010/04/05(Mon) 00:07:39

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 180 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS