[ リストに戻る ]
No.7369へ返信



all 詩歌音楽祭ってきっとこんなのだよ!(アイデア募集) - 星月典子 - 2010/03/24(Wed) 01:50:57 [No.7344]
回答いただいたのでまとめてみました - 星月典子 - 2010/04/02(Fri) 20:24:10 [No.7363]
政策ぽく(?)作ってみました(ご意見募集) - 星月典子 - 2010/04/05(Mon) 05:38:19 [No.7368]
こっそり - 星月典子 - 2010/04/08(Thu) 18:07:41 [No.7373]
Re: こっそり - 花陵 - 2010/04/08(Thu) 22:01:00 [No.7374]
きっとこんなのだよ! - 花陵 - 2010/04/01(Thu) 23:36:36 [No.7359]
音楽祭SS(1)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/03/28(Sun) 00:40:42 [No.7350]
音楽祭SS(2)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/03/29(Mon) 22:16:58 [No.7351]
音楽祭SS(3)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/03/31(Wed) 00:21:17 [No.7352]
音楽祭SS(4)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/01(Thu) 00:35:28 [No.7357]
音楽祭SS(5)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/02(Fri) 02:13:00 [No.7362]
音楽祭SS(6)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/03(Sat) 02:08:04 [No.7364]
音楽祭SS(7)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/04(Sun) 00:12:41 [No.7366]
音楽祭SS(8)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/05(Mon) 00:07:39 [No.7367]
音楽祭SS(9)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/05(Mon) 23:28:14 [No.7369]
音楽祭SS(10)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/06(Tue) 23:15:00 [No.7371]
Re: 音楽祭SS(3)  - 花陵 - 2010/03/31(Wed) 20:00:21 [No.7355]
きっとこんなのだよ! - 岩崎経 - 2010/03/26(Fri) 12:48:54 [No.7348]
きっとこんなのだよ!! - 鈴藤 瑞樹 - 2010/03/25(Thu) 22:04:27 [No.7347]


音楽祭SS(9)  (No.7367 への返信) - 士具馬 鶏鶴





「いやー、なかなか良かった。竜宮摂政、ピアノもイケるのか。」
「だな、昼間のアレとはまた違う愛だった」

「昼間のアレって・・・あぁ、水着の君のお相手か」

「あんなにストレートな愛の歌は滅多に聴けないよな」

「いや、ほんと。アツかったアツかった。」





張りつめた緊張が消え、そこかしこから感想が漏れ聞こえてくる。
舞台にも動きがあった。
グランドピアノが舞台から姿を消す。聴衆の間で興奮が止んだ頃、楽器の音合わせが厳かに始まった。
まず、フルート、クラリネット、サックス、オーボエ。
次にトランペット、ホルン、トロンボーン、チューバが続く。
ヴァイオリン、チェロ、コントラバス、ギター、ハープが加わった。
最後はシンバルを初めとした打楽器。



静寂が戻る。今か今かと待ちわびる、次の音楽を。


最後の演者が姿を現す。

詩歌が誇る最後の摂政、星月典子である。

一歩進む度、新雪を思わせる白銀の長い髪が揺れる。手には深い光沢を放つヴァイオリン。
指揮台の横に立ち、構えた。

そして、指揮が始まる。

第二幕、開始。




音が奏でたのは、友との別れと再会であった。


始まりは鮮烈に。一斉に弓は天を突き、弦が揺れた。

トランペット、トロンボーンが吹き鳴らされる。思わず踊りだしそうなリズム。フルート、クラリネットがさらに華やかさを演出する。


それは、聖夜の宴。

華やかさと荘厳さ。チェロやコントラバス、ホルン、チューバ、サックスが加わる。

重く響く低音が手を取り合う。

それはまるで舞踏。見慣れぬ姿をする友。手を伸ばし、彼女は掴む。彼らの手を。



けれど、宴は終わる。

旅立ちと共に。華やかさは消え、残るは荘厳さ。

ハープの音色だけが優しい。静かに、別れを惜しむように。

そして、打楽器の爆発。

ついに別れの時。ヴァイオリン、ギターが加わった。全ての音が高まっていく。

重ねあった一つの手と二つの前脚が離れていく。雄大な音楽が生まれる。

強い意思がそこにみえた。また会おう、いつの日か。




音が急に止む。

ヴァイオリンの独奏だけが残った。

ただ一人、激しくけれど美しい音色が続く。それは、友を想う心だった。


たった一つの音が止むかと思ったその時に、ヴァイオリンの音が幾十にも増えた。

それまで控えていた楽器達も続々と鳴る。演奏は最高潮に。

それは、沸き立つ喜び。

ぶつける相手は、遠くに見えるあの友達。

見慣れぬ姿の友達に。





一斉に全ての音が消えた。直後に爆発した喝采。

肩で息をする星月の顔は満面の笑みだった。


[No.7369] 2010/04/05(Mon) 23:28:14

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 180 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS