[ リストに戻る ]
No.7371へ返信



all 詩歌音楽祭ってきっとこんなのだよ!(アイデア募集) - 星月典子 - 2010/03/24(Wed) 01:50:57 [No.7344]
回答いただいたのでまとめてみました - 星月典子 - 2010/04/02(Fri) 20:24:10 [No.7363]
政策ぽく(?)作ってみました(ご意見募集) - 星月典子 - 2010/04/05(Mon) 05:38:19 [No.7368]
こっそり - 星月典子 - 2010/04/08(Thu) 18:07:41 [No.7373]
Re: こっそり - 花陵 - 2010/04/08(Thu) 22:01:00 [No.7374]
きっとこんなのだよ! - 花陵 - 2010/04/01(Thu) 23:36:36 [No.7359]
音楽祭SS(1)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/03/28(Sun) 00:40:42 [No.7350]
音楽祭SS(2)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/03/29(Mon) 22:16:58 [No.7351]
音楽祭SS(3)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/03/31(Wed) 00:21:17 [No.7352]
音楽祭SS(4)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/01(Thu) 00:35:28 [No.7357]
音楽祭SS(5)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/02(Fri) 02:13:00 [No.7362]
音楽祭SS(6)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/03(Sat) 02:08:04 [No.7364]
音楽祭SS(7)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/04(Sun) 00:12:41 [No.7366]
音楽祭SS(8)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/05(Mon) 00:07:39 [No.7367]
音楽祭SS(9)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/05(Mon) 23:28:14 [No.7369]
音楽祭SS(10)  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/04/06(Tue) 23:15:00 [No.7371]
Re: 音楽祭SS(3)  - 花陵 - 2010/03/31(Wed) 20:00:21 [No.7355]
きっとこんなのだよ! - 岩崎経 - 2010/03/26(Fri) 12:48:54 [No.7348]
きっとこんなのだよ!! - 鈴藤 瑞樹 - 2010/03/25(Thu) 22:04:27 [No.7347]


音楽祭SS(10)  (No.7369 への返信) - 士具馬 鶏鶴





やっと、帰ってきた。

藩王九音・詩歌は舞台に続く一本道を歩いていた。

薄暗く狭い通路である。
本来広かったが、大小様々な楽器ケースがそこかしこに置かれていた。
雑然と積まれて出来たその山を見て、少し緊張する。

これに声楽科と総合科のコーラスも加わるのか、すごい数だな。

舞台に上がり、その数に圧倒される。
どこをみても人だらけだった。まず演奏者の数に驚き、次に聴衆の数に眼を見張る。
雰囲気に飲まれそうだったが、人々の表情を見てほっとした。大人も子供も期待に目を輝かし、口元から笑みがこぼれている。


さて、名残惜しいがフィナーレといこう。





音が奏でたのは、笑顔との再会だった。

一音のズレもなく、歌と演奏は始まった。

曲目が分かった聴衆から、一瞬の大歓声が湧く。


それは壮大な夜明け、眩しくてとても直視できないような。


ヴァイオリンの清廉さをフルート、クラリネット、木琴の音色が包み込む。

チェロ・コントラバス・ギターの低音がしっかりと音楽を支えている。

ヴァイオリンが描くのは長い長い毎日。

いくつもの苦悩に頭を抱える日々。人々の手、その温もりを知る度に深まる悩み。

歌う詩歌に無数の手拍子、前からも後ろからも。

そして、ワンシーンが終わるその瞬間に流水の如く滑り出すハープの音色。最高のリズムで鳴る打楽器。

ファンファーレのように高らかに鳴り始めるトランペット、トロンボーン、ホルン、チューバの音。ヴァイオリンの音色が次第に駆け上がっていく。


だが、思う。心から。

この無数の手が、自分を支えたのだと。万里の道を行く勇気を、与えたのだと。

詩歌は伝う汗を散らし、歌った。

言葉に出来ない無限の感謝を、一片でも伝える為に。


それにコーラスが答える、盛大に。

初雷の如く、時に春風の如く。

最後の大演奏を惜しむように、数百の楽器達は絢爛豪華に謳う。

山が笑い、崩れ行く氷雪の如く。


最後の大団円。
図ったかの如く、背後のラズライトラインに巨大な水柱が同時にいくつも上がった。

聴衆は圧倒され、言葉にならない。オーケストラの面々は、イタズラっ子のように笑っている。


静かな湖面を貫き、夜空に伸びる白い柱。その陰から黒い巨体が次々と浮かび、派手な水飛沫と共に沈んだ。


それは、ささやかな企て。水竜達とオーケストラの贈り物だった。



九音・詩歌は歌い続けた。
内心の驚きは隠し通せたが、喜びは隠せなかった。

この祭りが、人だけのものではなかったと安心できたのはこの時である。




指揮棒が勢い良く下ろされた瞬間、音楽は唐突に止んだ。寸分の狂いもない。

詩歌は汗を拭うこともなく空を見上げ、思った。




ありがとう、みんな。






空に穴が開きそうな拍手喝采の中、藩王九音・詩歌は恭しく頭を下げた。


(終)


[No.7371] 2010/04/06(Tue) 23:15:00

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 180 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS