[ リストに戻る ]
No.7572へ返信



all 詩歌藩国作業ギルド11 - 九音・詩歌 - 2010/06/04(Fri) 21:31:52 [No.7519]
T16整備フェイズ提出しましたー - 竜宮・司 - 2010/10/07(Thu) 22:53:40 [No.7616]
チェックさせていただきましたー - 星月典子 - 2010/10/07(Thu) 23:01:23 [No.7617]
提出済 - 星月典子 - 2010/10/07(Thu) 23:20:52 [No.7618]
音楽家SS 2 - 士具馬 鶏鶴 - 2010/10/02(Sat) 15:29:25 [No.7611]
海藻の利用 SS - 鈴藤 瑞樹 - 2010/10/02(Sat) 09:32:46 [No.7610]
(9/18〆)EV164リザルト申請 - 駒地真子 - 2010/09/12(Sun) 16:22:40 [No.7584]
提出いたしました - 星月典子 - 2010/09/13(Mon) 17:36:58 [No.7588]
T16聯合・生産・輸送・編成ミス修正(作業済み) - 竜宮・司@詩歌藩国 - 2010/08/30(Mon) 15:26:54 [No.7574]
修正履歴 - 星月典子 - 2010/08/30(Mon) 17:58:59 [No.7575]
産業育成  - 士具馬 鶏鶴 - 2010/08/28(Sat) 23:47:18 [No.7572]
(8/27〆)EV164帝國陣営エントリー調査 - 星月典子 - 2010/08/27(Fri) 17:11:03 [No.7569]
エントリーしました - 竜宮・司@詩歌藩国 - 2010/08/27(Fri) 20:51:09 [No.7570]
ありがとうございますー! - 星月典子 - 2010/08/28(Sat) 02:39:32 [No.7571]
T16・帝國陣営戦力把握のためアンケートのお願い〆... - 竜宮・司 - 2010/06/08(Tue) 06:40:44 [No.7527]
一先ず作成 - 竜宮・司 - 2010/06/08(Tue) 06:42:41 [No.7528]
チェックさせていただきましたー - 星月典子 - 2010/06/08(Tue) 20:16:14 [No.7529]
提出しました - 竜宮・司 - 2010/06/11(Fri) 08:51:05 [No.7531]
作業時間報告 - 豊国 ミルメーク - 2010/06/06(Sun) 22:49:51 [No.7525]
マイル分配 - 九音・詩歌 - 2010/06/04(Fri) 21:42:43 [No.7520]
分配案 - 星月典子 - 2010/06/24(Thu) 05:11:26 [No.7553]
Re: 分配案 - 竜宮・司 - 2010/06/24(Thu) 23:53:50 [No.7555]
Re: 分配案 - 九音・詩歌 - 2010/06/24(Thu) 05:16:24 [No.7554]
Re: 分配案 - 九音・詩歌 - 2010/06/24(Thu) 23:59:11 [No.7556]
作業時間 - 岩崎経 - 2010/06/07(Mon) 23:47:52 [No.7526]
作業時間 - 士具馬 鶏鶴 - 2010/06/05(Sat) 23:09:49 [No.7523]
作業時間 - 駒地真子 - 2010/06/05(Sat) 18:10:17 [No.7522]
作業時間申告 - 鈴藤 瑞樹 - 2010/06/05(Sat) 15:42:57 [No.7521]


産業育成  (No.7519 への返信) - 士具馬 鶏鶴

絵画コンクール関係のSSです。


太陽の威光眩しき頃。
蒼海が煌き、白雲が沸き立つ。
万緑が繁り、涼風が薫る。
霊峰シュティオンを超え、雲の峰がそそり立つ。
生きる物皆が涼を求め、サファイアラグーン、ラズライトラインで戯れる。
浮遊島から落ちる滝は、炎天の下に虹を残す。


詩歌藩国に、幾度目かの夏が来た。




「絵画コンクールゥ?」
「そう、絵画コンクール」

 
二人の北国人が、海岸でスケッチをしている。

一人は長い銀髪を鬱陶しそうに括っている少女。年は10を越して間もないが、数年すれば誰もが振り返るようになるだろう。

一人は短い銀髪を逆立てた男。年は15,6、精悍な顔つきに厳しい目元。美男子だが、少々話しかけづらい人物。


視線を交わすことも、手を休めることもない。
白い紙に次々とモノクロの風景が描かれていく。


カキ氷を手にした水着姿の男女。

潮を高く吹き上げる水竜。

彼等の背に座り、歓声をあげる子供達。



「嫌よ、馬鹿馬鹿しい。私の絵が素晴らしいのは当たり前じゃない。あんなもの、褒められなきゃ安心できない連中が出ればいいのよ」

「賞品がでるぞ」



ピタリと、少女の手が止まる。
形の良い眉が、上がった。
じろりと目線だけが男に向く。



「何でも豪華賞品なんだそうだ」



淡々とした口調で、絶妙な間で話し続ける男。

徐々に少女の顔が男の方へ向いていく。
こめかみに流れる汗を拭いもしない。



「ちなみに、俺は出るぞ」
「じゃ私もでる。」


間髪入れずに少女はそう言った。


「せっかくの溢れ出る才能だもん、せいぜい有効活用しなくちゃね」
「そうか」


ムフーッと力む少女の横で、男は小さく微笑んだ。
二人の手が止まった。鉛筆を仕舞う。


「負けないわよ、豪華賞品は私がもらうっ!」
「俺が勝ったら分けてやるよ、豪華賞品」
「言ったわね、目に物見せてやるわ」


先に男が立ち上がり、

「じゃ、カキ氷でも食おう」
「私、ブルーハワイッ!」
「俺は何にするかな」
「ちょっと頂戴」
「楽しみだな、頭がキーンってなる時のお前の顔」




この二人が、詩歌藩国きっての絵描きになるのはもう少し先の話。


[No.7572] 2010/08/28(Sat) 23:47:18

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 180 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS