[ リストに戻る ]
No.8093へ返信



all 制作した流用可能なものまとめ - 竜宮・司 - 2017/08/07(Mon) 00:06:31 [No.8088]
[削除] - - 2017/08/27(Sun) 16:27:36 [No.8212]
読み聞かせ  - 花陵ふみ - 2017/08/20(Sun) 20:33:13 [No.8162]
洗濯じゃぶじゃぶ - 花陵ふみ - 2017/08/20(Sun) 17:12:08 [No.8151]
Re: 洗濯じゃぶじゃぶ:流用者さんのリスト - 花陵ふみ - 2017/08/21(Mon) 21:11:05 [No.8181]
きりきり掃除しよう - 花陵ふみ - 2017/08/20(Sun) 16:15:49 [No.8149]
Re: きりきり掃除しよう:流用者さんのリスト - 花陵ふみ - 2017/08/21(Mon) 21:06:33 [No.8180]
今日のご飯なーに RD:4 評価値:3 - 花陵ふみ - 2017/08/20(Sun) 15:10:33 [No.8147]
流用者さんのお名前 - 花陵ふみ - 2017/08/21(Mon) 21:05:11 [No.8179]
パイロット - 九音・詩歌 - 2017/08/19(Sat) 01:35:38 [No.8128]
パイロット流用者リスト - 九音・詩歌 - 2017/08/19(Sat) 14:47:19 [No.8133]
基本的な林業 - 竜宮・司 - 2017/08/18(Fri) 23:10:15 [No.8126]
〇〇のイラスト入り抱き枕 - 鈴藤 瑞樹 - 2017/08/17(Thu) 15:24:14 [No.8122]
古めかしい貸本屋 - 花陵ふみ - 2017/08/16(Wed) 20:22:01 [No.8119]
星見司 - 竜宮・司 - 2017/08/16(Wed) 20:10:36 [No.8118]
流用者リスト - 九音・詩歌 - 2017/08/18(Fri) 23:29:10 [No.8127]
児童公園 - 花陵ふみ - 2017/08/12(Sat) 16:33:46 [No.8104]
雪山 RD:13 評価値:6 - 鈴藤 瑞樹 - 2017/08/11(Fri) 00:16:30 [No.8099]
発光信号(詩歌) - 竜宮・司 - 2017/08/08(Tue) 20:08:45 [No.8095]
【プランター栽培(野菜)】RD:12 評価値:6 - 花陵ふみ - 2017/08/08(Tue) 19:08:02 [No.8093]
○○国の音楽(アイドレス【音楽】) - 寅山 日時期 - 2017/08/08(Tue) 01:51:57 [No.8092]
【音楽】流用者リスト - 寅山日時期 - 2017/08/27(Sun) 17:40:08 [No.8213]
流用申請 - 白河 輝@レンジャー連邦 - 2017/08/27(Sun) 17:45:22 [No.8214]
書式 - 竜宮・司 - 2017/08/19(Sat) 08:49:21 [No.8130]
バイオ燃料生成施設(詩歌) - 竜宮・司 - 2017/08/07(Mon) 01:02:31 [No.8089]


【プランター栽培(野菜)】RD:12 評価値:6 (No.8088 への返信) - 花陵ふみ

*部品構造

-大部品: プランター栽培(野菜) RD:12 評価値:6
--部品: プランター栽培とは
--部品: 利点と楽しみ
--大部品: 栽培の注意点やコツ RD:3 評価値:2
---部品: 害虫・病気対策
---部品: 連作障害
---部品: コンパニオンプランツ
--大部品: 種・苗や道具について RD:7 評価値:4
---部品: 種・苗
---部品: 植木鉢・プランター(コンテナ)
---部品: 鉢底石
---部品: ジョウロ
---部品: 移植ごて
---部品: 培養土
---部品: 肥料



*部品定義

**部品: プランター栽培とは
鉢植えやプランター(コンテナ)で野菜を育てること。
一般家庭のベランダや庭の一部などの狭い場所を有効活用して行うため、収穫自体は家族が食べる分くらいでさほど多くはない。



**部品: 利点と楽しみ
プランター栽培は、畑を耕すなどの重労働が必要なくベランダなどの狭いスペースでもできることが良い所だ。
身近で、野菜の生育の様子をを見ることができるのも楽しい。親子で育てると子供の食育にもなるだろう。
その場で収穫した新鮮な野菜で料理を作れることもうれしい。
 

**部品: 害虫・病気対策
時々、葉や茎を観察し害虫や病気になってないか確かめる。
害虫駆除の簡単な方法としては「見つけたら手でつぶす・ガムテープで取る・青虫やナメクジなどは割り箸でつまんで捨てる」などがある。アブラムシやハダニなどは、葉裏まで勢いよく水をかけて流す方法もある。特にハダニは高温乾燥の環境になると発生しやすいため、葉の裏側に時々葉水をかけてあげると予防にも効果的だ。
害虫が多発した場合や病気を引き起こしている際は、農薬を使うことも考える。ただし、農薬の種類や使用法を守ること。


**部品: 連作障害
狭い同じ場所で野菜を栽培すると、連作障害がおこりやすい。
収穫後は、土に残った茎や葉を取り除くこと。取り除いた茎や葉はまとめて焼却してしまう方法が簡単なのだが、大変な場合は堆肥の材料にするとよいだろう。
連作障害を避けるには、野菜の種類により休栽期間を把握し同じ場所に同じ作物を植えることを避けることが必要だ。


**部品: コンパニオンプランツ
一緒に植えると互いに生育を助け合う植物のこと。
「害虫を遠ざける・益虫を引き寄せる・野菜の生育や受粉を助ける・益虫を住まわせる」などの効果が見込まれるので、上手く取り入れるといいだろう。
植物の中には「マメ類とネギ類」など、相性が悪いといわれる組み合わせもあるので注意する。
 

**部品: 種・苗
自分が育てたい種や苗を選んで植えられる。自分のレベルや季節、居住の地区に合わせて育てやすいもの選ぶといいだろう。
超初心者でもベビーリーフやバジルなどは種からでも簡単に育てられるし、トマト、ナス・キュウリ・ピーマン・シシトウ・イチゴなどは苗から育てると手軽でいい。キュウリは、育期間が短いのが特徴。また、ピーマンやシシトウは、高温・乾燥を好むため屋上菜園にも向いている品種だ。


**部品: 植木鉢・プランター(コンテナ)
植物の育成に使う容器のこと。
プランターは、栽培や展示するために用いられる植物の地下部を保護し安定させるための鉢や箱の別称。プラスチックで作られたものが軽くて便利だが、テラコッタなどの焼き物で作られたものも人気がある。
   

**部品: 鉢底石
軽石などの石をプランターや鉢の底に敷くことで土の水はけや通気性をよくする働きがあり根腐れの予防に効果があるとされる。使い方としては、鉢やプランターの鉢穴に鉢底ネットを敷きその上に鉢底石をまき土で覆う。
  


**部品: ジョウロ
植木や草木などに水をかけるために使う道具のこと。
水を貯める容器に管をつけてあり、小さく多数の穴が開いた管先(ハス口)から細かい水がでる。古くから銅製のものが愛用されているが、近年はプラスチック製のものが多い。子供用には、象さんの形の小さなジョウロが人気がある。


**部品: 移植ごて
片手で持つ小さなシャベルのこと。苗を植え付けたり、草花を植え替える時などに使う小型の園芸用スコップだ。根の深い雑草を掘り起こすのにも使い勝手がよく重宝する。


**部品: 培養土
「基本用土・補助用土・培養土」の三つがあげられる。
それぞれ、黒土・赤玉土・ボラ土・腐葉土・ピートモス・ パーライトなどがあり、それらを特定の植物に合った配合に調節する。自分で土の特徴をおおまかに把握しつくることもできるが、市販の培養土を購入すると手っ取り早い。すでに、酸度も調整され元肥も含まれていているので便利だ。


**部品: 肥料
植物を育てる際に、栄養分として人が施すもの。
特に、窒素、リン酸、カリウムの三種類は「肥料の三要素」といい、植物の成長のために多くを必要とする。おおまかに無機肥料と有機肥料に分けられる。無機肥料は水に溶けやすいが流出もしやすく、長期間の使用によっては土壌障害の原因ともなる。有機肥料は草木灰、動物の糞、魚粕など、発酵などによって分解され無機物となって植物に吸収される。





*提出書式

大部品: プランター栽培(野菜) RD:12 評価値:6
-部品: プランター栽培とは
-部品: 利点と楽しみ
-大部品: 栽培の注意点やコツ RD:3 評価値:2
--部品: 害虫・病気対策
--部品: 連作障害
--部品: コンパニオンプランツ
-大部品: 種・苗や道具について RD:7 評価値:4
--部品: 種・苗
--部品: 植木鉢・プランター(コンテナ)
--部品: 鉢底石
--部品: ジョウロ
--部品: 移植ごて
--部品: 培養土
--部品: 肥料


部品: プランター栽培とは
鉢植えやプランター(コンテナ)で野菜を育てること。
一般家庭のベランダや庭の一部などの狭い場所を有効活用して行うため、収穫自体は家族が食べる分くらいでさほど多くはない。



部品: 利点と楽しみ
プランター栽培は、畑を耕すなどの重労働が必要なくベランダなどの狭いスペースでもできることが良い所だ。
身近で、野菜の生育の様子をを見ることができるのも楽しい。親子で育てると子供の食育にもなるだろう。
その場で収穫した新鮮な野菜で料理を作れることもうれしい。
 

部品: 害虫・病気対策
時々、葉や茎を観察し害虫や病気になってないか確かめる。
害虫駆除の簡単な方法としては「見つけたら手でつぶす・ガムテープで取る・青虫やナメクジなどは割り箸でつまんで捨てる」などがある。アブラムシやハダニなどは、葉裏まで勢いよく水をかけて流す方法もある。特にハダニは高温乾燥の環境になると発生しやすいため、葉の裏側に時々葉水をかけてあげると予防にも効果的だ。
害虫が多発した場合や病気を引き起こしている際は、農薬を使うことも考える。ただし、農薬の種類や使用法を守ること。


部品: 連作障害
狭い同じ場所で野菜を栽培すると、連作障害がおこりやすい。
収穫後は、土に残った茎や葉を取り除くこと。取り除いた茎や葉はまとめて焼却してしまう方法が簡単なのだが、大変な場合は堆肥の材料にするとよいだろう。
連作障害を避けるには、野菜の種類により休栽期間を把握し同じ場所に同じ作物を植えることを避けることが必要だ。


部品: コンパニオンプランツ
一緒に植えると互いに生育を助け合う植物のこと。
「害虫を遠ざける・益虫を引き寄せる・野菜の生育や受粉を助ける・益虫を住まわせる」などの効果が見込まれるので、上手く取り入れるといいだろう。
植物の中には「マメ類とネギ類」など、相性が悪いといわれる組み合わせもあるので注意する。
 

部品: 種・苗
自分が育てたい種や苗を選んで植えられる。自分のレベルや季節、居住の地区に合わせて育てやすいもの選ぶといいだろう。
超初心者でもベビーリーフやバジルなどは種からでも簡単に育てられるし、トマト、ナス・キュウリ・ピーマン・シシトウ・イチゴなどは苗から育てると手軽でいい。キュウリは、育期間が短いのが特徴。また、ピーマンやシシトウは、高温・乾燥を好むため屋上菜園にも向いている品種だ。


部品: 植木鉢・プランター(コンテナ)
植物の育成に使う容器のこと。
プランターは、栽培や展示するために用いられる植物の地下部を保護し安定させるための鉢や箱の別称。プラスチックで作られたものが軽くて便利だが、テラコッタなどの焼き物で作られたものも人気がある。
   

部品: 鉢底石
軽石などの石をプランターや鉢の底に敷くことで土の水はけや通気性をよくする働きがあり根腐れの予防に効果があるとされる。使い方としては、鉢やプランターの鉢穴に鉢底ネットを敷きその上に鉢底石をまき土で覆う。
  


部品: ジョウロ
植木や草木などに水をかけるために使う道具のこと。
水を貯める容器に管をつけてあり、小さく多数の穴が開いた管先(ハス口)から細かい水がでる。古くから銅製のものが愛用されているが、近年はプラスチック製のものが多い。子供用には、象さんの形の小さなジョウロが人気がある。


部品: 移植ごて
片手で持つ小さなシャベルのこと。苗を植え付けたり、草花を植え替える時などに使う小型の園芸用スコップだ。根の深い雑草を掘り起こすのにも使い勝手がよく重宝する。


部品: 培養土
「基本用土・補助用土・培養土」の三つがあげられる。
それぞれ、黒土・赤玉土・ボラ土・腐葉土・ピートモス・ パーライトなどがあり、それらを特定の植物に合った配合に調節する。自分で土の特徴をおおまかに把握しつくることもできるが、市販の培養土を購入すると手っ取り早い。すでに、酸度も調整され元肥も含まれていているので便利だ。


部品: 肥料
植物を育てる際に、栄養分として人が施すもの。
特に、窒素、リン酸、カリウムの三種類は「肥料の三要素」といい、植物の成長のために多くを必要とする。おおまかに無機肥料と有機肥料に分けられる。無機肥料は水に溶けやすいが流出もしやすく、長期間の使用によっては土壌障害の原因ともなる。有機肥料は草木灰、動物の糞、魚粕など、発酵などによって分解され無機物となって植物に吸収される。






*インポート用定義データ

[
{
"id": 80957,
"title": "プランター栽培(野菜)",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-27 07:07:33.975964",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:33.975964",
"children": [
{
"id": 80958,
"title": "プランター栽培とは",
"description": "鉢植えやプランター(コンテナ)で野菜を育てること。\n一般家庭のベランダや庭の一部などの狭い場所を有効活用して行うため、収穫自体は家族が食べる分くらいでさほど多くはない。\n\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:33.99609",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:33.99609",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
},
{
"id": 80959,
"title": " 利点と楽しみ",
"description": "プランター栽培は、畑を耕すなどの重労働が必要なくベランダなどの狭いスペースでもできることが良い所だ。\n身近で、野菜の生育の様子をを見ることができるのも楽しい。親子で育てると子供の食育にもなるだろう。\nその場で収穫した新鮮な野菜で料理を作れることもうれしい。\n ",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.036533",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.036533",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
},
{
"id": 80960,
"title": "栽培の注意点やコツ",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.082863",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.082863",
"children": [
{
"id": 80961,
"title": "害虫・病気対策",
"description": "時々、葉や茎を観察し害虫や病気になってないか確かめる。\n害虫駆除の簡単な方法としては「見つけたら手でつぶす・ガムテープで取る・青虫やナメクジなどは割り箸でつまんで捨てる」などがある。アブラムシやハダニなどは、葉裏まで勢いよく水をかけて流す方法もある。特にハダニは高温乾燥の環境になると発生しやすいため、葉の裏側に時々葉水をかけてあげると予防にも効果的だ。\n害虫が多発した場合や病気を引き起こしている際は、農薬を使うことも考える。ただし、農薬の種類や使用法を守ること。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.084722",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.084722",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
},
{
"id": 80962,
"title": "連作障害",
"description": "狭い同じ場所で野菜を栽培すると、連作障害がおこりやすい。\n収穫後は、土に残った茎や葉を取り除くこと。取り除いた茎や葉はまとめて焼却してしまう方法が簡単なのだが、大変な場合は堆肥の材料にするとよいだろう。\n連作障害を避けるには、野菜の種類により休栽期間を把握し同じ場所に同じ作物を植えることを避けることが必要だ。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.124381",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.124381",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
},
{
"id": 80963,
"title": "コンパニオンプランツ",
"description": "一緒に植えると互いに生育を助け合う植物のこと。\n「害虫を遠ざける・益虫を引き寄せる・野菜の生育や受粉を助ける・益虫を住まわせる」などの効果が見込まれるので、上手く取り入れるといいだろう。\n植物の中には「マメ類とネギ類」など、相性が悪いといわれる組み合わせもあるので注意する。\n ",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.14974",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.14974",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
}
],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
},
"expanded": true
},
{
"id": 80964,
"title": "種・苗や道具について",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.201961",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.201961",
"children": [
{
"id": 80965,
"title": "種・苗",
"description": "自分が育てたい種や苗を選んで植えられる。自分のレベルや季節、居住の地区に合わせて育てやすいもの選ぶといいだろう。\n超初心者でもベビーリーフやバジルなどは種からでも簡単に育てられるし、トマト、ナス・キュウリ・ピーマン・シシトウ・イチゴなどは苗から育てると手軽でいい。キュウリは、育期間が短いのが特徴。また、ピーマンやシシトウは、高温・乾燥を好むため屋上菜園にも向いている品種だ。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.203924",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.203924",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
},
{
"id": 80966,
"title": "植木鉢・プランター(コンテナ)",
"description": "植物の育成に使う容器のこと。\nプランターは、栽培や展示するために用いられる植物の地下部を保護し安定させるための鉢や箱の別称。プラスチックで作られたものが軽くて便利だが、テラコッタなどの焼き物で作られたものも人気がある。\n   ",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.232606",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.232606",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
},
{
"id": 80967,
"title": "鉢底石",
"description": "軽石などの石をプランターや鉢の底に敷くことで土の水はけや通気性をよくする働きがあり根腐れの予防に効果があるとされる。使い方としては、鉢やプランターの鉢穴に鉢底ネットを敷きその上に鉢底石をまき土で覆う。\n  \n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.259335",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.259335",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
},
{
"id": 80968,
"title": " ジョウロ",
"description": "植木や草木などに水をかけるために使う道具のこと。\n水を貯める容器に管をつけてあり、小さく多数の穴が開いた管先(ハス口)から細かい水がでる。古くから銅製のものが愛用されているが、近年はプラスチック製のものが多い。子供用には、象さんの形の小さなジョウロが人気がある。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.287677",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.287677",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
},
{
"id": 80969,
"title": "移植ごて",
"description": "片手で持つ小さなシャベルのこと。苗を植え付けたり、草花を植え替える時などに使う小型の園芸用スコップだ。根の深い雑草を掘り起こすのにも使い勝手がよく重宝する。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.316728",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.316728",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
},
{
"id": 80970,
"title": "培養土",
"description": "「基本用土・補助用土・培養土」の三つがあげられる。\nそれぞれ、黒土・赤玉土・ボラ土・腐葉土・ピートモス・ パーライトなどがあり、それらを特定の植物に合った配合に調節する。自分で土の特徴をおおまかに把握しつくることもできるが、市販の培養土を購入すると手っ取り早い。すでに、酸度も調整され元肥も含まれていているので便利だ。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.346822",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.346822",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
},
{
"id": 80971,
"title": "肥料",
"description": "植物を育てる際に、栄養分として人が施すもの。\n特に、窒素、リン酸、カリウムの三種類は「肥料の三要素」といい、植物の成長のために多くを必要とする。おおまかに無機肥料と有機肥料に分けられる。無機肥料は水に溶けやすいが流出もしやすく、長期間の使用によっては土壌障害の原因ともなる。有機肥料は草木灰、動物の糞、魚粕など、発酵などによって分解され無機物となって植物に吸収される。\n\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-27 07:07:34.389183",
"updated_at": "2017-08-27 07:07:34.389183",
"children": [],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
}
}
],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
},
"expanded": true
}
],
"character": {
"id": 591,
"name": "花陵ふみ"
},
"expanded": true
}
]


[No.8093] 2017/08/08(Tue) 19:08:02

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 180 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS