[ リストに戻る ]
No.8177へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all T20PC提出所 - 竜宮・司 - 2017/08/20(Sun) 17:19:25 [No.8153]
崎戸剣二 PCのアイドレス - 崎戸剣二 - 2017/09/08(Fri) 23:44:45 [No.8256]
PC文殊登録9/5〆切 - 竜宮・司 - 2017/08/24(Thu) 18:22:53 [No.8186]
自PC登録完了報告 - 星月典子 - 2017/08/25(Fri) 03:20:51 [No.8189]
寅山日時期のアイドレス - 寅山 日時期 - 2017/08/20(Sun) 23:30:13 [No.8176]
書式完成しました! - 寅山 日時期 - 2017/08/21(Mon) 01:28:58 [No.8178]
書式(途中まで) - 星月典子 - 2017/08/20(Sun) 23:49:47 [No.8177]
九音・詩歌 - 九音・詩歌 - 2017/08/20(Sun) 23:03:46 [No.8175]
代理登録 - 竜宮・司 - 2017/09/07(Thu) 22:09:10 [No.8253]
橘 皐月PCの元 - 皐月晴 - 2017/08/20(Sun) 22:38:24 [No.8171]
書式化しました!Re: 橘 皐月PCの元 - 星月典子 - 2017/08/20(Sun) 22:46:05 [No.8172]
橘 皐月 - 竜宮・司 - 2017/08/20(Sun) 22:57:55 [No.8173]
皐月さんへ、これを丸ごとコピペしてjsonインポートし... - 寅山 日時期 - 2017/09/03(Sun) 01:31:36 [No.8236]
王犬シイ - 九音・詩歌 - 2017/08/20(Sun) 21:33:46 [No.8169]
星月 典子 - 星月典子 - 2017/08/20(Sun) 21:11:56 [No.8166]
星月 典子  - 竜宮・司 - 2017/08/20(Sun) 21:18:18 [No.8167]
Re: 星月 典子  - 星月典子 - 2017/08/20(Sun) 21:32:46 [No.8168]
鈴藤(ver1) - 鈴藤 瑞樹 - 2017/08/20(Sun) 20:03:13 [No.8159]
鈴藤(ver1) 流用先の明記 - 鈴藤 瑞樹 - 2017/08/20(Sun) 21:08:02 [No.8165]
鈴藤(ver1) 裸術習得の背景について修正 - 鈴藤 瑞樹 - 2017/08/23(Wed) 20:05:53 [No.8183]
岩崎経PCのアイドレス - 岩崎経@詩歌藩国 - 2017/08/20(Sun) 19:39:33 [No.8157]
PC:冬樹蒼のアイドレス - 冬樹 蒼 - 2017/08/20(Sun) 19:25:09 [No.8156]
竜宮・司 - 竜宮・司 - 2017/08/20(Sun) 19:16:27 [No.8155]
花陵ふみ PCのアイドレス - 花陵ふみ - 2017/08/20(Sun) 17:34:48 [No.8154]
[削除] - - 2017/08/27(Sun) 10:46:00 [No.8209]
Re: 花陵ふみ PCのアイドレス  読み聞かせを追加 - 花陵ふみ - 2017/08/20(Sun) 20:14:50 [No.8160]
追記:大部品の流用元 - 花陵ふみ - 2017/08/20(Sun) 22:30:34 [No.8170]
誤字あったので、差し替えお願いします。 - 花陵ふみ - 2017/08/20(Sun) 23:01:17 [No.8174]
【芝村さん許可すみ】大部品「花陵ふみの交友関係」追... - 花陵ふみ - 2017/08/27(Sun) 10:53:10 [No.8210]
Re 芝村さん許可済 吏族追加 - 花陵ふみ - 2017/09/08(Fri) 20:33:28 [No.8255]
[削除] - - 2017/09/04(Mon) 21:26:36 [No.8245]


書式(途中まで) (No.8176 への返信) - 星月典子

*部品構造

-大部品: 寅山日時期 RD:17 評価値:6
--大部品: 寅山日時期について RD:4 評価値:3
---部品: 藩王への忠誠
---部品: 過去の公的な活動
---部品: 探偵事務所の開業
---部品: 音楽家になる
--大部品: 探偵の経験 RD:13 評価値:6
---部品: 概要
---部品: 依頼受付
---部品: 歩き回る
---部品: 聞き込み
---部品: 書類の検索
---部品: 証拠集め
---部品: 推理
---部品: 報告
---部品: 知力
---部品: 体力
---部品: 肉弾戦
---部品: 道具を使った攻撃
---部品: 護衛



*部品定義

**部品: 藩王への忠誠
詩歌藩国の文族にして臣下。もともとは自分で国を立ち上げようとしていたのだが、失敗し詩歌藩王に拾われる。それ以来藩王に忠誠を誓っている。

**部品: 過去の公的な活動
戦場に出兵したり国内外の問題に対応しながら、文章制作の傍ら音楽を制作していた。その後、吏族、星見司、法官、護民官、参謀の資格を取り多角的に活動した。

**部品: 探偵事務所の開業
のちに藩国内に探偵事務所と言う名のなんでも屋を開業。これは様々な問題を抱える人々を助け、その経験により自分も成長したいという考えからのことであった。

**部品: 音楽家になる
時代をえて音楽制作の腕もあげ音楽家としても活動。自国の音楽制作を中心としながらも西に音楽が必要する人あれば駆けつけて曲を送り、東に演奏を必要とする国があれば出向いて音楽を奏でる。そして藩王の許可を得て詩歌藩国立イリューシア音楽院の学長に就く。

**部品: 概要
寅山日時期は探偵である。藩国内に探偵事務所を開業したときからそう名乗っている。のだが国内外の情勢やその他の活動の必要性から現在は休業している状態である。しかしそこで経験して得た技術や習得した能力はいまでも覚えている。

**部品: 依頼受付
探偵の仕事は依頼人から仕事を依頼されることから始まる。ここで大切なのは依頼内容をきちんと聴き取ることである。これが上手くいかなくてはその後の調査も上手く行かない。故に時として依頼人が意図して隠している事情や情報も聞き出さなくてはならない。そういったことをする能力を得た。

**部品: 歩き回る
探偵の基本は方々を歩き回って五感を使い情報を得ることである。それに必要なのは脚の丈夫さであったり、地図の読み方や地形の把握、土地勘などである。

**部品: 聞き込み
歩き回る中で様々な人々と会話をして情報を得ること。身分を明かし情報を求めることは勿論、店では客として店員から話を聞いたり、世間話を装って目的の情報得ることもあった。

**部品: 書類の検索
ときには官公庁にある書類や本などの書物、個人宅にあるメモ帳や日記から情報を得ることがある。それらを読み調べ必要な証拠などを収集する能力。

**部品: 証拠集め
証言や状況証拠や物証を集めること。なにが証拠となり、なにが証拠とならないかを判断しながら収集しなくてはならず、さらには一見すると証拠ではないものやその時点では判断つかないものがあるが後に重要な証拠であることが分かる場合もあるので、それらを保管あるいは記憶していなくてはならない。

**部品: 推理
依頼人から受けた依頼の意味を理解し、歩き回り、聞き込みをし、書類を調べ、証拠を集めてそれらを統合して結論をだすこと。間違った証拠からは正しい推理はできないし、正しい情報を得ていても正しい推理が出来るとは限らない。もっとも難しく重要な部分。重要なのは冷静さと客観的な視点だ。

**部品: 報告
推理した結論や、その結論によって起こした行動で得た結果を依頼人に報告すること。必ずしも依頼人が望んでいた結果が得られるとは限らないので、正確にしかし言葉を選んで報告をする必要がある。

**部品: 知力
探偵には会話から語学にいたるまでの言語能力や、社会的な知識、文学や音楽などの文化に関する教養や、推理力などさまざまな意味での知力が一定以上必要になる。

**部品: 体力
探偵という仕事は何よりも体力を必要とする。大抵の場合、推理に必要な情報を得るために自らが様々な場所に実際に赴かなくてはならず、情報をまとめるにしても時間が掛かるからである。それらを行うのには体力が必要なのだ。

**部品: 肉弾戦
探偵業をするなかでは、治安の悪いところに足を運ぶこともあったり、意図して捜査を妨害しようする者から危害を加えられることもある。その場合自衛が必要になるので、そこから逃走したり相手を無力からするための素手同士での戦闘をすることもあった。

**部品: 道具を使った攻撃
探偵に危害を加えようとする者がなんらかの武器を使っていた場合はこちらも道具を使用しなくては危機を脱せないこともあった。武器とは路上に転がるゴミから、刃物や銃器などの場合もあった。

**部品: 護衛
依頼人や、依頼人から指定された人物の身体の安全を守ることもあった。その方法は事前の安全管理計画、見回りや地形や治安の把握から始まり、実際に戦闘を行いその者を守ることもあった。



*提出書式

大部品: 寅山日時期 RD:17 評価値:6
-大部品: 寅山日時期について RD:4 評価値:3
--部品: 藩王への忠誠
--部品: 過去の公的な活動
--部品: 探偵事務所の開業
--部品: 音楽家になる
-大部品: 探偵の経験 RD:13 評価値:6
--部品: 概要
--部品: 依頼受付
--部品: 歩き回る
--部品: 聞き込み
--部品: 書類の検索
--部品: 証拠集め
--部品: 推理
--部品: 報告
--部品: 知力
--部品: 体力
--部品: 肉弾戦
--部品: 道具を使った攻撃
--部品: 護衛


部品: 藩王への忠誠
詩歌藩国の文族にして臣下。もともとは自分で国を立ち上げようとしていたのだが、失敗し詩歌藩王に拾われる。それ以来藩王に忠誠を誓っている。

部品: 過去の公的な活動
戦場に出兵したり国内外の問題に対応しながら、文章制作の傍ら音楽を制作していた。その後、吏族、星見司、法官、護民官、参謀の資格を取り多角的に活動した。

部品: 探偵事務所の開業
のちに藩国内に探偵事務所と言う名のなんでも屋を開業。これは様々な問題を抱える人々を助け、その経験により自分も成長したいという考えからのことであった。

部品: 音楽家になる
時代をえて音楽制作の腕もあげ音楽家としても活動。自国の音楽制作を中心としながらも西に音楽が必要する人あれば駆けつけて曲を送り、東に演奏を必要とする国があれば出向いて音楽を奏でる。そして藩王の許可を得て詩歌藩国立イリューシア音楽院の学長に就く。

部品: 概要
寅山日時期は探偵である。藩国内に探偵事務所を開業したときからそう名乗っている。のだが国内外の情勢やその他の活動の必要性から現在は休業している状態である。しかしそこで経験して得た技術や習得した能力はいまでも覚えている。

部品: 依頼受付
探偵の仕事は依頼人から仕事を依頼されることから始まる。ここで大切なのは依頼内容をきちんと聴き取ることである。これが上手くいかなくてはその後の調査も上手く行かない。故に時として依頼人が意図して隠している事情や情報も聞き出さなくてはならない。そういったことをする能力を得た。

部品: 歩き回る
探偵の基本は方々を歩き回って五感を使い情報を得ることである。それに必要なのは脚の丈夫さであったり、地図の読み方や地形の把握、土地勘などである。

部品: 聞き込み
歩き回る中で様々な人々と会話をして情報を得ること。身分を明かし情報を求めることは勿論、店では客として店員から話を聞いたり、世間話を装って目的の情報得ることもあった。

部品: 書類の検索
ときには官公庁にある書類や本などの書物、個人宅にあるメモ帳や日記から情報を得ることがある。それらを読み調べ必要な証拠などを収集する能力。

部品: 証拠集め
証言や状況証拠や物証を集めること。なにが証拠となり、なにが証拠とならないかを判断しながら収集しなくてはならず、さらには一見すると証拠ではないものやその時点では判断つかないものがあるが後に重要な証拠であることが分かる場合もあるので、それらを保管あるいは記憶していなくてはならない。

部品: 推理
依頼人から受けた依頼の意味を理解し、歩き回り、聞き込みをし、書類を調べ、証拠を集めてそれらを統合して結論をだすこと。間違った証拠からは正しい推理はできないし、正しい情報を得ていても正しい推理が出来るとは限らない。もっとも難しく重要な部分。重要なのは冷静さと客観的な視点だ。

部品: 報告
推理した結論や、その結論によって起こした行動で得た結果を依頼人に報告すること。必ずしも依頼人が望んでいた結果が得られるとは限らないので、正確にしかし言葉を選んで報告をする必要がある。

部品: 知力
探偵には会話から語学にいたるまでの言語能力や、社会的な知識、文学や音楽などの文化に関する教養や、推理力などさまざまな意味での知力が一定以上必要になる。

部品: 体力
探偵という仕事は何よりも体力を必要とする。大抵の場合、推理に必要な情報を得るために自らが様々な場所に実際に赴かなくてはならず、情報をまとめるにしても時間が掛かるからである。それらを行うのには体力が必要なのだ。

部品: 肉弾戦
探偵業をするなかでは、治安の悪いところに足を運ぶこともあったり、意図して捜査を妨害しようする者から危害を加えられることもある。その場合自衛が必要になるので、そこから逃走したり相手を無力からするための素手同士での戦闘をすることもあった。

部品: 道具を使った攻撃
探偵に危害を加えようとする者がなんらかの武器を使っていた場合はこちらも道具を使用しなくては危機を脱せないこともあった。武器とは路上に転がるゴミから、刃物や銃器などの場合もあった。

部品: 護衛
依頼人や、依頼人から指定された人物の身体の安全を守ることもあった。その方法は事前の安全管理計画、見回りや地形や治安の把握から始まり、実際に戦闘を行いその者を守ることもあった。




*インポート用定義データ

[
{
"title": "寅山日時期",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "寅山日時期について",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "藩王への忠誠",
"description": "詩歌藩国の文族にして臣下。もともとは自分で国を立ち上げようとしていたのだが、失敗し詩歌藩王に拾われる。それ以来藩王に忠誠を誓っている。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "過去の公的な活動",
"description": "戦場に出兵したり国内外の問題に対応しながら、文章制作の傍ら音楽を制作していた。その後、吏族、星見司、法官、護民官、参謀の資格を取り多角的に活動した。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "探偵事務所の開業",
"description": "のちに藩国内に探偵事務所と言う名のなんでも屋を開業。これは様々な問題を抱える人々を助け、その経験により自分も成長したいという考えからのことであった。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "音楽家になる",
"description": "時代をえて音楽制作の腕もあげ音楽家としても活動。自国の音楽制作を中心としながらも西に音楽が必要する人あれば駆けつけて曲を送り、東に演奏を必要とする国があれば出向いて音楽を奏でる。そして藩王の許可を得て詩歌藩国立イリューシア音楽院の学長に就く。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
},
{
"title": "探偵の経験",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "概要",
"description": "寅山日時期は探偵である。藩国内に探偵事務所を開業したときからそう名乗っている。のだが国内外の情勢やその他の活動の必要性から現在は休業している状態である。しかしそこで経験して得た技術や習得した能力はいまでも覚えている。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "依頼受付",
"description": "探偵の仕事は依頼人から仕事を依頼されることから始まる。ここで大切なのは依頼内容をきちんと聴き取ることである。これが上手くいかなくてはその後の調査も上手く行かない。故に時として依頼人が意図して隠している事情や情報も聞き出さなくてはならない。そういったことをする能力を得た。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "歩き回る",
"description": "探偵の基本は方々を歩き回って五感を使い情報を得ることである。それに必要なのは脚の丈夫さであったり、地図の読み方や地形の把握、土地勘などである。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "聞き込み",
"description": "歩き回る中で様々な人々と会話をして情報を得ること。身分を明かし情報を求めることは勿論、店では客として店員から話を聞いたり、世間話を装って目的の情報得ることもあった。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "書類の検索",
"description": "ときには官公庁にある書類や本などの書物、個人宅にあるメモ帳や日記から情報を得ることがある。それらを読み調べ必要な証拠などを収集する能力。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "証拠集め",
"description": "証言や状況証拠や物証を集めること。なにが証拠となり、なにが証拠とならないかを判断しながら収集しなくてはならず、さらには一見すると証拠ではないものやその時点では判断つかないものがあるが後に重要な証拠であることが分かる場合もあるので、それらを保管あるいは記憶していなくてはならない。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "推理",
"description": "依頼人から受けた依頼の意味を理解し、歩き回り、聞き込みをし、書類を調べ、証拠を集めてそれらを統合して結論をだすこと。間違った証拠からは正しい推理はできないし、正しい情報を得ていても正しい推理が出来るとは限らない。もっとも難しく重要な部分。重要なのは冷静さと客観的な視点だ。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "報告",
"description": "推理した結論や、その結論によって起こした行動で得た結果を依頼人に報告すること。必ずしも依頼人が望んでいた結果が得られるとは限らないので、正確にしかし言葉を選んで報告をする必要がある。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "知力",
"description": "探偵には会話から語学にいたるまでの言語能力や、社会的な知識、文学や音楽などの文化に関する教養や、推理力などさまざまな意味での知力が一定以上必要になる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "体力",
"description": "探偵という仕事は何よりも体力を必要とする。大抵の場合、推理に必要な情報を得るために自らが様々な場所に実際に赴かなくてはならず、情報をまとめるにしても時間が掛かるからである。それらを行うのには体力が必要なのだ。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "肉弾戦",
"description": "探偵業をするなかでは、治安の悪いところに足を運ぶこともあったり、意図して捜査を妨害しようする者から危害を加えられることもある。その場合自衛が必要になるので、そこから逃走したり相手を無力からするための素手同士での戦闘をすることもあった。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "道具を使った攻撃",
"description": "探偵に危害を加えようとする者がなんらかの武器を使っていた場合はこちらも道具を使用しなくては危機を脱せないこともあった。武器とは路上に転がるゴミから、刃物や銃器などの場合もあった。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "護衛",
"description": "依頼人や、依頼人から指定された人物の身体の安全を守ることもあった。その方法は事前の安全管理計画、見回りや地形や治安の把握から始まり、実際に戦闘を行いその者を守ることもあった。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]


[No.8177] 2017/08/20(Sun) 23:49:47

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 180 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS