[ リストに戻る ]
No.8187へ返信


WINGBEAT COFFEE ROASTERS

all 提出時とかに自由に使っていい場所 - 竜宮・司 - 2017/08/02(Wed) 23:36:18 [No.8082]
藩国基本動作テスト - 竜宮・司 - 2017/08/26(Sat) 21:49:13 [No.8206]
詩歌藩国のパン屋(施設) - 鈴藤 瑞樹 - 2017/08/26(Sat) 21:16:57 [No.8205]
防火管理者 - 花陵ふみ - 2017/08/26(Sat) 18:09:54 [No.8202]
詩歌藩国の新聞 - 鈴藤 瑞樹 - 2017/08/26(Sat) 17:36:46 [No.8199]
防火管理講習 【文殊登録 すみ】 - 花陵ふみ - 2017/08/26(Sat) 16:25:47 [No.8198]
花陵・アマネセル・奏一郎 【流用大部品あり】帝国軍... - 花陵ふみ - 2017/08/24(Thu) 21:09:51 [No.8188]
警官(帝國共通)修正2 - 鈴藤 瑞樹 - 2017/08/24(Thu) 21:09:26 [No.8187]
神官のやっていそうな修行 - 皐月晴 - 2017/08/23(Wed) 23:51:01 [No.8185]
【プランター栽培(野菜)】 文殊登録すみ 生活アイ... - 花陵ふみ - 2017/08/22(Tue) 21:58:13 [No.8182]
逗留ACEの申請 - 星月典子 - 2017/08/20(Sun) 20:46:22 [No.8163]
Re: 逗留ACEの申請 - 星月典子 - 2017/08/20(Sun) 20:54:06 [No.8164]
竜宮仮別キャラ - 竜宮・司 - 2017/08/02(Wed) 23:44:46 [No.8083]


警官(帝國共通)修正2 (No.8082 への返信) - 鈴藤 瑞樹

大部品: 警官(帝國共通) RD:17 評価値:6
-大部品: 日常業務 RD:5 評価値:3
--部品: 日常訓練
--部品: パトロール
--部品: 通報対応
--部品: 報告書作成
--部品: 遺失物の管理について
-大部品: 警察学校3年間 RD:12 評価値:6
--部品: 筆記試験
--部品: 適正検査
--部品: 給与について
--部品: 全寮制度
--部品: 警察署研修1年間
--部品: 統合学習1年間
--部品: 資格試験
--大部品: 初任科学習1年 RD:5 評価値:3
---部品: 座学による基礎的学習
---部品: 職務倫理の教育
---部品: 基礎的な実技教育
---部品: 捕縛術の訓練
---部品: 拳銃の取り扱い訓練


部品: 日常訓練
警察官はどのような時でも同じように犯罪者を怪我をさせずに取り押さえることができるよう普段から訓練を怠らない。体術や逮捕術などは日常的に訓練を行う。

部品: パトロール
管理している地域を定期的に巡回し、不審者がいる場合は職務質問を行うために声をかけることもある。事故の早期発見や防犯のため、とても大切な行為。

部品: 通報対応
電話などで事件や事故の通報があった場合はこれに対応し、内容を聞き取り場合によっては派出所から人員を派遣する。特別な事情がない限りは2名以上での行動を原則とする。

部品: 報告書作成
事故や事件などの通報対応をした後には報告書を作成すること。この報告書は公的な記録として裁判などに使用されることもあるため、嘘偽りなく正確に記述すること。

部品: 遺失物の管理について
落とし物、忘れ物などが届けられた際はこれを保管し、落とし主が現れるのを待つ。落とし主から問い合わせがあった場合は間違いがないようよく確認を行いこれを返却する。

部品: 筆記試験
入学の際には試験を受け、これに合格しなければならない。警察官として必要な知能及び知識について択一式による筆記試験を行う。

部品: 適正検査
筆記試験に合格した後には口述試験、体力試験、身体検査などを行い、警察官としての適正があるかチェックを行う。また健康診断も合わせて行いなんらかの疾患がないか調べる。

部品: 給与について
警察学校に在学中は最低限度の給料支払いが行われる。このことから貧困層の出身であってもある程度の能力を有する場合は入学を希望する者も多い。

部品: 全寮制度
入学者はみな寮での生活を義務つけられ、通学による登校は基本的に認められていない。寮生活ができないなんらかの理由がある場合は事前に申し出ること。起床時間や食事の時間は決められており、集団生活を学ぶことにつながる。

部品: 警察署研修1年間
学校に通う傍ら、各地の警察署での研修も行われる。研修者には拳銃などの危険な装備は配布されない(警棒などは配布される)職務内容は現職の警察官と同様であり、また一人での行動をとる場面がないよう指導係がつく。

部品: 統合学習1年間
警察署での研修の後、学校へ戻ってからはさらに実践的内容を教え込まれることになる。講義、実習、術科の教養訓練を受けて毎日警察官としての基礎を学ぶ。

部品: 資格試験
警察官になれるかどうか、その分水嶺がこの資格試験である。座学と実技の試験に別れており、学校で学んだすべてを発揮できるよう全力で試験に挑む。この試験で合格することで正式に警察官となることができる。

部品: 座学による基礎的学習
国語、数学、社会、化学など基礎的な教科をはじめとして、警察の実務に関係する交通安全や捜査に関する知識などを学ぶ。また警官としての基礎的な法律知識についてもここで教育される。

部品: 職務倫理の教育
警察官は法を守護する者として何ものにもとらわれず、何ものをも恐れず、何ものをも憎まず、良心のみに従い、不偏不党且つ公平中正に警察職務の遂行に当たることを教育される。

部品: 基礎的な実技教育
体術や救命救急の方法など、座学ではない教育を行う。体力作りのためのランニングや体操なども行われる。
また帝國には雪国が多いため雪山での登山訓練などが行われることもある。

部品: 捕縛術の訓練
警察官は犯罪者を殺傷せずに捕縛しなければならない。このための捕縛術の訓練は重要であり、実技訓練の中でもとりわけ重視されている。

部品: 拳銃の取り扱い訓練
軍隊などで使用されるような重火器を取り扱うことはないが、拳銃などの軽火器については射撃や整備を含めた総合的な取り扱いの訓練を行う。





●JSONデータ●



[
{
"title": "警官(帝國共通)",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "日常業務",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "日常訓練",
"description": "警察官はどのような時でも同じように犯罪者を怪我をさせずに取り押さえることができるよう普段から訓練を怠らない。体術や逮捕術などは日常的に訓練を行う。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "パトロール",
"description": "管理している地域を定期的に巡回し、不審者がいる場合は職務質問を行うために声をかけることもある。事故の早期発見や防犯のため、とても大切な行為。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "通報対応",
"description": "電話などで事件や事故の通報があった場合はこれに対応し、内容を聞き取り場合によっては派出所から人員を派遣する。特別な事情がない限りは2名以上での行動を原則とする。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "報告書作成",
"description": "事故や事件などの通報対応をした後には報告書を作成すること。この報告書は公的な記録として裁判などに使用されることもあるため、嘘偽りなく正確に記述すること。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "遺失物の管理について",
"description": "落とし物、忘れ物などが届けられた際はこれを保管し、落とし主が現れるのを待つ。落とし主から問い合わせがあった場合は間違いがないようよく確認を行いこれを返却する。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": false
},
{
"title": "警察学校3年間",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "筆記試験",
"description": "入学の際には試験を受け、これに合格しなければならない。警察官として必要な知能及び知識について択一式による筆記試験を行う。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "適正検査",
"description": "筆記試験に合格した後には口述試験、体力試験、身体検査などを行い、警察官としての適正があるかチェックを行う。また健康診断も合わせて行いなんらかの疾患がないか調べる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "給与について",
"description": "警察学校に在学中は最低限度の給料支払いが行われる。このことから貧困層の出身であってもある程度の能力を有する場合は入学を希望する者も多い。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "全寮制度",
"description": "入学者はみな寮での生活を義務つけられ、通学による登校は基本的に認められていない。寮生活ができないなんらかの理由がある場合は事前に申し出ること。起床時間や食事の時間は決められており、集団生活を学ぶことにつながる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "警察署研修1年間",
"description": "学校に通う傍ら、各地の警察署での研修も行われる。研修者には拳銃などの危険な装備は配布されない(警棒などは配布される)職務内容は現職の警察官と同様であり、また一人での行動をとる場面がないよう指導係がつく。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "統合学習1年間",
"description": "警察署での研修の後、学校へ戻ってからはさらに実践的内容を教え込まれることになる。講義、実習、術科の教養訓練を受けて毎日警察官としての基礎を学ぶ。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "資格試験",
"description": "警察官になれるかどうか、その分水嶺がこの資格試験である。座学と実技の試験に別れており、学校で学んだすべてを発揮できるよう全力で試験に挑む。この試験で合格することで正式に警察官となることができる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "初任科学習1年",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "座学による基礎的学習",
"description": "国語、数学、社会、化学など基礎的な教科をはじめとして、警察の実務に関係する交通安全や捜査に関する知識などを学ぶ。また警官としての基礎的な法律知識についてもここで教育される。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "職務倫理の教育",
"description": "警察官は法を守護する者として何ものにもとらわれず、何ものをも恐れず、何ものをも憎まず、良心のみに従い、不偏不党且つ公平中正に警察職務の遂行に当たることを教育される。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "基礎的な実技教育",
"description": "体術や救命救急の方法など、座学ではない教育を行う。体力作りのためのランニングや体操なども行われる。\nまた帝國には雪国が多いため雪山での登山訓練などが行われることもある。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "捕縛術の訓練",
"description": "警察官は犯罪者を殺傷せずに捕縛しなければならない。このための捕縛術の訓練は重要であり、実技訓練の中でもとりわけ重視されている。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "拳銃の取り扱い訓練",
"description": "軍隊などで使用されるような重火器を取り扱うことはないが、拳銃などの軽火器については射撃や整備を含めた総合的な取り扱いの訓練を行う。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": false
}
],
"expanded": true
}
]


[No.8187] 2017/08/24(Thu) 21:09:26

この記事への返信は締め切られています。
返信は投稿後 180 日間のみ可能に設定されています。



- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS