[ リストに戻る ]
No.3738に関するツリー



   ユウタ君との冒険 1時間目 - 竜宮 司 - 2007/12/03(Mon) 21:02:33 [No.3738]
Re: ユウタ君との冒険 2時間目 - 竜宮 司 - 2007/12/03(Mon) 22:08:48 [No.3742]
Re: ユウタ君との冒険 3時間目 - 竜宮 司 - 2007/12/03(Mon) 23:02:12 [No.3743]



並べ替え: [ ツリー順に表示 | 投稿順に表示 ]
ユウタ君との冒険 1時間目 (親記事) - 竜宮 司

竜宮 司 の発言:
こんばんは、小笠原ゲームをしに参りました。
芝村 の発言:
記事どうぞ
竜宮 司 の発言:
記事はこちらになります
竜宮 司 の発言:
●小笠原ゲーム
【予約者の名前】1800345:竜宮 司:詩歌藩国
【実施予定日時】2007/12月/3日 20:00〜23:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・通常イベント(3時間):30マイル
【召喚ACE】
 ・ユウタ:藩国滞在:0マイル
【合計消費マイル】計30マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・1800345:竜宮 司:詩歌藩国:仮入学(既):30マイル
芝村 の発言:
OK.
芝村 の発言:
お。一人で3時間ゲームとは派手な使い方だね(笑)
竜宮 司 の発言:
やってみたくて(笑)。途中で終わりそうな気もしますが。
芝村 の発言:
ははは。
芝村 の発言:
イベントは?
竜宮 司 の発言:
竜を探しに冒険とかにいきたいのですがやっぱり危険ですか?
竜宮 司 の発言:
そもそも小笠原に竜いるのか、な感じもしますが。
芝村 の発言:
竜はいるかどうかわからないけど、いいんじゃないかな
竜宮 司 の発言:
ではそれでお願いします。
芝村 の発言:
OK
芝村 の発言:
/*/
芝村 の発言:
ユウタはのびー。してる
竜宮 司 の発言:
「ユウタ君、こんにちは」
芝村 の発言:
ユウタ:「こんにちは。僕、なんて呼べばいい?」
竜宮 司 の発言:
「好きなように呼んでいいよ。」
芝村 の発言:
ユウタ:「えー」
芝村 の発言:
ユウタ:「じゃID0098で」
竜宮 司 の発言:
アイディーゼロゼロキューハチ、と読んでいますか?(笑)
芝村 の発言:
え。
芝村 の発言:
ええ。
竜宮 司 の発言:
「…いやまぁ、ユウタ君がそれがいいなら。でも長くない?」
竜宮 司 の発言:
ありがとうございます。長いなぁ(笑)
芝村 の発言:
ユウタ:「じゃあ、何がいいかな」
芝村 の発言:
ユウタ:「司? 竜宮さん?」
竜宮 司 の発言:
「どっちでも。呼びやすいほうでいいよー」
芝村 の発言:
ユウタは兄と話している。
芝村 の発言:
ユウタ:「個別識別は98司で」
竜宮 司 の発言:
「98はどこから?」
芝村 の発言:
ユウタ:「兄貴の割り振り番号だよ。98司」
竜宮 司 の発言:
「うん、わかった。じゃあそれで」
竜宮 司 の発言:
「そういえば、ユウタ君のお兄さんの名前はなんていうの?」
芝村 の発言:
ユウタ:「コウタ・ヒメリアス・ドラグゥーン」
竜宮 司 の発言:
「あなたのことをコウタさんと呼んでもいいですか?」<コウタ
芝村 の発言:
地竜は目を光らせた。
竜宮 司 の発言:
「いいの、かな?」ユウタ君のほうを見る
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
竜宮 司 の発言:
「ありがとう」
芝村 の発言:
ユウタ:「発光信号だよ。いまのはOKのサイン」
竜宮 司 の発言:
「NOだと、どうなるの?」
竜宮 司 の発言:
繋がってます?
芝村 の発言:
ユウタはうなずいた。
竜宮 司 の発言:
繋がってた。よかった
芝村 の発言:
コウタがチカチカっと目を光らせた。2回だ
竜宮 司 の発言:
「点滅の回数が違うんだね。ありがとう」
芝村 の発言:
ユウタ:「で、今日はどこに遊びに行くの?98司」
竜宮 司 の発言:
「竜を探して見ようと思うんだ。」
芝村 の発言:
ユウタは兄をぺしぺしと叩いた。
竜宮 司 の発言:
「うん、わかってるけどさ。こう、自然の状況下でどんなふうにしてるのかなぁ、と」
芝村 の発言:
ユウタ:「のら?」
竜宮 司 の発言:
「うん」
竜宮 司 の発言:
「メタルリーフじゃない世界の竜も見てみたいしね」
芝村 の発言:
ユウタ:「こっちの竜?」
竜宮 司 の発言:
「うん、やっぱりドラゴーン、な感じなのかなー。」
芝村 の発言:
ユウタは兄と相談している。
芝村 の発言:
ユウタ:「わかった。じゃあいこうか」
竜宮 司 の発言:
「ありがとう。じゃあまずどこに向かおうか。居そうな場所とか思いつく?」
芝村 の発言:
ユウタ:「のらはいつも、情報があつまるところにいるんだ」
竜宮 司 の発言:
「それは電子的な?」
芝村 の発言:
ユウタ:「電子的?」
芝村 の発言:
ユウタ:「ううん。どういう意味でも」
竜宮 司 の発言:
「そっか。じゃあ…」
竜宮 司 の発言:
「人が多いところにはいなさそうだしなぁ」
竜宮 司 の発言:
「人が少なくて情報が多いとこ…どこだろう」
芝村 の発言:
ユウタ:「人間は竜を狩るからね」
芝村 の発言:
ユウタ:「あの山は?」
竜宮 司 の発言:
「山か…」
芝村 の発言:
たんぽぽの天文台だ
竜宮 司 の発言:
「うん、いいかもしれない。行ってみよう」
芝村 の発言:
/*/
芝村 の発言:
さて、ここは人工的に作られた山の上だよ。
芝村 の発言:
今、たんぽぽは収納状態になっている。
竜宮 司 の発言:
「うーん」辺りを見回す
竜宮 司 の発言:
「何か気配感じる?」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
芝村 の発言:
光った。
竜宮 司 の発言:
「どこらへん?」
芝村 の発言:
ユウタ:「待たなきゃ」
竜宮 司 の発言:
「分かった」
芝村 の発言:
ユウタ:「竜は朝日の中や影の中に出ることが多いんだ」
竜宮 司 の発言:
「そうなんだー」
芝村 の発言:
ユウタはニコッと笑った。
芝村 の発言:
ユウタは座った。
芝村 の発言:
ユウタ:「まとう」
竜宮 司 の発言:
「うん」座ります
竜宮 司 の発言:
「今は収容状態だけどあそこには、たんぽぽ、ていう巨大な望遠鏡があるんだ。」ハッチを指差しつつ
竜宮 司 の発言:
今はハッチの上に居るのかな?
芝村 の発言:
ハッチの上ですよ。
芝村 の発言:
ユウタ:「動いたほうがいい?」
竜宮 司 の発言:
「うーん、平気だと思うけど…。」
竜宮 司 の発言:
「今、無線使っても竜逃げたりしない?」
芝村 の発言:
ユウタはうなずいた。
竜宮 司 の発言:
たんぽぽの使用予定があるかどうか無線で聞きます
芝村 の発言:
朝にまた出す予定だそうだ
竜宮 司 の発言:
今はお昼でしょうか?
芝村 の発言:
ええ。昼過ぎだね
竜宮 司 の発言:
「朝に使うみたいだね。だから明日の朝までへーきっ」
芝村 の発言:
ユウタ:「そっか」
芝村 の発言:
ユウタは舌打ちしている。
芝村 の発言:
チカチカ、チカ
竜宮 司 の発言:
辺りをみわたします
芝村 の発言:
ユウタ:「そんなに簡単にはでないよ」
芝村 の発言:
ユウタ:「寝る?」
竜宮 司 の発言:
「寝る前にご飯と飲み物を買ってくるよ。」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
芝村 の発言:
ユウタ:「いこうか?」
竜宮 司 の発言:
「うん」
竜宮 司 の発言:
「ユウタ君はいつもはどんなもの食べてるの?」
芝村 の発言:
ユウタはペレットを出した。
芝村 の発言:
1cmくらいの薬だよ。焼き固めてある。
竜宮 司 の発言:
「へー、これで一食分?」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
芝村 の発言:
ユウタは服からペレットを出した。
芝村 の発言:
ユウタ:「熱量の70%までは、回生できてる」
竜宮 司 の発言:
「ペレットはどうやって作ってるの?」
芝村 の発言:
ユウタは袖を振ったよ。
芝村 の発言:
ペレットが出てきた。
芝村 の発言:
ユウタ:「これ」
竜宮 司 の発言:
「んー?服で作ってるの?」ペレットを見つつ
芝村 の発言:
ユウタ:「うんっ」
竜宮 司 の発言:
「そうなんだー、すごいなぁ」
竜宮 司 の発言:
「ユウタ君は何か買いたい物あるー?」
芝村 の発言:
ユウタ:「H2O200ml アミノ酸30g……熱量8000ジュール」
竜宮 司 の発言:
「アミノ酸は…どこで手に入るんだ・・・?」
芝村 の発言:
ユウタ:「えっと」
竜宮 司 の発言:
「とりあえず、米とバナナか…?」
芝村 の発言:
ユウタは兄のハッチを開けた。
芝村 の発言:
モニターがあるよ。
竜宮 司 の発言:
見ます
芝村 の発言:
写真みたいだ。 食べ物の袋が映ってる。
竜宮 司 の発言:
「んー?」
竜宮 司 の発言:
見覚えありますか?
芝村 の発言:
アミノ酸を大量に含んだ栄養ドリンクの粉みたいだね
芝村 の発言:
袋入りで良く売ってある
竜宮 司 の発言:
「わかった。これを買えばいいのね」
竜宮 司 の発言:
薬局かなぁ
芝村 の発言:
いってくるかい?
竜宮 司 の発言:
はい
芝村 の発言:
まあべつに、言われたとおりでなくてもいいとは思うけど
竜宮 司 の発言:
「じゃあこれ買いに行くねー」
芝村 の発言:
ユウタはうなずいた。
芝村 の発言:
/*/
竜宮 司 の発言:
他に水とか清涼飲料水とかお握りとかパンとか買います
芝村 の発言:
はい。
芝村 の発言:
さて、少し休憩を挟みましょうか。
竜宮 司 の発言:
はい


[No.3738] 2007/12/03(Mon) 21:02:33
Re: ユウタ君との冒険 2時間目 (No.3738への返信 / 1階層) - 竜宮 司

芝村 の発言:
/*/
芝村 の発言:
貴方はついつい買いすぎた気がする。
芝村 の発言:
えっちらおっちら昇ってきた。
竜宮 司 の発言:
無線でたんぽぽが使われる正確な時間を確かめておきます
芝村 の発言:
夜明けと同時だね
竜宮 司 の発言:
「ユウタ君、ただいまー」
芝村 の発言:
ユウタは起きた。
芝村 の発言:
腕輪を外した。
芝村 の発言:
ユウタ:「おかえり?」
竜宮 司 の発言:
「あ、ごめん、寝てたんだね。起こしちゃった」
芝村 の発言:
ユウタ:「ううん。半分は起きてたから」
竜宮 司 の発言:
「はい、これ」頼まれたものを渡します
芝村 の発言:
ユウタは嬉しそうに笑って、服の中に入れている。
竜宮 司 の発言:
「それとたんぽぽが使われるのは夜明けと同時らしいから寝るときは少し離れた所がいいかも」
竜宮 司 の発言:
「その服はどんな構造なの?」
芝村 の発言:
ユウタ:「老廃物とかから、ペレットを作るんだ」
芝村 の発言:
貴方はドキドキしてきた。
竜宮 司 の発言:
「なるほどー」
芝村 の発言:
さっき食べた気がする・・・
竜宮 司 の発言:
いや、まあいいんじゃないですか。毒じゃないですし
竜宮 司 の発言:
死にはしませんよ
芝村 の発言:
しかも老廃物でなくても、ペレットが作れるみたいだね。
芝村 の発言:
中々優れものだが、よろこんでいいかどうかはわからない
竜宮 司 の発言:
予想できたから深くきこうかどうか迷った(笑)
竜宮 司 の発言:
「凄い服なんだねー。どこで手に入れたの?」
芝村 の発言:
ユウタ:「兄貴がつくってくれたんだ。ね?」
芝村 の発言:
コウタの目が光った。
竜宮 司 の発言:
「コウタさんはすごいですねー」
芝村 の発言:
コウタの目が光った。
竜宮 司 の発言:
「いつ頃まで待てば竜の活動時刻なの?」
芝村 の発言:
ユウタ:「普通は、情報量が大きくなるときだよ」
芝村 の発言:
ユウタ:「栄養摂取が終わったら、待機モードでまとう」
竜宮 司 の発言:
「情報量…、一度に大きく環境が変わる時、かなぁ?」
竜宮 司 の発言:
「わかった。」
芝村 の発言:
ユウタは貴方の栄養摂取を待っている。
竜宮 司 の発言:
「? ああ、ごめん。すぐに食べるからー」
竜宮 司 の発言:
お握りとかパンとか食べます
芝村 の発言:
食べたよ。
芝村 の発言:
ユウタ:「・・・」
芝村 の発言:
ユウタは貴方を見ている。
竜宮 司 の発言:
「? ユウタ君も食べる?」
芝村 の発言:
ユウタ:「ううん。もう大丈夫?」
竜宮 司 の発言:
「うん!、充分食べたよ」
芝村 の発言:
ユウタは地竜に繋がったケーブルを出してきた。2本だ。
竜宮 司 の発言:
「それは?」
芝村 の発言:
マジックテープで腕に巻きつけている。
芝村 の発言:
貴方にもつけた。
竜宮 司 の発言:
「心拍計?」
芝村 の発言:
ユウタ:「兄貴が一番、消費エネルギー少ないから」
芝村 の発言:
ユウタ:「直ぐに眠くなるよ」
竜宮 司 の発言:
「んーと、これは…?」
芝村 の発言:
ユウタ:「タイミングがくれば、目が覚めるから」
竜宮 司 の発言:
「わかった。おやすみ」
芝村 の発言:
貴方はスイッチが切れたように、眠りにつきました。
竜宮 司 の発言:
「すー、すー」
芝村 の発言:
/*/
芝村 の発言:
3年後――。
竜宮 司 の発言:
世界は核の炎に包まれた…
芝村 の発言:
貴方は突然目が覚めました。
竜宮 司 の発言:
「…おはよう」
竜宮 司 の発言:
「辺りを見渡します」
芝村 の発言:
ユウタも起きている。
芝村 の発言:
島だね。貴方は見慣れないスーツを着ている。
竜宮 司 の発言:
島って小笠原ですよね?
竜宮 司 の発言:
どんなスーツですか?
竜宮 司 の発言:
「・・・・え、何で俺着替えてん?」
芝村 の発言:
ユウタと同じようなスーツだ。
芝村 の発言:
髪はだいぶ伸びている。
芝村 の発言:
ユウタはそのままって感じだね
竜宮 司 の発言:
時刻を確かめます
芝村 の発言:
時計の電池はとっくに切れてるよ
芝村 の発言:
ユウタ:「ほら、ペレット食べれないから」
竜宮 司 の発言:
「うーん、夢オチだといいなぁ」
竜宮 司 の発言:
頬をつねります
芝村 の発言:
夢オチじゃないね
竜宮 司 の発言:
「やあ、ユータ君。あれからどのくらい年月がたったんだい?」
芝村 の発言:
ユウタ:「3年かな」
芝村 の発言:
ユウタ:「あんまりかからなかったね」
竜宮 司 の発言:
「…うん」
竜宮 司 の発言:
「よく死ななかったな…」
竜宮 司 の発言:
「まあいいや。過去はただの思い出なのよ精神で行こう」
芝村 の発言:
ユウタ:「?」
竜宮 司 の発言:
「それで竜は?」
芝村 の発言:
ユウタ:「メンテナンスは兄貴がやってるよ」
竜宮 司 の発言:
「うん、ならいいんだ…」
芝村 の発言:
ユウタは兄貴に乗れと指示した。
竜宮 司 の発言:
「分かった」乗ります
竜宮 司 の発言:
小笠原はどうなってます?
芝村 の発言:
かなり前に放棄されているね。
竜宮 司 の発言:
ですよねー
芝村 の発言:
人の姿はまったく見えない。
芝村 の発言:
センサーが光っている。
芝村 の発言:
光学センサーだ
竜宮 司 の発言:
辺りを見渡します
芝村 の発言:
それ以外に見えるのはないね。
芝村 の発言:
センサーをのぞいてもいい
竜宮 司 の発言:
今何時ごろでしょうか?明るさ具合で分かりませんか?
竜宮 司 の発言:
「光学センサーのぞいて見てもいいかい?」
芝村 の発言:
ユウタ:「いそいで」
芝村 の発言:
朝だね。
竜宮 司 の発言:
「わかった!見ます」
竜宮 司 の発言:
」見ます
芝村 の発言:
美しい風景が見えるね。
竜宮 司 の発言:
よく目を凝らします
芝村 の発言:
ため息をつくような。朝だ。
竜宮 司 の発言:
「…綺麗な景色だね」
芝村 の発言:
ユウタ:「竜だ……」
竜宮 司 の発言:
目を凝らします
芝村 の発言:
綺麗だけど、それ以上ではないね
竜宮 司 の発言:
センサーじゃなくて肉眼で見て見ます
芝村 の発言:
同じく綺麗な風景だね。
芝村 の発言:
ユウタと地竜とならんで、貴方は朝日を見ている
竜宮 司 の発言:
「…竜いるの?」
芝村 の発言:
目が光った。
芝村 の発言:
ユウタはうなずいた。
竜宮 司 の発言:
「あっれええええ?」
竜宮 司 の発言:
「純真さが足りなかったのか…」
芝村 の発言:
ユウタ:「?」
芝村 の発言:
ユウタ:「それってなに?」
竜宮 司 の発言:
「いや、なんでもないさ。んーと、どれが竜?」
芝村 の発言:
ユウタは微笑んだ。
芝村 の発言:
ユウタ:「みんな」
竜宮 司 の発言:
「そっかー、みんなかー」
芝村 の発言:
ユウタ:「竜は。系の全体の象徴なんだ」
竜宮 司 の発言:
「系の全体????」
竜宮 司 の発言:
朝日を見てます
芝村 の発言:
ユウタ:「兄貴が全てのメタルリーフの象徴の一つであるように」
芝村 の発言:
ユウタ:「この世界にも、竜がいるよ」
竜宮 司 の発言:
「実感がわかないなぁー。朝日は何の象徴なの?」
芝村 の発言:
ユウタは微笑んだ。
芝村 の発言:
ユウタ:「朝日に照らされてない?」
竜宮 司 の発言:
「照らされてるー」
芝村 の発言:
貴方は色々な動物達を見た。
竜宮 司 の発言:
両手広げて朝日浴び浴びしてます
竜宮 司 の発言:
えーと、それは視界内のですか?
芝村 の発言:
鳥が飛んで、魚も見える。鯨だ。
芝村 の発言:
ええ。視界内だ。
竜宮 司 の発言:
「おおー、鯨!」
竜宮 司 の発言:
「ああ、なるほど。太陽が全ての系の源ってことなのかな?」
芝村 の発言:
たくさん見たつもりでも、ちゃんとは見てなかったらしい。
芝村 の発言:
ユウタ:「そう言う言い方も出来るけど、太陽は竜じゃないね。あ、大きな海竜だ」
竜宮 司 の発言:
「どれ!」<海流 そっちをみます
竜宮 司 の発言:
<海竜
芝村 の発言:
鯨だよ(笑)
芝村 の発言:
すごい、群を作ってる。
竜宮 司 の発言:
「おおーー」
竜宮 司 の発言:
ですよねー(笑)<鯨
竜宮 司 の発言:
「でっかいなー」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
芝村 の発言:
ユウタ:「問題は」
竜宮 司 の発言:
「問題は?」
芝村 の発言:
ユウタ:「どうこの島から離れるかだね。帰れるかな」
竜宮 司 の発言:
「ですよねー。それはものすっごい気になってた」
竜宮 司 の発言:
「こんなに長い間待つ必要はあったの?」
竜宮 司 の発言:
人のいない街を見つつ
芝村 の発言:
ユウタ:「……人が、乱してから復活するまでに、それだけかかったんだよ」
竜宮 司 の発言:
「…人は自分のために環境を変えるからね」
芝村 の発言:
ユウタ:「人は竜を狩るんだ」
竜宮 司 の発言:
「今や、環境を変えないと暮らしていけない」
芝村 の発言:
ユウタ:「人が変わればいいんだ」
竜宮 司 の発言:
「共存できるといいけど、意識を変えるのと、利便さを手放すのは大変なんだよね…」
芝村 の発言:
ユウタ:「……」
芝村 の発言:
ユウタは少し悲しそう。
竜宮 司 の発言:
「……」
竜宮 司 の発言:
「この景色を見て欲しいね」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
竜宮 司 の発言:
「私も頑張るから、そう落ち込まない!」
竜宮 司 の発言:
背中をバシバシしときます
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
芝村 の発言:
地竜が音もなく滑ってきた。
竜宮 司 の発言:
「コウタさんもありがとうね。3年間も私を管理してくれて」
芝村 の発言:
地竜は目を光らせた
芝村 の発言:
ユウタ:「栄養摂取しよう」
竜宮 司 の発言:
「うん」
竜宮 司 の発言:
「何か食えるもの。生えてないかなー」
芝村 の発言:
ビルはもう、結構緑に覆われてるね。
芝村 の発言:
たった三年なのに
竜宮 司 の発言:
「ケルビーとか葛とか朝顔っていいよねー巻きついて巻きついて生息範囲広げて」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
竜宮 司 の発言:
とりあえずお店に入って保存食ないかさがします
竜宮 司 の発言:
「ラララ 保存食〜♪」
芝村 の発言:
ないねえ。
芝村 の発言:
困った。
竜宮 司 の発言:
「くっ、持って帰ったのか!」
竜宮 司 の発言:
「…所で今は何月何日なんだい?」
芝村 の発言:
ユウタはわかってなさそうだ。
芝村 の発言:
そもそもこの人にカレンダーはない。
竜宮 司 の発言:
「うーん」
竜宮 司 の発言:
どんな植物が生えてますか?
竜宮 司 の発言:
「あ、ユータ君は森が苦手だったよね。平気?」緑だらけの辺りを示して
芝村 の発言:
蔓類が多いね。
芝村 の発言:
ユウタはうなずいた。
芝村 の発言:
ユウタ:「うん。もう、大丈夫」
竜宮 司 の発言:
「無理しないでね」
竜宮 司 の発言:
「夏らへん、かなぁ」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん。夏みたい」
竜宮 司 の発言:
「水場とか見つけてる?」
芝村 の発言:
チカ
芝村 の発言:
地竜が目を発光させているよ。
竜宮 司 の発言:
「それならいいんだ。適当に野菜食って水飲めば生きられるしね」
竜宮 司 の発言:
「それでさ。帰る手段とかって…考えてる?」
芝村 の発言:
ユウタは首を振った。
芝村 の発言:
チカチカ
芝村 の発言:
/*/
竜宮 司 の発言:
「あははー」


[No.3742] 2007/12/03(Mon) 22:08:48
Re: ユウタ君との冒険 3時間目 (No.3742への返信 / 2階層) - 竜宮 司

芝村 の発言:
/*/
芝村 の発言:
ユウタ:「どうしよう」
竜宮 司 の発言:
「どうしよう」
芝村 の発言:
どうしようじゃないだろうという感じだ。
芝村 の発言:
地竜はチカっとひかっている
竜宮 司 の発言:
「この小笠原はどこの世界にあるんだろうなー」
竜宮 司 の発言:
「とりあえずご飯を食べよう」野草を食べてます
芝村 の発言:
ペレットがあるよ
竜宮 司 の発言:
「ペレット、食べていい?」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
竜宮 司 の発言:
「本州はあるのかなー?コウタさん、感知できます?」
竜宮 司 の発言:
「ありがとー」食べます<ペレット
芝村 の発言:
コウタのハッチがあいた。
竜宮 司 の発言:
見ます<ハッチ
芝村 の発言:
モニターがあるよ。
竜宮 司 の発言:
モニターを見ます
芝村 の発言:
モニターには本州が移っている。
芝村 の発言:
無事なようだ。
竜宮 司 の発言:
どのくらい詳しく見えます? 人の姿とか見えますか?
芝村 の発言:
人はいない
竜宮 司 の発言:
「過去への行き方は私も詳しく知らないんだよねー」
芝村 の発言:
放棄されたようだ。
竜宮 司 の発言:
本州には藩国の設備とか見えますか?
芝村 の発言:
ないね。
芝村 の発言:
藩国は自力移動したようだ
竜宮 司 の発言:
「うーん、どうしよう」
芝村 の発言:
ユウタ:「どうしたの?」
芝村 の発言:
ユウタ:「通信は?」
竜宮 司 の発言:
「いやー、藩国自力移動したみたいというか放棄されてる感じと言うか」
竜宮 司 の発言:
ユウタの頭でも撫でときます
芝村 の発言:
ユウタ:「えー」
芝村 の発言:
ユウタ:「僕達に連絡なしで?」
竜宮 司 の発言:
「うーん、小笠原ゲーム内だから簡単に出れると思うんだよなー」
芝村 の発言:
ユウタ:「それ、どういうの?」
竜宮 司 の発言:
「ま、君を呼び出して色々やってるの全部さ」
竜宮 司 の発言:
「通信して敵さん着たりしたら嫌だなぁ。」
竜宮 司 の発言:
「ま、いんじゃない?生きてるし」
芝村 の発言:
ユウタ:「僕は兄貴がいるし、98司もいるし」
竜宮 司 の発言:
「うんうん、私にはユウタ君が居るし、コウタさんも居るし」
芝村 の発言:
ユウタ:「作戦を考えよう」
竜宮 司 の発言:
「うん」
芝村 の発言:
ユウタ:「おおざっぱにいって通信をとろうとするか、何か残していることに期待するか、さもなくば・・・」
竜宮 司 の発言:
「救助待ち、かな」
芝村 の発言:
ユウタ:「そうだね。3年寝たから、また、ビーコン出しながら待つ」
竜宮 司 の発言:
「とりあえず救助が来た時用に旗でも作っとく?」
竜宮 司 の発言:
「ああ、ビーコンかぁ。いいね」
竜宮 司 の発言:
「そういえばコウタさんは燃料大丈夫なの?」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん。太陽あるから」
竜宮 司 の発言:
「そっかー。太陽あれば平気なんだね」
竜宮 司 の発言:
「一つ微妙なこと思い出した。」
竜宮 司 の発言:
「私は時間がたつとログアウト。つまりここから居なくなる可能性が高い」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
竜宮 司 の発言:
「まぁ、ログアウトしたらしたで何とか助けに来るよ。」
竜宮 司 の発言:
「ログアウトしない方がいいんだけどね」
竜宮 司 の発言:
「ま、それだけ」
芝村 の発言:
ユウタ:「……」
芝村 の発言:
ユウタ:「わからないけど、うん。信じる」
竜宮 司 の発言:
「島内を使えるものが無いか色々探してみようか?」
竜宮 司 の発言:
「うん、ごめんね」
芝村 の発言:
ユウタ:「ううん」
芝村 の発言:
ユウタ:「いこう」
竜宮 司 の発言:
「うん。」
竜宮 司 の発言:
「ありがとう」
芝村 の発言:
二人で水場まで来たよ。
竜宮 司 の発言:
水分取ります
芝村 の発言:
ポンプ施設は水没して、所々柱だけが水から顔を出している。
竜宮 司 の発言:
「どこ探そうか。病院、たんぽぽのハンガー、とかかなぁ」
芝村 の発言:
ユウタ:「ねえ。あの水場の真ん中までいかない?」
芝村 の発言:
ユウタ:「ベンチがある」
竜宮 司 の発言:
「わかった」
竜宮 司 の発言:
移動します
芝村 の発言:
二人で手を取ったり、ジャンプしたり、引っ張りあげたりでベンチまできたよ。
芝村 の発言:
涼しい風が吹いている。
芝村 の発言:
コウタは向こう岸で、目を光らせている。
芝村 の発言:
ユウタ:「涼しいね」
竜宮 司 の発言:
「うん」
竜宮 司 の発言:
「座る?」
芝村 の発言:
ユウタはうなずいた。
芝村 の発言:
嬉しそう。
芝村 の発言:
座った。
竜宮 司 の発言:
一緒に座ります
芝村 の発言:
ここに一人置いていくのは忍びないと思った。
芝村 の発言:
多分、元気にやっていきそうだけれど
竜宮 司 の発言:
「うーん、ごめんね。巻き込んじゃって」
竜宮 司 の発言:
「…ユウタ君。コイン持ってる?」
芝村 の発言:
ユウタはコインを出したよ
竜宮 司 の発言:
コインで呼び出した後そのまま帰還させないことは可能ですか?
竜宮 司 の発言:
「ありがと、ACEは全員持っているのかな…」
竜宮 司 の発言:
そのコインにユウタとコウタは描かれていますか?
芝村 の発言:
描かれているねえ。
竜宮 司 の発言:
ううん、ずうずうしいかなぁ。
芝村 の発言:
友情4以上+試練クリアでないと使えないけど。
竜宮 司 の発言:
ですよねぇ
芝村 の発言:
ええ
竜宮 司 の発言:
座ったままユウタ君の方見てます
芝村 の発言:
ユウタは微笑んでいる。
竜宮 司 の発言:
「ありがと、コインはしまっていいよ。」
芝村 の発言:
意味はわかってなさそうだ。
竜宮 司 の発言:
「空、青いねぇ」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
芝村 の発言:
ユウタ:「ここは竜が多い」
芝村 の発言:
ユウタ:「もう少し、人もいるといいね」
竜宮 司 の発言:
「そうだね。自然豊かだ。」
芝村 の発言:
ユウタは笑った。
竜宮 司 の発言:
「うん、ごめんね」
竜宮 司 の発言:
手を握っておきます
芝村 の発言:
ユウタ:「なんであやまるの?」
芝村 の発言:
チカ。
芝村 の発言:
チカチカ。 チカ。チカ。
竜宮 司 の発言:
「…巻き込んじゃったし、置いていったりするかもしれないから」
芝村 の発言:
チカ。
竜宮 司 の発言:
コウタさんのほうを見ます
芝村 の発言:
ユウタ:「……こういうとき、なんていえばいいの? 僕達の関係」
芝村 の発言:
コウタはしきりに目を光らせました。
竜宮 司 の発言:
「わかった。謝らない。 けど本当に謝らないよ?」
芝村 の発言:
ユウタ:「うん」
竜宮 司 の発言:
「それでもいい? 迷惑掛け捲って謝らなかったりするかもだけど」
芝村 の発言:
ユウタは微笑んだ。
芝村 の発言:
ユウタ:「待ってる」
竜宮 司 の発言:
「わかった」
芝村 の発言:
貴方の姿が、消えていきます。
竜宮 司 の発言:
「必ず来る」
芝村 の発言:
ユウタは小さく、手を振りました。
芝村 の発言:
/*/
竜宮 司 の発言:
ふりかえします
芝村 の発言:
はい。お疲れ様でした
竜宮 司 の発言:
お疲れ様でした
竜宮 司 の発言:
うおわー
竜宮 司 の発言:
ドンパチのほうは想定してたけど
竜宮 司 の発言:
センチメンタル系は考えてなかった!
芝村 の発言:
ははは。これはこれでいいでしょう
竜宮 司 の発言:
ええ、まあ
芝村 の発言:
評価は+2+2でした(MAX4・4)
竜宮 司 の発言:
3年後はギャグかと思ったら本当でびびりましたが
竜宮 司 の発言:
ありがとうございます。
芝村 の発言:
ははは
芝村 の発言:
秘宝館には3・3で依頼出来ます。
竜宮 司 の発言:
了解です。
芝村 の発言:
では解散しましょう。
芝村 の発言:
お疲れ様でした
竜宮 司 の発言:
はい、お疲れ様でしたー


[No.3743] 2007/12/03(Mon) 23:02:12

以下のフォームから投稿済みの記事の編集・削除が行えます


- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS