[ リストに戻る ]
No.2457へ返信



all 最終戦対策スレ - たけきのこ@藩王 - 2007/08/03(Fri) 00:06:47 [No.2422]
【降下】応援RP - でいだらのっぽ - 2007/08/04(Sat) 22:32:38 [No.2475]
【降下】用作戦案2 - でいだらのっぽ - 2007/08/04(Sat) 10:08:01 [No.2448]
Re: 【降下】用作戦案2 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 16:06:12 [No.2463]
E102?【降下】用作戦案? - でいだらのっぽ - 2007/08/04(Sat) 00:54:52 [No.2435]
Re: E102?【降下】用作戦案? - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 01:48:44 [No.2438]
提出物枝 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/03(Fri) 00:37:04 [No.2424]
あんかー - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 21:21:27 [No.2474]
降下SS - ひわみ - 2007/08/04(Sat) 20:44:23 [No.2473]
降下 - 摂政。 - 2007/08/04(Sat) 20:20:59 [No.2472]
SS:戦闘 - 竹戸 初 - 2007/08/04(Sat) 19:54:49 [No.2471]
SS:移動 - 竹戸 初 - 2007/08/04(Sat) 19:14:03 [No.2468]
あんかー - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 18:49:55 [No.2466]
イラスト:降下 - モモ - 2007/08/04(Sat) 16:30:20 [No.2464]
イラスト:降下 - コダマゆみ - 2007/08/04(Sat) 15:19:43 [No.2462]
あんかー - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 15:14:54 [No.2461]
イラスト:降下 - モモ - 2007/08/04(Sat) 15:02:25 [No.2460]
イラスト:白兵 - モモ - 2007/08/04(Sat) 15:01:10 [No.2459]
SS:攻撃 - 砂神時雨 - 2007/08/04(Sat) 15:01:09 [No.2458]
SS:回避 - 砂神時雨 - 2007/08/04(Sat) 14:59:52 [No.2457]
SS:偵察 - 砂神時雨 - 2007/08/04(Sat) 14:59:18 [No.2456]
SS:降下 - 砂神時雨 - 2007/08/04(Sat) 14:58:22 [No.2455]
イラスト:白兵OR防御 - 砂神時雨 - 2007/08/04(Sat) 13:54:49 [No.2452]
イラスト:白兵または防御 - モモ - 2007/08/04(Sat) 01:45:19 [No.2437]
イラスト:降下判定 - モモ - 2007/08/04(Sat) 00:56:16 [No.2436]
現状メモ(8/3 0033) - たけきのこ@藩王 - 2007/08/03(Fri) 00:33:45 [No.2423]
エントリ用データ - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 02:24:04 [No.2440]
提出版エントリー - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 14:08:38 [No.2453]
吏族&参謀向けエントリ案 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/03(Fri) 03:47:35 [No.2427]
燃料輸送制限による編成改案 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/03(Fri) 18:46:00 [No.2432]


SS:回避 (No.2424 への返信) - 砂神時雨

 ゆるりと無駄な動きを一切せずに龍の使いは敵の攻撃を回避する。装甲ではなく俊敏にて防御を行う彼等はユニットとして特殊な存在であった。元々俊敏には自信のある彼等は、それに更に磨きをかける為に体術特化の訓練を続けていたのだ。
 ただ素早いだけではなく、敵の攻撃をある程度予測するという事も回避には重要な事であり、慣れるまではボコボコと訓練中に攻撃を喰らったものであるが、何度かの実践、更なる訓練により彼等は進化し続けていた。

「よし、耐え切れ!」
 声を掛け合いながら身体を軽くそらし敵の剣を避けたメンバーはちらりと敵の全容を見る。基本的には1部隊に1部隊で当たるという方法を敵は取ってきているのが幸いした、傍には常に連携訓練を行っている仲間と敵しかいないのでそれぞれの動きを妨げる事はないのである。互いに死角をつかれぬ様に常に神経を研ぎ澄ましながら敵の攻撃が止むのを待つ。コレは忍耐が要ることであった。しかしながら彼等は待ちの後のカウンターを心待ちにし、耐え続ける。国に残る仲間はもっと耐えているのだ。何も出来ないからせめて応援だけでもと祈り続ける仲間。直前まで準備の為に駆けずり回ってくれた仲間。自国の代表として己達を選んで戦場に送り出してくれた藩王様の期待に応える為の忍耐は苦痛ではなっかた。
 敵の攻撃が緩やかになったのを確認し、最期まで気を抜かずに身体を動かす続ける。ある程度疲弊はしているが、最小限の動きでかわすと言うことを叩き込まれた彼等にしてみれば許容範囲内の疲労であった。
「気を抜くな!」
 背後から襲ってきた敵をかわし、すれ違いざまに軽く背中を叩き敵のバランスを崩す。常にクールに、常に余裕を持って、常に前だけを見て彼等は戦場にたっているのだ。


[No.2457] 2007/08/04(Sat) 14:59:52

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS