[ リストに戻る ]
No.2471へ返信



all 最終戦対策スレ - たけきのこ@藩王 - 2007/08/03(Fri) 00:06:47 [No.2422]
【降下】応援RP - でいだらのっぽ - 2007/08/04(Sat) 22:32:38 [No.2475]
【降下】用作戦案2 - でいだらのっぽ - 2007/08/04(Sat) 10:08:01 [No.2448]
Re: 【降下】用作戦案2 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 16:06:12 [No.2463]
E102?【降下】用作戦案? - でいだらのっぽ - 2007/08/04(Sat) 00:54:52 [No.2435]
Re: E102?【降下】用作戦案? - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 01:48:44 [No.2438]
提出物枝 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/03(Fri) 00:37:04 [No.2424]
あんかー - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 21:21:27 [No.2474]
降下SS - ひわみ - 2007/08/04(Sat) 20:44:23 [No.2473]
降下 - 摂政。 - 2007/08/04(Sat) 20:20:59 [No.2472]
SS:戦闘 - 竹戸 初 - 2007/08/04(Sat) 19:54:49 [No.2471]
SS:移動 - 竹戸 初 - 2007/08/04(Sat) 19:14:03 [No.2468]
あんかー - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 18:49:55 [No.2466]
イラスト:降下 - モモ - 2007/08/04(Sat) 16:30:20 [No.2464]
イラスト:降下 - コダマゆみ - 2007/08/04(Sat) 15:19:43 [No.2462]
あんかー - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 15:14:54 [No.2461]
イラスト:降下 - モモ - 2007/08/04(Sat) 15:02:25 [No.2460]
イラスト:白兵 - モモ - 2007/08/04(Sat) 15:01:10 [No.2459]
SS:攻撃 - 砂神時雨 - 2007/08/04(Sat) 15:01:09 [No.2458]
SS:回避 - 砂神時雨 - 2007/08/04(Sat) 14:59:52 [No.2457]
SS:偵察 - 砂神時雨 - 2007/08/04(Sat) 14:59:18 [No.2456]
SS:降下 - 砂神時雨 - 2007/08/04(Sat) 14:58:22 [No.2455]
イラスト:白兵OR防御 - 砂神時雨 - 2007/08/04(Sat) 13:54:49 [No.2452]
イラスト:白兵または防御 - モモ - 2007/08/04(Sat) 01:45:19 [No.2437]
イラスト:降下判定 - モモ - 2007/08/04(Sat) 00:56:16 [No.2436]
現状メモ(8/3 0033) - たけきのこ@藩王 - 2007/08/03(Fri) 00:33:45 [No.2423]
エントリ用データ - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 02:24:04 [No.2440]
提出版エントリー - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 14:08:38 [No.2453]
吏族&参謀向けエントリ案 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/03(Fri) 03:47:35 [No.2427]
燃料輸送制限による編成改案 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/03(Fri) 18:46:00 [No.2432]


SS:戦闘 (No.2424 への返信) - 竹戸 初

「攻撃、開始!」

 号令と共に、一斉に「龍の使い」は敵に襲い掛かる。
 純白の雪原に展開する白い防寒衣が跳ね上がり、漆黒と金の本来の色彩が鮮やかに駆け出す。
 堅く凍りついた雪上でも、足に履いている輪かんじきの爪が雪を噛み、すべる事はない。第一、彼等は拳法家だった。夏でも雪の残る急峻な山々で修行する事など、年中行事である。
 雪国で日常生活を営む智慧は不足していても、今この瞬間に必要な雪上戦闘の智識程度であれば、彼等とて不足していない。

「おおおおおっ!」
 雄叫びと共に、繰り出す拳が敵の得物を粉砕する。金属の得物が、まるで氷柱かガラス細工のように粉砕される。
 修行・鍛錬の成果…と同時に、氷点下では金属の強度は劣化してしまう。生身とて無事では済まないが、防寒具など体温を維持する術はある。

「ていっ!」
 だが、分厚く鎧われている相手に、直に拳打を打ち込めば拳は砕ける。
 だが、生身であれ機械であれ、内部は脆弱だ。その内臓部分に直接、打撃を加えれば良い。
 相手に繰り出した掌を、ぴたりと吸いつくように相手に重ねる。
 刹那、当身を繰り出す。人によれば、発勁とも呼ぶ技。
 腕力で打つのではなく、自身の体重と踏み込みの勢いを一点に貫通させる技。
 ヤラセのように、吹っ飛ぶ敵。その死に様が、これがイカサマでは無い事を証明していた。

 三人一組の「龍の使い」は、集散離合を繰り返しながら相互に連携し、次々と白い雪原に敵を屠っていく。
 さながら、死を呼ぶ鴉の如く。


[No.2471] 2007/08/04(Sat) 19:54:49

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS