[ リストに戻る ]
No.2498へ返信



all E103対策スレ - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 19:22:17 [No.2469]
連絡 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 16:34:32 [No.2494]
提出物枝&作業指針 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 03:11:11 [No.2481]
褌靴下部隊用枝 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 03:15:19 [No.2484]
イラスト:白兵?(凡用? - ツヅミ - 2007/08/05(Sun) 19:28:02 [No.2502]
中距離SS - ひわみ - 2007/08/05(Sun) 18:53:36 [No.2501]
イラスト:中距離 - 砂神時雨 - 2007/08/05(Sun) 18:39:00 [No.2500]
あんかー - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 18:20:13 [No.2499]
SS:防御 - 砂神時雨 - 2007/08/05(Sun) 17:40:21 [No.2498]
SS:攻撃(中距離) - 砂神時雨 - 2007/08/05(Sun) 17:20:49 [No.2497]
イラスト:汎用2枚 - モモ - 2007/08/05(Sun) 11:47:09 [No.2490]
清木氏部隊用枝 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 03:14:15 [No.2483]
イラスト:白兵 - 寿々乃 - 2007/08/05(Sun) 19:59:38 [No.2503]
あんかー - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 17:09:00 [No.2496]
イラスト:白兵 - 砂神時雨 - 2007/08/05(Sun) 16:16:12 [No.2493]
イラスト:白兵…? - コダマゆみ - 2007/08/05(Sun) 14:51:18 [No.2492]
イラスト:白兵 - コダマゆみ - 2007/08/05(Sun) 13:43:24 [No.2491]
SS:防禦 - 竹戸 初 - 2007/08/05(Sun) 04:25:26 [No.2486]
SS:白兵 - 竹戸 初 - 2007/08/05(Sun) 04:11:56 [No.2485]
シオリ2部隊用枝 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 03:12:33 [No.2482]
あんかー - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 17:01:40 [No.2495]
SS:白兵 - 竹戸 初 - 2007/08/05(Sun) 11:36:01 [No.2489]
SS:防禦 - 竹戸 初 - 2007/08/05(Sun) 04:58:38 [No.2487]
現状メモ(8/4 1924) - たけきのこ@藩王 - 2007/08/04(Sat) 19:39:42 [No.2470]
編成中...(0149時点) - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 00:56:43 [No.2476]
事前計算:褌靴下(途中) - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 02:46:43 [No.2480]
事前計算:清木氏 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 02:22:20 [No.2478]
事前計算:シオリ2 - たけきのこ@藩王 - 2007/08/05(Sun) 01:55:20 [No.2477]


SS:防御 (No.2484 への返信) - 砂神時雨

 世界貴族は装甲が他の藩国ユニットと比べて弱冠弱い。無論清木氏の数値が異常値ともいえるが、心もとないのは確かである。しかしながら、戦場で敵の反撃を食らうのはある意味予測できる範囲で、彼らとて何も対策を立てずに戦場へ挑んだのではない。
「此処で耐え切らんと次がないな」
 敵の攻撃が己の服の端を掠めた事に不快そうな顔をすると摂政は小さく呟いた。盾等という無粋なモノを持たない彼等は華麗に攻撃を避けていくしかない。無論忍者として散々鍛えたのである程度の体術は心得ているのでそんなに難しい事ではないが、如何せん敵の攻撃が半端ではない。
 それぞれ死角を補いながら連携という地味ではあるが確実な戦法を取りおのおの武器で敵の攻撃を弾きかえす。
「皆頑張るでござるよ!」
 一番動き良さそうな忍者の格好をした砂神は忍者刀を振るい敵の武器を叩き落すと声を上げる。敵の再度の攻撃を防ぐ為には一番確実であるが、敵が中距離攻撃の場合は飛び道具で何とか敵が攻撃を仕掛ける前に叩き落さねばならない。忍者として鍛えた緻密な作業への能力をフルに発揮し彼等は次々と攻撃を防いでゆく。
「華麗に!優雅に!」
 それを合言葉に彼等は戦場を舞う。奇抜な格好をした奇怪な連中であるが、その能力を十二分に発揮し戦場にその存在感をアピールする。
「そして我が藩国に栄光を!」
 初陣であり最後の戦争にてその存在を知らしめる為に彼等は次の反撃に備え体制を整えながら敵の咽喉元に噛み付く牙を研ぐのだ。


[No.2498] 2007/08/05(Sun) 17:40:21

Name
E-Mail
URL
Subject
Color
Cookie / Pass


- HOME - お知らせ(3/8) - 新着記事 - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-T (Free) Rocket BBS