26810

アー板

HOME | Info (3/8) | Search | Mobile URL | Feed | Help | Admin | Rocket BBS
都市伝説に関する情報などをどうぞ。
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
テレビで拾った「都市伝説」っぽい話 / ブローカー [関東]
タレント・有坂来瞳は、原始人を見たことがある……らしい。

東伊豆をドライブ中、突然、道路を横切る原始人を目撃。
ボサボサの髪にヒゲをはやし、粗末な動物の毛皮のようなものを身にまとって、ヤリを持っていた。

その姿は(教科書などで見た)原始人そのものだったそ〜〜な。

――2010年6月1日・フジTV系「ごきげんよう」にて、本人が語る

同番組の別の出演者から、「映画の撮影では?」との疑問が出たが、周囲にカメラも見当たらず、撮影らしい雰囲気はなかったとか。

ホームレスのおっさんでも見たんじゃないの?

ところで、また1年ぶりに“アレ”が始まったらしい。
★空から?オタマジャクシ 栃木で10匹
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100601/trd1006011227003-n1.htm

「もはや風物詩!?」の声も……
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20100601/dms1006011619021-n2.htm

ちなみに、昨年は6月4日、石川県から騒動が始まった。
さて、今年はどうなることやら。
No.6112 - 2010/06/01(Tue) 18:18:41
お父さんのための「都市伝説」講座…… / ブローカー [関東]
……なる記事が、先週号(5/29号)の「週刊現代」に載っていた。
http://online.wgen.jp/
いくつか紹介しますと――

■国会議事堂にはヤリ部屋が隠されている

 国会議事堂の最上階のさらに上には、なんのために存在しているのかわからない、屋根裏のような空き部屋が存在している。

 実は、昭和初期から中期には、ここが政治家の「ヤリ部屋」として使われていたのだという。まだ当選したての若き日の中曽根元首相が、仲間と一緒に「国会探検」をしていたとき、この空き部屋から妙な喘ぎ声が聞こえてきたため、意を決して中を覗いてみた。すると、当時不倫関係で有名だった大物代議士のSとTがセックスの真っ最中だったという。

■ワールドカップ優勝国はすでに決まっている

 世界中を熱狂の渦に巻き込むサッカー・ワールドカップ。南アフリカ大会が始まるまで1ヵ月を切ったが、「実は今年の優勝国は、決まっている」なんて声が聞こえてくる。一体どういうことか。日本サッカー協会の関係者が語る。

「ワールドカップには『優勝しやすい国』ちうのがあって、そこにはある“法則”が存在しているんだ。

 この数字を見てほしい。アルゼンチン→1978+1986=3964、ドイツ→1974+1990=3964、ブラジル→1970+1994=3964、1962+2002=3964。前の数字も後の数字も、いずれもその国がワールドカップで優勝した年なんだが、それらの和が、必ず3964になる。つまりワールドカップが開催される西暦を足すと和が3964になる、その年に優勝した国が、再び優勝国になるというジンクスがあるんだ。

 今年は2010年だから、3964から2010を引いて1954.法則から導き出せば、南アのワールドカップの優勝国は、1954年のワールドカップ優勝国であるドイツで決まり、ということだ」

■「赤い玉の伝説」の起源は浦島太郎にあった

「一生に出せる精液の量は決まっていて、これを出し切ったら最後に白い煙と一緒に、赤い玉が出て“打ち止め”になる」という話を、誰もが一度は聞いたことがあるだろう。これも一種の都市伝説で、医学的にみてウソであることは言うまでもないが、この話の起源が、お伽噺の浦島太郎にあると聞けば、驚かされるのではないだろうか。

 いまは子ども向けに相当アレンジされているが、「浦島太郎」の原話は、竜宮城という酒池肉林の世界で浦島太郎が欲望の限りを尽くして、セックスをし続けるという話なのである。創作された当時、「浦島太郎」は公家や武士らにポルノ本として読まれていたという。

 竜宮城からの帰り、浦島はお土産として玉手箱をもらうが、いまの話では白い煙がモクモクと出て、おじいさんになって終わり。ところがこれまた原話では白い煙と一緒に、玉手箱から赤い玉が出てくることになっている(玉手箱ではなく『玉出箱』だという説もある)。白い煙が出てきて老人になった浦島は、その赤い玉をじっと見つめて、「自分の性生活もこれで終わりなのか」と嘆くのだが、この赤い玉が、現在につながる赤い玉の伝説のルーツだということだ。

■明石家さんまの寝顔のお値段

「絶対に寝ない」ことで有名な明石家さんま。ほとんで不眠不休のスケジュールで働き、人前で眠っている姿を絶対に見せないのだが、あるとき、新幹線の移動中、寝ているところを一般客の携帯のカメラで撮影されてしまった。シャッター音で目を覚ましたさんまは、「その写真、消してくれへんかな」と、10万円を渡して画像の削減をお願いしたという。

■犯罪者を見抜く、秘密のクエスチョン

アメリカのFBIでは、軽犯罪を犯した人物に「ある質問」をすることで、その人物が今後大きな犯罪、特に殺人に手を染める可能性がないかをチェックしているという。以下、その質問のうち、2つを紹介しよう。

@「あなたの隣に住む人の家に、とても美人が遊びに来ているのを目撃し、あなたは一目ぼれをしてしまった。なんとかしてもう一度その女性と会いたいのだが、連絡先が分からない。さて、あなたはどうする?」

A「サッカーが大好きな少年がいました。あるクリスマスのこと、サンタクロースから彼にとても上等のサッカーボールが送られてきました。ところがこの少年は、喜ぶそぶりをまったく見せませんでした。それはなぜでしょうか」

 常識的な答えを考えれば、@は「隣の人に、なんとかして女性の連絡先を教えてもらう」、Aは「その少年は、もうボールをたくさん持っていたといったところだ。しかし次のように答えた人は、凶悪犯罪者予備軍としてマークされることになるのだという。

@「隣人を殺してしまえばいい(そうすれば、隣人の葬式でその女性にまた会うことができる)」 A「その少年には足がなかったから」
No.6110 - 2010/05/23(Sun) 15:27:14
どこまで行ってもGはG(失笑) / りふる
あっ、Gとは所謂「○っ○ー」ではありませんからねっ(おそらくというか
確実にこの××週刊誌のほうが『それ以下』って気がしてるけど。

  そもそも、国会のセンセイ方には立派な議員宿舎やその中でのお部屋が
あるんだから、ナカヨクしたい人がいたらそっちにお招きすりゃーいいだけの
事でしょうに(呆)Gこそ、週刊も日刊もフーゾク情報には熱心でいらっしゃる
んでしょ(嘲笑)あなた方のご立派な社屋の中に秘密の××のお部屋がない
なんて言い切れますかぁ〜wwwwあっ、給料がバブルってるからそんなこと
しなくても幾らでも行けるのか(爆)

ワールドカップに至っては・・・・
 これが本当に当たっちゃったりしたら、ふんぞり返って威張るんだろう
なあ。日本代表が万一それなりの成績出しても多分華麗にスルスルスル〜
するだろう事も賭けてもいいくらいだけど(怒)こいつらは基本日本人嫌い
としか思えませんわ。でなけりゃ、幾ら「疎い」ヲジサンたち相手だから
って、こんなカビが生えた上に沈着したみたいな話ばっかり出す訳ないし

  サッカーつながりでもう一つ。
  最後のボールと男の子の話でも、他にいくつも答えがありそうなもの。
たとえばその少年が単にボールのデザインが好きでなかったとか、やっては
いても続けるかどうか迷ってるところにKYなもん持ってこないでよと
思ってたとか・・・・心理テスト自体、単純化しすぎてタダのパズル遊びに
堕してる所があるけど、そもそもこんなものを持って特定の個人が危険
な存在かどうかなんてわかりっこないですって。「狂気」って、もっと
奥が深いものだと思いますけどね。
No.6111 - 2010/05/23(Sun) 17:43:54
切断強盗? / ルッチ
初めまして。

ちょっと違うかなーと思いつつも、類似事件が実際に起きました。
ソースはと言われると困ってしまうのですが…何せ私の父の話なので。

父が韓国に出張で行き、帰ってきた時に手の甲に絆創膏(大きいの)をしてたんですね。
どうしたのかを聞いたところ、道を歩いていたら急に切られたんだそうで。
父自体は傷も浅く、切られた事に気が付いていなかったそうなのですが、薄らと血が滲んでいた事に現地の友人が気が付きまして。

「最近、何件かこういう事件あるんですよね。でも無事で良かった」

父が切られた手では鞄を握っていたそうなのですが、通りすがりに傷を負わせ、落とした鞄を持ち去るという事件があったそうで(その辺は現地の友人の話なので、信憑性は?です)

とにもかくにも父の身なりは身内が言うのもなんですが割と良い方なので、狙われたんじゃないかというのは確かかと。
実際手の甲に、カッターとかナイフでの切り傷作って帰ってきましたし。


以上、似たような事件がありましたので。




あと人間シチューの話は実際にあるそうで。

ソースは↓
http://blog.goo.ne.jp/clean110
No.6109 - 2010/05/20(Thu) 22:09:23
「ヤツが絡んでいる」!? / ブローカー [関東]
深刻な被害が連日報道されている「宮崎県・口蹄疫騒動」。
「探偵ファイル」さんが、こんなレポートを配信していた。

★口蹄疫の真実
http://www.tanteifile.com/diary/2010/05/16_01/index.html
>「今回の事件に小沢がからんでる……

まあ、根も葉もない噂話だろうけど、「2chが出処の新種の都市伝説(デマ?)」という説もあるらしい。
小沢センセ〜〜も嫌われたモンですな。ちょっと気の毒な気も……

あっ、でも別に「某民主党の小沢さん」とは特定されてないんだから、「群馬に愛人を抱え、最近宮崎へ旅行した、どっかの小沢さん」って可能性もあるかな?

宮崎県は一度だけ、旅行で行ったことがありますが、口蹄疫騒動の1日も早い解決をお祈り致します。
ガンバレ! 宮崎!
No.6108 - 2010/05/17(Mon) 18:28:51
都市伝説に封印された本当の出来事 / あい
杉沢村はご存知でしょうか?
実は杉沢村は存在していたのです。本当に危険なスポットで霊能者でも近づかない場所で本当に恐ろしいところ都市伝説として話題になりましたが本当は存在しております公開しないのは心霊現象による危険な場所で公開すると命を落としかねる場所だから公開しないだけhttp://akuma752.web.fc2.com/
No.6107 - 2010/05/16(Sun) 08:34:28
テレビで拾った「都市伝説」っぽい話 / ブローカー [関東]
かつおのマークの「だしの素」で有名な「シマヤ」(本社・山口県)は、自社製のお味噌を熟成させる際、「子守唄」を聞かせている。

醸造室で寝かせている味噌に、約4カ月間、ラジカセから大音量を流して聞かせているらしい。
こうすると、味噌の味が、まろやかになるそうな???

4月22日、日テレ系「秘密のケンミンSHOW」で紹介。
同番組によるとこの味噌、「金子みすゞの子守歌で寝かせた味噌」として、インターネットで限定販売しているとの事。

興味のある方、↓ど〜〜〜ぞ。
http://www.buchi-umai.jp/commodity/misuzu_miso.html

何でも、「ワインの熟成にクラシックを聞かせる」という話をヒントに、始めたらしい。
検索してみると、こんなサイトがヒットした。
★「森永卓郎と垣花正の朝はニッポン一番ノリ」>>「クラッシックで育った食品たち」
http://www.1242.com/morinaga/entertainment/index.php?no=9
★「職人醤油.com」>>「佐々長醸造(岩手県)」
http://www.s-shoyu.com/sasacho/index.htm
(↑「味の演出家」の項)

効果のほどは分からんけど――
最近、やたら「エコ」や「省エネ」を連呼し、「地球への優しさ」をアピールしたがるテレビ局。
この「大音量のラジカセ」が食う電力量と電気代をどう見るんだ、日テレ様は?
No.6097 - 2010/04/24(Sat) 18:25:55
微生物に「音楽」分かるの? / りふる
これ、簡単に検証できることじゃないんですか?

「普通に静かな環境で熟成させたもの」
 「所謂『騒々しい』場所で熟成させたもの」
 「クラシックなどの『整った』音を聞かせて熟成させたもの」
 
  を同一期間寝かせて『育てた』上で、プラシボみたいな効果が出ない
 ように「ごくごく一部の人」しか正解が分からないようにして食べ比べ
 してもらえばいいでしょ。それも、全く「テストの意図が分からない」
 ようにして、出来れば街頭とかで。こうすれば、本当に「クラシックや
 子守唄を聞かせる」のが有効かどうか少しははっきりすると思うんです
 けどね・・・・

   大体、音楽を意図的に聴いてる人間だって、好みはそれぞれですよ。
 一時期妊娠したらクラシック!!見たいなのが通説になりかけましたが、
 今では妊婦向けの本でさえ「お母さんの好きな音楽を」になってるもの
 が多いですもん。(クラシックは確かに私も好きだしいいもの多いですが、
 中には学生時代の黒歴史をフラッシュバックさせてしまい妊娠鬱・・・
 なんつう笑えないケースもあったらしく・・・さらには姑さんのうるさい
 『クラシック押し付け』で大喧嘩とか、シャレにならん話が勃発して
 たそうで・・・ちなみに、私が妊娠中に聞いてたのはクラシックと
 ユーロビートが半々というなんとも両極端なセレクトでございました)

余談が長くなっちゃいましたが、タイトルにも書いたとおり、微生物
 が人間の作ったクラシックを「好感」して「よい働き」につながるの??
 という身もフタもない根本的な疑問がどうにも抜けないんですよ。
  私ならそんなことより「衛生的にきちんとした」品ならどれでもいい
 んですけどね・・・。
No.6098 - 2010/04/27(Tue) 10:01:16
Re: 微生物に「音楽」分かるの? / ブローカー [関東]
ちょっと思い出したのですが、同じ番組で、「宇宙を旅したヨーグルト」というのが紹介されていました。

高知で流通する牛乳の約50%を生産する「ひまわり乳業」の商品。
何でも、2003年3月、ロシアのソユーズロケットに、自社の乳酸菌を乗せ、10日間の宇宙旅行を体験――その乳酸菌を培養して完成させたそうです。

★宇宙を旅したヨーグルト
http://www.himawarimilk.co.jp/yoghurt.html

で、乳酸菌が宇宙を旅して、具体的に何が変わったかと言うと……担当者は「?」。
この正直者!

――2009年5月20日・日テレ系「秘密のケンミンSHOW」から
No.6100 - 2010/05/02(Sun) 18:00:32
Re: 微生物に「音楽」分かるの? / ブローカー [関東]
>私が妊娠中に聞いてたのはクラシックと
>ユーロビートが半々というなんとも両極端なセレクトでございました


それで全然、問題ないみたいですよ。
★モーツァルト聴いても頭は良くならない!?=「地元」ウィーン大発表
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2725084/5738920

上記記事によりますと、「刺激があればパフォーマンスが向上する」そうですから、お母さんやお子さんが楽しめのが一番いいんでしょうね、きっと。

同じような研究結果は、1999(平成11)年にも、米国の心理学者や神経医学者から発表されています。

ある研究者曰く、「3歳までに脳がどのように発達するか、現代の医学でもまだ未解明。なのにモーツァルトが脳の発達を促進するなどと断言するのは誇張でしかない」と、バッサリ。
――同年8月11日「朝日新聞」

ところで、12日(水曜日)の朝日新聞には、パンを発酵させる酵母菌に、「千の風になって」を歌って聞かせる、東京・杉並区のパン屋さんの記事が掲載されていました。

「歌を聞かせたほうが、バランスよく発酵する」そうで、ご主人は、10年以上もオペラの先生の元に通い、練習しているんだとか。
ちなみに自慢の持ち歌は25曲。

食品添加物を一切使わない主義を貫き、今日も工場内に、野太い歌声が響く?
No.6106 - 2010/05/14(Fri) 16:15:43
「都市伝説」な異国のエラい人たち / ブローカー [関東]
★「女性の服装乱れ、大地震招く」=イラン法学者
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100426-OYT1T01282.htm

早速、ツッコミが入りました。
★「女性が地震起こす」に反発、イラン聖職者発言受け米女性が実験計画。
http://news.livedoor.com/article/detail/4734718/
★「女性が地震を起こす」実験は大盛況――台湾で発生した地震との因果関係は?
http://news.livedoor.com/article/detail/4743023/


お次は更にエラい、国家元首様。「ハゲやゲイになるのが嫌なら鶏肉を食うな!」だそうです。
★ボリビア大統領の珍発言に会場爆笑!
http://rocketnews24.com/?p=31222

>……鶏肉を食べると若い少女の乳房が早い段階から大きくなるそうだ

以前、「現代特殊民話」さんの「1行投稿BBS」に、こんな書き込みがあった。
「昔母にケ●タッ●ーのフライドチキンは、ホルモン剤が使われているため、月経や恥毛が生えるのが早くなるから食べてはいけないと言われたことがある」

大統領閣下が、都市伝説まがいのことを発言されるのはどうかと……もっとも、ちょっとばかし怖いのは、この方の“トンデモ発言”に“ネタ元”と思しきものがある事。

1985年、ワシントンポストが、プエルトリコでの子供たちの性的成長の異常を報じたことがあるとか。
曰く、生理の始まった生後17カ月の幼児、大きな乳房を持った生後15カ月の幼児……。
原因は、牛肉――家畜に与えられる成長ホルモンにあるというのが、調査をした米国医師の見解。

〈いい参考資料がないのですが、例えば↓で紹介されている〉
★「5.食べない方がいいものを考えてみよう(病気になったとき)」>>「1−(3) 肉食には恐るべき怖さが」
http://www17.ocn.ne.jp/~n-food/consider.html

また数年前、中国・吉林省でも、週に1度鶏肉を食べていた3歳女児が、初潮を迎えたという騒ぎがあった。
他にも、「1歳の女児の胸が10歳の少女並みに発育した」なんて事例も紹介されている。
金持ちの一家だったようで、家族を幼い娘の成長を祈って、毎日スッポン料理を食べさせていたんだとか。

原因は、食材の鶏やスッポンの飼育に、大量の成長促進ホルモンが使われたためと見られている。

――2005年6月30日付「産経新聞」(朝刊)……らしいのだが、直接読んでいない。「7月2日付」というソースもある。
(産経新聞は縮刷版が出ていないため、ちょっと確認が面倒臭い)

ボリビアの大統領、このあたりの情報を、頭の中で、ひねくり回し過ぎちゃった可能性もある。
No.6099 - 2010/05/02(Sun) 17:37:50
牛乳に相談だ!? / あおい ろしあん
>1985年、ワシントンポストが、プエルトリコでの子供たちの性的成長の異常を報じたことがあるとか。

私の手元にあります「THE雑学BOOK(永岡書店・昭和61年)」に、それらしいことが書いてありますので、ご紹介します。

>プエルトリコでは近年、四〜五歳の幼女の胸がふくらむという珍現象が話題になっています。既に1972年から、1200人以上の例が報告されていますから、単なる突発的な現象とはいえないでしょう。
>症状は、胸が大人の女性のように豊満になるだけでなく、恥毛や腋毛も生え始め、子供によっては、初潮を迎えた例もありました。
>いたいけな幼女に生理があるというのは、どう考えても早熟すぎる現象ですが、原因を調べたところ、血中のエストロゲン(発情ホルモン)値が普通より高いことが判明しました。
>しかしなぜ、エストロゲンが増えたのか?実は犯人はニワトリだったのです!ニワトリの飼料の中には、成長促進のためエストロゲンを混入しますが、そのニワトリの肉を食べたため、こんな珍現象が起こったのではないか、というのです。


これは「四歳で妊娠!五歳で出産!」(出産の最年少記録)のネタの枕として語られている話です。


私の知り合いにも「牛乳飲む子は背が伸びる。成長ホルモンが入っているからだ」と言う人がいまして、「カルシウムじゃないのかよ!」と思ったモンですが、実際のところ、その辺どうなんでしょうね?
No.6101 - 2010/05/02(Sun) 21:47:59
食糧事情とか何とか / りふる
 ・・・えーっとですね・・・牛乳の効用については諸説あるでしょう
し、効き目も議論百出のようですが・・・少なくとも「肉」については、
ホルモンどうこうじゃなくて、もともと人間のご先祖様から食べてたもん
でしょうよ。それまで肉食の習慣が乏しかった人たちが肉を食べつけるように
なって体が変わるってことは考えられませんかねー??

・・・もっとも、生産効率を上げるためにホルモン剤を使うことはありえ
そうですが、いくら子供の体が小さくてオトナとは極量が違うといっても、
体に直で影響するほどワシワシ食べるもんなんですかい?とか、相変わらず
野暮失礼(汗)それと、あんまり小さな少女の体が妊娠・出産に耐えうるもん
なのか????という疑問も・・・まあ世に例外なき例はなんとやらなので
そういう例が皆無とは行かないのでしょうが、これは子供たちよりオトナの
「後ろ暗い事情」がどろどろ渦巻いてるような気がしてなりまへん。
ただ事が事だけに裏を取ろうにも大変そうですしねぇ・・・。

 ・・・ひょっとしてボリビアのエライサンは逆に鶏肉を独り占めした
ったんじゃーないかなんてアホなことを考えてしまったり(爆)
No.6102 - 2010/05/06(Thu) 09:37:37
Youngest Mother / あおい ろしあん
本筋からは外れてしまうのですが・・・

>あんまり小さな少女の体が妊娠・出産に耐えうるもんなのか????という疑問も・・・

出産の最年少記録(5歳7ヶ月と21日)はペルーの少女のケースでして、エストロゲンとは関係なく、先天的なホルモン異常によるものだそうです。
まあ、生理があるだけでは妊娠までは行きはしないのですが・・・

私の知る限りで一番詳しく紹介しているサイトを紹介しておきます。

>snopes.comより「Youngest Mother」
http://www.snopes.com/pregnant/medina.asp


なお、現在この手の記録認定は行われていないそうです。理由は「記録更新に虐待を伴うため」。
同様の理由で「ペットの体重世界一」なんかも記録認定されないそうですね。
No.6103 - 2010/05/06(Thu) 23:04:12
Re: 「都市伝説」な異国のエラい人たち / ブローカー [関東]
こんな大統領が現れました。
★「宇宙人と遭遇」発言の共和国大統領が物議/ロシア
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2723974/5725384
★カルムイキアの大統領「宇宙人が自宅に来た」
http://www.sanspo.com/shakai/news/100510/sha1005100506001-n1.htm

この大統領もスゴいけど、「国家機密を漏らしていないか!?」とツッコミ入れる、ロシアの国会議員も仲々のモンですな。


ところで政治家じゃないけど、先日のテレビで「AKB48」の小野恵令奈さんが、「新橋駅で“小さなおじさん”を見た」という話をしていた。

何でも駅のホームで電車を待っていると時、空き缶を乗せた台車を引っ張っている、身長20センチくらいのおじさんが、線路沿いを歩いていた……らしい。
ビックリして2度見すると、おじさんは小野さんに向かって「チッ!」と舌打ちして、どこかへ去って行ったそうな。

――5月6日、日テレ系「ダウンタウンDX」

また同番組では、同じAKBのメンバー、大島優子さんも、家で眠っている時、枕元に気配を感じて目を覚ますと、小さなおじさんが、彼女の髪を、三つ編にしていたんだとか。
(見つかると、直ぐにどこかへ消えてしまうため、写真などに撮ることは不可能なんだそうです)

ここ数年、ネットでもよく見かける「小さいおっさん妖精」或いは「小さなおじさん」のことだろう。
1年ほど前には、釈由美子さんも、ブログで自らの体験談を書いているそうだ。

★釈由美子 「小さいおっさん妖精」を心配
http://www.j-cast.com/tv/2009/02/12035795.html

以前、「医学都市伝説」さんの掲示板にも書いたけど、ワシには、クスリやってる人の見る幻覚としか思えんのですが……。
(近年、我が国にも蔓延してますからねぇ、薬物汚染)
No.6105 - 2010/05/11(Tue) 15:39:55
全部まるっとお見通しだ!? / ブローカー [関東]
こんなニュースが一部で話題になっている。
★70年間断食は本当? 聖者の「ヨガパワー」を検証中/インド
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2722468/5685631

そして結果が出た!?
★70年断食の印ヨガ聖者、科学者も仰天
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2724999/5722969
>…エネルギー源が日光の可能性もある…
>…医学専門家として、われわれは可能性から目を背けてはならない。


何となく、「医学専門家」より、映画「トリック」の山田奈緒子さんの出番な気もするのですが……。

ところで、「ロケットニュース24」さんによると、このジャニさん、以前にも似たような実験を受けたことがあるらしい。
★「70年間飲食していない」と主張する男性、現る
http://rocketnews24.com/?p=31684
(↑下段に当時のニュースを伝える「x51.org」さんへのリンクあり)

これといった成果はなかったようだが、どういうワケか、またこの話に食いついた方が出たようですな。

そう言えば昔もおったなぁ、アメリカの大学で“科学専門家”に「本物と実証された!」っつ〜〜〜う「超能力者」が。
確か名前は、ユリ・ゲラーさんと仰っていたような……。

別にこの話を必要以上に勘繰るつもりは毛頭ないけど、
この手の実験には、「科学専門家」や「医学専門家」の他に、もう1種類の専門家――手品師・マジシャンが必要ではないだろうか。

参考記事
★太陽を食べる男 NASAが研究へ
http://x51.org/x/03/06/3049.php
この記事から7年経つが、「研究(?)」の方は、どうなったんだろうか?
No.6104 - 2010/05/11(Tue) 15:01:04
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
98/100件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS