03887

200 SNOW REPORTS 掲示板

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定
 ★このサイトの感想など、どしどし書き込んでください★
  ★公序良俗に反する書き込みや誹謗中傷は削除します★
★この掲示板ではListからアイコンを選ぶことができます。★
ヤマボクって何だ? / 球爺 [ Mail ]
 こんにちは、管理人さま、みなさま。
 私のつまらん投稿も後ろに下がって、一安心していましたら、突然トップに。小学校時代にぼけっとしていたら先生に名指しされた感じ。海外のお話がどどっと出てきましたが、かつてスキー雑誌の編集者に「海外のいいスキ―場の特集をやってよ」と言ったら「だめ、海外ガイドはぜんぜん売れい。大失敗、こりた」と聞いたことがあります。

 話が変わります。この1年ほど、このレぽでも「ヤマボク」という言葉を聞きます。こりゃなんじゃ、とキィをたたいてみますと、YAMABOKUと出てきました。なんじゃ昔の山田牧場かいな。まだ生存、残っていたの(失礼)という感じ。

 それにしてもホ―ムページのきれいなレイアウトに魅了されました。お見事変身と言いたい。私は50代の初めに熊の湯側から独りツアーで登って、滑って山田牧場スキー場へ入ったことがあります。まさに無謀スキーヤーの典型。バカな真似する人いないとおもいなすがー。

 熊の湯のリフトを降り、笠岳に向かってゆるい斜面を快適に滑る。2月の雪は最高のふわふわ、しかし雪崩が怖くなり、樹林のすぐ上を滑り、雪崩が来たら樹木に抱きつこうなんて考えていました。チャップリンなら喜劇になりますが、私ならー「あのバカが」とお笑いでしょう。そのうちに道路のガードレールが見え、「もう大丈夫」と登りにかかると峠の茶店。展望のいいところで休んでいると、カラカラリフトの音が聞こえてきて、小山を回りこむと山田牧場でした。まだ海外へは行ってないのに「ヨーロッパ風のしゃれたスキー場や」と。もうくたくた。予定の山田温泉への5キロのツアーはやめてバスで下りました。
 タコチの意味は何や? と思ったのですが、管理人さまも結構調べられたですね。
No.1994 - 2013/10/08(Tue) 11:47:55
Re: ヤマボクって何だ? / 管理人
球爺さん:
 
 またも貴重なお写真ですね。確かに、ヤマボク(山田牧場)は笠岳の麓という感じに位置し、志賀高原から滑り込むこともできるようですが、これといって定まったコースがあるわけでもないので、ましてや単独行ならば遭難注意ですね。
 ヤマボクはなんといってもタコチコースで、2つの異なるスキー場をつなぐコースを上から下まで滑って、それをバスで戻るなんて、ほとんどないですね。2つをつなぐだけなら、同じ山の別斜面を使う斑尾とタングラムみたいなパターンはあります。猫魔とアルツは地元民だけが知っている非公式コースがあるとか。でも標高差がある完全に別のスキー場ですからね。
 写真もとてもいい雰囲気ですね。吹雪いたら命の綱である小屋も、天気がいいとかわいい感じがします。

>みなさん
 タコチの名前の由来、えらい調べて高山村にも聞いたのですが、結局謎だけが残ってしまいました。この名前の由来について、情報がありましたら当サイトにお寄せください!
No.1996 - 2013/10/08(Tue) 12:23:44
Re: ヤマボクって何だ? / 管理人
タコチコースを知らない方のために、1枚!
No.1997 - 2013/10/08(Tue) 20:34:33
やまぼくA写真 / 球爺 [ Mail ]
 熊の湯側からみた笠岳。避難小屋はかつて山田牧場側にあった。
No.1995 - 2013/10/08(Tue) 12:04:57
JIGさま、球爺です / 球爺 [ Mail ]
  JIGさま、こんにちは。
写真縮小へのアドバイスありがとうございました。早速勉強さしていただきます。

 私は国内では独り旅ですが、海外スキーは友人たちのシニアグループに入れてもらい、10回ほど楽しみました。60歳代の私が一番若く(10年ほど前)、ボスは80歳越えまで15人ほどを引き連れ、ゆうゆうと滑っていました。(80歳を越えるとリフト券無料のところも)

 オーストリアのスキー場はゼルデンをベースに1週間ほど滑りました。F社の企画に乗ったもので、ホテルではどこの国のひとか分からぬままワイワイがやがや。ホテルの庭からリフトが出ているのですが、体の小さい日本女性には降車するとき危険でした。プールからサウナへ直行、パンツを付けたままで叱られたのも面白い思い出。

 休みの一日、インスブルックへ独り旅を敢行。バス・電車を乗り継いで2時間(平日は直通バスあり)河畔の骨董店で山の古本を購入。帰りのバス乗り場で「ゼルデン」は通じず「オーバーグルグル」はOKでした。

 帰国のヒコ―機はイタリア発でべネチアまでバスで1日かけ一気に下りました。ドロミテ山群のスキー場は見物のみ。一度は滑ってみたいなー、と思っていましたが夢になりそう。海外スキーは体力勝負、頑張ってください。
No.1973 - 2013/10/02(Wed) 17:23:18
Re: JIGさま、球爺です / 管理人
球爺さん:

 JIGさんより先の書き込み、失礼します。
 オーストリアでは1日、インスブルック観光は正解ですね。ベルンのように、世界遺産の都市ですから、休日も充実しますね。
 ドロミテのスキーは、まだまだいけます! でも自重さされるのであれば、日本の白馬コルチナで我慢ですかね。イタリアのコルチナに似ているから名づけたそうですが、私が行ったときは吹雪でガスっていたので、検証のためにリベンジに行かなきゃと思っています。
No.1975 - 2013/10/03(Thu) 00:48:07
球爺さま / JIG
球爺さん 今晩は。

>> 海外スキーは体力勝負

そうですね。毎回道具を含めて最小でも40kg以上の荷物を持っての移動ですから、スキーより移動に体力を奪われます。それでも楽しみのためなら苦になりません。

>> ドロミテ山群のスキー場は見物のみ。一度は滑ってみたいなー、と思っていましたが……

管理人さんおっしゃるとおりコルチナでしたら、ゆっくりスキーが楽しめると思います。
帰りにヴェネチアやフィレンツェ、ベローナなどに滞在して旅を振り返るのもいいのでは、と思います。

写真はメストレでフィレンツェ行きの電車を待っているところです。ザック、板にスーツケース。毎度の旅のいでたち。国内でもスーツケースが小型になるか省略されるかだけです。

No.1993 - 2013/10/06(Sun) 23:24:21
はじめまして / JIG
管理人さん 200SRに集う皆さん はじめまして。

2012シーズン 2月から3月にかけて15日間、4人でドイツ、オーストリアに旅行に行くにあたって管理人さんのサイト、大いに参考にさせていただきました。
就航したばかりの787で羽田からフランクフルトへ。買い物ビールを楽しんで鈍行電車でのんびりインスブルックへ(もちろんワインとパンを持ち込んで)。
Inn川のほとり、築500年ほどのホテルからシュレック2000、ピーカンのスチューバイ氷河と滑り、またまた鈍行電車でブリクセン村へ。スキーアウト、スキーインできるペンションに7泊、6日間の滑走を楽しみました。キッツビューエル・ホーンまでリフト、ゴンドラ、3S、サークルバスを使って日帰り遠足を2回、帰りは登山電車にも乗車。6日間で300kmほど滑走。skiline(http://www.skiline.cc/home)で記録をおおよそ計算(丸沼、志賀でのんびり滑っても50kmほどになります)。宿を朝8時に出て4時半帰着の平均年齢66歳(旅行当時)のシニアグループです。

オーストリアの部分だけ見てお気に入りに入れっぱなしでした。そろそろ2014シーズンはどこへ行こうかと思いながらお気に入りの整理をしていて再度閲覧するとホームページのタイトルが「200 SNOW REPORTS」 とあるのを始めて知りました。
「オーストリア スキー」のキーワードだけで検索したものでゴメンナサイ!
今後ともよろしくお願いいたします。

この4人で2014シーズンはどこへ行こうか悩んでおります。昨年同様羽田からミュンヘンもしくはフランクフルト直行便。昨年行けなかったパーテンキルヘンからインスブルック、昨年滑ったスチューバイ氷河をもう一度、電車とバスでコルチナへとも考えています。バスの冬の時刻表がまだ出てないようです。どなたかこのルートを通ったかたいらっしゃったら教えてください。電車の途中駅「Perca」は「クロンプラッツ・スキー場」の最寄り駅のようです。この辺りで3泊ほどしてアルタ・バディアエリアを滑ろうとも思っています。そのあとコルチナへ1週間ほどと思っています。
そのコースを取るならここがいいよなど情報ありましたら教えてください。

写真は氷河上でホテル朝食時に作った特製ランチで小休止。

※球爺さんはじめまして。投稿写真のサイズ変換はこれが便利です。「一発」でできます。
縮小専用http://i-section.net/software/shukusen/
ピクセルサイズ800×800 ファイルサイズ100程度にすれば問題ないと思います。

※アジアさんはじめまして。
ロッカースキー、2012シーズンから履いてます。いいです。楽です。滑りが変わります。パワーのない女性、シニアには特にいいです。
スキー板の手入れ。私は良く水洗いして干して金具にスプレーグリス。滑走面はリムーバーで拭いて液体ワックスなど塗ってビニール袋へ。これだけです。管理人さんと同じですね

No.1970 - 2013/10/01(Tue) 11:02:48
Re: はじめまして / 管理人
JIGさん:
 
 はじめまして! 私のレポートがお役に立てて、うれしいです。
もしまだコルチナに行っていないのであれば、再度オーストリアに行かれるよりも先に行くのがいいかと思います。というのは、コルチナはレポートにあるように、ゴツゴツの岩山が多く、景色が独特だからです。オーストリアとは異なる楽しさがあること、また食事が日本人に合っているので、毎年コルチナに来るというシニアの方にもお会いしました。
 アルタバディアはコルチナダンペッツオからバスで1時間もあるかどうかなので、ほぼコルチナですね。コルチナダンペッツオからだとトファーナやファローリア、クリスタッロも楽しめます。バスの時刻のみ、事前に調べる必要がありますが。
 移動しながらでよければ、コルバラにも宿泊して、セラロンダをゆっくり楽しむのもいいでしょう。私ももっと時間があったら、行けなかったグランデ・グエッラをやって、マルモラーダの氷河を滑ってみたいところです。
 
 もし仲間の方でやっぱりオーストリアがいい、というのであれば、サンアントン・レッヒにゆっくり行ってみてください。そこを拠点に、アイスマンが発掘されたことでも有名なエッツタールの氷河にも足をのばせます。

 秋の夜長は、ぜひ、じっくりとこのサイトを読み込んでみてください!
 
No.1971 - 2013/10/01(Tue) 14:00:06
Re: はじめまして / JIG
早速の返信ありがとうございます。
コルチナは管理人さんがおっしゃる通りです。食べ物がおいしくて、皆フレンドリー。2010年、2011年と訪問。セラロンダ、マルモラーダをはじめ7エリアを2シーズン合計12日間滑りました。
もう一度天気の良いマルモラーダを滑りたく旅の最後に余裕を持ってスケジュールを組みました。またクロンプラッツはバス、ゴンドラに乗って滑ってバス、リフトに乗って滑ってと麓につくまでコルチナから片道2時間ちょっと(コースを間違えなければ)かかるのであまり現実的ではありませんでした。

過去2回は成田から途中乗り換えでヴェネチア経由で行きましたが、メストレ(ヴェネチア)で1泊しないとコルチナ行きのバスに乗れません。滑り出すまで3日間ほど経過します。羽田深夜発の飛行機に乗るとフランクフルトなどに朝6時前後につき、そのままヴェネチア行きの飛行機に乗り換えるのもいいですが、せっかくなので寄り道しながら陸路で行ったほうが旅が楽しい!と言う単純な理由です。サンアントン・レッヒ、頭にインプットしました。管理人さんの詳細レポートを参考にします。

写真はマルモラーダ・ゲレンデトップから柵を乗り越えコース外、標高差1800mほどを一気(?)にゴンドラ乗り場へ。(・:゚д゚:・)ハァハァ(2011年)

No.1972 - 2013/10/02(Wed) 06:44:44
Re: はじめまして / 管理人
JIGさん:

 うお、コルチナは私よりも滑っていますね。「ドロミテの女王」と呼ばれるマルモラーダは氷河を滑ることができるスキー場ですね。もう1日あったら、ぜひ滑りたかったところです。サイトは運営されてはいないんですか? 情報量からいって、もったいないですね。コルチナは天気がよかったし、景色に圧倒されたスキー場でした。
写真はセラロンダのスタート地点から見たマルモラーダ。あのてっぺんから滑られたわけですね。

No.1974 - 2013/10/03(Thu) 00:38:02
わぁぁ!! / アジア
アジアです。こちらの掲示板に不法侵入しており、そして棲みついています(迷惑)
アルタ・バディアエリアといえば、アルペンのコースもあるところですよね?
シュラドミングと並んでよく聞いたことがあります。

ブッシュならぬすごい岩があって、よけるのが大変そうですね( ◎ω◎)!
あたったら板が傷つきそうww

急斜面の小回りはなんとなくテールで
制御するイメージもありますが(本当になんとなくです)、
ロッカースキーでそれをやるとどうなってしまうんでしょうかねω^^?←わからない

海外スキー・・・
この国のどこかでスキーに連れて行ってくれる優しい旦那さんを探そうと思います!
No.1976 - 2013/10/04(Fri) 00:20:41
Re: はじめまして / 管理人
アジアさん:
 W杯のこと、よく御存じですね。ここにはスタート小屋もあり、強い斜度が長距離に渡って続いており、いかにも最高のレースコースにふさわしい、という感じです。
 しかし、コルチナはアルプスのイタリア側なので、晴天率も高く、標高の低いところでは人工降雪機もよくみかけます。フカフカのパウダーを楽しむなら、北米か、降雪直後の日本なんかの方がいいかもです。日本は日本海の水蒸気がモロで、ジューシーな雪ですが、量だけは世界に冠たるものがあります。降ったら、融けないうちにGOです。

 旦那さんは、ぜひスキーの好きな人を見つけてください。趣味が一致していると、特にスキーの場合は年をとってからでも続けられますよ。

写真はアルタバディアのW杯コースです。

No.1977 - 2013/10/04(Fri) 02:04:35
2014シーズン / だけかんば [ Mail ]
 皆様、盛り上がっていますね。
私も2014シーズンがそろそろ気になってきました。

 インスブルック、コルチナですか?良いですね。
またヨーロッパスキーに行きたいな!

 管理人さん、雪質は日本の雪もいろいろですが新雪なら悪くないのですか?
私はカナダウィスラーにも行ってみたいですがツアーを見ると思ったより高くて厳しいです。
 ウイスラーへ激安で行くツアーもしくは手配旅行って、ないのでしょうか?

 それにして独りスキーは辛い!
嫁さんは引退して子供も私の様に休めません。

 結局、国内スキー独り行脚か?
No.1978 - 2013/10/04(Fri) 12:56:48
Re: はじめまして / 管理人
だけかんばさん:
 
 日本の雪は量が多いので、降りたては悪くないです。たとえばシャルマン火打は日本海に面していて水分も多いのですが、ひと降りで数十センチはいくのと、非圧雪をかなり開放しているので、ストックが手首まで刺さったりします。でも1回でも気温が上がって融けたら、もう二度と元の結晶にはもどりませんからね。

 ウィスラーはオリンピックがあってから値上がりしたかなあ。ソルトレイクもオリンピック開催後、ホテル相場まで上がったと聞いています。
 為替が変動すると、円高メリットは享受しづらいのに、円安だとリスク回避で早めの値上げですかね。こういうときは、飛行機もホテルも自分で手配していくのがいいと思います。マーケティングがよくできているので、一人でもなんとかなるでしょう。飛行機は日付と料金に注意。私はクリスマス前に行きましたが、2日遅かったら、飛行機料金が2倍になるところでした。現地ではスイスに比べれば食事は安いですが、それでも安くしたければ自炊もいいかもです。
 独りスキーでも、カナダや米国人はなつっこいので、リフトやゴンドラでよく話していました。滑っているときは、独りの方が気が楽でした。
 円が100円以下のうちにぜひ一度、海外に行かれてみては!
No.1979 - 2013/10/04(Fri) 21:14:55
Re: はじめまして / だけかんば [ Mail ]
管理人さん、アドバイスありがとうございます。

それで早速HISのHPで2月25日出発の往復航空運賃調をしらべてみました。

 成田ーバンクーバー90120円エアーカナダ
 関空ーバンクーバー90460円ANA,エアーカナダ

 ついでに
 成田ーチューリッヒ110700円スイスエアー
 関空ーチューリッヒ、、、、ベニチアーイスタンブールー関空115980円トルコ航空(ついでに北イタリア、イスタンブールも行きたいし)

 ヨーロッパと思ったほど差がないです。
現地運賃、滞在費、リフト代が安いのでしょうか?
 ウイスラーで安い宿はありますか?
私がツェルマットで泊まった宿はシングル朝食付きで1泊90スイスFでした。
 リフトはインタナショナル3日券が200Fでした。(2012年2月)
ウイスラーでシングル1泊1万程度の宿ってあるのでしょうか?
No.1980 - 2013/10/05(Sat) 00:05:50
Re: はじめまして / だけかんば [ Mail ]
 すいません。ネットで2月25日から6泊1泊食事なし12556円の宿が見つかりました。
リゾートクエスト レンタルス アット グレーシャーズ リーチという宿です。
 2人なら安いと思います。
独りでもこれぐらいなら、、、。
No.1981 - 2013/10/05(Sat) 00:22:27
Re: はじめまして / 管理人
だけかんばさん:

 飛行機は念のため、直行かドバイ経由かとか調べてください。バンクーバーなら直行かと思いますが、飛行時間など油断なく調べてください。

 また、ウイスラーは朝食のみなら、もっと安いのがあると思いますが。朝食なしでスーパーで調達の方がいいかもしれません。また、ウイスラーでもビレッジなのか、ゴンドラからどのくらい歩かされるかもチェックです。地図で確認。また、宿泊した人の感想、特に悪い評価にも注意です。英字のホテル名で米国のYahoo!から検索すると宿泊サイトの海外版がたくさんでますので。(英語、大丈夫ですよね?)
 私もオーストリアでは循環バスの乗りやすさとか、3つくらいのホテルを候補にあげて検討しました。それだけ、よいホテルを選べたと思います。ここもスキー旅行の楽しさのひとつだと思って楽しんでください。
No.1983 - 2013/10/05(Sat) 01:14:05
こっれはまた・・・・ / アジア
すっごい斜面・・・アルタバディア・・・
アデルボーデンとか、ガルミッシュ・パルテンキルヘンとか、
ほんとかっこいい名前ばかりですよねぇ・・・・!!

▼こういうのをよく見ます。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/shinichiro/article/378

さて、すっごいですね、ほんっとにすっごいですね、アルタバディアの急斜面・・!!
こういう急斜面を見ると、楽しそうでなんだかキュンキュンしますね!!

管理人さんの海外スキーのシリーズが大好きで(写真がステキ!!)よく見ますが、
ガルミッシュのカンダハーコースって、そんなにすごいんだあ!!って思います。
選手が最後のゴール前にこれだときっついだろうなーというのは同感です。


いやあ、しかし、海外のスキー場は
「斜面かったそーだなー!!」
という印象があります笑

白馬のふわふわの雪が好きなので、なんか海外スキーはマッチョだと思いましたww
行動自体が(笑)
No.1985 - 2013/10/05(Sat) 01:46:11
Re: はじめまして / JIG
冬の気配が近づいてきました。いよいよ……シーズン到来 かな!
でも来週は夏日の1週間のようです(関東地方)。

セラロンダからの管理人さんの写真を見ると2014シーズン、もう一度と思いが募ります。

だけかんばさんはじめまして。
昨シーズンの飛行機運賃を見ていると12〜2月ごろ北米へ日本から冬に観光に行く人は少ないので11月ごろから燃油を入れた総額で6万円前後まで下がります。ウイッスラーの立地のいい宿が直前に取れるかどうかわかりませんがバンクーバー市内に宿を取って日帰りで行くという手があります。スキーツアーバスがリフト券、レンタルつきで50ドル前後であると思います。日本のオリオン・バスツアーみたいなものです。オリンピックで道も拡幅されて2時間弱でダウンタウンから快適に到着します。老若男女ワイワイガヤガヤしながらの車内です。ゲレンデ滞在時間は7〜8時間ありますから充分以上滑走できると思います。

たまにコルチナでも新雪・深雪があります。
※左はクリスタッロ最上部のペアリフト沿い。前夜雪のこの日は最上部のリフトは11時に運行開始とのことで周辺をうろうろ滑っていました。開始直前に30人ほどがどこかから集まってきました。
※右はクリスタッロ途中でコースを外れファローリアとクリスタッロを繋ぐ連絡リフト下の川沿い を滑ってバス停まで。写真は最後のころです。途中は写真を撮る余裕がありませんでした。お互いビーコンを付けています。

No.1986 - 2013/10/05(Sat) 10:43:56
バンクーバー / だけかんば [ Mail ]
 JIGさん、こんにちは!
アドバイスありがとうございます。

 バンクーバーで滞在する手もあるのですね。
ホテルも安いみたいです。
さしずめバンクーバーからウィスラーは札幌からニセコみたいな感じでしょうか?
 バンクーバーにも前後宿をとってウィスラーは3泊ぐらいでも良いのかも?
 

 航空運賃も11月頃から安くなる可能性があるのですか?
私はリタイアしているので何時でも行けるので2月か3月に行ってみたいです。
 実はカナダに行った事がなのです。(上空は何度も通過しましたが)

 管理人さん、ウィスラーにも100軒も宿があって立地もいろいろみたいです。
バンクーバーとどう組み合わせるか?考えてみたいです。

 旅の計画を立てるのも楽しいものです。
嫁さんに「旅の計画を立てる楽しみのために旅行に行くのか?」と言われます。

 宿など値段、立地、そしてクチコミを検討して計画を立てたいです。どうせ行くなら10日は滞在したなあ!

 またカナダの場合、スキー板は持参でしょうか?
ツェルマットみたいにレンタルが多いですか?

 私の場合、住環境がスキー場に近い為「何で遠くにわざわざスキーにいくのか?」とよく言われます。
 八方だって日帰りできるのに、
No.1987 - 2013/10/05(Sat) 12:50:13
Re: はじめまして / 管理人
うわ、JIGさんの投稿に群がるように書き込みの山が・・・

アジアさん:
>ほんとかっこいい名前ばかりですよねぇ・・・・!!
そうきましたか!? さすが女性の感性、スキー場の良し悪しには、ネーミングも関係するのですね。目からウロコです!

ガルミッシュのカンダハーコースは、W杯の時に優勝したツルブリッケンが、ゴールした直後に、なんて危ないコースだと言って、激怒したといわれています。まあ伝統のクラシックコースですから、いろいろあるんでしょうね。
ヨーロッパはアルペンレースが盛んなので、固いコースがおおいのかもしれません。逆に、モーグルのようにちょっとキレたスキーは北米の方が盛んで、コブ斜面も多かったと思います。国民性でしょうか。

JIGさん:
 私が行ったときのコルチナはずっと好天だったので、新雪のイメージがないです。また、日本なら圧雪車が入れないような急斜面を、チョウチンアンコウみたいなアームをつけた圧雪車で、斜面の上に無理やりワイヤをひっかけて、巻き取りながら圧雪しますよね。そのため、クリスタッロには日本ではコブになるはずの急斜面が圧雪コースになり、これはスピードが出すぎると思ったら、実はトンバはここを滑って強くなったとか。やはり文化の違いですかね。
 それと、コルチナでビーコンが必要とは、ちょっと意外です!
 
だけかんばさん:
 長期滞在で、時間の貴重さが3泊組とは違うのであれば、無理にゴンドラ近くではなく、ちょっと歩いても安いところがいいかもです。ただ、私は五輪前に行っているので、最新情報の収集はお願いします。レンタルショップも多いですが、私は板持参でした。パウダーデイのときは、パウダー用のスキー板のレンタルをおすすめします。

 それと、バンクーバーとの組み合わせなら、ぜひグラウスマウンテンに行ってみてください。大都市の夜景を見ながらのナイタースキーは別格の思い出になりますよ!
http://snow-reports.net/abroad-banff-7.htm
スキー場には海外まで行く価値があるものが多いことに気付くでしょう。
バンクーバー観光もありますので、上記ページはぜひご覧ください。

No.1988 - 2013/10/05(Sat) 22:02:16
グラウスマウンテン / だけかんば [ Mail ]
 管理人さん、グラウスマウンテンとバンクーバー観光のレポートを読ませていただきました。
 バンクーバーのスキーヤーは幸せですね。

 いろいろ考えましたがウィスラーで「Summit Lodge & Spa」2.28から5泊65000円+税15%という 宿が見つかりました。場所も値段もまあまでココが良いのかな?
 
 航空券は2.28出発、エアーカナダ.成田ーバンクーバーートロントー成田3.13帰国123500円
 せっかくカナダに行くのでトロントまで足を伸ばしナイアガラ滝を観たいと思います。

 まだこれが原案で11月までプランを練ってみたです。
ありがとうございました。
No.1989 - 2013/10/05(Sat) 22:51:03
ウィスラの宿予約しました。 / だけかんば [ Mail ]
 まだ行けるか判りませんが2.28から3.5まで5泊「Summit Lodge & Spa」をネットBooking.comで予約しました。
No.1990 - 2013/10/05(Sat) 23:19:54
Re: はじめまして / 管理人
だけかんばさん:
 ご予約おめでとうございます。トロントまで足をのばすって、時差が3時間あるから、外国に行くぐらい遠いですけどね。移動のためにどのくらい割かなければならないかも計算してみてください。
 また、キャンセル料が発生しないのはいつまでか、など要注意です。
 いい旅行になるといいですね!
No.1991 - 2013/10/06(Sun) 13:02:53
Re: はじめまして / だけかんば [ Mail ]
管理人さん、宿は2.9まではキャンセル料がかからないのでもっと良い宿があったら乗り換えるつもりです。
一応確保しておきました。  
 飛行機はバンクーバー22時30分発....4.20....トロント6時54分着.夜行便です。ナイヤガラにも1泊したいです。
No.1992 - 2013/10/06(Sun) 19:21:29
楽しく読ませてもらってます。 / 雪斗 [ Mail ]
こんばんは。初めて書き込みします。
このサイトは「Thousands of ski Areas!」と言うサイトのリンクから
初めて知り国内レポート・百名コースなどは読破しました。
その中で「カムイみさか」の中で出てきた写真の「19歳無料キャンペーン」
についてぜひマーケティングの専門家としての意見聞いてみたくて書き込みしました。

「19歳リフト券無料キャンペーン」は、カムイみさか独自のものではなく、リクルート
が全国のゲレンデを巻き込んで確か一昨年から始めたキャンペーンです。
・その年の19歳(WINTERシーズン挟んだ4月〰4月)が対象
・事前にサイト登録し、その登録時の会員番号と身分証明書提示でリフト券発券
・協賛スキー場で何度でも利用可能。
・更に2年目の昨シーズンはその前の年のキャンペーン参加者にも割引特典

等、スノースポーツ人口増加を目的としたものです。賛否ありながら初年度5万人
が登録したと聞いています。また昨年はさらに10万人が登録し、平均ゲレンデ来訪
回数3.21回、延べ動員数は推計34万人以上と報告もでています。
知り合いのプロボーダーは、『無料は本人為にも良くない』と否定的な意見でしたが
自分は良い取組み、少なくともゲレンデ利用者増加策を何も打たず、環境や人口減少
、少子化を理由にしている運営会社各社の経営者よりはよほど良い考え、取り組みと思います。
管理人さんは、このキャンペーンどこまでご存知か知らないので細かく書き込みしましたが、ぜひご意見聞かせていただきたいです。

あとついで的な書き込みになってしまいますが、レポートに自分の地元で、小学校の
課外授業で行っていた「三井野原スキー場」あったのにはおどろきました。
ものすごく懐かしくなりました。
No.1952 - 2013/09/21(Sat) 01:24:02
Re: 楽しく読ませてもらってます。 / 管理人
雪斗さん:
 
 はじめまして! 200 SNOW REPORTSへようこそ!
 
 カムイみさかの19歳無料キャンペーンですが、これはおそらく、確実に高校を卒業していて、遠出しやすくなった人に、まずスキー・スノボをすりこむ作戦でしょうね。ほかのスポーツとかを覚えるまえに、まずつかまえようと。会員登録というのは、おそらく顧客の囲い込みで、次のシーズン到来のときにフォローするのでしょうね。
 無料は本人のためによくない、というのはよく理解できないです。19歳のときだけと限定していますし、ここで体験しておきながら20歳以降、有料になったら来ない、というならスキー場もそれまでですが、まず1回は経験してもらうためにはいいかもです。とにかく、なにごとも最初の1回目のハードルが高いですからね。その人がその後スキーをやってくれれば、LTV(Life Time Value)を考えれば、1年無料はいいのではないかと。競争相手となるスポーツが多様化したり、若者が車も買わずにスマホにお金をつぎ込む時代なので、とにかくウインタースポーツに目を向けさせるためには、これくらいは必要かもです。また、19歳限定ということで、まあ、しょうがないな、という気になります。秋田県の千畑スキー場は「地元民のみ割引で、地元小中生はタダ」と、リフト券売り場にでっかく貼っているのを見ましたが、
http://snow-reports.net/jp-2005-5-morioka-5.htm
ちょっとむかつきましたね。やっぱり閉鎖になりましたけど。
客寄せのために無料の年齢層を広げていくようになったらやばいですけどね。

発想を変えて、昔、スキーをやっていて、その後やらなくなり、今は年金生活に入って時間とお金がある世代のために、昔と今では道具の性能が違うから、もういちどやりませんか、というのはもっとやっていいんじゃないかと思います。北海道の名寄でも、カービング板を使って、「おじさんのためのスキーレッスン」なんてサービスをやっていたし。
http://snow-reports.net/jp-2009-3-asahikawa-2.html

>「三井野原スキー場」あったのにはおどろきました

私も三井野原スキー場みたいなスキー場があったことにおどろきました。
大変ひなびていて、それがまた、たまらないスキー場でした。誰もいない中、一人でのろいリフトに乗っていたら、スキー場のBGMがなんとNHKのラジオ放送で、作家の故有吉佐和子さんの妹さんとアナウンサーの対談なんかがゲレンデに流れていて、感動しました。

そういえば、百名コースも昔に作ってそのままで追加もしていませんでした。今度、大幅追加修正しますね。

今後ともよろしくです!
No.1953 - 2013/09/21(Sat) 14:37:29
返事おそくなりました。 / 雪斗 [ Mail ]
早速のご返答ありがとうございます。それなのに返事が遅くなってしまいすみません。

最初の1回のハードルをさげて、まずは体験してもらう。本当これは大切なことですよね。自分が小学生のころは、地域にもよるでしょうが冬の学校行事にWINTER SPORTSは必須でしたが今は雪が少なくなったこともありなかなかそんな学校は少ないようですし。
20歳以降に続ける・続けないは未知数でしょうが19歳の時までにやったことるか、ないかはその後に大きな影響があるのは想像できますし、年を取って行けばいくほど新しいことには挑戦しなくなってしまいますしね。
いまだに知り合いのプロは懐疑的な意見を言ってましたが、自分はこのキャンペーン続けていって欲しいと思っています。

三井野原のスキー場の記憶は、レストランとかなく民宿というより民家で休憩・食事を
していたように思います。あんな地域でも自分が子供のころは冬の間は雪に閉ざされたまさに雪国だったのに、やはり雪は減っているんだなと再認識してしまいました。

百名コースや、その他のコンテンツもしっかり読ませてもらってます。
無理のない更新をしていって頂ければとおもいます。
No.1982 - 2013/10/05(Sat) 00:34:31
Re: 楽しく読ませてもらってます。 / 管理人
雪斗さん:

 そうですね、途中で中断するにしても、楽しい思い出があれば、復帰して始めることもあるでしょう。まずは経験が大切ですね。

 百名コースは、まだ200か所くらいの時に作成したもので、今考えると、全然入っていないですね。でも東日本に関して言えば、もうほとんど行ったので、あらためて写真も大きくして作り直したいです。

今後とも、当サイトをよろしくお願いいたします。

No.1984 - 2013/10/05(Sat) 01:27:52
(No Subject) / アジア
レシピです(  ´ω`)
スペシャルオリンピックの記事、いいですね!
滑りたいなあ・・

No.1967 - 2013/10/01(Tue) 00:34:01
Re: / 管理人
アジアさん:

 玉こんは、私も大好きで、スキー場で見かけると必ず食べますが、ほとんど東北ですね。
http://snow-reports.net/jp-2007-6-yamagata-2.html
なんかでも、スナック感覚ですね。青森でもよく見ました。
あれにからしを塗って食べると、目がチカチカして、気合が入ります。外人はケチャップでもかけるのでしょうか!?
No.1969 - 2013/10/01(Tue) 01:01:07
高杜山 / 管理人
本日、管理人は野沢温泉村、木島平村、飯山市で開催された、第1回北信州ハーフマラソンを走ってきました。今年の夏は猛暑だったので全然練習できず、それでいきなり走ったら、両足がガタガタです。でも、秋晴れの空、日本の原風景のような中を走るのは爽快でした。斑尾や戸狩も青々としていて、いつも雪山を見ていると面白い違和感があります。特に木島平スキー場がある高杜山を正面に見ながら走るのは趣がありました。

最近また忙しくて直前までキャンセルしようか迷っていましたが、参加してよかったです。

いきなり体を動かすと筋肉痛にやられますので、いまから少しずつでも冬に向けて調整していきましょう!

No.1961 - 2013/09/29(Sun) 22:53:15
Re: 高杜山 / だけかんば [ Mail ]
管理人さん、お久しぶりです。

唱歌「ふるさと」に歌われる高杜山って良いですね。
 あの辺りってほんと日本の原風景だと思います。
野沢温泉も私のお気に入りです。
 暑いのにハーフマラソン頑張りましたね!
凄い。凄い。
 もう10月、そろそろ冬のスキープランを考えてみたいです。

 私は9月24日〜28日まで石垣島へ寂しく独りで行ってきました。(期限付きのマイレイジ消化の為)
富山空港−羽田−那覇−石垣と乗り継ぎ行き帰りに赤黒い富士山も見えましたがけっこう大変でした。
 石垣ではレンタカーで島1周したり、竹富、小浜、西表など離島めぐりをしたり天気にも恵まれ楽しかったのですが、、、。

 現地で明和の大津波という惨事があったことを知って衝撃を受けました。ネットで調べると、

「明和8年(西暦1771年)旧暦の3月10日午前8時頃に、八重山列島東
方沖で地震が突然発生、津波の遡上高は 最大85.4mに達した。石
垣島での被害は多大であった。死者8,335名、海水に洗われた総面
積は8,000町歩、石垣島総面積の40%に達したと言われている。さら
に、宮古島などの島々でも被害を出し、当時の人口が2万9千人であ
るのに対し、犠牲者は9千名を越えた。わが国災害歴史上、最大規
模の災害をもたらしたことになる」

 その後も塩害による飢饉、伝染病などで八重山3万人の人口が1万人まで激減したそうです。
 M7.4の地震でも東日本大震災以上の津波があったとは!
また西表のマラリアの悲劇とか、美しい海以上に悲しい歴史が印象的でした。

 ただ救いは沖縄の原風景の竹富島です。標高24mですが大きな珊瑚礁の為犠牲者は29人だけでした。
やはり「沖縄で天国に一番近い幸せな島」なのかも?
No.1962 - 2013/09/30(Mon) 11:12:42
Re: 高杜山 / 管理人
だけかんばさん:

 すばらしい休暇をすごされましたね。私は両足の筋肉がガキガキになっていて、やっぱり間が空いているのに、いきなり練習せずにハーフなんか走っちゃいけませんね。7月に出場した小布施のハーフは飲み食いしながらのお祭りレースだったので、通常より1時間くらい遅くゴールしたので、足には影響なかったのですが。

 ところで、日本の南の島でそういうことがあったとは知りませんでした。亡くなった人の割合を考えると、東北よりも打撃は深刻なものだったはずです。でも、そういう歴史があったことを知っておくことも必要ですね。
 
写真は昨日のレース途中、放置されたバス。東京では考えられない風景で、微妙に原風景とマッチしていると思いました。
 

No.1963 - 2013/09/30(Mon) 15:54:52
Re: 高杜山 / だけかんば [ Mail ]
バスの廃車ですか?
かって工事の休憩所に使っていたのでしょうか?
 私の田舎でも見ない風景です。

 管理人さん、筋肉痛ですか?
私もビーチサンダルでマメを作って足を引きずって帰宅しました。

 でも240年も昔なのに津波で亡くなった人数が分かる?と言いますと琉球王朝によって悪名高き「人頭税」を八重山だけに課していたそうです。
No.1964 - 2013/09/30(Mon) 22:56:30
Re: 高杜山 / 管理人
だけかんばさん:
 
 バスは周囲に何もない、車道の脇です。休憩室として使っていたのか、何かのオブジェなのか分かりませんが、何なんでしょうね。

それと、マラソン大会の開会式の前にスタート地点の野沢温泉村の女の子たちがチアリーダーとして登場、その場になんと、あのナスキーがいて、一緒に踊っていたのに感動しました。この野沢温泉村のゆるキャラ、かなり昔からいましたからね。あ、モチーフはピーマンじゃなくて、野沢菜ですからね。特別にUPしちゃいます!

No.1968 - 2013/10/01(Tue) 00:54:18
(No Subject) / アジア
これをみて、玉こんを作りました♪
http://snow-reports.net/jp-2008-8-tohoku-1.html

No.1965 - 2013/10/01(Tue) 00:30:27
Re: / アジア
レシピも載せておきます!!
誰でも作れますので奥さんに作ってあげてみてください♪
絶品です♪
No.1966 - 2013/10/01(Tue) 00:31:38
リフト券あれこれ / 球爺 [ Mail ]
 <管理人を休ませるな>Bさんの励ましにしたがって、書きこもう。なぜかリフト券にまつわる体験はすぐ幾つか浮かんでくる。

 一番は八方尾根の売り場。「シニア券をお願いします」というと「身分証明書を見せて」「おれ、車の免許証ないよ。顔見りゃ,トシ分かるだろう」「決まりですから」とねちこい女性職員。

 近くのJR駅では、送迎つき「リフト券1000円」で客集めをやっていた。少し気の毒になった。スキー場はその年限りで休場。湖をめざして滑降できるのはいつの日か。

 毎年初滑りに訪れるのが御岳チャオ。ホームページを開くと「19歳リフト券無料」と「小学生以下無料」がデンとでてくる。ここは磁気カード方式で、借り賃1000円。3年前、木曽福島駅に滑り終え帰着、返してくるのを忘れた。バスの運転手が「おれ、あす返しておくよ」と1000円立て替えてくれた。親切だね、サンキュウ。

 ヨーロッパでは写真奄フような自分の写真入りリフト券があり、気にいった。このフランスのトロア・バレイはアイデアいっぱい。伸縮自在の児童用ストック。立って乗るリフト、新雪大雪の時にはリフトで雪崩を防ぐ(システム不明)で早く滑降の許可。自家用むけ飛行場もあった。「フランスのスキー文化よ」と胸を張っていた。

 シニアは割高? 滑るのは2-3時間。若い人の三分の一以下だろう。孫連れ爺相手に少しは稼げないかーとの考えは成功せず? 年寄りはゴルフの方が楽しいよう。私の独りスキーは続きそう。

 

No.1954 - 2013/09/24(Tue) 08:38:07
Re: リフト券あれこれ / 管理人
球爺さん:

>管理人を休ませるな
うわ、最近休む間がないと思ったら!
 
>近くのJR駅では、送迎つき「リフト券1000円」で客集めをやっていた
スキー場に限らず、値下げという方法だけで集客減を取り戻そうとしたら、もうそれはおしまいですね。何の付加価値もなければ、破綻に一直線ですかね。自治体そのものが破綻した夕張市のレースイも駐車場の入り口でオジサンがリフトの割引券を車一台ずつに渡していて、これはもう終わるなと思いましたが、現在は加森観光の経営ですね。どんな条件で売却したかわかりませんが、どえらい出血だったでしょう。

リフト券についてですが、私はバッヂを目指していたころは、朝イチから滑るので、午前中だけで軽く20本は滑っていて、バッヂに合格してからもしばらくは小型のカウンターを持って、何回リフトに乗ったかを計測して喜んでいました。でも海外に行くようになってからは、滑らなくてもその場所にいるというだけで価値があると感じるようになりました。景色がいいからですかね。滑らない普通の観光客も来るような場所だからでしょう。滑るという運動行為以外にもスキー旅行の価値を見出していけば、無理してたくさん滑ろうとしなくなりますよ。まあ、一通り景色やコースをみるためにいつも1回券を数枚買っていますが、これもサイトのレポートを維持するためかもです。
1回券は手元に残らないので、いつも写真に撮っています。今回は膨大なコレクションから2つ選びました。「一発券」はマウントパーク津南。こういう数え方があったんですね。

No.1955 - 2013/09/25(Wed) 00:24:36
Re: リフト券あれこれ / 管理人
もう一枚。
関温泉は「一本勝負!」の文字が薄く見えます。たった1回分でもおざなりな滑り方はできませんね! いいキャッチだと思います。

No.1956 - 2013/09/25(Wed) 00:25:05
Re: リフト券あれこれ / アジア
顔見りゃ,トシ分かるだろう

に吹きましたwww
右側の写真でシニアとわからなかったらコントですねwwww
No.1959 - 2013/09/28(Sat) 19:28:36
Re: リフト券あれこれ / 管理人
アジアさん:
 たまたまコンビニでお酒を買う機会があったのですが、「画面にある、20歳以上のボタンを押してください」と言われて、おや、私が未成年に見えるかなと一瞬、妄想しました。でもこれ、押さないとレジが先に進まないんですね!? お酒は飲まない人なので、知らなかったです・・・ 失礼しました!
No.1960 - 2013/09/29(Sun) 22:44:30
リフト券一枚でも / 球爺 [ Mail ]
管理人さま、おはようございます
 
 リフト券に「一発券」というネーミングがあるのは知りませんでした。面白い。昔一枚券のつづりのころ、ニセコであと一本の終点を前にリフト券が切れてしまい、どうしようか考えていたら、スキー場のおじさんが「いいよ、そのまま乗って」とサービス。
 志賀のp系スキー場でも同様事態に。ここでは「下の総合売り場で買っていらっしゃい」。「もうやめた」でした。たかがリフト券一枚で〜

 今回一日券を眺めていて、滑った日がハッキリわかり、旅の思い出が鮮明に浮かんでくることに気が付きました。
No.1957 - 2013/09/25(Wed) 07:21:48
Re: リフト券一枚でも / 管理人
球爺さん:

 変わったリフト券はそれだけでもネタになるくらい、色々あるものですね。中には、スーパーのレシートみたいなのもあって、大丈夫か、なんてのもありました。海外ではICによる管理がほとんどで、券を確認するスタッフの人件費を考えると合うのかもしれません。まあ、日本人が海外に行くときはロコスキー場は行かないですからね。私が海外に行って一番小さかったのは室内を除けば、キルナのルオッサヴァーラですが、リフト1本とはいえ、ICでしたね。
 昔、春に清里に行ったら、朝9時に水上スキー状態で頭にきて車を飛ばしてアサマ2000へ。標高が高く、北向き斜面はよかったのですが、回数券をなくしてしまいました。
「すみません、コースのどこかで紛失したので、探したいのですが」「おお、いいよ」リフトの上や滑った場所をずっと目を皿にして探したけど見つからず。すると下で係り員が「いいよ、乗ってけよ」とか言って、結局、回数分乗せてもらいました。私がアサマ2000が好きなのは、標高の高さや2級に合格したからというだけでなく、斜面は北向きでも従業員の心は南向きのように暖かいからであります。
 それと、七戸のレポにもあるように、
http://snow-reports.net/jp-2012-3-aomori-1.html
ナイターとの切り替わりでリフトが止まる寸前に到着し、係員にリフト券売り場を尋ねたら、「いいよ乗ってけ」と、タダで乗せてもらいました。本州ではめずらしい、太平洋を見ながら滑ることができるスキー場ですが、あいにくのくもりで見えず。滑り下りて、太平洋を見るために東京から来たなんて話をしたら、別の係員が「まだ動かしているから、もう1本いけ」と、もう1本ごちそうになりました。最後にお礼を言うとき、「みなさんの広い心の中に太平洋を見ることができました」と礼をいったら、うれしそうに笑っていたなあ。
 たかだかのリフト券ですが、これだけでもいい思い出がいっぱいです!
No.1958 - 2013/09/25(Wed) 17:19:35
板のお手入れについて / アジア
こんばんは。アジアです。
私は、技もないのに国産の基礎向けのいい板を以ています。
ここ3年滑っておらずずっとクローゼットにはいっています。
オフシーズンはどうやっておいていれしていますか??

あと、ソチで楽しみにしている競技があれば、教えてください!
私は、ノルディックとクロス以外は全部みるつもりです!

あと、スキージャーナルについて、どう思われるか教えてくださいw
私は、よくあんなにオフシーズンもネタが持つなあって思います。
あと、1000円近いのでちょっと高いようなきもします。
あと(←あと が多すぎですねw)、ロッカースキーについてもどのようにお考えか教えてください!

スキーについて話す人が誰もいないので、この場をお借りして質問させていただきます。
No.1932 - 2013/09/15(Sun) 00:11:01
Re: 板のお手入れについて / 管理人
アジアさん:

 私、質問に偉そうにお答えできるほど知ってもいないのですが、あくまで私のやり方ということで。

>オフシーズンはどうやってお手入れしていますか
 レーサーの人はオフはチューンナップに出したりするようで、シーズン直前に受け取り、というサービスもありますね。また、エッヂ出しなんかはまめにやっているようですが、私はずぼらなので、あまりお金もかけません。
 板は表面は拭くだけ。大切なのは裏面のソールです。ワックスリムーバーで汚れを落とし、ホットワックスをかけます。オフシーズンの間に浸み込むそうですが、むしろ酸化防止など、裏面の保護のためにします。レーサーの人はベースワックスを塗るだけですが、私は雪温度を選ばない万能タイプのワックスを塗ります。塗るだけで、スクレープせずにビニール袋をかけます(板と板を合わせたときに、裏面が接触しないようにするため)そしてスキーケース(箱じゃないです。袋状です)に入れてそのまま。シーズン始まった最初の出撃のときに、前日にリムーバーをかけます。
 ホットワックスのアイロン、持ってますか? そこまでやっていないというなら、せめてリムーバーできれいにして、ワックスを塗っておくといいです。最後のスキーから何もしていないで袋に入れたままだと、エッヂが劇的に錆ていたりしますので。
 それと、ブーツは濡れたままだと寿命が短くなるので、インナーは外しておきます。最後のスキーから帰ったら、すぐインナーを外して乾かしてください。

>あと、ソチで楽しみにしている競技があれば、教えてください!
 私はスキーは全部好きです。ノルディックは滝野スノーワールドで滑りましたが、今度はジャンプもやってみたいですね。

>あと、スキージャーナルについて、どう思われるか教えてください
 本当に好きな人は、一年中、頭の中に雪が降っているものです。4-5月はシーズン総括や技術選ネタでもたせて、6月以降はニューモデルが出るし、メーカーやアパレルは活況と思います。小売りが活況になるのはシーズン始まってから。
 スキージャーナル(業界の人は単に「ジャーナル」というらしい)は他のスキー雑誌に比べて、やや業界寄りという雰囲気がありますね。

>よくあんなにオフシーズンもネタが持つなあって思います。
 このサイトは持たないので、更新が入らなくなります。管理人がサイト継続断念を毎年考えるシーズンですが、わけあって、来シーズンも継続予定です。

>あと、1000円近いのでちょっと高いようなきもします
 うーん、まあ、大人の財布で買う雑誌なんでしょうかね。私は財布は子供なので、いつも立ち読みばかりですが。また、いい内容のDVDが付録でついているときなんか、買うこともあります。

>ロッカースキーについてもどのようにお考えか教えてください!
 実は私も注目していますが、まだよくわかっていなくて、勉強中です。昨シーズンのように豪雪シーズンを何倍も楽しめるので、一度、おもいっきり体験したいです。ヘリスキーやったことありますか? あの浮遊感を体験せずに人生を終えてはいけません。でも、ヘリでなくても、このロッカースキーならできそうですね。^^


>>皆様へ
 うまくフォローできる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします!

No.1933 - 2013/09/15(Sun) 01:36:12
Re: ロッカースキー / ぽんた
管理人さま・皆様、お久しぶりでございます。夏眠中なのですが、なにやらこの夏は賑やかなようで、思わずしゃしゃり出て来てしまいました。

 アジア様:初めまして!管理人様からも変態扱いされてはおりますが、どうか引かないでくださいね…

>ロッカースキーについてもどのようにお考えか教えてください!
 参考になるか分かりませんが、先シーズンの掲示板書込1641〜1646の「おんたけ」レポ、1674〜1681の「チセヌプリ」レポ、1703〜1710のtada様「ヤマボク」レポをご覧になってみてください。とにかく一度レンタルでもいいので体験することが第一ではないかと。スキー観が変わるかもしれません。この為に私は悪天候(大雪)を狙って出撃するようになりました。天気予報の「強い冬型〜」という言葉に非常に敏感になりましたよ。

>国内でも一人で滑っていると途中で寂しくてなえてきます涙
 痛いほどお気持ち分かります。私の遠征もほぼヒトリスト… 安比日帰り・ニセコ日帰り・ルスツ日帰りなどに付き合ってくれる人は皆無なので…(私、サイタマ在住…)
 でも例えば、日中に信州や群馬のゲレンデで滑っていて、湯沢方面で大雪という情報を仕入れたら、そのままパウダー求めて石打ナイターへ直行という離れ業ができるのも、ヒトリストのなせる業かも(毎年、実践してますが…)。寝坊したらその日の出撃は中止もあり得るし。

 とにかくこのサイト、掲示板とも飽きないです。「北海道のゲレンデ巡りするために、自分の車を札幌へ残して、仕事の時のみ身体だけで帰京」という私以上の変態さんもいらっしゃるくらいですから…(失礼)
 
 追伸:とにかく管理人さんを休ませたらいけないのです!!
 
No.1948 - 2013/09/19(Thu) 02:46:58
Re: 板のお手入れについて / 管理人
ぽんたさん:

 お久しぶりです! ぽんたさんの多次元的な発想と体力、滑りに対する強い意志については、尊敬しております。

 私が一人で滑る理由の一つは、毎回違うスキー場に行こうとする特異な行動もありますが、スキー場においても写真に対する執着があり、いいものを撮ろうとして長く待ったりすることもあります。(たとえば、カナダで初めて6人乗りリフトを見た時は、写真をとるためにきっちり6人乗っている搬器を数分待っていたりして、これはグループ行動をしていたら大迷惑ですよね。だから一人の方が気が楽です)。
また、ここはというときは一眼レフを出すので、リュックから降ろして撮影して、レンズ交換したりとかで、これをちょくちょくやるとトータルの時間のロスは大きかったと思います。
でも最近はコンパクトデジカメでも画質がよく、トリミングで引き延ばせば望遠と同じで、サイト掲載する分には画質も悪くならないので、一眼レフは必須ではなくなりました。登山でも助かっていますが、これだけでもだいぶ時間の短縮になります。

>とにかく管理人さんを休ませたらいけないのです
うーん、確かに私は飽きっぽいので、夏に閑散としてくると、掲示板のチェックすら忘れてしまうこともありますが、今夏は大丈夫でした。
No.1949 - 2013/09/19(Thu) 17:31:28
Re: 板のお手入れ ロッカースキー / docat
>  「北海道のゲレンデ巡りするために、自分の車を札幌へ残して、仕事の時のみ身体だけで帰京」という私以上の変態さんもいらっしゃるくらいですから…(失礼)

へぇ〜っ
この掲示板に出入りしている人の中には
そんな変わり者がいるんですかぁ〜
いったいどんな方なんでしょうねぇ〜(笑)


>板のお手入れ
私はシーズンオフに一度安いホットワックスを塗ってそれをそのまま一度剥がしその後にもう一度ホットワックスを塗り直して翌シーズンまで保管しています。
板の塗ったワックスを剥がす理由はソールの汚れを一緒に落とす目的があります。
管理人さんが使っているリームバーと目的は同じです。
ビンディングも可動部にグリースも塗ってしまっています。
お気に入りのスキー板だけはチューンアップに出して次のシーズンに備えています。


>ロッカースキー
数年前まではロッカースキーと言うと深雪専用みたいな感じでしたけど今はどこのメーカーさんでも普通にロッカースキーを出しています。
ロッカースキーだからといって特別な滑り方をしなければいけないようなスキー板は今は少くなっています。
メーカーによってはロッカー形状(前後が反り上がっている)になっていてもロッカースキーと呼んでいないスキー板もあります。
可能であれば試乗会で試してみるのが一番わかりやすいです。
1000円ぐらいで有料のところが多いですが無料で試乗会を開いているところもあります。
試乗会でいろんな板に乗りまくるのもゲレンデスキーとまた違った楽しみがあります。

ちなみに私もロッカースキーを持っているのですが
ゲレンデも滑れる深雪用の幅広板なので
新雪・深雪には滅法楽しい反面
スキー場内のコースは
とても楽しく滑れたもんじゃありません。
もしそんな特殊な用途のロッカースキーを購入するときには
お店の店員さんによく相談してから買いましょう(汗)


 






珍しく真面目なコメントをしてしまった(苦笑)
No.1950 - 2013/09/20(Fri) 18:59:40
Re: 板のお手入れについて / 管理人
do catさん:

 おお、真打ちのdo catさんではありませんか。do catさんの行動力、情報発信力にはあやかりたく、このサイトも負けないように更新しています。お知らせに出していないけど、2002年のレポートである赤城や日光のレポートも写真を拡大してこっそりリメイクしていってます。
 http://snow-reports.net/jp-2002-1-akagi.htm
 昔は写真が小さくてしょぼかったですけど、今のお客様には通用しないですからね。ダイヤル回線の時代なんて知らない人も多いですので。

 もし来シーズンもドカ雪が続いたら、レンタルでまずロッカースキーを試してみたいと思います。カービングが出たときと同じで、今はまだ発展段階ですかね。天気や雪がマッチすれば、試乗会もいいかもです。
 
No.1951 - 2013/09/21(Sat) 00:06:12
古着やでみつけました / アジア
昔はこんなウェアの人がたくさんいたのですかね。。
ヘリスキーって書いてますよw

No.1944 - 2013/09/17(Tue) 22:00:22
Re: 古着やでみつけました / 管理人
アジアさん:

>昔はこんなウェアの人がたくさんいたのですかね
はい、私も着ていました。スキーを始めたのは遅くて、1990年くらいですから、そのころは上記のようなウエアがあたりまえでした。それがだんだんとハデになり、蛍光色とかも出回っていましたね。(私も持っていました)これでウイスラーに行ってびっくり、外国はスキーウエアはスポーツというより登山用品に近く、色も黒っぽくて地味でした。だから、日本人はリフトの上からでもすぐわかりました。同宿の人からも、あなたの後についていくと、見つけやすくて助かるなんて言われたくらいです。
しかし、ボーダーの影響か、スキーヤーも地味な感じになりましたね。流行に左右されないからいいのかな。私は単に気にしなくなって、いつも同じウエアですが、昔はみんな、毎年買い替える人もいたなあ。
No.1947 - 2013/09/18(Wed) 01:33:33
はいれぐ・・・・ ω;; / アジア
水着のお姉さん寒くないんですかねww
カムチャッカのリフト1本て、かっちょええですね。
なんだかフォームもキマってる。。

それにしても北朝鮮、ダフィーコース@福島のリステルを彷彿とさせる斜度ですねw
外交ではおおもめですけど、スポーツとして喜びスキー組が栄えるといいですねw

このジャーナル、ヤフオクだと某団体の上の人が目を付けて買うと思いますよ〜。
それもすごい価格でw
No.1943 - 2013/09/17(Tue) 21:22:49
Re: はいれぐ・・・・ ω;; / 管理人
アジアさん:
 
 北朝鮮も少しは外貨獲得の大切さを理解して(理解はしているだろうけど、昔、偽ドル札を印刷なんていう、とんでもない手段を選んでいましたね)、サービスマーケティングとか導入して、交流が増えれば国民も目を覚ましてくるんじゃないかと思います。近い外国で物価が安くてスキーができるとうれしいのですが、中国のスキー場とかも、サービスの品質がとても悪いというか、異次元のようですので。

球爺さん:

 ジャーナル、とても価値があると思いますよ。今日(17日)放送された「何でも鑑定団」では、芥川賞・直木賞初版本40冊がナント1,200万円と鑑定されましたからね。
1,200円じゃないですからね。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20130917/03.html
ジャーナルなんて誰も持っていないから、ひょっとしたら、億かもです!^^カモヨ
No.1946 - 2013/09/18(Wed) 01:26:24
面白い発見 / 球爺 [ Mail ]
管理人さま、アジアさま

 ジャーナル誌16号の表紙を見て、気が付きませんでした? ここはオーストリア・サンクリストフスキー場。説明には「塔のある建物の前が国立スキー学校」撮影・黒岩達介、、表紙の言葉が亀倉雄策となっています。
 最後のページの編集・発行人のなかにもレイアウト監修・亀倉雄策、となっています。亀倉さんといえば、あの東京オリンピックのポスターを精作した、それこそ伝説的なひとなのです。きれいな表紙ですよね。

 私の消して、という要請に「歴史的資料」といわれ、残したのは、すごいカン。それなのにこの雑誌、創刊から15号までバックナンバーずらり。完売ひとつもなし。???

 そしてこのレポートのオ―ストリアを開くとサンクリストフはある。すごい雪山つぎつぎ。魅了せれましたが、スキー学校は確認できず。
 
 
No.1942 - 2013/09/17(Tue) 20:42:38
Re: 面白い発見 / 管理人
球爺さん:

 カムチャッカの写真、すごいですね。ロシアの人は極寒の冬に氷の張った湖で水着で泳いだりするのをテレビで見たことありますが、健康法なのか、目立ちたいのか、開き直っているのか分かんないですね。実は樺太にもスキー場があり、行ってみたいけど、稚内から出ているフェリーは冬期は休業。ウラジオストック経由しかないので、こりゃあ、時間を持て余す身になったら、ゆっくり行こうかと思っています。本当、近いのに遠いですね。

 それと、あの表紙のモコモコの雪を見てすぐサンクリストフっぽいなと思いましたが、私が見たのは最近なので、だいぶ変わっていますね。写真添付します。
 なお、オーストリアのスキー学校の校舎は私が行った前年くらいに大きく建て替えられてしまいましたが、これも時代なのでしょう。このレポはレッヒのレポにあります。どうしても見たくて、レッヒの帰りがけにサンクリストフにもう一度寄って、立派な校舎を見たのですよ。
http://snow-reports.net/abroad-austria-11.html
ですね。
黒岩達介さんは最初SIAの所属で万座スキー学校を開校し、その後SAJの学校になり(万座がプリンス系なので、親分の堤義明氏がSAJ会長でもあり、ゴリゴリやられて、SAJに衣替えになったとのウワサ)、私が1級を受けた万座のバッヂ合宿でもミーティングにあいさつに来られていました。当時カービングの板が出始めていたので、「道具の性能を引き出したものの勝ち」と、早くからカービング時代の到来とその対応を話していたのを覚えています。
http://snow-reports.net/essay-test-4.htm

No.1945 - 2013/09/18(Wed) 01:17:18
カムチャッカ写真 / 球爺 [ Mail ]
カムチャッカスキーの写真、これも容量オーバーででず。手札の半分くらいの大きさですが。画面では大きくなりましたが、送る時に苦労します。良いテクニックを教えてください。
No.1941 - 2013/09/17(Tue) 13:03:10
近い国のスキー場 / 球爺 [ Mail ]
台風一過、ひんやり、肌寒い候となりました。
今回は海外、といっても近国のスキ―場の話題を。テレビ、新聞で伝わってくるのが北朝鮮東部の元山にスイス留学をした若い将軍さまの号令で建設が進む「馬息嶺(マシンリョウ)スキー場」。安比の2倍の広い斜面に11本のコース。35度の斜面。人海戦術で工事が進行中。リフトなどはスイスから輸入、とつたえられましたが、問題があってストップとか。しかしテレビには機器が写っていました。ホテルは5階建てくらいな大きさ。

 入場料は5000円、外国人目当てに外貨を稼ぐ―と報じられていた。中国河北省に万龍スキー場が出来た時には私たちは観光つき10万円で楽しんできましたが、今回は高くつきそう。「スキージャーナル」あたりのルポ記事に期待しよう。金剛山には戦前日本人向きスキーばがあったんですよね。 西武系スキー場が中国のスキー場と提携をしたとも新聞にありましたがどうなったでんしょう。

 ミレニアム元年にカムチャッカ登山にいきましたが、その途中標高2000mくらいのところでソ連・ロシアのオリンピック選手の強化合宿施設に出会いました。リフトはなし。当時半島には40万人弱の人口でしたがリフトが1本のスキーがあり、現地購入の本には競技風景が数枚掲載。写真は本からのコピーですがロシア語の分からぬ小生には絵を楽しむだけでした。<訂正など=スキー風土記の著者は瓜生卓造、ジャーナル誌は1967年12月号でした>、
No.1939 - 2013/09/17(Tue) 09:23:07
Re: 近い国のスキー場 / 管理人
球爺さん:

 おおっ、あの北朝鮮のスキー場については、私も気になっていますよ。たぶん、いろいろと笑いを提供するようなことをやらかしてくれそうです。(重機を使わずにスコップによる手作業でコース造成して、急ピッチで難工事に取り組むことを「馬息嶺速度」と呼んで政治標語にするところなんか、すでに笑ってしまいますが)
http://sankei.jp.msn.com/world/photos/130826/kor13082618420001-p2.htm

でもスキーを通じて少しでも目覚めてくれればありがたいです。なんだか行ってみたくなりました。

>ミレニアム元年にカムチャッカ登山にいきましたが
カムチャッカは現役の火山が多いところですよね。日本との時差はほとんどないだろうし、日本やアジア向けに開発したら、ウイスラーが真青でしょうね。
私はロシアで滑ってみたいです。ソチはどんなところかな。スキー場そのものよりも、ロシアのスキー場のマーケティングに興味があります。

いままで北米や欧州のスキー場で何度も滑りましたが、近くて遠かったスキー場が身近になっていくといいですね。
No.1940 - 2013/09/17(Tue) 11:42:58
シ―ハイルA写真 / 球爺 [ Mail ]
 昔のスキー雑誌表紙(容量オーバーでアウト、図柄変えて再送)

 管理人さまへ。特定雑誌の宣伝になるかも。早めに写真は消してください。
 このレポートにもコマーシャルが入るようになりましたが、それほど気に
 なりません。しかし航空運賃の高いのにはおどろいた。逆効果では?

No.1937 - 2013/09/15(Sun) 16:23:03
Re: シ―ハイルA写真 / 管理人
球爺さん:
 
 しかしまあ、あとからあとから、お宝がどんどん出てきますね。かつて私がスキーを始めた20年くらい前はスキー産業華やかりしころで、ブルーガイドスキーとか、スキー雑誌の種類も多く、それぞれ読者層が微妙に変わっていたと思います。今は、ブームに関係なく続けている、上級・マニア向け(それでも雑誌を買う、という層)になってしまったのでしょうかね。ある意味、入門者に厳しくなっているのかもしれません。
>特定雑誌の宣伝になるかも。早めに写真は消してください。
 これは宣伝というよりも、歴史的資料の展示です!

なお、例によってページアクセスはマッターホルン物語が一番多いです。今度、私のマッターホルン登山のページを立てようかとも思っています。登山関係の人のアクセスが多そう。

>アジアさん
 球爺さんはこのサイトのご意見番であり、日本スキー界の生き字引であり、生き証人であります。まだいろいろ出てきそうですので、どしどし質問してみてください!
^^タマジイサンヨロシクデス
 
 
No.1938 - 2013/09/15(Sun) 18:42:14
シ―ハイルA / 球爺 [ Mail ]
 アジア様、ひま爺のお相手ごめんなさい。
「スキージャーナル」誌創刊号は物置の下の方にあるだろうと思いますが、すぐ出てきたのが16号。右。トップ写真は大和町浦佐や東北の「雪まつり」。本文は新設スキー場をねらう、マイか―で出かけよう、カンニングスキー術を教えようーーなど。
 片桐匡さんや井上恵三さんらの技術論は後半です。前回言い忘れましたが瓜生さんの「スキー風土記」は同誌・昭和50年9月号から2年間掲載されていた。
 今レジャー雑誌は厚くて高い。立派じゃなくていい。値段は500円くらいになれば、山・スキー両方買えるのに。どこも廃刊、寸前四苦八苦らしい。

 ジュラドミンゴーってなんや?と思い、追って行くと管理人さまのレポートに到達。8人乗りクワッドなど「面白い、おれも行ってみたい」と思いましたが、「マッタ―ホルンの方がいいや」と落ち着きました。



 
No.1936 - 2013/09/15(Sun) 16:05:51
わわっ!すごい! / アジア
アジアです。球爺さん、はじめまして。

すごいです、存在が伝説という感じですね。。。すごい笑
愛知のご出身でスキーをやられるとは、伊藤みきさんみたいです。
しかも外国を含め200か所とは。。管理人さんもびっくりですね!
野村治三郎さんは、すごいですよね。
レルヒさんの7年も前に始めていたというのが、魁というかなんというか。。

しかしながら、「スキージャーナル」誌の創刊号をお持ちであるとは、すごいです・・!!外観をアップしていただけないですか??
今と同じように、デモがイカシテルフォームで表紙を飾っている感じでしょうか??
ジャーナルは、やはり検定の話で持っているのかなという感じで、白馬のユニフォームを見るたびなぜかニヤリとしています。白馬はスキーヤーにとっては、伝説の地なのだなと思いますw

また、九州の女性、なんだか私みたいですごく親近感を覚えますw

私がスキー場で孤独を感じるのは、単純に下手だからだと思います><
自然私が行ける斜面は限られてしまうんです。
こんな自分嫌だーーーーと思うんですが、スクールもクラブも嫌で入りたくないです(集団行動大嫌いなコミュ障なのでw)。。
下手でもいいので、恐怖感を排除して安全に降りれればいいんですが、それもうまいかなくて。。。

私のような若輩者に話しかけてくださり、光栄です!!
No.1935 - 2013/09/15(Sun) 12:10:14
シ―ハイル / 球爺 [ Mail ]
  アジアさま、はじめまして。
 今も週2回野球の練習をしている野球大好き「球爺」です。3年前の青森県の全日本古希大会では愛知チームで優勝しました。
 スキーも大好きで50余年滑っています。今年は不整脈でドクターストップ、残念。私も「はしごスキー」を続け、外国を含め200か所(志賀高原など10余か所に計算)に遊んでいます。スクールに入ったことはなく、危険を感じたらお尻で滑り込みです。山スキーを目標として練習。美しい雪山が見られれば満足。50年やってけがなしーー神に感謝です。
 釜臥山は恐山に行った時も気が付きませんでした。近くの「野辺地」は日本スキー発祥の地・高田より7年前にノルウエ―製スキーを輸入したお金持ちがいました。野村治三郎というひと。詳細は瓜生造さんの「スキー風土記」を。

 「スキージャーナル」誌は創刊号を現在も持っています。内容は時代に合って楽しく作られています。最新号も本屋で立ち読みしましたが、買う気にはなれません。かつての編集者の基本姿勢(一部と思いますが)に問題があった。前の編集長は女性でこまごました紙面でしたが交代。読者に親切ーを忘れてはいけません。 

スキー場で寂しいー私には考えられません。年をとっても板を付ければフアイト満々。「さーいくぞ、ヤッホー」です。私も独りスキー(海外は別)を実践、半日滑り温泉に入って美術館へ、宿は駅近くの安宿。ただし天気だけは選びます。行き先決定は3日前。予約なし。かつて名古屋からの夜行バスに同席した女性が九州から独りでやってきた、と聞き、話が弾みました。翌日奥志賀でばったり。写真・図は明治初期の野辺地

No.1934 - 2013/09/15(Sun) 10:09:21
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
288/300件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> | 画像リスト ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK Rocket BBS