Soko Kitagawa bbs
「だれも見てなくてもきっと神さまが見ている手づかみの砂糖菓子」

今日はもう一つ御礼を / 管理人 引用

ここに書いて、気持ちが届くのかどうか、定かではないのですが、これしか今、私ができる方法が見つかりませんでした。

>高山さま
「FANTAST」最新号、届きました。編集、お疲れさまです。
「植物」がテーマになっていたのを知って、私はすぐに、sokoさんが長期旅行に行くときに、小鳥と一緒に預かった観葉植物ベンジャミンを思い出しました。それから、サリちゃんの物語も。サリちゃんに導かれるように、土の中にいる種のぼくが、育っていくところを。
職場でも、昼休みになると、建物の入口の所に植わっている木に会いに行ったというsokoさん。sokoさんの新しい生は、もしかしたら、どこかで植物として頑張っているかもしれない。もし長生きの植物だったら、私よりも長生きかも。
高山さんには、何もお返しできないことが心苦しいですが、私のことも気にかけてくださったのなら、ありがとうございます。

No.372 2009/08/26(Wed) 00:24:55


申し訳ありません!!! / 管理人 引用

たった今、掲示板を確認して、返信をつけられる期限を過ぎてしまっていたので、新しくスレッドをたてます。すぐ下のかたへのお返事として、扱ってください。
管理人の体調不安定のせいで、対処がこんなに遅れてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
恥ずかしながら、メールチェックを怠っており、今確認したところ、メールは確かに届いておりました。草子さんのことに触れてくださったとのこと、本当にありがとうございました。あまりにも遅れてしまいましたが、お返事をさせていただきましたので、あとのご判断はお任せいたします。
気がつきやすい掲示板へ書き込んでいただき、ありがとうございました。

No.371 2009/08/26(Wed) 00:08:03


こんにちは / メールをお送りした者です 引用

以前、管理人様メールアドレスに
メールをさせて頂きました。
もし届いていないようでしたら再送させて頂きます。
お手数ですが、ご確認お願いできますでしょうか?

No.370 2009/07/05(Sun) 17:12:06


今年も / 管理人 引用

sokoさんのお誕生日が来ました。
夢の中に現れたsokoさんは、昔のままで、暗がりの中をぼんやりしていた私に笑ってくれました。

No.369 2009/01/20(Tue) 19:04:37


草子さんの短歌掲載 / 管理人 引用

短歌にまつわるエッセイ集、松村由利子さん著『語りだすオブジェ』(2008年6月刊・本阿弥書店)の6章「魅惑の食料棚」に、草子さんの短歌、「カステラとハチミツ つまりしあわせの組み合わせは無限だってこと」が紹介されました。
この書籍は、草子さんのお母さまから送っていただきました。
本来なら、著者のかたと出版社に了解をとって、部分転載をお願いしなければならないところですが、管理人の体調不良により、断念することをお許しください。
草子さんの歌は、こうやって、きっとこれからも長生きしていくのだなと感じます。

No.368 2008/08/14(Thu) 23:48:23


返信遅くなりました / 管理人 引用

書き込みがあってから30日間しか返信できない設定になったようです。
自分の身体の調子をみることしかできない生活になってしまって、申し訳ないです。ここ数年で、身体の事情、家の事情で、数度の転居をし、そのたびに悪化してしまい、社会復帰はますます遠いものになっています。
猛暑ももうすぐ通り過ぎるとのことですが、お身体、お大事になさってください。
こんな情けない姿をsokoさんはどんなふうに見ているだろうと思うと涙が出てきます。

No.367 2008/08/14(Thu) 23:39:44


夏になりますね / にしざき 引用

こんにちは

 管理人さん、お久しぶりです。わたしもたまに書きこみします。
 相変わらずいろいろなことに追われています。

No.366 2008/07/12(Sat) 15:28:05


十分な管理ができていませんが / 管理人 引用

今年から、この掲示板を無料版にしました。180日間書き込みがないと、自動的に削除されてしまうのだそうです。それはまだ淋しいので、たまに、書き込みをすることにします。

No.365 2008/07/05(Sat) 00:29:19


【更新情報】 / 管理人 [URL] [mail] 引用

お世話になっている佐藤弓生さんのHP「アナベル・フィステ」(高原英理さんとご同居です)にリンクさせていただきました。

また、「短歌研究」11月号(現在、最新号)にて、鳴海宥さんというかたに草子さんの短歌を2首採りあげていただくことができましたー! ありがとうございます。

佐藤さん・高原さん・東直子さん・穂村弘さんも出演なさるイベント「パンノミミ」情報、飯田有子さんが出店なさる「詩歌フリマ」の情報、ついでに海洋堂と北陸製菓が出している食玩ムーミンズランチの情報も、一時的速報に追加しました。

No.72 2003/11/22(Sat) 21:53:47

 
Re: 【更新情報】 / 佐藤弓生 [URL] 引用

ど、どおも… 管理人さまおしごとはやい…
ありがとうございます。
草子さんの歌

大きすぎる指をかなしむ 鳥たちの夢にはきっとわたしはいない

を読むと、ゆらさん描く手足のちいさな女の子たちがなぜか思い浮かびます。

No.73 2003/11/23(Sun) 04:03:00

 
ああ、ほんとに! / 管理人 [URL] [mail] 引用

> ゆらさん描く手足のちいさな女の子たちがなぜか思い浮かびます。

「詩とメルヘン」でつけていただいたゆらさんの挿し絵は、想子さんの絵よりも、草子さんのうたに合っているなあと個人的に思っています。
そういうことがあるんだ、これは作品がはぐくんだ世界なんだと、雑誌を初めて拝見したときに、とてもこころ動かされました。
雑誌はもう完売してしまったそうですが、作品展ではみていただけるように用意します。

想子さんも・・・、そういうことが分かっていたから、ご自分の言葉作品、特に短歌には、自分の絵を近づけなかったのでしょう・・・。
でも、そういう全体で、sokoさんなのだとも思います。
作品がはぐくむsokoさんの世界がある・・・、そしてそれには収まりきれない、もっと混沌とした人間としてのsokoさんの世界も。
もう、近頃は、sokoさんの声を妄想で立ち上げる力が、私の中にはなくなってきました・・・。
でも、どちらも、私が手をのばせば、いつでもさわれるちかくにあってくれるから、返事が聞こえなくても、恐ろしく思うことなど、きっとないのですね。
弓生さんとともに、草子さん・sokoさんの幾人ものお友だちに、ここまでつれてきていただきました。

No.74 2003/11/26(Wed) 14:53:07


家で寝てしまいました。 / 管理人 引用

今日はsokoさんのお誕生日。
sokoさんのかけらを探しに、どこかに行きたかったのにな。

今朝のNHKの「課外授業」は、『天使のジョン』の装丁を担当してくださった祖父江慎さんだったんですね。見逃してしまいました。

以下は、sokoさんに誘われたような気がして、行きたかった展覧会。
「北欧からのおくりもの」
上野の国際子ども図書館での展示。7月からやっていたんですね。今月28日まで。
http://www.kodomo.go.jp/event/exb/bnum/tenji2006-02.html

「ブラティスラヴァ国際絵本原画展」
三鷹市美術ギャラリー
ちょうど今日からでした。
http://www.mitaka.jpn.org/calender/gallery/

No.340 2007/01/20(Sat) 20:28:40


以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
123/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> | 過去ログ ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS