Soko Kitagawa bbs
「だれも見てなくてもきっと神さまが見ている手づかみの砂糖菓子」

O-net短歌コンテスト / O-net短歌コンテスト 引用

第17回O-net短歌コンテスト事務局からのお知らせです。
結婚へつながる、赤い糸O−net(オーネット)≠フ株式会社オーエムエムジーでは、本年も「第17回O−net短歌コンテスト」を実施いたします。

テーマは「今、いちばん大切な人へ」。恋人・両親・家族・友だち・恩師など。。。  あなたにとって今、一番大切にしている人に捧げる歌を三十一文字ほどにまとめてください。日本語の見直しが注目されているいま、今回からO−net学生短歌賞を設けました。小学生・中学生・高校生のご応募も歓迎いたします。
応募は官製ハガキでもFAXでもOKです。O−netホームページからインターネットでの投稿も可能です。ペンネーム(本名も併記)での応募も構いません。
締切りは10月16日(土)。金賞の賞金は20万円です。
詳細はこちらでご確認ください。      http://www.onet.co.jp/tanka

No.198 2004/10/04(Mon) 15:11:30


観てきました / 高山直之 引用

管理人さま
 先日、何とか「ムーミン展」を観てきました。
初期の油彩画や雑誌のイラスト等も出ていて、
中々良かったですね。特に油彩画には、ムーミン作品
にも通じる孤独感が現われていたように思います。
また、やはり先日、遅ればせながら「復刊ドットコム」
へ投票しました。票がたくさん集まり、画集が
刊行できると良いですね。それでは、また。 

No.180 2004/08/15(Sun) 10:02:49

 
Re: 観てきました / 管理人 引用

高山さん、展の感想と、それから投票もいただき、ありがとうございます。
初期の絵、そうですね・・・、孤独感。とても静かで一人だという感じが強かったです。特に自画像・・・。自画像はそうなりがちなところもあると思うのですが、中にある強さに、ヤンソンさんを感じました。それから色遣いにも、ああ、ヤンソンさんだなあと思ったものがいくつか。もしかすると色合いに関しては、北欧的、なのかもしれませんが・・・。
写真の、男装の麗人のようなヤンソンさんが、忘れがたいです。

No.186 2004/08/22(Sun) 23:51:01


ムーミン谷 / 高山直之 引用

管理人さま
 展覧会以来のごふさたですが、お元気ですか?
今、東京の大丸で7/29〜8/10までやっている
「ムーミン谷の素敵な仲間たち」展には
もう行かれましたか?時間が出来たら観に行こうかなと
思っています。それと、西崎さん、
映画、この夏観られるかな、と期待していたのですが。
コンテスト頑張って下さい。上映会(いつなんだ)も
楽しみにしています。それでは、また。

No.177 2004/08/07(Sat) 10:08:53

 
Re: ムーミン谷 / 管理人 引用

高山さん、ご無沙汰しています。
ちょうど書き込みをいただいた数日前に、観てきました。
展示の中に、毎年、ヤンソンさんに粘土でつくられたムーミンの様々なシーンの人形やリースを送りつづけていらした谷口千代さんというかたの作品があったのですが、その作品たちをヤンソンさんはとても気に入って大事にお持ちだったとのことで、谷口さんに宛てたお手紙も展示されていて。ヤンソンさんの、同じく作品を作る人に対して敬意を払う様子が、少しsokoさんのお手紙に似ている気がしました。
暑い日が続きますがどうぞお元気で。

No.179 2004/08/10(Tue) 21:50:14

 
Re: ムーミン谷 / にしざき [URL] [mail] 引用

こんにちは、みなさん

 高山さん、映画はコンテストの結果しだいなのですが、知り合いを中心に上映会をやろうかなとも思っています。10月くらいになるかなあ。みんなにせかされているのですが、あまりに忙しくてなかなか進みません、あとcgと音楽です。音楽が入るとまったく変わるのでそのあたりはとても楽しみです。

No.181 2004/08/16(Mon) 16:27:32

 
映像と音楽 / 管理人 引用

sokoさんのフラッシュ・アニメーションでも、あの音楽と一緒に流れていくというところが、とても素敵な雰囲気を醸し出していましたものね。アニメーションも含めて、「映画」には、音楽との同調が不可欠であり、別に作られるのにきっと一心同体のような存在なのでしょう。
余談ですが、ミシェル・ゴンドリーというPVを多く手がけているひとをご存知ですか? かつて自分でもバンドのドラマーをやっていて、素晴らしく映像のリズム感がよく、音楽と映像との意味的なシンクロを、子どものように面白がる感覚で作っているんです。

No.185 2004/08/22(Sun) 23:45:18


夏と夏休み / にしざき [URL] [mail] 引用

こんにちは、管理人さん

 いや、暑いですね。夏ばてしてませんか。
 リンクの紹介が丁寧でとても嬉しかったです。
 映画なんですが、当初の予定を変更してぴあのコンテストに出すことにしました。だから上映会はだいぶ遅くなってしまうと思います。楽しみにしていてくれる方も多いので、遅くなってちょっと申しわけない感じです。
 映画作りはほんとにスリリングです。機材を買うのにだいぶお金がかかってしまったのですが、これからたとえばクレイアニメや実験映画のようなものだったらほとんどお金をかけずにしかも、ひとりでコンピューター一台で仕上げることができるのでかなりうれしいです。ほんとにすごい時代になったものです。
 いま、CGの部分を作っています。2秒作るのに6時間くらいかかったりしますが、これははまりますね。でも、しばらく小説のほうに集中しないといけないようで、こちらは今まで書いたことのないような作品なので少し気合いを入れ直しているところです。できたら読んでいただければ嬉しいです。
 梅雨というにはあまりに雨が少ないですね。これから本格的な夏ですが、心も体もなるべく涼しく過ごしたいものですね。

No.168 2004/07/11(Sun) 20:06:15

 
おつかれさまです。 / 管理人 引用

何だか最近は光化学スモッグ放送が多いです。
夕方の少しの時間に近所に出る以外、ほとんど家にいます。やるべきことも多くないのに、わけもなく心を消耗する生活を送っていて、情けないです。

映画、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)に出品なんですね? アワードのほうでしょうか。
わー、素敵。
PFF2005は、募集期間10月1日(金)〜12月1日(水)ですか・・・。それで発表が翌年の夏?
でも10月まで、まだありますね。
最近ではCGを加えることも当たり前になってきているようですが・・・どのような手法であれ、できるかぎり満足のゆかれるものが作れますように・・・。
機材が揃われて、これからは前に仰っていたアニメーション作品も生まれるかもしれないのですねー。すごい。本当にメディアは、作るほうの個人にもどんどん開かれていっていますね・・・。
小説の新作も、私でよろしければぜひ読ませてください。

あ、でも、どうぞおからだ、ご無理なさらないでくださいませ・・・。

No.170 2004/07/16(Fri) 12:48:04

 
Re: 夏と夏休み / にしざき [URL] [mail] 引用

こんにちは、管理人さん

 光化学スモッグですか。聞くからに体に悪そうですね。心の消耗もよくありませんね。何か手だてがあったらいいのですが。それとも手だてを考えるということそれ自体が消耗することなのか。確かにわたしも家で寝るしかできないこともありますね。
 そうなんですよ。ぴあフィルムフェスティバル(PFF)です。いい成績を残せればいいですが、なかなか簡単にはいかないでしょうね。
 そうですね。アニメーション作りたいです。でも、そのまえに液晶タブレットというひじょうに高価な機材を買わなければならないかもしれませんが。ああ、お金がないです。
 もうすぐ夏休みの予定です。ゆっくり本が読めればいいなと思っています。管理人さんもゆっくりできるといですね。

No.176 2004/08/03(Tue) 00:04:33

 
Re: 夏と夏休み / 管理人 引用

にしざきさん
書き込みありがとうございます。

>心の消耗もよくありませんね。
>何か手だてがあったらいいのですが。
>それとも手だてを考えるということそれ自体が消耗することなのか。

そうですね・・・。手だてを考えることが消耗になってしまうこともありますね。「今」がしっかりしていれば、「今」やるべきことをつかんでいれば、消耗も減るのだと思うのですが・・・。
今年は、古い日本のアニメーションが一気に200本以上安価で上映されているので、その鑑賞に時間を費やしています。
適度にゆっくりする時間をとるようにしていますが、少々綱渡り的な日々を送っています。
アニメーションは、どんなものを作りたいかで、必要な機材が大きく変わってくるようですね。止まっている絵が動き出すというのは、本当に不思議で魅力的です。
sokoさんのくまも動き出さないかしら・・・。

No.178 2004/08/10(Tue) 21:43:58


【更新情報】 / 管理人 引用

下でも書きましたが、にしざきさんのサイト「dog and me records」へリンクさせていただきました。

また、実質的な対応が大変遅くなりましたが、「天使もたまには深呼吸」展直後に復刊ドットコムに、sokoさんの画集の刊行を提案してくださったかたがいらっしゃり、こちらで以前YUKIさんがご紹介くださったように、現在、投票を受付中です。
すでに36名のかたにご希望を投票いただいており、本当に感謝いたしております。
ご賛同いただけるかたがいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
投票ページは↓こちらです。
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=21698

No.166 2004/07/05(Mon) 16:49:44


こんな日々 / にしざき [URL] 引用

こんにちは、みなさん

管理人さん、もちろんリンクOKです。よろしくお願いします。
 こちらは静かな時とは正反対の喧噪に満ちた日々を送っています。でもこういうのが嫌いでもないようです。
 映画というものはしかし時間がかかるものですね。編集やCGのソフトの操作などもようやく無意識に手が動くようになり、一番重要なところにさしかかったところです。けれど、しばしば、箸にも棒にもひっかからないような物を作っているんじゃないのか、という疑念に駆られます。小説や音楽もそういう段階がありますが、映画はとくに強いようですね。でもまあ、やりますが。
 月曜日、新しい一週間はどんな感じでしょうか。ぼちぼちはじめたいと思っています。

No.163 2004/07/05(Mon) 14:59:19

 
1分違いで書き込みが!(笑) / 管理人 引用

>にしざきさん
お返事ありがとうございます。
早速、リンクさせていただきました。
紹介文が長いのは、どうぞご容赦くださいませ。
http://www2.ttcn.ne.jp/~sokohp/link.html

今、お作りなられたミニアルバム「about our life」聴きながら、sokoさんに手紙を書いています。
映画「At Strawberry Cafe 詩人とスタンガンと精霊と」、紹介ページを拝見しましたが、小説を拝読したときに感じたような匂いがしました。あれが映像を介して感じられるのかもしれないと思うと、こころと世界の距離を埋めるメディアが多種多様にあることを、当たり前のように、また思いがけず有り難く思ったりします。

No.165 2004/07/05(Mon) 16:39:44


御無沙汰をしてしまいました / にしざき [URL] 引用

こんにちは、管理人さん

 お元気ですか。音沙汰がなくてすみませんでした。体調のほうはいかがでしょうか。クーラーの冷気にだるくなったりしていないでしょうか。
 こちらは何だか忙しない毎日ですが、こつこつと音楽や小説や映画を作っています。映画は夏公開予定になっています。いま編集の暗く長いトンネルのなかほどにいます。生まれてはじめての仕事なので何だか勝手が分からないのですが、それでもひとつの世界が生まれていくのは何だかすごいなという感じです。
 また、ぽつぽつと書きこみますのでよろしくお願いいたします。

 ゆらさん、はじめまして。アニメーション褒めていただいてうれしいです。アニメーションを作るのは楽しいです。いつか短篇アニメーション作りたいなと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

No.156 2004/06/18(Fri) 20:54:05

 
こちらこそ失礼いたしております。 / 管理人 引用

お元気そうな様子を伺って、ほっといたしました。
私はいま少し家から離れているのですが、受け入れてくれた先でもまた別のリハビリが待っていて、日々をこなしながら、静かなときを過ごしています。

>いま編集の暗く長いトンネルのなかほどにいます。

そこを抜け出したときにはきっと新しい世界が見えるのでしょうね・・・。そういうことに挑戦なされるということ自体が経験と力の賜物なのだなと思うようになりました。

にしざきさん、今回ひいてくださったHPへ、よろしければリンクさせてくださいませ(そちらのサイト内のページに、直にリンクさせていただいているところもあるのですものね・・・提案遅れました)。当方は急ぎませんので、よいときに進めさせていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

No.160 2004/06/24(Thu) 21:33:03


はじめまして / もすりん 引用

お言葉に甘えておじゃまします。北川草子さんの短歌、私の心の中にすぅーっとはいってきました。ゆらさんの
HPで教えていただくまで、存知上げませんでしたのに。
昔からの知り合いのような、不思議な感じ。目にみえない心の中を、目に見える作品にして残してくださった
草子さん、すてきですね。
管理人さんの今なさっていることもすてきです。

No.153 2004/06/11(Fri) 23:07:26

 
Re: はじめまして / 管理人 引用

sokoさんの世界を、ゆらさんをはじめ、いろいろなかたがご自分の中に取り込んで、見せてくださっています。
sokoさんが取り込んだ世界もあります。
拙いながら、そういうかたたち、作品たち、気持ちたちと手をつなぐお手伝いをするのがこの場所の役目・・・。
もすりんさんにも助けていただきました。
ありがとうございます。
ゆっくり、のんびり、どうぞsokoさんとお話なさってくださいね。

No.154 2004/06/12(Sat) 15:58:09


こみねゆらさんが / 【更新情報】 引用

「詩とメルヘン」で使用されたイラストと、選んでくださった草子さんの短歌を、ご自分のHPにアップしてくださいました!

http://yurara.hmc6.net/

↑こちらの「日本語」の中の「雑誌のお仕事」のところです。改めて、ゆらさんのイラストと草子さんの短歌のコラボレーションをお楽しみくださいませ。

*

リンクのページのコメントを、たまにですが手直ししております。皆さまがお元気そうなのを拝見して、ほっとさせていただいています。

No.151 2004/06/10(Thu) 23:31:11

 
あ、やだ / 管理人 引用

名前のところに、タイトルを書いてしまいました。
上の記事を書いたのは管理人ですー。

No.152 2004/06/10(Thu) 23:33:28


すごく遅ればせながらですが・・・。 / ゆら 引用

管理人さまこんばんは。
今さらながらなのですが、草子さんの世界のアニメーション、いいですねえ・・・。
ゆっくりと降りてくるお花、そしてぽつりぽつりと現われてくる草子さんの短歌に、またあらためて心惹かれました。

No.146 2004/06/02(Wed) 00:59:19

 
ゆらさん、おはようございます。 / 管理人 引用

音楽も含めて、あれはにしざきさんが、sokoさんの世界をそうっとすくいとってくださった傑作ですね・・・。

もう「遅れる」ということはたぶん、なくて・・・。
いつまでも、sokoさんはそのまま、どこにでも・・・。

展覧会が終わって、sokoさんが私の中から消えたときには、一瞬どうしていいのか分からなくなりましたが、今でも折に触れ、ふと手紙が出したくなったり、手紙がほしくなったり、どうしているかなと思ったり・・・。
そういうことももう、「遅れる」ということはなくて・・・。
それに比べて、生きているって、なんて忙しいんだろうと思います。
「今」のないsokoさんの世界。
誰に対してもこころがひらかれている。
sokoさん自身というより、sokoさんが作品たちに託して望んだ時間、に、なりつつあるような気がします。

No.149 2004/06/05(Sat) 08:31:37


以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
123/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> | 過去ログ ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS