[ 掲示板に戻る ]

記事No.1287に関するスレッドです

WINGBEAT COFFEE ROASTERS

(No Subject) / 無名 引用
No.1287 2018/10/10(Wed) 04:19:31

整形を考えています。26歳の女性です。
諸事情でお金を借りたいと親に相談した事があるのですが、
「整形に使うのか」と深刻そうに言われたことがあるくらい客観的に見て不細工です。
(その時の相談内容は整形ではありませんでした)
人とコミュニケーションがとれなかったり、数年引きこもりにもなりました。
すべて容姿を気にするあまりのことです。
私は幸福になる為に整形したいです。
ファッションや恋愛や対人関係を楽しみたいからです。
ただ、ハイブリッド心理学ではそういったハンディキャップは
制約として受け入れて成長につなげることを勧めていますね。
しまのさんは、目の前に本当に不細工な女性がいて容姿に悩んでいたらどうアドバイスしますか。


 
「美容整形の検討」から入るハイブリッド心理学^^ / しまの 引用
No.1289 2018/10/20(Sat) 16:41:21

「可能性の徹底的な探求確認」がまずアドバイス

人生の生き方についてのハイブリッド心理学からの基本指針は、「望みに向かって全てを尽くして生きる」というものです。
そのための実践として、「可能性の徹底的な探求確認」というのが基礎中基礎になりますね。

これは「美容整形」についてもそうですね。それがどのように人生で役立つのか。一方そのリスクとは。それらを総合したコストパフォーマンスはどんなものか。
実際容姿に大きなハンディがあった時、美容整形がその救い、さらには救い以上の挽回になるケースもあるでしょう。これはご存知かも知れませんが、美容整形大国お隣韓国『Let美人』というTV番組日本バラエティ番組でも紹介されており参考になるかとYoutubeにもアップされている模様)。これはパネラーなどが涙を流すような感動劇になってますね。まちょっとやり過ぎの感があるのも多いですが^^;
一方で、客観的にはむしろ容姿が優れた人が、自分の容姿に問題があると思い込み、整形の虜になるケースもあります。これはもう「整形依存」という、れっきとした心の病気ですね。これも同じく韓国「扇風機おばさん」なんてケースがありました。劣悪な整形処理のあげく顔面崩壊に至ったケース最近TVで見かけないのであるいはこれが原因で亡くなってしまったのではと浮かべたりしましたが、ネット今も取り上げられておりご健在のようですね(失礼しました^^; そうした大きな健康障害は免れたようでなによりです)
まあそうした極端な話ならなくとも、それなりの費用手間リスクもあることでしょうし、そもそも手を入れる量からして実にバリエーションがあると思います。かなり気軽に試せるものもあるだろうし、それでは済まないものもある。

ということで、

>しまのさんは、目の前に本当に不細工な女性がいて容姿に悩んでいたらどうアドバイスしますか。

について僕からのアドバイスとは、
まずは徹底的に知ることだというものになります。決断はその先にするがいい、と。
そしてその決断は、誰々がどうこうだからこうこうでいいじゃないの!、といった他人を引き合いにして押しつけるような声(他人からのものであれ自分内部からのものであれ)流され決めるのではなく、その徹底的に知ったことへの自信自分で決断するがいい、というものになります。


ハンディ解消の役割とは

その決断一助として、ハイブリッド心理学から「美容整形」人の人生にとりどんな役割のものになり得るか、というテーマちょっと一考しましたので書いてみましょう。
例えて比較すると分かりやすいと思います。それは例えば、何か外国語の会話できるようになりたい喉に障害がある、というものに例えられるかと。
ほとんど声が出ないほどだと始まらない。だから何とかそれを治そうと対処を重ね、完璧な美声になれば大丈夫考えたとしても、それではまだ始まっていないんですね。その外国語について勉強しないと。

実はこの例えほぼ同じ状況になるわけですね。
外見容姿にハンディがあって、ファッション人との関係人生楽しめない。まず外見容姿どうにかしたい。
いいでしょうそれはそれ上述の通り検討するといい。しかし人との関係人生の生き方は、それとは全く別の話として、学ばなければならないわけです。
そうした視野ぽっかり抜けたまま、完璧な美声になれた時、外国人がその美声にうっとりして、実は何も喋れていないのに、ジェスチャーなどカバーして会話ができているかのように接してくれるかも知れない。でも実際会話能力はまるでないまま。じき通用しなくなるのが目に見えている。
美容整形全く同じでですね。結構な美形になれた時、人の方からちやほやしてくれるかも知れない。でもそれでは人とのコミュニケーション人生の生き方技術は、何もできていないまま。
一方その外国語について十分に習熟していくならば、多少声がまだかすれている段階で、問題なく会話できることが分かってくるかも知れない。
これもまさに人との関係人生の生き方について同じ完璧な美貌なく多少の見た目欠点があってさえも、それはもう何も障壁になることのないような対人関係能力人生を生きる力得られることが分かってくるかも知れない。


「それぞれについて同時に学んでいく」

そのために重要なのは、これがまさに重要ポイントになりますが、どっちが先か、ではないということです。向上への歩みを、同時に始める必要がある。その先に、その人なりの唯一無二の、バランスの取れた満足ポイントが見出される、というものになります。
喉の治療外国語の会話であれば、その両方を、すぐ同時に始めるのがいい、ということです。一方が完全に完了したら、残り一方を始める、というのではなく外国語の種類によって、必要な発生の種類、それに応じた治療目標というのも出てくるかも知れない。あまり影響のない障害の範囲というのも見えてくるかも知れない。これは分かると思います。

ところがどっこい、外見容姿人との接し方人生の生き方というテーマになると、この両方の向上に同時に取り組むというのがまるでできないというのがありがちのように感じます。外見をどうにかすることに心が虜になるか、もしくは「大切なのは外面ではなく内面」とかの、言ってしまえば皮相な精神論(言ってしまう^^;)を、人の目自分とのつい立てのように掲げたりと。
そうなってしまう理由とは、やはりにある人との接し方人生の生き方指南というものが、具体性を欠いた精神論ばかりのもの溢れていることにあるのではと。接客話術のようなごく限定的なものはあるとして、生活と人生の全体で取り組めるようなものが、なかなかない

ということで、そうしたものとしてお役に立てるのでは展開しているのが、ハイブリッド心理学ですというご紹介になる次第です^^。
美容整形のコスパ検討するのと同じくらい具体的な内容検討になるものとしての、人との接し方人生の生き方の学びですね。生活と人生の全体で取り組むべきものとして。
この内容については、『入門編』などはご一読されたかも知れませんがあまり具体的内容には踏み込んでいませんので、手っ取り早いものとしては
『メール相談事例集』
「代表的事例」「No.001さん」「No.001さん」など読まれるといいかと思います。

ですのでアドバイス結論は、こうなるわけですね。
美容整形について、徹底的に知っていくといい。そしてそれと同時に、人との接し方人生の生き方について、それと同じくらい具体的な学びがあるのを知っていくといい。ハイブリッド心理学がその一つとしてあるだろう。
整形についてどのようにすればいいかの、満足行く結論も、その両方を進めていく中で、長期的に出していくと考えると良いだろう。

というものになります。
ご検討頂ければ^^。


基本方向性の上に「望みの追求」が極められる

ちょっと加えるならば、そのように道を見誤らないような基本的方向性しっかりと持った先に、冒頭人生の生き方の基本指針だと言った「望みの追求」極められる、と言えます。
つまり最後は、ハンディだから克服したいという言い訳(?)とっぱらって、「自分としてこうしたい!」という結論出すのがゴールになるであろうと。
人にこうこう程度には見られたいだけではなく、自分としてこんな自分でありたい、という「望み」に、しっかりと向き合ういい、と。

まあ男の僕でさえ、前頭頂部の髪が薄れるのを食い止めるべく多少の投資などしています^^; 自分の容姿が自分なりに気に入れるのは、気分の基調良くすることでもあります。それはもう人にどうこう見られればいいじゃないの、なんて話無視できる、自分自身のための真実の望みの追究一つになるわけですね。
あくまで上述の話の流れ一つ一つしっかりと踏まえながら、最終的にはそうした自己向き合いになるだろう、というになりますね^^。



- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS