04 05. 2012
・ナイトのCanzoneナイト!
  
・la signora
■4/10(火)パスクエッタの翌日は、カンツォーネNight!■

Buonasera a tutti〜!
今日はぬくぬくな一日でしたね。
桜もびっくりしてむくむくほころんできたみたいです。

さて、イベントのお知らせです。
Pasqua(復活祭)の翌々日の4/10(火)の夜に、
『ラ・スコリエーラ』でお食事をすると、
青木純さんのカンツォーネが聞けちゃいます!

アコースティックギター1本抱えた青木純さんは、
<イタリア連帯の星騎士>勲章受章の、
カヴァリエーレ(騎士=ナイト)なんです。
だから、「ナイトのカンツォーネNight」♪

当店の「8周年記念★謝恩パーティー」に来てくださった方なら
もうお分かりですね!
青木純さんのHP → http://www5f.biglobe.ne.jp/~jun204/
FB → https://www.facebook.com/jun.aoki1?ref=ts

青木さんが本物のナポリ弁を駆使して歌うナポリ民謡は、
ナポリ以外の土地出身のイタリア人が歌うそれより
ずっと本物のナポリ民謡である、とはイタリア人のお墨付き。
テーブルを廻りながらひとつひとつリクエストに答えてくださいますよ。

青木さんの登場は、19:30〜と、21:00〜の2回で、
ミュージックチャージは無料です!(今回は、当店からのプレゼント♪)
ぜひぜひふるってお食事のご予約を、お待ち申し上げます。

南イタリア魚介料理『ラ・スコリエーラ』 03-3586-8989

このお写真は、懐かしの旧店舗で歌っていただいていたときのもの。
オレンジのジャッカを着ているのが、カンツォーネ歌手の青木純さんです。
細い体なのにバネのある声の持ち主。
するすると延びる高音は、すくすくとのびゆく若枝のごとし。


Update:04 05. 2012 23:47 [No.659]


04 05. 2012
・聖木曜日。
  
・la signora
おひさしぶりです。
うわぁ〜、今日は強風注意報でもないのに大型キャンセル!(>_<)
今日は聖木曜日(最後の晩餐の日)なのになぁ・・・☆
みなさま、今夜のごはんどころ未定の方は、 ぜひぜひお電話下さいませ!
HP見たよ! で特別スペシャルサービスをしちゃいます★

『ラ・スコリエーラ』03-3586-8989


Update:04 05. 2012 18:41 [No.658]


03 06. 2012
・Festa della Donna 2012★
  
・la signora
Ciao〜! Buongiorno a tutti !!!
来たる3/8はFesta della Donna(女性の日)、通称「ミモザの日」ですね〜。

『ラ・スコリエーラ』では、本日6(火)〜8(火)までの3日間、
ディナータイムにご来店の女性のお客様全員に、食前酒のミモザをプレゼントいたします!

毎年おんなじ記事をあげてホント恐縮なんですが、
「ミモザの日」ってなぁに? という方は、ぜひ↓の記事をお読みください♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■festa della donna  フェスタ・デッラ・ドンナ(ミモザの日)

あっという間に3月になってしまいました。ミモザが咲き乱れる季節です。
イタリアやフランスなどでは、ミモザは春の訪れを告げる花なのです。
ちょうど、私たち日本人にとっての桜のように…。
桜の季節、山々がピンクのスプレーでも吹いたかのように染まるのを観て、
こんなに沢山桜の木があったかなぁ、と驚いたことはありませんか?
ミモザも同じで、突然ポンッと黄色が弾ける感じ。街中がミモザで明るくなります。

イタリアでは、3月8日は Festa della Donna、ミモザの日です。
直訳すると「女の人のお祭り」ですが、祝日ではありません。
では、イタリアの雛祭りか? と思いきや、どちらかというと、逆ヴァレンタインみたいなもの。
男性が、身近な女性に日頃の感謝の気持ちを込めて、ミモザの生花を贈る日となっているのです。
愛する人に、という重い感じよりも、職場の同僚や上司などお世話になっている方や、
小さな男の子でもマンマやノンナ(お婆ちゃま)にも気軽に贈ったりするのだから、
ちょっと家族チョコや職場チョコに似ているのかな? 
ま、要するに女性なら誰でも、この日はミモザをもらうことができるのです。

菜の花のごとき春らしい黄色は心弾む色。
あのポンポン状のまぁるい花がいかにも可愛らしく、実にヨーロッパを感じる花なのです。
(日本で出回っているのはミモザアカシアと言って別の種類らしい。向こうのもののほうが丸いよね・・・)

Festa della Donna の日は、キリスト教関連の行事ではありません。
元々はギリシア神話に出てくる「アリアドネ」という神様の女性のためのお祭りの日であったとか、
昔、女性が奴隷のように虐げられていた時代に、年に一日ぐらいは女性をいたわる日を作ろう、ということで
各国ばらばらに祝っていたものが、アメリカで女性の参政権を求める運動が起こった日に合わせて
「国際婦人day」として制定され、3月8日に落ち着いたのだとか、諸説いろいろ入り乱れているようです。

男性諸君、この日ぐらいはイタリア人を気取って、お花屋さんに走ってみてはいかがでしょう。
で、身近な女性にミモザを一枝贈る。「Auguri !(おめでとう)」。いいですね〜!!!

『ラ・スコリエーラ』では、期間中、ディナーにいらしてくださった女性のお客様全員に、
今年は食前酒のミモザ(絞りたての生オレンジジュース×プロセッコ)をプレゼント!
フレスコ画とテンペラ画があってガラス張りが気持ちイイsala(メインダイニング)が、
ミモザの黄色と春の薫りでいっぱいです♪
ご来店を心よりお待ちしております。


Update:03 06. 2012 14:19 [No.657]


02 22. 2012
・Bottarga di Tonno(マグロのカラスミ)のおはなし。
  
・la signora
Facebookに書いた記事ですが、こちらにも・・・。

八年前、店のある赤坂(と言っても大使館に囲まれた閑静な住宅街のほう)に引っ越したときのこと。
我が家からは色んな物が発掘された。その中のひとつがBottarga di Tonno(マグロのカラスミ)。
Sicilia島のそのまた離島のFabignana島
(シチリア州でも、マグロ漁が行われるのはファビニャーナ島だけである)にマグロの取材に赴いた際に、
イタリアマニア向けのお土産として、友達に配ろうと購入した真空パックのコロが、
ごろごろと出てきたのだ。

私はそれらを店に持って行った。当時は初代の馬場圭太郎シェフ。
実は講談社『OBRA』(現在は廃刊)のマグロ特集号の取材で、ファビニャーナ島に一緒に行ったのは、
ナプレ時代の馬場くんであった。

私「シェフ、あのとき買ったマグロのカラスミが出てきたよ。懐かしいね。食べてみようよ♪」
馬「signora,何年経っていると思ってるんですか。捨ててください」
私「カラスミって塩漬けなんだから腐らないでしょ。5年ものだよ。却って稀少品だと思うよ」
馬「死にますよ…(←完全に怯えている)」
私「…………!!!!!! なんじゃこりゃ!! おいしーーーーーい!!」

『ラ・スコリエーラ』では、当時も今もボラのカラスミ、マグロのカラスミ、
共に自家製で作っている定番商品。作り方は熟知している。
カラスミの定義は、魚の卵巣の塩漬けである。
だからうちの船長は、真鯛でもなんでも魚のお腹を開けて卵が入っていたら、カラスミを作ってみる。

真鯛など白身魚のカラスミは大きさも手のひらに載るほど小さく、一日干せば出来上がる。
色は白っぽく、味は淡白で、なかなか旨味が増して来ない。

ボラは、色は黄色く、大きさも中ぐらいで、早ければ2週間ほどで完成する。
旨味と塩気のバランスが絶妙で、だからカラスミと言えばボラなのか、と合点がいった。

では、マグロはどうか。
マグロは魚の中で一番大きい部類なので、塩漬けにするのにも乾燥させるのにも一番時間がかかる。
最低でも半年は干さねば完成とは言えない。大きさは大きく(最初は1mぐらいあるものも)、
色は焦げ茶色で濃く、塩気もめっちゃ強いが旨味も断トツに深い。

シチリア産も半年ほど寝かせてから真空パックにすると言っていたので、
自家製もそのように作って一年間食べるのだが(マグロの産卵期は年に一度のため)、
最後の方に食べると、更に旨味が増していると感じていた。

だからこそ、5年も熟成したらいったいどうなるのか? 私は非常に興味があったのだ。
この偶然(お土産を渡しそびれ)の産物である壮大な実験の結果、マグロのカラスミは5年熟成すると、
更に更に旨味成分が増発して、爆発的においしくなるということがわかった。

最初は怯えて見守っていた馬場くんも、私が死なないのを確認すると(笑)、恐る恐る食べてみたら…
馬「signora, これは全部没収です。店で使わせて戴きます♪」
と言って取り上げられてしまい(笑)、その後しばらくの間にうちのお店にいらっしゃった方は、
ボラ、マグロ(日本)、マグロ(イタリア)の三種のカラスミを食べ比べられるという、
素晴らしい体験ができたのである。

今も『ラ・スコリエーラ』では、三代目の宇賀神シェフ達が船長と一緒に、マグロのカラスミを
文字通り、手塩にかけて作っている。
そしてちょうど今は、他にもマグロの部位がいろいろ手に入るので、
マグロのカラスミのパスタのみならず、本マグロのほほ肉のタリアータ、尾の身のテリーヌ、
カマのグリリア、ヒレ根のグリリア、マグロのトリッパ(ビアンコは温前菜で、ロッソはパスタで)などなど、
マグロ料理フェアをやっておりますので、ぜひぜひ体験してみてください。

そしてご来店の折りには、店内に飾られている、
ファビニャーナ島のMattanza(イタリアに中世から伝わるマグロ漁)の写真も、ご覧くださいませ☆


Update:02 22. 2012 11:38 [No.656]


02 21. 2012
・FaceBookPage & Twitter のお知らせ☆
  
・la signora
『ラ・スコリエーラ』公式FBページの URLが替わりました!
http://facebook.com/RistoranteLaScoglieraTOKYO です☆
アカウントをお持ちの方は、ぜひぜひ「いいね!」をお願いいたします♪

公式twitterのアカウントは、@LaScogliera です。
マネージャーのsatoちゃんがつぶやいてます。Followしてね♪


Update:02 21. 2012 13:52 [No.655]


01 03. 2012
・Auguri! 2012★
  
・la signora
Auguri! Buon capodanno,Felice Anno Nuovo!
あけましておめでとうございます★
今年もよろしくお願い申し上げます。

元日早々結構大きな揺れがあり、
なかなかのんびりお正月気分にはさせてもらえないのだな、と
気が引き締まる思いがいたしました。

今年ほど、喪中の人が多い年もないのではないかと思います。
被災地の方は、おめでとうも言えないのではないかと…。
絶対に忘れません。共にあろう、と思います。

東洋大の柏原くんのインタビュー。激走以上に胸を打たれました。
「僕が苦しかったのはたった1時間ちょっと。福島の人たちの苦しみに比べればたいしたことがない」
……。
彼はいわきの出身だそうですね。本当に、アスリート達には教えられてばかりです。
爪の垢でも煎じたい思いを忘れずに、今年一年を精一杯生きようと思います。

『ラ・スコリエーラ』を本年もよろしくお願い申し上げます★


Update:01 03. 2012 11:04 [No.654]


12 21. 2011
・attenzione!
  
・la signora
あっ! ……という間に、
今年もNatale(クリスマス)週間なのですね…。(ボー然)
゜゜(´O`)°゜

ところで、当店では、便利なweb予約システムを導入いたしました。
これは、夜中にでも予約が取れるということで、
お忙しいお客様には本当に便利なツールだと思います。
か、いくつか不便な点もございますので、お知らせしておきますね。

まず、システムの都合上21名様以上の予約ができません。
当店は、70席ございますので、団体のお客様には、やはりお電話でお願い申し上げます。

それと、予約時間の集中を避けるため、
お席はあるのに予約がストップになる場合もございます。
(なぜ予約時間の集中を避けたいかと申しますと、
できる限り、お客様をお待たせせず、スムーズにオペレーションを行いたいからです)

もちろん、ダブルブッキングはご法度なので、
店頭でのご予約との同時進行性も考えて、
本当の満席よりも手前で止める設定にしています。

というわけで、もし予約システムに断られてしまった場合でも、
お席がご用意できる場合も多々ございますので、
念のためお電話戴けますと、大変ありがたく存じます。
(便利なんだけど不便ですよね。すみませんm(._.)m
でも現状では、これが限界のようです)

結局お手数をおかけして申し訳ございませんが、
みなさま、ぜひとも「あきらめないで!」(by真矢みきさん風で♪)

※本当に本当の満席のときは、ごめんなさい!!!
m(._.)m


Update:12 21. 2011 12:03 [No.653]


12 20. 2011
・Face Book はじめました!
  
・la signora
Buonasera〜♪
先日は、La Scogliera & Attico の Festa di Natale(クリスマスパーティー)に
たくさんのみなさまにお越しいただき、誠にありがとうございました!!!
御蔭さまで、盛況のうちに会を終えることができました。
トンボラ(イタリアのBINGO)も大逆転のドラマがあったり、大盛り上がりでしたね〜☆
お食事割引券、来年の1/5〜3/3までご使用になれますので、ぜひお見逃しなく!

尚、遅ればせながら、FaceBook をはじめました。
よかったらどうぞ、「いいね!」をお願いいたします。

ラ・スコリエーラの短縮URL→ http://www.facebook.com/LaScoglieraCom


Update:12 20. 2011 22:15 [No.652]


12 03. 2011
・Festa di NATALE 2011!!! con Attico☆
  
・la signora
Buonasera tutti ! みなさま、こんばんは★
当店では、来たる12/11(日)に、X'mas Partyを開催いたします!
3.11から丸9ヶ月目のこの日、チャリティーオークションもいたします!
ぜひぜひ、お誘いあわせの上、御来店くださいませ☆

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今回は「日伊文化交流サロン Attico」さん http://www.attico.net/ との合同開催。
美味しいもの盛りだくさん! 楽しい企画が目白押しです!

★新鮮な南イタリアの魚介料理&ワインはもちろん食べ放題・飲み放題
★トンボラ(イタリアのクリスマスに楽しむ伝統的ゲーム)でプレゼントいっぱい!
★ライブで生のクリスマスソング⇒神近まり&レイのデュオ
★ラ・スコリエーラお食事割引券を全員プレゼント!
★Forza TOHOKU チャリティーオークション
 ⇒皆さんのタンス&倉庫の肥やしを現金化し、
  仮設住宅で生活する方々の物資支援団へ寄附!

収益は、仮説住宅と直接パイプを構築して、継続的に物資を中心とした支援を行っている、
SmileSupportさんというボランティアチーム http://www.threerings.jp/SmileSupport/ に、
寄付金と言う形で想いを託したいと思っております。
(ちょうど今、「美味しい食べ物届け隊」が“青空レストラン”と、
「SmileSupport」が、東北でクリスマスのイベントを行っているところ。
残念ながらわたくしは行くことが出来ず、こうして東京からエールを送ることしか出来ませんが、
みなさんの行動力には本当に頭が下がる。
行動力、実行力、そして優しい思いやりの賜物ですよね・・・。なかなかできるもんじゃありません。
この2つの団体は、共に本当に素晴らしい活動の数々を実際に実行しているみなさまです。
少しの寄附でもよいので、東北の復興を応援する気持ちを、お預けしたいと思う次第です)
  
チャリティー商品は当日会場にお持ち頂いても、事前にラ・スコリエーラへお送りいただいてもOKです。
(既に到着している物もありますが、送付の場合は12/11用とご明記下さい)
どうぞ、チャリティーにご協力を!

<2011年 クリスマスフェスタ詳細>

■日時:12月11日(日) 13:00〜(一応15:30迄となっていますが、ノリで。)
■会場:リストランテ『ラ・スコリエーラ』
■参加費:6,800円、高校生3800円、小中学生2800円、未就学児童0円
(ご予約の上、店頭か振込みで前納をお願いします。飲み物、料理、アトラクション運営費含む)

立食スタイルのフェスタですが、お席はご用意するので座ってお食事ができます。
全体で100名様全語を目指しておりますが、まだ50名様ほど券がございます。

今年は困難の多い年になりましたが、過ぎ行く年に思いを馳せつつ、
皆さんとパーティの時間を共有できれば嬉しいです!

今月より、Cameriera(ホールスタッフ)のSatokoが出戻り完全復帰いたしました!
Satoちゃんファンのみなさまも、ぜひお越しを♪
スタッフ一同、心よりお待ちしております★


Update:12 03. 2011 22:49 [No.651]


11 17. 2011
・よくばりコース、はじめました★
  
・la signora
当店の常連さんは80%以上がアラカルトでご注文になるのですが
(正直言って、目移りしちゃって選ぶの大変! でも、慣れればそこが断然楽しいんですよね〜♪)、
宇賀神シェフが、初めての方でも選びやすい、スペシャルなコースを作ってくれました。
その名も「よくばりコース」!!!

このコースの凄いところ★その1→前菜が7種類も出てきます!
『ラ・スコリエーラ』の特長として、めっちゃおいしいアッサジーニ・スタイルの前菜があります。

このコースの凄いところ★その2→パスタの前に、お魚が出てきます!
肝心のお魚が出てくる前にお腹いっぱい…という事態を未然に防ぎます(笑)。

このコースの凄いところ★その3→パスタが5種類の中から自由に選べます!
まずは2種類選んでください。食べ終わったときに、万が一足りないなんて方には、
シェフがサービスでもうひと皿プレゼントしちゃいます!!!

な、なんてことを…($・・)/~~~
『ラ・スコリエーラ』、おそろしい子・・・!(by 月影先生)

このコースの凄いところ★その4→パスタは、ソースだけでなく、麺の種類も選べます。楽しいヨ♪

前菜のお取り分けの都合と、メインのお魚をなるべく一匹丸ごと使いたいため、
最低2名様から受け付けまーす。
http://www.la-scogliera.com/top/event2.html

そういえば昔、プリフィックス・スタイルで人気のお店に4人で行ったら、
パスタが10種類もあったので、超わくわくして色々と選んだら、
マネージャーにあっさり、「グループで1種類に統一してください」と言われ、
わくわく感が超萎んでしまったコトがありました…。
(なんで…単なる作る側の都合じゃん…orz。4人なんだからせめて2種類にしてくれよ…と思った)

なのにうちのシェフったら、追加も辞さない構えだなんて…太っ腹!!!
バーニャカウダは、北のピエモンテ州のお料理ですが、
自家製のアンチョビソースで出せる所はそうあるまい…
であれば、とっても、魚介料理専門店『ラ・スコリエーラ』らしいのでは?
と思い、「あり」にしました!

ぜひぜひ、みなさまのお越しを、心よりお待ちしております☆
わったしがまずは食べたいよ〜〜〜!!!\(^o^)/


Update:11 17. 2011 20:45 [No.650]


Skin design : Relax

200/200件 [ ページ : << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 20 >> | 過去ログ ]

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS