40276
LE CERCLE ROUGE BBS
HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
メルヴィル作品の上映情報、感想はもちろん、関連する事柄等、何でもどうぞ。
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
イヴ・サン=ローラン / Faux
 みなさん、こんにちは。
 6月1日、イヴ・サン=ローランが亡くなりました。
 「イヴ・サン=ローラン:演劇、映画、演芸、バレエ」という展覧会が昨年末から今年初めにかけて開催されていました。
http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/2330454/2480952
 カトリーヌ・ドヌーヴは長らくサン=ローランのミューズでしたが、『昼顔』(66)、『別離』(68)、『暗くなるまでこの恋を』(69)、『ひきしお』(72)や『リスボン特急』(72)の黒いドレス、『ハンガー』(83)の彼女の衣裳はサン=ローランのデザインです。
http://cinebeats.blogsome.com/2007/09/29/the-fine-art-of-fashion-yves-saint-laurent/
 『リスボン特急』のピアノの場面
http://jp.youtube.com/watch?v=EiNWL-4Kr-o
 1992年の「Cremes de Soin」のコマーシャル(演出ジャン=バチスト・モンディーノ)
http://jp.youtube.com/watch?v=RCwDC-mcb4g
 なお、『夕なぎ/セザールとロザリー』(72)のロミー・シュナイダー、『相続人』(73)のカルラ・グラヴィーナの衣裳もサン=ローランです。
  サン=ローラン財団の公式サイト(1962-1970のRencontresの項目にドヌーヴの記事があります)
http://www.ysl-hautecouture.com/
No.1127 - 2008/06/02(Mon) 12:02:45
Re: イヴ・サン=ローラン / マサヤ@管理人
Fauxさん、こんばんは。
イヴ・サン=ローランの訃報とさまざまな情報、ありがとうございます。
ドヌーヴ個人にとってはもちろんですが、フランス映画にとっても重要な人でしたね。
No.1130 - 2008/06/03(Tue) 00:39:50
『さすらいの狼』 / Faux
 みなさん、こんにちは。
  未見ですが、アラン・カヴァリエ監督の『さすらいの狼』(64)のクリップです。音楽はジョルジュ・ドルリュー。
http://jp.youtube.com/watch?v=gpgNh2ZzRek
 英語版抜粋
http://jp.youtube.com/watch?v=CxZwmesU8Kk
 シトロエンDSの場面(画質悪いです)。ちなみに『サムライ』でドロンが乗るのはシトロエンDS21。
http://jp.youtube.com/watch?v=GRsAZ8cbj3c
 Astayさんの記事
http://blogs.yahoo.co.jp/astay0706/42327760.html
 『さすらいの狼』のドロンの写真はザ・スミスThe Smithsの3rdアルバム"The Queen Is Dead"(86)に使われていますが、1st"The Smiths"(84)にはアンディ・ウォーホル/ポール・モリセイの『フレッシュ』(68)のジョー・ダレッサンドロの写真、"Meat is Murder"(85)にはエミール・ディ・アントニオの記録映画『In the Year of the Pig』(68)の兵士の写真(オリジナルのヘルメットの標語は反戦運動の標語"Make Love Not War"をもじった"Make War Not Love"ですが、そこだけアルバム・タイトルに変更)が使われています。
http://www.stylusmagazine.com/articles/under_the_covers/the-smiths.htm
  エミール・ディ・アントニオの『In the Year of the Pig』のDVDは2005年に北米Homevisionから出ています。
http://www.amazon.co.jp/Year-Pig-Full-Sub-B/dp/B000A88ES2
No.1126 - 2008/05/31(Sat) 18:39:35
Re: 『さすらいの狼』 / マサヤ@管理人
Fauxさん、こんばんは。
『さすらいの狼』の情報ありがとうございます。
どんな映画か、私は知らないのですが、ドロン氏の佇まいにどことなく『サムライ』の雰囲気を感じさせるところがありますね。
シトロエンもそうですが、傷の手当てをするところなども。
いつの日か国内盤DVDが出たら、観てみたい映画です。
No.1129 - 2008/06/03(Tue) 00:34:45
『サムライ』 ジェフの指に結婚指輪が / 虎
ジェフの左手に結婚指輪が見えるシーンがあります。最初に車を盗むシーンです。
指輪が見えるのはこのシーンだけです。私生活での結婚指輪をこのときはうっかりして、はずし忘れたのでしょうか。
http://img113.imageshack.us/my.php?image=citroends21a7mh.jpg
Fauxさんご紹介のこのサイトの画像を見て初めて気がつきました。
No.1124 - 2008/05/31(Sat) 13:54:21
Re: 『サムライ』 ジェフの指に結婚指輪が / 虎
こちらのサイトです。
http://www.imcdb.org/vehicle_24147-Citroen-DS-21-1966.html
No.1125 - 2008/05/31(Sat) 15:24:57
Re: 『サムライ』 ジェフの指に結婚指輪が / マサヤ@管理人
虎さん、こんばんは。
ドロン氏のプロ意識からいって、うっかりというのは考え難いですが…原因は謎ですね。
No.1128 - 2008/06/03(Tue) 00:30:20
『サムライ』 トリビア / 虎
ジェフが運転する車と女が運転する車が並んで停車中、ジェフの車には雨が斜めに降っているが女の車には雨が真上から降っている。
No.1121 - 2008/05/31(Sat) 00:09:09
Re: 『サムライ』 トリビア / マサヤ@管理人
虎さん、こんにちは。
観客が気の付かない、一種の映画的トリックだと思われますが、両者の対照を印象付ける効果的な雨の使い方のように思います。
No.1123 - 2008/05/31(Sat) 09:54:25
『ゴングなき戦い』 / Faux
 みなさん、こんばんは。 
 アキ・カウリスマキお気に入りの映画『ゴングなき戦い Fat City 』(ビデオ発売のみ。72年)は、一部映画マニアのあいだで、ジョン・ヒューストンの最高傑作、アメリカン・ニュー・シネマの最高傑作という声すらありますが日本での知名度は低いように思われます。
 撮影は『明日に向かって撃て!』のコンラッド・ホール。原作はレナード・ガードナー『陽の沈む街へ』(東京書籍。1991年)。
  『ゴングなき戦い』冒頭抜粋
http://jp.youtube.com/watch?v=18WPJolKc2w
 音楽・歌はクリス・クリスファーソン「ひとりぼっちの夜 Help Me Make It Through The Night」。

Take the ribbon from your hair,
Shake it loose and let it fall,
Lay it soft against my skin.
Like the shadows on the wall.

Come and lay down by my side,
Till the early morning light,
All I'm takin' is your time.
Help me make it through the night.

I don't care what's right or wrong,
I don't try to understand.
Let the devil take tomorrow,
Cause tonight I need a friend.

Yesterday is dead and gone,
And tomorrow's out of sight,
And it's bad to be alone.
Help me make it through the night.

I don't wanna be alone.
Help me make it through the night.

 クリス・クリストファーソンとリタ・クーリッジのデュエット
http://jp.youtube.com/watch?v=45-6duFvfuI
 ジョニー・キャッシュと彼の妻ジューン・カーター・キャッシュのデュエット
http://jp.youtube.com/watch?v=df9lIfWSqTE

 『ゴングなき戦い』のステイシー・キーチとスーザン・タイレルの夕食時の口論の場面(無字幕)
http://jp.youtube.com/watch?v=_MEo0UwLSWQ

 ステイシー・キーチとスーザン・タイレルは『The Killer Inside Me』(76。バート・ケネディ監督)でも共演していますが未見です。
  原作は『ゲッタウェイ』(72)のジム・トンプソンの『おれの中の殺し屋』(扶桑社ミステリー)。撮影は『ローズマリーの赤ちゃん』のウィリアム・A・フレイカーです。
 しかしながら脚色に難があるようで、原作ファンは一様に、この映画に失望しているようです。
  ステイシー・キーチは日本で評価の高い『センチュリアン』(72。リチャード・フライシャー)の警官役も一見に値します。
 スーザン・タイレルは2000年に病気のため両脚を切断した後も仕事を続けています。『ボブ・ディランの頭のなか』(2003)に占い師役で出ています。

 素朴なリアリズム調にも関わらず、あまりに奇妙奇天烈なキャラクターや突拍子もないストーリーのせいか、興行に失敗したもののの、フランスで評価の高いヒューストンの異色作に、フラナリー・オコナーの『賢い血』を映画化した『Wise Blood』(79)があります。北米CriterionからDVD発売予定です。
 オコナーは近年日本で評価が高まっているので、この映画も注目されてもよいのですが。
 撮影は『パリの灯は遠く』(76)のジェリー・フィッシャです。
 主演は『カッコーの巣の上で』(75)のブラッド・ドーリフ(ドゥーリフ)。
  『賢い血 Wise Blood』全編(105分。無字幕。画質悪いです)
http://video.google.com/videoplay?docid=5096839866795721140
 ブラッド・ドゥーリフ日本語ファンサイト
http://www.braddourif.org/
No.1114 - 2008/05/27(Tue) 00:13:30
Re: 『ゴングなき戦い』 / マサヤ@管理人
Fauxさん、こんにちは。
『ゴングなき戦い』の情報ありがとうございます。
ジョン・ヒューストンは、特に60年代以降の作品はほとんど未見ですが、この作品のことも今回初めて知りました。
レンタルも見かけた覚えがありません。
ヒューストンのニューシネマというのが興味深いですね。
もし、DVD化されれば、是非観てみたい作品です。
No.1116 - 2008/05/28(Wed) 10:22:42
Re: 『ゴングなき戦い』 / Faux
マサヤさん、こんばんは。
  『ゴングなき戦い』の北米盤DVDは廃盤ですがAmazon等で中古が買えます。国内盤の出る可能性は低そうですが、レンタル・ビデオはどこかにあると思われます。
 北米の映画マニアの評価を知るための一例として、メルヴィル・ファンと思しきカルト映画マニア(?)のブロガー、マイケル・K氏の年度別トップ・テンより
http://cinemaetceteratoptens.blogspot.com/

1967
1. 『プレイタイム』(ジャック・タチ)
2. 『サムライ』(ジャン=ピエール・メルヴィル)
3. 『卒業』(マイク・ニコルズ)
4. 『少女ムシェット』(ロベール・ブレッソン)
5. 『La Cotta』(中編。エルマンノ・オルミ。Criterion盤『Il posto』に収録)
6. 『暴力脱獄』(スチュワート・ローゼンバーグ)
7. 『The Perfect Human(Det Perfekte menneske)』(短編。ヨルゲン・レス。Koch Lober盤『ラース・フォン・トリアーの5つの挑戦 The Five Obstructions』に収録)
 以下、英語版。
http://jp.youtube.com/watch?v=3R4E1nm6SYw
 以下の日本語記事も参照。
http://cinefilimagica.com/movie/m9/009344.html
8. 『Eye Myth』(短編。スタン・ブラッケージ。Criterion盤『by Brakhage』に収録)
9. 『昼顔』(ルイス・ブニュエル)
10. 『Hot Leatherette』(短編。ロバート・ネルソン)

1968
1. 『ウエスタン』(セルジョ・レオーネ)
2. 『2001年宇宙の旅』(スタンリー・キューブリック)
3. 『フェイシズ』(ジョン・カサヴェテス)
4. 『If もしも....』(リンゼイ・アンダーソン)
5. 『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生 Night of the Living Dead』(ジョージ・A・ロメロ)
6. 『Mandabi』(ウスマン・センベーヌ)
http://jp.youtube.com/watch?v=RojBS699AdM
7. 『黄金の眼』(マリオ・バーヴァ)
 予告編
http://jp.youtube.com/watch?v=lSmTcie3lg4
8. 『夜霧の恋人たち』(フランソワ・トリュフォー)
9. 『ローズマリーの赤ちゃん』(ロマン・ポランスキー)

1969
1. 『影の軍隊』(ジャン=ピエール・メルヴィル)
2. 『Z』(コスタ=ガヴラス)
3. 『ワイルド・バンチ』(サム・ペキンパー)
4. 『明日に向かって撃て!』(ジョージ・ロイ・ヒル)
5. 『イージー・ライダー』(デニス・ホッパー)
6. 『A Day with the Boys』 (短編。クルー・グラガー。Criterion盤『George Washington』に収録)
7. 『マジック・クリスチャン』(ジョーゼフ・マグラス)
 予告編(画質悪いです。リンゴ・スターとピーター・セラーズ)
http://jp.youtube.com/watch?v=szpXshpuAso

70年代
1. 『マンハッタン』(ウディ・アレン。1979)
2. 『ゴッドファーザー』+『ゴッドファーザー Part 2』(フランシス・フォード・コッポラ。1972/1974)
3. 『アニー・ホール』(ウディ・アレン。1977)
4. 『マリア・ブラウンの結婚』(ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー。1978)
5. 『わらの犬』(サム・ペキンパー。1971)
6. 『こわれゆく女』(ジョン・カサヴェテス。1974)
7. 『地獄の逃避行 Badlands』(テレンス・マリック。1973)
 予告編
http://jp.youtube.com/watch?v=NNoPmj6xcE0
8. 『ナッシュヴィル』(ロバート・アルトマン。1975)
 抜粋(キース・キャラディンが「I'm Easy」を歌う場面)
http://jp.youtube.com/watch?v=6KZ8PRWChb8
9. 『美しき冒険旅行』(ニコラス・ローグ。1971)
 予告編
http://jp.youtube.com/watch?v=BoXlgt51Hcc
10. 『仁義』(ジャン=ピエール・メルヴィル。1970)

1970
1. 『仁義』(ジャン=ピエール・メルヴィル)
2. 『M★A★S★H マッシュ』(ロバート・アルトマン)
3. 『砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード』(サム・ペキンパー)
4. 『ファイブ・イージー・ピーセス』(ボブ・ラフェルソン)
5. 『ギミー・シェルター』(デイヴィッド&アルバート・メイズルズ、シャーロット・ズウェリン)
予告編
http://jp.youtube.com/watch?v=t6IfTTnVqSY
6. 『家庭』(フランソワ・トリュフォー)
7. 『激突!』(スティーヴン・スピルバーグ)
8. 『コストニツェ』(ヤン・シュヴァンクマイエル)
9. 『Aristotle』(ストーム・デ・ハーシュ)

1971
1. 『わらの犬』(サム・ペキンパー)
2. 『美しき冒険旅行』(ニコラス・ローグ)
3. 『断絶』(モンテ・ヘルマン)
 予告編(ジェイムズ・テイラー、ウォーレン・オーツ)
http://jp.youtube.com/watch?v=JKcIGPQST9s
4. 『さすらいのカウボーイ』(ピーター・フォンダ)
 予告編(ピーター・フォンダ、ウォーレン・オーツ)
http://jp.youtube.com/watch?v=JV6IrG9Hbg8
5. 『ラスト・ショー』(ピーター・ボグダノヴィッチ)
6. 『ギャンブラー』(ロバート・アルトマン)
7. 『バニシング・ポイント』(リチャード・C・サラフィアン)
8. 『ダーティハリー』(ドン・シーゲル)
9. 『時計じかけのオレンジ』(スタンリー・キューブリック)
10. 『フレンチ・コネクション』(ウィリアム・フリードキン)

1972
1. 『ゴッドファーザー』(フランシス・フォード・コッポラ)
2. 『ゴングなき戦い Fat City』(ジョン・ヒューストン)
3. 『アギーレ/神の怒り』(ヴェルナー・ヘルツォーク)
4. 『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』(ルイス・ブニュエル)
5. 『上海ドラゴン英雄拳 』The Boxer from Shantung』(チャン・チェ、バオ・シュエリー)
 予告編(スウェーデン語字幕)
http://jp.youtube.com/watch?v=NAi75mUySuU
6. 『惑星ソラリス』(アンドレイ・タルコフスキー)
7. 『明日に処刑を…』(マーティン・スコセッシ)
8. 『リスボン特急』(ジャン=ピエール・メルヴィル)
9. 『脱出』(ジョン・ブアマン)
10. 『ゲッタウェイ』(サム・ペキンパー)
No.1118 - 2008/05/28(Wed) 19:40:44
Re: 『ゴングなき戦い』 / マサヤ@管理人
Fauxさん、こんばんは。
『ゴングなき戦い』のソフト情報ありがとうございます。
レンタル店で今後注意して探してみようかと思います。
マイケル・K氏の年度別トップ・テン情報もありがとうございます。
さぞや転載するのが大変だったかと…。
メルヴィル作品の順位が高いのが嬉しいところですが、サム・ペキンパー、ウディ・アレンもお好きな方のようですね。
No.1119 - 2008/05/29(Thu) 23:10:37
Re: 『ゴングなき戦い』 / Faux
マサヤさん、こんばんは。
 『ゴングなき戦い』のレンタルビデオは以下によると、案の定、澤さんがNo.1025でお書きになっていた旧作専門で名高い京都の「ふや町映画タウン」にはあるようです。
http://hpcgi2.nifty.com/omoide/shop/ps_search.cgi?act=cat&cat=10-0011100000

 東京では「アルカディア 江古田店」が登録されていますが、実際はどうでしょう。「13号倉庫」はなくなってしまいました。
No.1120 - 2008/05/30(Fri) 00:37:30
Re: 『ゴングなき戦い』 / マサヤ@管理人
Fauxさん、こんにちは。
『ゴングなき戦い』のレンタル情報ありがとうございます。
大手のところで見つけるのは難しいかもしれませんね。
それにしても、ご紹介のサイトは便利なページですね。
珍しいビデオの在庫にもまたビックリです。
No.1122 - 2008/05/31(Sat) 09:41:02
豆情報 『ぼくの伯父さんの休暇』 / 虎
みなさん、こんにちは。
『ぼくの伯父さんの休暇』にエドワール・フランコム( 『仁義』のビリヤード場の管理人役、『サムライ』のジェフの隣人役 )が出ています。食事中にユロ氏のシャツの袖で口を拭いてしまうことになる人です。この場面はおかしくて笑えました。また、食事以外のときはラジオの前に陣取ってラジオを聞いています。
この作品は面白かったです。ユロ氏を気に入りました。音楽も洒落てました。他のジャック・タチ作品も観たくなりました。
No.1108 - 2008/05/25(Sun) 12:35:24
Re: 豆情報 『ぼくの伯父さんの休暇』 / Faux
虎さん、こんばんは。フランコムについては、No.805で触れておられましたが、No.807で書いたように、ルネ・クレール、ジャック・タチ作品にいろいろ出ているようです。
 「ユロ氏」のキャラクターを確立した『ぼくの伯父さんの休暇』は、日本でヒットした『ぼくの伯父さん』のあとから日本公開されたため、「伯父さん」が出てこないのに、妙な邦題で通っていますが、原題は「ユロ氏の休暇」です。
 タチのキャラクターは、本来は「伯父さん」ではなく、あくまでも「ユロ氏」なのですが、日本では「伯父さん」のイメージが圧倒的に先行してしまっているのが残念です。
 『ぼくの伯父さん』でのフランコムは塗装工の役です。
 『ぼくの伯父さん』には、別テイクの英語版があり、フランスでは2ヴァージョン収録のDVD(2枚組)が出ていますが、日本ではあまり知られていないようです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/minfrance/96602.html
 タチの公式サイト(英語・仏語)
http://www.tativille.com/
 なおタチの『トラフィック』DVD(2枚組特別盤)は北米Criterionから7月に発売されます。特典に「ユロ氏」の歴史を扱った2時間の記録映画も付きます。
http://www.criterion.com/asp/release.asp?id=439
No.1110 - 2008/05/25(Sun) 22:25:05
Re: 豆情報 『ぼくの伯父さんの休暇』 / 虎
Fauxさん、こんばんは。
タチとユロ氏の情報ありがとうございます。
タチの公式サイトは実に楽しい、凝った作りのサイトですね。ご紹介のDVDを欲しくなりましたが、まだリージョン・フリーのプレーヤーを持っていないのですよ。
No.1111 - 2008/05/26(Mon) 00:01:57
Re: 豆情報 『ぼくの伯父さんの休暇』 / マサヤ@管理人
虎さん、こんばんは。
エドワール・フランコムの出演情報ありがとうございます。
ユロ氏、気に入られたようですね。
他のジャック・タチ作品も是非ご覧になってみてください。

Fauxさん、こんばんは。
ジャック・タチがらみの情報ありがとうございます。
『トラフィック』は個人的にタチの作品で一番好きな作品かもしれません。
No.1113 - 2008/05/26(Mon) 23:47:42
Re: 豆情報 『ぼくの伯父さんの休暇』 / Faux
マサヤさん、こんばんは。
  タチの『トラフィック』には国際的にも有名なオランダの国民的記録映画作家ベルト・ハーンストラ(16−97)が協力しています。ハーンストラのDVD全集(10枚組)は没後10年にあたる昨年、蘭Just Entertainmentから昨年発売されました。英語字幕付き。
http://www.berthaanstradvd.nl/
 『動物園 Zoo』(61)パート1
http://jp.youtube.com/watch?v=700JtwiPrlQ
 『動物園』パート2
http://jp.youtube.com/watch?v=vUfsd69iu9Y
 『ガラス Glas』(58)
http://jp.youtube.com/watch?v=7sLdoV1mQuc
No.1115 - 2008/05/27(Tue) 21:09:39
Re: 豆情報 『ぼくの伯父さんの休暇』 / マサヤ@管理人
Fauxさん、こんにちは。
『トラフィック』、ベルト・ハーンストラの情報ありがとうございます。
ご紹介のYouTubeを観ましたが、作品のタッチ、対象の捉え方にタチと近いものを感じました。
No.1117 - 2008/05/28(Wed) 10:29:06
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ... 34 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - メール - 環境設定 -

Rocket Board Type-LK (Free) Rocket BBS