326800
♪配偶者の会♪井戸端掲示板

パートナーにアスペルガー症候群を持つ、配偶者のための掲示板です。
最初は愚痴ばかりになるかもしれないけど、
何年か後には、『発達障害者支援法』の13条・家族の支援〜
にまでつなげられたらと思います。

≫もちろん、配偶者以外の方・当事者の方の書き込みもOKです!≪

※ この掲示板では、私は管理人ではなく、単なるひとりの投稿者でいるつもりです。
投稿に対して、返信を必ずする、とは限らないのでご了承ください。

※ 【質問や相談のための掲示板】を新たに設置してみました。
 URLは http://bbs.avi.jp/208621/ です。ご利用ください。

※ 投稿の仕方は ↓ の【ヘルプ】を参照してください。
※ ↓ の【HOME】から、母体のブログへ行けます。 

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
 
 
不思議でなりません / さちりん
こんにちは。偶然こちらのサイトを発見しました。私は離婚したのでここに書き込む権利はないかも知れませんが

元旦那は三年前より職場のストレスでうつ病と診断され休職していました最初はしばらく休んでいたらよくなるかな?と思っていましたが休みが長くなるほど働かないことに楽を覚え公務員の休職手当てという甘い蜜をすいまったく復帰するつもりもなくなり もらえ

るだけもらって辞めるといいだしました。

二歳の子供がいるのにです。だから私がそれを否定すると『実家の両親に養ってもらうからあんたたちとは関係ない』といって実家に帰る日がずっと続いていました。子どもは認知したくなかったから自分には責任がないと言うのです。それは休職する前からで私が妊娠がわかってすぐのときも自分の場が悪くなると 勝手に作りたくて作ったんだろう。認知しないと言われたこともありました。

だから うつ病うんぬんではないと思ってました。何か都合が悪くなれば人にたいして傷つけることを平気で言う じぶんに責任があることを嫌う 親も70代で高なのに養ってもらうだなんてさきのことを考えてません。

彼の両親にも息子の病気がよくならないのはあんたが優しくないから優しくしたら元気になるといつも私のせいにされました。もうこれ以上関わると私がつぶれると思い距離が必要だと思い彼や両親にも伝うました。でもそれが面白くなかったようで家から荷物を運び住民票も実家にうつしてしまいました。離婚届も送られてきました。だけど養育費は払いたくない子どもは自分には関係ないからといいました。だから何ももらわず離婚しました。これ以上関わると私がつぶれると思いました。

するとそのあと彼が海外旅行に二回行くことがわかりました。公務員休職中ですよ。親もそうしたら病気かよくなると思ってるようです。周りはあきれ果て構わなくなりました。

私は未だに不思議でなりませんこの人たちは何だったのかと。うつ病と診断されてますがそうとは思えないのです。知り合いからは彼を見てたらアスペルガーみたいだと言われたこともありました。

離婚して解放されたあ部分もありますが 本当に何だったのかと脱け殻の気持ちもあります
No.7398 - 2013/12/30(Mon) 15:33:37
 
 
 
 
Re: 不思議でなりません / 通り雨
お気持ち同意します。
私も離婚を経験していますので、今は苦しめられることもほとんどないです。
解放されましたが、本当に何だったのか・・・と思うことがあります。どれだけ考えても理解できないです。
やはり愛情が薄く、子供に会うことも離婚後ありません。
どうして自分が会いに行かなければいけないのか?と発言したほどです。
裁判によって決められた養育費は多少のじらしがあるものの、払ってくれています。
ルールを守ることは盲目的に遂行するような気がします。
道理が全く通用しない人たち・・・それがアスペであるような気がします。
私もあのまま一緒にいれば今頃は壊れきっていたと思います。
解放されること、できることは良いことなんだと思います。
No.7399 - 2013/12/30(Mon) 21:21:19
 
 
 
 
新聞社に発信しません​か? / むー
 昨日の毎日新聞にアスペルガーの記事が出ていたので、書き込みさせてください。

 09年に英国のオーディション番組から世界的スターになった英歌手スーザン・ボイルさん(52)が、8日付英紙オブザーバーとのインタビューで、発達障害の一種、アスペルガー症候群と診断されたことを明らかにしたのを受けたものです。

【記事】http://mainichi.jp/shimen/news/m20131229ddm013040016000c.html
    (会員登録しないと全文読めないそうです。一応、概要を書きます。)

 この「くらしナビ」のコーナーでは、取り上げてほしい話題やテーマを募集しているので、意見を送ってみませんか。

●毎日新聞「くらしナビ」
 kurashi@mainichi.co.jp


 社会的認知を進めるチャンスだと思うのです。どなたかが書かれていましたが、アスペルガー症候群をめぐる問題は、社会の変化・理解が不可欠です。

 カサンドラ症候群の人も、アスペルガー症候群の人も、それぞれの思うところを発信しませんか。

 誰にもわかってもらえない問題だからこそ、当事者が声を上げないと、いつまで経っても理解されないのではないでしょうか。

 社会を動かすには「数」が必要です。苦しくてできない方もいらっしゃるかもしれませんが、可能ならば、ここに書き込むつもりで、メールしてみてはどうでしょうか。

 わかってもらえないかもしれません。すぐには変わらないかもしれません。でも、小さな声でも、上げないよりはいいと思うのです。

 以下、記事内容概要です。

* * * * * * * * * * *

毎日新聞 12月29日(日) 朝刊10面 くらしナビ
「アスペルガー症候群ってどんな障害?  自閉症の一種。気付かれずに誤解も」


Q アスペルガー症候群って?

 A 先天性の発達障害、自閉症の一種。高い知能があるが、社会性、コミュニケーション、想像力の「三つ組みの障害」がある。(具体例)


Q 先天性でも大人になるまでわからない?

 A 知的障害や言葉の遅れがないため、本人も周囲も気付かないことが多く、当事者は誤解を受けやすい。


Q 誰が診断?

 A 基本的に精神科医。子どもの診断は進んでいるが、大人の診断の歴史は極めて浅い。病院選びは慎重に。


Q 治せる?

 A 個性であり「治す」べきものではない。「診断を受けて人生は変わらないが、周囲が私をもっと理解してくれるでしょう(スーザンさん)」


Q 人付き合いが難しいのに歌える?

 A 対人関係を築くのにエネルギーが要るが、スーザンさんの歌が感動させるのは聴衆と心が通じ合っているから。周囲の理解があれば得意分野で高い才能を開花できる。


Q 周りにいたらどうすればいい?

 A 曖昧な表現は苦手なので具体的に伝える。優先順位を明確に伝える。(具体例)

* * * * * * * * * * *
No.7397 - 2013/12/30(Mon) 08:15:07
 
 
 
 
疲れました。 / ゆう
こんにちは。

心がとても疲弊していて今、呆然としています。

主人がカウンセラーさんからアスペではないかと
言われここに書かせていただいたり
皆さんのお話も毎回読んでいます。

結婚して6年、別居して4年。
5歳児がいます。

毎回、いろいろな事に悩み本当に努力しましたが
共感してもらえず…。
それでも努力してきました。
でも、限界が来て
離婚の話をし離婚届けを送りましたが
電話だけでこちらに来る事なく
そのまま。

私は毎回死にたくなりました。
でも、死ねませんでした。

カウンセラーさんや市役所の方との
相談を経て
今日、勇気を出して
裁判所に離婚の申し立てをしてきました。

今後の調停や主人から何を言われるかと
思うと恐くてたまりません。

本当に疲れて今、背中が痛いです。
早く、自由になりたいです。

何故、付き合っている時に気づかなかったのか
何をしても報われない自分に
疲れました。

誰かに話したい…
けれど、今は話す力もない…。

いつか元気になる日はくるかな?
No.7366 - 2013/12/25(Wed) 16:58:53
 
 
 
 
Re: 疲れました。 / C子
ゆうさん、こんばんは

離婚に向けて一歩踏み出されましたね。

私も夫に調停で会うのが怖かったです。

それは私が顔を見るのも嫌なほど夫を嫌っていたのに、何故か夫が私に執着していたからです。

あれほど、私に罵詈雑言を浴びせにもかかわらず・・・・・

弁護士と親戚のおじさんが付き添ってくれたのが救いでしたが、あなたもできれば弁護士さんか、身内の人についてもらったほうがよいでしょう。

4年も別居しておられるのですから、お子さんも父親の居ない生活になれておられるでしょうし、後はあなたの心次第です。

話の通じない相手ですから、不利な条件になるかもしれませんが、とにかく離れることが先決です。

不毛な関係は何も生まず、負の遺産を残すのみです。

70歳を過ぎた今、20代の決断の正しさを噛み締めています。

あなたもきっと幸せになれます。

死にたいと思ったことを笑える日がきっと来ることを、経験者として保障します。
No.7373 - 2013/12/26(Thu) 21:40:21
 
 
 
 
Re: 疲れました。 / 通りすがり
横から失礼します。

私がいうまでもなくC子さんのキッパリした言い方は、C子さんと同じ道を自分で選んで歩き出した人にとっては、勇気づけ背中を押してくれるものだと思います。
(ゆうさんも?)
C子さんはこの問題に限らず、そのようにして喜ばれたり感謝されたりしたことが少なからずあったのではありませんか?

ただC子さんの周りに、自分で選ぶことのできないタイプの人たちが多い場合、わりと日常的にこの言い方が通っているかもしれません。
(時代もあるでしょう)
でもここに来ている人たちは、ここにたどり着くちからがあり、かきこむ
ちからがある人たちですから、苦しくても自分で選ぶちからのある人たちと信じて対応するのがいいと私は思います。
No.7384 - 2013/12/28(Sat) 08:11:18
 
 
 
 
Re: 疲れました。 / 通りすがり
私だけではないと思いますが、今回のやりとりで皆さんが書いてくださったことで参考になることが少なくありませんでした!

素直な愚痴、色々な経験や思い、ありがとうございます。

どうかお疲れの時はお休みもとれますように。
No.7385 - 2013/12/28(Sat) 08:38:33
 
 
 
 
Re: 疲れました。 / ゆう
すみません。
何か、私の離婚話でいろいろと混乱
させてしまったでしょうか?
私も、離婚を決断するのにとても悩みました。
なかなか何年も話し合いにならない事で
とても勇気がいりましたがカウンセラーさんに
決断をした話をしたその重い足で裁判所に
向かいました。1人でとても心細く、裁判所の方の
事務的な対応に傷つきながら申し立て書を
2時間もかけて書きました。
とても疲れて…。
ここだったら分かって貰えるのかなと思い書きました。
私は強くはないのです。
自己肯定感も低く、ずっとふさぎ込む毎日です。
No.7391 - 2013/12/28(Sat) 21:15:49
 
 
 
 
Re: 疲れました。 / Maria
ゆうさん

ここは悩み、混乱したカサンドラたちが本音で語り合う場所だと思います。混乱はゆうさんのせいではありませんよ。ゆうさんのお話は、私のこれから行く道、なるべくもめずにいろいろな事がうまくいくように見守り、祈っています。

自分の意志で難しい決断をし、実行にうつしたゆうさんは強い方だと思いますよ。今は長年のご自分の苦労をねぎらって、美味しいものを食べてゆっくり休んでくださいね。
No.7396 - 2013/12/29(Sun) 21:18:51
 
 
 
 
これって本当ですか?? / みやび
精神医療の歴史
産業廃棄物のリサイクル=医療用薬物http://www.youtube.com/watch?v=ytRrZbvcP7U#t=06m12s

脳に損傷を与え後遺症を残すロボトミー治療法http://www.youtube.com/watch?v=82ociwwuw48

チューインガムのように薬物を宣伝する製薬会社http://www.youtube.com/watch?v=asHYSLF-Jic

薬物ロボトミーと遅発性ジスキネジアhttp://www.youtube.com/watch?v=ZGUelP60-Mc

精神医療と裏で繋がる製薬会社http://www.youtube.com/watch?v=MB5bwYtM9DE

多剤投与開始http://www.youtube.com/watch?v=TtjZJVd5CYc

薬物依存症発生http://www.youtube.com/watch?v=lHUIgMyFfW0

精神科医の誤診により死亡http://www.youtube.com/watch?v=z8PLvlFaRnM
No.7389 - 2013/12/28(Sat) 16:29:33
 
 
 
 
今日もまた / エクレア
こんにちは。
今日もまた夫に振り回されてしまいました。愚痴です。

以前から末っ子と夫とで映画を見に行く約束をしていたのが今日で、昨夜の時点で「何時に行くの?」と夫に聞いても、はっきりした返事はありませんでした。

朝7時過ぎに起きてきて、「8時に出発するから!」と言い出したので急いで朝食の準備。出掛けに「お昼は末っ子と食べてくるから、要らない」と一言。すでに昼食用の食材を用意してあったのですが、仕方がないので翌日に回すことにして、私は1日フリーになったのでのんびりしていました。

ところがなぜかお昼前に帰宅。そしてなぜか大量のお好み焼き&たこ焼きを持って。夫曰く「末っ子が食べたがったから」と。
せっかくの自分の時間を中断して、昼食タイム。
当然余るので、また夜食べることに。いつものように「今食べる分だけ買ってきてね。粉ものは出来たてが一番おいしいから、お店で食べたらいいよ」と話しても、今日も理解できていない様子。

食べるだけ食べたら、また末っ子と出掛けて行きました。
どうしてわざわざ一旦帰ってきたのかは不明。そして、こうやって冷蔵庫はどんどんいっぱいに。

せっかくの休日、本来なら家族そろって過ごせるといいし、私に一人の時間をくれるのなら、中途半端に帰ってこないでほしい。

そして本来、今夫は次男の事を考えたり情報を集めたり、夫婦で今後の事を話し合ったりすることが一番必要なはずなのに、なぜ末っ子とばかり行動したがるのか…。

それとも、こんなことで「振り回された」と愚痴ってないで、普段忙しい私に少しでも一人の時間をくれたことや、お昼の準備も夕食の準備までしなくてよくなったことを、私は喜ぶべきなのでしょうか。
No.7388 - 2013/12/28(Sat) 15:52:32
 
 
 
 
人それぞれ‥ / JK
かんなさん はじめまして。JKと申します。
お辛い時期ですね‥私も通ってきた道ですよ‥

夫とは25年。子を支配したがる母とは50年の付き合いです。
今は夫と別居して約三年が経ち、ようやくブラックホールから抜け出せたところです。
難病の子供がいたり、いろいろ事情がありすぎるので、私には夜明けはこないとあきらめていたのですが、夫と離れることで、徐々に、全てが好転しました。
発達障害の勉強をするようになって五年ほど経ちます。
うちの夫は未認証の、積極奇異型ASです。家庭を守りたい‥と長年、耐えて対応してきました。愛情はありました。
でも、夫は、仕事や家庭や女性問題やらで、とうとうキャパ越えしてしまい、暴力までふるうようになり、反抗期を迎えた子供にも自分に逆えば容赦なしでした。
自己反省することができない夫は暴力さえも自己肯定し、「ここまで自分を追いつめたお前らが悪い」と思っています。
外の世界では、温厚で、優秀な立派な人間と思われています。
私はカサンドラ愛情剥奪症候群でした。
ちょぴり先に元気になった私が、貴方に何か、アドバイスして差しあげられるとしたら‥私が知り得たことですが‥

定型であろうとなかろうといえるのですが、
人は、同じ文章や、映像を目にした時、その受けとめ方や解釈が、皆それぞれで、同じではないということです。
同じ人間でさえ、その時の精神状態で受けとめ方は、違うと思います。

特にアスペルガーとADHDは、物事の捉え方が全く違い、真から交わることはないようです。
Asの 人が診断を受けたからといって、私たちに都合よくは変わることはないかと。Asさんにもいろいろな方がみえるとはいえ 期待は全くしないほうがよさそうです。
定型さんにもADHDよりの方とAsよりの方がみえると思うので、みなさん考えがちがって当然ですよね。
( 私は、全ての人間が多少なにかしら特性があると思っています。)

誰でも、 反対意見を言われるとつい耳を塞ぎたくなるけれど、あえて聞いて考えてみるのもいいのかな、と思います。

Asの人は子供が生まれたら、より大変。
年齢とともに特性が強くなる。50すぎると特にひどい。
愛着が冷めると、びっくりするほど冷めてしまい、妻や子供を簡単 に放り出し、自分の世界を大切にする。
この辺りは共通される方が多いようです。

結婚生活を何十年も続けることは、相当な覚悟が必要です。
正直いって、人生リセット可能な立場のかたが羨ましいです。

私もあなたも、自分で自分をコントロールする努力をしていきましょうね。
C子さんのおっしゃることは、時に、ストレートで度肝を抜かれますが、
正論だとは思います。今の私達には必要な意見なんでしょうね。
私なんて、今だに親から理解されず、我慢せよ、離婚するな、と言われ心乱されているので、「自分の娘だったら離婚させる」とあり、読んでスカっとしました。笑
私は二度、大病を患ったので、これからは、細胞が喜ぶ生き方、考え方をこころがけるつもりです。
かんなさんがお元気になられますように‥どうぞあせらずに‥
No.7383 - 2013/12/28(Sat) 03:42:06
 
 
 
 
Re: 人それぞれ‥ / Maria
JKさんのおっしゃること、すべてその通りだと思います。JKさんは私と同年代、結婚生活も同じくらいです。人生をリセットできる年齢の方、私も正直うらやましいですよ。自分の運命をやっと受け入れることができるようになり、これで良かったのだと思えるようになっても、やはり羨ましいです。

かんなさんの心の痛みが早く軽くなりますように。心からの笑顔で毎日を過ごせる日が、早くきますように。
No.7386 - 2013/12/28(Sat) 11:16:26
 
 
 
 
(No Subject) / かんな
こんばんは。最近仕事でいろんな人に傷つくことを言われ、ちょっぴり心が折れています。夫にわかりやすい方法で話しても、聞いてもらえないというか、内容さえ覚えていないようで、話しても仕方ない、、、と諦めてイライラしてしまいます。夫がアスペルガーじゃなければ。他に相談する相手がいれば、、、とさみしい思いがまた出てきました。アスペルガーの配偶者を持つ人は、みんなさみしい思いをしなくちゃならないのかな。なんで?と悲しくなります。でも、嫌いにはなれないし、離婚も考えられない、、。うちは、子どもがおらず、夫婦2人で暮らしているので、他に話し相手もおらず、どツボにはまっている時は本当に辛いです。
夫がアスペルガーじゃなければ、診断されなければ、私はもっと自由に物が言えたのに!!と、またまた初めに戻ってしまいました。夫は今、完全に診断の上にあぐらをかいている状態で、努力する前に、できない、とはっきり言うので、それを言われると私は何も言えず諦めるしかなくて本当にしんどいです。助けて!って大声で叫びたいです。
誰か、助けてください、、、。
No.7346 - 2013/12/21(Sat) 20:31:27
 
 
 
 
Re: / ゆう
かんなさんへ

お久しぶりです。
以前、共感していただいたりして
とても嬉しかったです。

あれからも かんなさん
いろいろとあるのですね。

最後の 『誰か助けて下さい』という
気持ち痛い程わかります。
自分なりにいろいろと努力しても
報われないというかどんどん
負のスパイラル 、ブラックホールに
落ちていくのですよね?

なかなか分かって貰えず、人に話せませんよね。

かんなさん、大丈夫ですか?
とても心配です。
No.7361 - 2013/12/24(Tue) 12:22:18
 
 
 
 
Re: / かんな
ゆうさんへ

ありがとうございます。大丈夫、、あんまり大丈夫じゃないかもです。
日曜日に実家で、妹夫婦と甥っ子に会いました。妹夫婦も、旦那さんはおしゃべりな人ではありませんが、うちの夫とはかもし出す雰囲気が違うなあと感じました。妹の話すことに、ちゃんと意味のあるレスポンスがあり、会話が成り立っている、、。当たり前の事がうらやましく感じました。家に帰るのがちょっぴり嫌になっちゃいました。試しに、帰ってから、その日に合った事を、夫に話してみると、ほとんどの話に、帰ってきたセリフは、「うん」のみ。話しかけるのが無駄に思えて更に悲しくなりました。。普通のコミュニケーションが毎日とれる。それって1番癒される事なんだろうなあ。私はあきらめないとうまくやっていけないのかなあと、今、少し悲しいです。
No.7368 - 2013/12/25(Wed) 22:49:04
 
 
 
 
Re: / C子
かんなさん、こんばんは

ごめんなさい。

私はあなたが理解できません。

それほど苦しみながら、嫌いになれず、離婚は考えられないとおっしゃる・・・・

子供も居ないのに・・・・・

どんなに好きで結婚しても、凄まじい現実の前には、百年の恋も冷め果てるのが普通の人です。

愛する人の心変わりに苦しみながら、未練が断ち切れない苦しみなら理解できます。

相手が普通の人で、一緒に居て辛くない人なら、簡単には嫌いになれないことが分かるからです。

私は冷たい人間なのかもしれませんが、日常生活で苦しめる相手を好きではいられません。

最後は殺意を感じるほど元夫を憎んでいましたから、あなたの苦しみは、私とは全く次元の違うものなのでしょう。

別れたくないなら、現実を受け入れて諦めるしかないでしょうが、それで不幸になっても、あなたの選んだ道なのです。

私があなたの母親なら、娘にそんな不毛な結婚を続けて欲しくないですが、夫婦は百景、他人が口出しできないものだということが、よくわかりました。

きつい言い方で、お腹立ちでしょうが、私のような感じ方もあるということを知ってください。
No.7374 - 2013/12/26(Thu) 22:09:19
 
 
 
 
Re: / かんな
C子さんへ

人にはそれぞれ、違う感じ方がありますね。だから、人間関係は難しいのかもしれませんね。

私が毎日の夫との生活に疲れても、離婚は考えないのは、私の複雑な幼少時からの色々な出来事が複雑に絡んでいるからなのです。
私は、幼少時、今の時代の子どもなら、完全にADHDと診断されたんじゃないかと思うぐらい落ち着きがなく、変わっていて集団から浮いた状態の子どもでした。幼稚園、大学までの全ての学校で、私はいじめを受けて、完全にひとりぼっちでした。当然、自己肯定感なんてかけらもありません。大学に入って友達ができても、嫌われないように、自分を振り返って反省して、自分を罵倒する毎日。夫とは大学の時に知り合い付き合い始めましたが、生まれて初めて、はっきりと私を好きだと言ってくれた人でした。少しだけ、初めて救われた気がしました。結婚してすぐに私がひどいうつ病になった時も、仕事を早退して面倒を見てくれました。
そういうところもある人なので、私は未だに夫の診断自体を受け入れられていないところもあると思います。だけど辛い時や、嬉しい気持ちを共有できないこともわかってきて、そんな複雑な気持ちの中にいるのです。
また、私の今の職場は、一般の会社とは異なるところで、1人でやって行くには収入が足りません。これから減る可能性もあります。それに、もうひとりぼっちにはなりたくない。夫と別れたら、幼少時からの色々な事で人付き合いが少し苦手になってしまった私にふたたび一緒にいてくれる人が見つかるとは思えません。アスペルガーの特徴の部分以外では、穏やかな人ですし、、。
ひとりぼっちが嫌なら実家に帰って暮らせばいいじゃないかという声が聞こえてきそうですが、私は母に対しても複雑な気持ちがあり、母とはたまに会うのは良くても一緒に暮らしたくはありません。私はうちを出るまでずーっと母のあやつり人形でした。母には逆らえない。激しく怒りをぶつけられるから。過干渉が行き過ぎる母で、母もまた、独特な価値観を持った人で、毎日一緒にいるのは夫より無理かもしれません。
今、うつの治療の一環でお世話になっているカウンセラーさんは、私がこうされたら嫌だ、こうして欲しい、というのをうまく伝えれば、コミュニケーションが全く取れない事はないと教えてくれました。上手い話し方も教えてくれています。
いろんなことが重なって、私はまだ離婚や別居は考えられないのです。もともとは穏やかで優しい人ですし、診断にあぐらをかいている状態でなくなれば、今より少しは良くなるかも、と期待もあるのです。だけど、そんな中だからこそ電池切れで辛くなる時もあります。
そんな時に、私はここの皆さんに自分の気持ちを書かせていただいています。夫婦それぞれ、いろんな選択があるのだと私は思います。
離婚を考える人、考えない人。どちらも良いとか悪いとかなく、その方の選択だと思います。C子さんのメッセージ、私は少し傷つきました。悲しくなりました。でも、もしかしたら、アスペルガーの夫と離婚を考えられないという人は私だけではないかもしれないと私は思います。そういう方も、C子さんの私へのメッセージを読んで傷ついているかもしれない。私はそう思います。

ここに来れば状況は違っても話は否定されずにできる場だと思っていました。なんだか悲しいです。
ここでも悲しくなるのなら、しばらくここを離れていようかと思います。

みなさん、ありがとうございます。

少したって、気持ちが落ち着いたらまたきます。
No.7375 - 2013/12/27(Fri) 00:51:21
 
 
 
 
Re: / C子
かんなさん

やはりそうでしたか。

私があえてきつい言葉で、あなたを傷つけるようなことを言ったのは、あなたの境遇の原因を知りたかったからです。

猫アレルギーの人が猫が可愛いから手放したくない。でもこのアレルギーは苦しい、助けて!と言っても、アレルゲンの猫がいる限り、いかなる名医もその患者を救うことはできません。

今のあなたはそのアレルギー患者のように思えました。

私も母との関係には悩まされました。

私の母も過干渉で身勝手な人で、早く見合い結婚したのはその母から逃げたかったからで、そんな結婚が失敗したのは当然で、ある意味、元夫も被害者だったかもしれません。

元夫は、私が病気でも、起きて食事を作れという人でしたから、あなたの夫は、はるかに好い人です。

結局、私はその母の元に戻ったのですが、私は母が四十代で産んだ末っ子だったので、夫との結婚生活と母との生活の長さを天秤にかけて、母との生活を選びました。

また、母の過干渉のほうが、夫のわからずや振りよりましだったからです。

あなたは一人の孤独が恐ろしいのでしょうが、私は子供のときから一人でいることが好きでした。

それも母が原因だったかもしれません。

一人ひとり、性格が違うのですから、受け止め方も違います。

でも、過去は変えられず、人は常に未来を目指して生きていくしかありません。

とにかく、あなたは夫を愛しておられる。

また愛することができる優しさも夫は持っておられる。

それって、思いやりのかけらも夫からかけて貰えなかった私からみれば、素晴らしいことです。

当時の私は男女の愛情なんて、信じられなくなっていましたし、男性不信はその後も長く続きました。

カウンセリングであなたが自己肯定感を取り戻されることを願って、私のほうがこの掲示板から撤退します。

私の性格の単純さは、こちらの人たちを傷つけてしまうからで、あなたをはじめ、他の方たちも傷つけたのなら、改めてお詫びします。

でもこれだけは言わせてください。

自分を救えるのは、自分しかいないのだと。
No.7377 - 2013/12/27(Fri) 11:01:29
 
 
 
 
Re: / 通りすがり
かんなさんへのたび重なることばに驚いています。
私には 、C子さんが謝っているというより、言い訳にしか聞こえないのですが…

もちろん 一部真実が含まれていると思います(一人一人性格が違うとか、
自分を救えるのは自分しかいないとか)
でも、これでは事実にこだわるあまり、状況や人の気持ちへの配慮が足りないのではないでしょうか?
(文章の出だしと最後はインパクトが強いと思います)

自戒を含めて書きますが、100か0か的な思考は気をつけたいものですね。

余計なお世話だったらごめんなさい。
No.7378 - 2013/12/27(Fri) 12:18:04
 
 
 
 
Re: 元気を出してくださいね / Maria

かんなさん

ここでは思いのたけをそのまま打ち明けていいのですよ。どうかまたお話をしてください。残念なことに、理解のないレスがつくことはありますが、気にしないでまたなんでも話してください。ここには共感を持ってただあなたの話を聞いてくれる人がたくさんいます。全員でないかもしれませんが、たくさんいますよ。

私はACで、ADHDです。かんなさんと驚くほどよく似た思いを持ってアスペルガーの夫と20年以上暮らし、この一年は別居しています。私にはかんなさんの気持ち、痛いほどわかります。C子さんは私の記憶が確かならば、結婚一年でさっくり離婚された方ですよね。ACではなかったと思います。わたしやかんなさんのように、ACでADHDの女性とアスペルガーの男性の組み合わせは特殊です。常識では計り知れない、切っても切れない強い結びつきが生じるからです。

どんなに辛い思いで暮らしても、実家よりはずっとまし。ACは強い見捨てられ不安があり、自分ひとりではやっていけないという自己評価の低さがあるので、ひとりぼっちになるよりは辛い思いをしたほうがまだましだと思うので、考えられないような犠牲を払ってなんとか彼とうまくやっていこうとするのです。何度失敗しても、こんどこそ、と努力してはがっかり、の繰り返しでも。どうしても彼との幸せを諦められないのです。たったひとり、あなたを本当に必要としてくれる人。どうしてそんなに簡単に捨てる事ができるでしょう。どんなに辛くても、できないのです。

そしてそのような強い共依存と、自己犠牲を伴う究極の愛は似て非なるものであり、同時に同じものでもあるのです。たとえ彼があなたの望む形の愛を差し出す事ができなくても、それでも彼を愛し、彼の幸せを願う強い思い。それは病的な共依存であり、同時に究極の強い愛でもあるのです。決して他人が「そんな辛い思いをするならすぐ別れなさい」なんて軽く言えるようなことではないのです。尊くて、強い愛なのです。そんな強い愛をもつご自分をほめてあげてください。

20年以上の努力を経て、今わたしは離婚をする決心がやっとついたところです。それでもまだ迷いがあります。離婚を切り出した時、彼が悲しむ様子を想像すると涙がでます。このまま私が我慢して、添いとげようか、と思う気持ちと、自分には幸せになる価値がある、という気持ちをまだいったりきたりしています。

でも気持ちは揺れながら、離婚する方に少しずつ動いて行き、もう我慢する方向に戻らないところまで到達しました。別居して心身が健康になっていくにつれて、もやが晴れるように真実が見えたので、やっとあきらめがついたのです。本当に彼を愛しているなら、彼のそばにいる事を選んだかもしれません。彼は年を取るにつれ、変人度もあがっていますが、同時に私自身が癒されるにつれて、自分の希望をうまく伝える事ができるようになり、彼も努力してくれて表面的にはずいぶんうまく行くようになったので、自分の幸せさえ諦めれば、それなりに穏やかに暮らしていくことは可能かもしれません。

でも私は最初から彼を愛してはいなかった、という事に気付いてしまったのです。彼に男として惹かれたことは思い返してみればありませんでした。彼に自分の存在を強烈に求められたことが、自分に存在意義を与えてくれた、それが私の救いだったのです。彼との生活を思い出して、彼との「本当に楽しい幸せな思い出」が、婚約したときだけだったということに気付いてしまいました。あとは、楽しいはずなのに、楽しめない、何かイライラした思い出ばかりです。家族のイベントでも、子供が楽しそうにしているのを見て本当に嬉しかったですが、私自身は心から楽しんだことはありませんでした。

離れてみて健康になって冷静に考えているうちに、怒りや恨みはなくなり、彼に対しては私をこんなにも必要としてくれて、実家から連れ出して新しい世界に連れて行ってくれたこと、子供にとってはいい父親でいてくれたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。それならば一緒にいればいいではないか、やり直そう、と思って、最近しばらく同居してみたのです。そして、私の彼への気持ちが完全に終わってしまったことを確認してしまいました。

そして、彼と一緒にいるかぎり、彼の甘えに自動的に答えてしまって面倒をみてしまい、自分のために時間やエネルギーを使えないし、彼は私のためを思って、善かれと思って私をコントロールしようとするので、私は自分の人生を生きる事ができないのです。「君のやりたいことをサポートするよ、がんばって」と優しい事を言ってくれるのですが、それなら、と喜んで仕事に打ち込もうとすると、それが彼の思ったとおりの事でないとあまりいい顔をしない、というダブルバインド。彼の言葉が信頼できないなんて、もうダメだと思いました。

傷つき、病んで恨みでいっぱいだったときは私の苦しみばかりを考えていましたが、健康になってみると、彼が本当に私を愛してくれていることもわかり、彼が私に愛されないことで苦しんでいることもわかるようになりました。彼は私の望むものを与えることができませんが、私も彼の望むものを与えることができないのです。これ以上一緒にいることはお互いのために良くないことだと思いました。

私がどんなに彼と幸せになりたかったか、もちろん彼を含めて、誰にもわかってもらえることはないでしょう。20年を超える私の結婚生活、悲惨と思う人もいるでしょうけれど、わたしはどんなに辛いことがあったとしても、彼と結婚してよかったと思います。私の望む形でなくても、こんなにも愛してもらったことを幸せに、誇りに思います。彼が今ひとりで気に入った場所で暮らして、気に入った仕事で幸せそうにしているのを見ると、本当に嬉しいです。彼は自分の夢が叶った事、私の助けに対して心からのありがとうを言ってくれました。私は自分の事のように嬉しく思いました。私たちは必然に迫られて出会い、一緒に長いこと修行して、今お互いから卒業していくのかもしれません。

それは寂しいけれど、なにかやりとげた達成感のある不思議な感じです。通常の離婚とは随分違うものだろうと思います。これを書いていて涙が止まらなくなりました。何に対して泣いているのか、わかりませんけれど。嬉しいのか、悲しいのかもわかりません。ただ、ほっとしています。

かんなさんの20年後はどんな風でしょう。毎日の積み重ねの結果である未来の生活を想像することで、現状を客観視することができるかもしれません。私の体験が何かのご参考になったら嬉しいです。
No.7379 - 2013/12/27(Fri) 15:14:47
 
 
 
 
Re: / 匿名
ここは、どこにも行き場のないカサンドラが辿り着く“最後の砦”であってほしいです。

かんなさんは、苦しい中でも他の方を思いやりながら、こうして返信される力をお持ちです。行動できる力を、お持ちでいらっしゃいますよ。



C子さんは離婚を決断された方を激励し、そうでない方には離婚を強く勧められます。

ゆうさんへのコメントに「70歳を過ぎた今、20代の決断の正しさを噛み締めています。」とあります。

表現の仕方は違えども、C子さんもまた、自己肯定感を求めてここに来ていると見受けられます。自分の決断は間違っていなかったと確認するために。離婚しない人を見ると、自分の選択した道を否定されたように感じるのではないでしょうか。

カサンドラというものの傷は、それだけ深く治りにくいものなのかもしれません。
No.7380 - 2013/12/27(Fri) 16:54:27
 
 
 
 
Re: / なな
あえて人を傷つける。私たち定型がときに使うやり方ですね。でも、何かを知りたければ「もし差し支えなかったら話してみませんか?」とまっすぐにそれを聞く。もちろん決して無理強いはしない。(そんな権利は誰にもありませから。)そうすれば、お互いに傷つかずに真っ直ぐな気持ちで話し合うことができる。私が夫となんとか話し合いができるようになろうと必死になっていた時にたどり着いたとってもシンプルなコミュニケーション方法です(相手が悪意を持っている場合には使えませんが)。

誰かを傷つけようと思うとき、それはその人自身が何か傷を負っているのでしょう。そして、その傷は、傷つけたい相手のせいではないことも多々あります。それもまた痛ましいことです。でも…もうすでに十分に傷ついてここにたどり着いた者同士が傷つけあうのは悲しいですね。

かんなさん、とてもとても傷つきながら、困りながら、悩みながら、それでもその相手を愛する気持ち、私もよくわかりますよ。私もそうでしたから。私も親との関係は悪く、子供を道連れに死のうかなどと悩んでいた時も、親元にだけは帰る気はありませんでした。帰るくらいなら野垂れ死にしたほうがマシ。心底そう思っていました。結婚するとき、その家を出られるのは本当に嬉しかった。でも、結婚してから(後で思えば結婚する前から兆候はありましたが)なんだかすれ違い続けて。自分は愛されていないとはっきり思っていたわけではないけれど、でもなんだか悲しい思いを繰り返しするうちに、「自分は夫をすごく愛して結婚したわけじゃないんだし、別にいいわよ。私だってあなたに優しくする気ないから。お互い様よ。」そんな風に寂しさをごまかしていました。

そんなある日、ASと定型の溝の深さを思い知らされて。それで知ったことは、mariaさんとは逆で、自分は夫を愛して結婚したんだ、ということ。そしてそのあともずっと好きで、認めて欲しくて、愛して欲しかったんだということ。そのことに気づいたとき、それが私の新しい出発点になりました。

それで、夫に私の気持ちを伝えたのですが、夫の言葉は「そうか。でも俺はななを愛していないし、愛したこともない。」

ものすごくショックでした。何年もの間お互いに(彼の方は意図的ではないにしろ)冷たくしていたのだから、今はもう愛していないのは仕方がないかもしれない。でも、「愛したことはない」だなんて!!その気持ちをそのままほぼこの通りに伝えました。

わかったのは、彼の言葉がAS語だったということ。一点の曇りもなく、100%好きで好きでたまらなかったわけじゃなく、時々嫌いだと思うことがあった以上、「愛している・いた」というのは嘘になる。そう言われました。

ここから、AS語と定型語の確認作業が始まりました。「私の言う『愛している』というのは、好きな時もあるけれど嫌いな時もある。最低!なんでこんな人と結婚したんだろう?と思う日だってある。でも、全体を通して考えたときに、やっぱりあなたが好きだということ。欠点がない人なんていない。嫌なところもある。でも、それも含めて全部合わせて考えたとき、私のパートナーはこの人だと思うこと」だと説明した時、夫は「部分的には嫌われていたのか!」とショックを受けたと言いつつ(こういう時、この人ASだなあっておもいます)、しばらく考えてから、「ななの言う意味ならば、自分もななを愛しているし、これからもパートナーでいたいと思う」と言ってくれました。素直に嬉しかったかというと、なんとも微妙でしたね…嫌いなところもあるけれど、なんて「ことわり」付きで愛しているって、定型的には、ねえ…?

でもまあ、それからが「ではどうやって一緒に暮らし、二人共幸せに感じるようにするか」の相談を重ねていくことになりました。それもまた長い長い道のりで、何度も怒鳴りあいのけんかもしました。たくさん泣きました。「もう無理、やっぱり別れるしかない」と思った日もありました。でも、ASの夫に自分を分かってもらうためにはとにかくまず徹底して自分が自分を理解しなければ言葉にできない。自分が何をどうして欲しいのか、伝えられない。
それは大変でしたが、それによって得たものが、いま私の一番の財産になっています。自分の思いを自分で可能な限り理解し、真っ直ぐな言葉で相手に伝える。それを身につけたことによって、例えば以前のように子供たちを怒鳴ったり叱りつけたりする必要がなくなりました。思春期の子供たちとも穏やかに「会話」「対話」ができるのです。子供たちは明るい笑顔が増え、やるべきこと、やりたいことに進んで取り組むようになりました。ASの息子はひどい癇癪を起こすことがなくなりました。
そしてまた、私自身、今までよりずっとずっと、自分自身が好きになりました。というより、初めて自分のことが好きになった、といった方がいいかもしれません。幼い頃からずっと、自分はダメな子なんだと刷り込まれ、思い込んできましたから。
もちろん、ASとの生活は正直「もう嫌、勘弁して!」と思うことだって時にはあります。でも、今私はとても幸せです。これも、夫のおかげです。彼には感謝しています。

私の話ばかりしてしまいすみません。ただ、そんなAS-定型カップルもいるんです。そして、そんなカップルは私たちが初めてでもありません。でも、かつては生死を考えるくらい悩み、心身ともにボロボロになってどん底でもがいていた時期もあるのです。

一緒に幸せになるのが正解だと言っているのではありません。以前にも書きましたように、別れるのも、続けるのも、どっちもありだと思うのです。大切なのは、自分の心の本当の声を見つけること、それがmariaさんのように「別れる」ということならそれが正解。「一緒に生きる」ならばそれが正解。ただ、相手のあることですから、自分の思い通りになるとは限りません。その場合は多分、「やるべきことはやった」とか「最終的に自分はこれを選んだ」などと自分が納得できること、それが大切なのではないでしょうか。

かんなさん、答えが出るまでは、迷い、悩むのは当然のことです。何も間違っていません。どうか、そんな中でも少しでも元気が出ることを見つけて、ご自分をいたわってあげてくださいね。好きな景色を見に行く、好きな食べ物を食べる、思いっきり歌を歌う。なんでもいいです。時には夫なんて方っておいて一人で、あるいは友達と、なんていうのもありです。そして、かんなさんが一番幸せになれる道を見つけられる日が一日も早く来るようにお祈りしています。お体の方も、大丈夫ですか?どうかお大事にしてくださいね。
No.7381 - 2013/12/27(Fri) 21:17:27
 
 
 
 
Re: / パイン
かんなさん、助けてとふりしぼったその気持ち、ここにいる人達には伝わっていますから安心してください。
今かんなさんは、受け止めきれない悲しみに苦しんでおられます。
そんな中で、かんなさんはご自分の言葉を伝えられる冷静さをお持ちです。強い方です。
今はゆっくり呼吸をしてご自分を労わってあげて下さい。

私は、Mariaさんの文が自分の事の様でびっくりしてます。目からうろこでした。

私は何でも抱えてしまうというか、歯を食いしばる癖もあるし、
嫌と言えません。人に相談するのも滅多に出来ません。
楽しむと言うことに罪悪感があります。この辺が直したいんですが・・助けてと書いたかんなさんみたいに素直になりたいです
No.7382 - 2013/12/27(Fri) 23:16:46
 
 
 
 
(No Subject) / ほたる
Mariaさん

わたしもmariaさんのお気持ちが凄く共感できます。

私も夫のコントロールの
下では私は無力で愚かで価値のない人間になっている事を実感しています。
私はただ必死になって頑張ってきましたが、虚しいだけです。
これは、私もMariaさんもモラハラにはならないのでしょうか?
私は忍耐だけの生活です。

Mariaさんの言葉は将来の自分がいるようにも思えました。

情けない自分から脱出したい気持ちが一番です。
人としての充実した日を普通に感じて生活したいと思っています。

Mariaさんにとって充実した穏やかな日とより一層の幸福が来ることを願っています。
No.7367 - 2013/12/25(Wed) 21:48:00
 
 
 
 
Re: / Maria
ほたるさん

どれだけ努力しても忍耐を続けても、全くなんの解決にもならない、このどうしようもない無力感、よくわかります。相手に善かれと思ってしたことがすべて裏目に出たり。一番の味方だと思っていた相手からの想像もつかないような理不尽な攻撃などなどありえないことを私たちは日々耐えてきましたよね。

私と同じようにコントロールされてしまって手も足もでない感じ、というのであれば、ほたるさんもACだったりしないのでしょうか。私の場合は何と言っても、自分の気持ち、自分を大切にできなかったのが問題でした。自分に幸せに暮らす価値があると思っていなかったからです。無理矢理にでも相手に合わればなんとか今度こそうまくいくかもしれない、と思って無駄な努力を続けてしまいました。

夫の場合は、悪気はないのでモラハラとは違うと思います。結婚して豹変、という事もなかったです。ただ私が彼のことを実は何も知らず、表面的なところだけ見て結婚してしまっただけです。でも短い婚約時代に、ものすごくつまらない事でかっとなる彼を2〜3回見て、「あんな穏やかな人があんな事でなんで?」と思ったのですが、その時の違和感にもっと注目するべきでした。アミさんへのレスも参考になるかと思います。良かったら読んでみてください。

自分が情けない、と思ってらっしゃるのですね。現在は情けない状況かもしれませんが、アスペの夫と暮らす、ということは情けない人にはとうていできない難事業です。アスペの夫のお守りに使うエネルギーをもっと建設的なことに使えば、相当なことができると思いますよ。わたしも別居して健康になったら自分がこんなにもエネルギッシュにいろいろできるのだ、ととてもびっくりしたし、自分に自信がついてきましたよ。

ほたるさんもご自分の幸せのためにエネルギーを使ってください。結婚にとどまるにしても、離婚をするにしても、夫のコントロールにNOと言い、自分の意思で決断し、充実した日々を送って幸せに暮らす力が自分にはある、と信じましょう。ところでアスペ夫のコントロールにNOというためのコツが1つ。こちらは本物のモラハラアスペの夫を持っていた母から教えてもらったのですが、何かいかにも相手が嫌がりそうなことを承諾させたい時には、機嫌のいいときに「こうすることに決めましたから」と事後報告の形で言い渡すと、意外にすんなりOKすることがあるのです。アスペとの話し合いはできるだけしないのが無駄なエネルギーを使わないで暮らすコツでもあると思います。

ほたるさんにも充実した穏やかで幸せな日々が早く来るよう、お祈りしています。お互いにがんばりましょう。
No.7372 - 2013/12/26(Thu) 20:18:51
 
 
 
 
(No Subject) / アミ
Mariaさん、ありがとうございます。私も同じように長く付き合わずに結婚しました。ちょっと変わり者のおこりんぼは結婚した途端にそんな生ぬるいものではなくなりました。脳が一体どうなっているんから人の感情を理解しないのだろうか、何がそれほど激しい怒りを引き起こすのか、障害だからとわかっていてもやりきれない事の連続です。うまく結婚生活を送りたいと話をしても私が悪いと理詰められると、この結婚の意味はなんなんだろうか、この先に何があるのだろうかと考えます。私も今後何年もしたらMariaさんの心境になるのだろうなっと想像してしまいます。
No.7369 - 2013/12/26(Thu) 01:44:58
 
 
 
 
Re: / Maria
アミさん

アミさんはご両親との関係は良かったのでしょうか。AC(アダルトチルドレン)とアスペのカップルというのは、電撃結婚が多いそうです。私のようにACの場合には、自己評価が低いために、自分は自分のままで愛される価値のある人間で、自分には幸せになる力がある、ということを信じられないことがあります。そしてそれがすべての問題の根源であることが多いそうです。自分自身を押さえ込み、相手を優先しないと愛されない、事がうまく運ばないという間違った思い込み、彼に愛されなくなって捨てられたら身の破滅だ、という不確かな恐怖に支配されてはいないでしょうか。

話し合いのできない相手と限られた人生の時間を延々と過ごすのはもったいないですよ。結婚って苦しむためにするものではないと思います。問題があるときは、二人で話し合って問題の解決を目指し、片方が苦しんでいるときはもう片方がその苦しみを軽くしようと労り、片方が喜ぶときは自分の事のように嬉しく思い共に喜ぶ、そうでなかったら、結婚し、一生を共にする意味ってなんでしょう。

人は年を取っていくと、若い時には隠されていたその人の元々の性格がだんだんはっきりと表に出て来ます。優しい人はいっそう優しく、意地の悪い人はいっそう意地が悪くなっていきます。アスペルガーの特徴は、中年以降にいっそう強くでることが多いそうです。夫も結婚した当初はここまで変人ではなかったです。父もそうでしたが、晩年は認知症も入り、それはそれはめちゃくちゃな事を言って怒鳴り散らしていました。

アスペルガーの特徴が強く出るようになっていく事はあっても、治る事はありません。病気ではく、個性だからです。だんだんと相手の反応を見て学習し、あたかも相手を理解しているかのようにふるまうようになることはありますが、実は全然理解してなくて、単にふりをしているだけ、と気付くとぬか喜びをした後でこれがまた傷つけられます。相手の気持ちがわからないという特徴は、盲人が見る事ができないのと同じ、本当にわからないのです。

アミさんの人生はアミさんのもの、他の誰でもなく、アミさんが幸せになるためにあるのです。アミさんの気持ちをけっして理解することのない相手とともに一生を過ごすことが本当に望みなのか、ぜひご自分の心にじっくり問いかけてください。理性じゃないですよ、心にですよ。
No.7371 - 2013/12/26(Thu) 20:18:21
 
 
 
 
(No Subject) / arienai
いつも、いままで、がんばってきたけど、少しだけ、泣かせてください。。。
なぜ、どこから見ても、普通にしか、見えないのに、あなたは、アスペなのか・・・
私が、こんなに、苦しんで、辛い思いをしているのに、わからないのか、理解できないのか・・・
そう、私の気持ちなんか、理解できないから、アスペなのに・・・
私は、ただ、2人で、協力して、家庭をつくりたかった。守りたかっただけなのに・・・どうして、わからないの?わかってくれないの?
叫んでも、無駄な事も、わかってる。でも、でも、叫ばずに、泣かずに、いられない・・・
神様、お願いです。助けてください。アスペと知らずに結婚した私は、どうしたら、救われるのですか?
どうして、この世に、アスペが、定型に混じって、普通に暮らしてるのですか?
アスペの人でさえ、自分がアスペと自覚せずに生きてる世の中・・・
ありえない、ありえない、ただ、ありえない・・・
No.7370 - 2013/12/26(Thu) 02:07:50
 
 
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LF (Free) Rocket BBS