17533
♪配偶者の会♪井戸端掲示板

パートナーにアスペルガー症候群を持つ、配偶者のための掲示板です。
最初は愚痴ばかりになるかもしれないけど、
何年か後には、『発達障害者支援法』の13条・家族の支援〜
にまでつなげられたらと思います。

≫もちろん、配偶者以外の方・当事者の方の書き込みもOKです!≪

※ この掲示板では、私(わがままひめ)は管理人ではなく、単なるひとりの投稿者でいるつもりです。
投稿に対して、返信を必ずする、とは限らないのでご了承ください。


*ブログ自体はリンクフリーですが、掲示板を単独でリンクする場合は、ブログのメールフォームよりご一報ください*

※ 投稿の仕方は ↓ の【ヘルプ】を参照してください。
※ ↓ の【HOME】から、母体のブログへ行けます。 

HOME | お知らせ(3/8) | 記事検索 | 携帯用URL | フィード | ヘルプ | 環境設定 | ロケットBBS
WINGBEAT COFFEE ROASTERS
 
 
日頃の疑問 / ほのぼーの [地球外]
こんにちは。いつも、皆さんの書き込みをみて、考えさせられ、学ばされています。本当に有難うございます。

日頃の疑問を2つほど・・。

アスペルガーの夫を持つ妻は、「妻として夫と接する時は、自分の感情は一切捨てなければいけない。夫の行動や言動全て我慢をし、他者に愚痴をいってはいけない。夫が他者と上手く関係が築けるようにするのが妻の役割だが、妻は夫以外の他者とよい人間関係を築いてはいけない。他者とは表面上、もしくは、ビジネスとして付き合わなければいけない。」という鉄則があるのでしょうか?

私は大分前にその鉄則を聞き、周囲からもその鉄則に従うよう勧められ、そうしようと努力して来ましたが、それをしていたら、本当に自分の心身も人間関係も壊れました。

よく、妻が我慢しなさいというのは聞くし、他者に愚痴っても理解されないから、無意味なのはよくわかるけど、周囲からこの鉄則を押し付けられるのって、どうなんでしょう?皆さんどうですか?

夫は、自分はそんな鉄則は押し付けていないと言いますが、
あなたの日々の行動と言動が、その鉄則を私に押し付けているといっても、一切つながらず、理解できないようです。

もう一つ、父親との関わりが、子の成長を左右すると聞きます。
アスぺの父の場合、子と関わるときも自分中心。
周囲からは、子供と良くかかわるお父さんに思われていますが、
現実は、父親に関わってもらわない方が子どものため、と思う事も多々あります。

切り替えができないから、子供達は大きくなっているのに、まだ
赤ちゃん扱いで、私は自分の事は自分でさせようとしつけても、
未だに、小学校2年生の息子の着替えを全部手伝って、階段を下りる時も全て抱っこ。それが父親として素晴らしいことだと思っているから、話になりません。

夫は言われないと何もしない受動型。何か事がおこると、全て私や周囲のせいにします。
子供達も父親にならい、言われないと何もしないし、何かおこると全て周囲のせいにする子供達に成長中。
子供達を叱っても、「お父さんもやっている」と聞く耳持たず。

長男は、私がいなくても、別に構わないということだったので、いっそのこと、私が家をでたらいいのかな?と思う今日この頃です。周囲は私を子供を置いてでていった酷い親扱いすると思いますが、私にとっては幸せな道かなとも本気で考えています。
No.8781 - 2015/10/05(Mon) 15:36:06
 
 
 
 
Re: 日頃の疑問 / maha
ほのぼ−のさんへ

色々とお疲れがたまっているようですね。無理もありません。
ほのぼ−のさんを心底お辛い状況に追い詰めてしまうカサンドラ症候群まっしぐらな「鉄則」は、一体どの様な機関からの伝授なのですか?
また、それを実行してなんの良い効果があるのでしょうか。
私はその「鉄則」をほのぼ−のさんに伝授したのが医療関係や福祉関係の人でない事をいのります。

またご主人の特異な子育ての事ですが、お子さんの成長で抱っこして階段の登り降りなどすぐに不可能になります。そんな事はいまだけです。
お子さん自体に療育が必要でないのなら、心配しなくてもそれだけ密着している反動は必ず思春期にやって来てバランスがとれます。

ほのぼ−のさん、「鉄則」自体はだれか他人に押し付けられたものだとしても、無意識に自らを縛り付けるのはやはり自分自身です。

だれかがそうしろと言ったからとか、夫の言動が、ではなく。ほのぼ−のさんが「もう鉄則はやめ−た、やってられません。」で良いのではないでしょうか。
No.8782 - 2015/10/06(Tue) 09:12:11
 
 
 
 
Re: 日頃の疑問 / ほのぼーの [地球外]
 mahaさん、ありがとうございました。

 私に「鉄則」を言うのは、私の周囲にいるほとんどの方ですね。
福祉のほうにも関わっている方もたくさんいらっしゃいます。

 夫の「障害」を「個性」として尊重するのが妻の役割。そのために妻は犠牲になるのは当然。男尊女卑?そういう考えから、上記の鉄則を言うのだろうな〜と思います。

 これが、妻がアスペルガーで夫が定型だったら、こんなふうに言われないのではないか?と考えたりもします。むしろ、
「旦那さんお気の毒ね〜」みたいになるんじゃないかな?

 あと、私が夫のフォローをするのは当然だが、夫に難病を抱えている私をフォローしてほしいと思うのは甘えである、というのもあって、夫がアスぺであるのは「尊重すべき個性」であって、私の難病は「迷惑」という理解らしいです。何か変ですよね。

 夫は私が難病である事自体理解していないので、フォローも何もないですし、夫にフォローを求めたこともないのですが、よく聞くと、難病であるというか、私の存在そのものが、うまくない、みたいな言い方をされますね。これって、かなり差別かも・・。

 私自身も、こんな鉄則は嫌なので、自分を解放したくて、あの手この手を試しています。
 そんな私に感づくと、またまた、周囲からの圧力がすごい!なんか、私の周囲の人全て、「夫の味方」って感じなので。

 これって、カサンドラが認知されないと言うか、理解されない現状そのものですよね。そこで、何を言っても無意味かもしれない。
疲れとむなしさ、孤独感がたまる一方です。

 まあ、夫と結婚以来、どこにいっても「悪者」扱いだし、最近は両親の事も色々あって、両親の周囲にいる人たちから、「ひどい娘」扱いもすごい!うちの両親も色々ある人達なのでね。
 
 なんか、そんな環境になれてしまっている自分がいます。

 こうなると、他者は私が何を言っても理解しないだろうから、鉄則をうまく利用して、人と表面上、ビジネスライクでつきあったほうが、楽かもと思うようになりました。周りとのいい関係をつくろうなんて、段々考えないようになりました。

 多分、人間関係を一掃しないと、逃れられないのかな?と思う今日この頃です。両親や両親に関係ある人たち、夫や夫の関係のある人たち、全てと縁を切りたいです。
 
 もしかするとここ数年が一歩踏み出すチャンスかもしれません。

 子供達の事は、いずれ、夫は手に負えなくなるでしょう。
もう、長男の事は手に負えないようですし、長男も夫を「話かみ合わない」とか言って、必要以上にコミュニケーションをとろうとしなくなりました。
 子供達は、父の姿を見て「なんでも人にやってもらう事、責任を転嫁すること」が「楽でいい事」と理解してしまっているので、そのうち、痛い目にあうでしょうね。私がいくら言葉で言ってもわからないから、自分で気が付いてもらうしかないと思っています。

 結婚以来15年、「夫に何かがある」と思い、自分の心身の健康、時間、仕事、経済的な事、人間関係全てをかなり犠牲にし、夫が仕事上でも、生活面でも、生き易い環境を必死で模索し、作ろうと努力して来ました。アスぺかも、とわかったときから、一生懸命勉強し、試行錯誤して来ました。

 ある方から、私が必死でいい環境を整えて来たから、本人も周囲も「困り感」がなく、夫は「普通」だと思っているから、自覚も理解もないのでしょう、と言われたことがありました。
  
 実際、本人も周囲も私が過ごしやすい環境をつくってきたとは全然思っていませんし、夫は「普通」私は「異常」みたいな見方が圧倒的ですね。
 
 15年を振り返ってみて、今の状況がこんな感じなので、完全に私の徒労ですね。私がいなくなったら、みんな、気が付くかな?
No.8783 - 2015/10/06(Tue) 15:53:03
 
 
 
 
Re: 日頃の疑問 / 通りすがりのレディー
> アスペルガーの夫を持つ妻は、「妻として夫と接する時は、自分の感情は一切捨てなければいけない。夫の行動や言動全て我慢をし、他者に愚痴をいってはいけない。夫が他者と上手く関係が築けるようにするのが妻の役割だが、妻は夫以外の他者とよい人間関係を築いてはいけない。他者とは表面上、もしくは、ビジネスとして付き合わなければいけない。」という鉄則があるのでしょうか?


この文章を見て、、、そんな鉄則ないない!!と思いながらも、まぁここまで激しい表現ではないかもしれないが支援するという団体が我々アスペルガーの周囲にいるものに求めるのはこれに近いなと思いました。

まず、そんな鉄則はナイナイの方ですが、おかしいんですよ。私たちの幸せも平等に扱っていないそんな鉄則。同時におかしいんですよ。そんな鉄則に似たことを平然とカサンドラ側につきつける支援団体の言葉も。

最近思っていたんですが、(ちょうど)支援という名前になってますけど、本当にアスペルガーの人を対等に扱っているとは言えないと思うんです。問題が起こらないようにというか、臭いものには蓋というか。「とりあえず社会にその影響が出ないようにカサンドラがご面倒をみんしゃい!!」って感じというか。

宇宙人というたとえがアスペルガーに対してありますが、仮に我々カサンドラが宇宙人でもアスペルガーが宇宙人でもいいんですが、そういう場合はお互いが分からなくても歩み寄れって思いません?なんで他の地球人を守るために宇宙人の犠牲に一部カサンドラが人生を投げうたねばならないのでしょうか。

そんな発言を福祉関係から出るあたりが(支援団体も含め)嘆かわしい。福祉って幸せを意味する、、、と昔、「社会福祉」の授業で学生時代にはじめに習いました。みんなが幸せになってこその福祉ですよ!!

まぁ、ちょうど、、、ホントにちょうど支援団体に相談に行く気がない最中だったんです。おっしゃる鉄則のようなことをやんわりと電話相談などで何度も聞いていたことが理由だったので。

外国から来た日本人は馴染みがなくても訳が分からなくても靴を脱いで家に上がってもらう。うちなんかの場合は家のルールも一部お願いしたこともあります。(短期ホームステイを受け入れた時)同じように自分が外国に行ったらその国のルールを知ろうとし、何か言われたら聞く耳を持ち従う。

アスペルガーも同じだと思うのですが。何もカサンドラ側が偉いと言っているのではなく、このカサンドラ女性と付き合うと思うならばこの相手が快適な方向を知ろうとする。同じようにアスペルガーが快適な方向をカサンドラが知ろうとするように。(カサンドラ側のこの努力だけはかなり行われバランスが悪くなって心身ともに倒れるのがカサンドラの現状ですが)

障害云々の前に、人を好きになってその人と一緒にいるという事はどちらかいっぽうに苦悩を強いるものではないと思います。それが出来ないなら障害関係なく、そのアスペルガーの方は恋愛、結婚を放棄していると思います。

旦那よ!!別居中の旦那よ!!この結婚を継続したいならばそういうことなんだよ!人として向き合う意思があるかどうかなんだよ。一緒に問題を解決していこうと思うかどうかなんだよ。
No.8784 - 2015/10/07(Wed) 05:09:00
 
 
 
 
Re: 日頃の疑問 / はじめまして
ASとADHDの義理家族に囲まれ過ごしている定型嫁です。
結婚していろいろありましたが、今はおちついた生活ができるようになりました。

ほのぼのさんのご苦労いかばかりかと思います。お疲れ様です。

福祉関係者からのアドバイスがほのぼのさんを縛りつけ苦しめているということでしょうか。
今までいっぱいご主人のために尽くされてこられたので疲れておられると思います。ご自分のケアをぜひしてあげてください。

アドバイスはアドバイス。鉄則ではないと跳ね除けるといいと思います。定型だって疲れたらケアが必要なのですから。

ご主人がよい人に見られるのはほのぼのさんが助けているおかげだというのは分かりました。でもほのぼのさんが悪者にみられる理由がよく分かりません。ご主人に尽くすよいお嫁さんというふうに見られないのはなぜなのでしょうか?

周りに理解がないのなら、ご自分でご自分を守る必要があると思います。ご無理なさらず、楽になれる行き方を選んでください。応援しています。
No.8785 - 2015/10/07(Wed) 16:29:19
 
 
 
 
Re: 日頃の疑問 / きんぎょ
通りすがりのレディーさんのパンチの効いたコメでスカッとしました。FBでしたら「いいね」を押してました。
ワガママでいいんです。言いたい放題、やりたい放題やってもいいんです。そうしたことによって、ひどい目にあうことはありません。
どうしても辛いなら、しばらく別居してみてはどうでしょう。ただし、離婚時にお子さんの親権取りたければお子さんは意地でも連れて行ってください。

よく、お子さんの意思を尊重して...として、お子さんに親のどちらと暮らすか選ばせる方がいますが、あれは残酷です。選ぶということは、それに関する責任はお子さんに発生します。かえって「あんたは私に付いて来なさい」と言ってあげた方が子どもは救われます。後々付いて来たことに不満を持ったとしても、その責任は親にあるわけです。夫婦の別居や離婚は夫婦の問題で、子どもの問題じゃないのです。(巻き込まれますが)
「あなたの人生の責任は私が持ちます。だから付いて来なさい」とお子さんに言ってあげて欲しいな。
No.8786 - 2015/10/07(Wed) 18:36:16
 
 
 
 
Re: 日頃の疑問 / いーちゃん [地球外]
わたし、夫に尽くす良いお嫁さん、だなんて思われたことないです。

赤ちゃんがウンチして泣いて、私が台所仕事で手が離せなくても、夫は「泣いてるよー」と私に知らせるだけでしたし、外出する時で夫が赤ちゃんを抱く時は私が夫の鞄を肩から斜めがけし、私の鞄を反対に斜めがけし、1人を歩かせ、幼児をベビーカーに座らせ、オムツや敷物やお弁当の入った鞄も私が持って外出、です。それがしんどくて、一人で子供つ3人連れて出かける方がマシだと、動物園へは夫が遊びで留守した日にこっそり行って事後報告。それを夫は自分の親に聞こえるように子供に向かって「この間動物園に行ったよねー」って。自分が連れて行ったみたいやん!自分からは家庭サービスしてくれたことないくせに、親の前では格好つけて!と思いました。全てこの調子で報告するので、よい父親像が出来上がっています。いやいや、あなたの息子さん、以前、外出先から自宅に到着した時大変でしたがな!と言いたかったですよ。車から降りた夫が私の腕から赤ちゃんを受け取ったので、私はたくさんの買い物を車から降ろし冷蔵庫にしまったりしてたんです。そうしたら外から夫が呼ぶ声が!行くとなんと!「赤ちゃん抱いてるからポケットのキーが取れなくて車の鍵がかけられない」と。へっ?4キロの赤ちゃんでっせ?片手で抱けますがな!あんた、これができんのやったら、あんたから見た私ってスーパーママですな!わたし、おっぱいくわえさせたまま調理できますよ!って思いました。
義親には「あなたが寝込んで、息子が調理(苦手で)できなくても、息子には、お弁当を買ってきて子供に食べさせるという発想がないのに、それを求めるあなたが悪いわね」と言われ、絶句しました。
あぁ、どこまでも私が悪いんだな、と思いました。
夫には「奥さんというものは奴隷扱いしていいと思ってた」と、私が暴れた一昨年言われました。

わたしって、やはり、奴隷なんでしょう。
別居してる今は、爽やかに暮らしています。
No.8787 - 2015/10/08(Thu) 00:06:32
 
 
 
 
Re: 日頃の疑問 / ほのぼーの [地球外]
皆さん、色々な思いを書き込んでいただいて、本当に有難うございます。とても慰めされました。

やはり、私が最初に記したような内容を、言葉は違えど、アスぺの夫を持つ妻に伝えることがあるのですね。本当におかしなことです。他者はアスぺと接するのは正直めんどくさいし(実際、めんどくさいと言われたことあり。)あなたは妻なんでしょ?だから人に頼らないで、ちゃんと夫をささえる!それが当たり前!みたいな感じですよね。自分が私たちの立場だったら、どうなのよ!って聞きたい位です。今度聞いてみようかな?

アスぺは個性というなら、アスぺを邪魔者扱いせず、妻一人にフォローを押し付け、心身を病ませ、ほおっておくのではなく、社会できちんと受け入れましょうよ!って感じです。

アスぺの夫と結婚したのは、妻の自己責任、そういう風に言われることも多いですよね。

そういえば、3年前だったかな?アスぺの男性がお姉さんを殺害した事件があり、第一審で、裁判官が、表面上はこの事件は社会全体で考えるべき問題としながらも、この事件をおこした責任は家族にあるとし、通常より重い懲役をかし、第二審で裁判官が、見事に、家族の責任や問題ではなく、社会全体の問題であると明言し、懲役を軽くしたことがありましたね。正確ではないかもしれませんが。

家族の責任や自己責任、という言葉で、アスぺやカサンドラの苦悩をもみけしてしまう現実に対して、やはり、声をあげて行かなければいけない、と思いました。

なぜ、妻が悪く言われるのか?私も疑問です。妻は夫につかえて
なんぼ、夫をささえるのがあたりまえ、だから、どんなにがんばっても、評価はされない。夫が不思議な行動をすれば、夫をきちんとささえていない妻が悪い、みたいな所なんでしょうかね。最近は
「あ〜またか〜」と聞き流すようにしています。

あと、夫が妻を奴隷扱い!よくわかります!私も何度も、夫に対して「私は奴隷じゃない!」と叫んでいますが、夫はその言葉の意味を理解できないようですね。

もし、万が一のときは、私は子供は連れて行きます。
長男は、既に高校から家を離れたいという希望があるので、それまで一緒に。次男は、確実に私と一緒ですね。

今の日本の状況をみてもつくづく思いますが、勇気をもって「NO!」という事の大切さを実感しています。

自分を守るためにも、「NO!」と言える勇気を持ち続けたいと思っています。今後共よろしくお願いします。
No.8788 - 2015/10/08(Thu) 15:44:40
 
 
 
 
指をさす私、ちっとも見ない別居旦那 / 通りすがりのレディー
すいません。ちょっと気になった程度での文章です。深刻なものではありません。

以前、ネットで調べていて自分の旦那のその行動もそうか、、、と納得したのですが、今調べると1,2歳の子供本人が指差すことについてしか見つけられません。

以前は確かそういう事もアスペルガーの特徴と見たのですが。

普通会話をする中で「あっちにさ、、、」と指差す瞬間はあると思うんです。外出中ならばとくに。「探している店はあっちじゃないかなぁ?」とか。そういう瞬間にうちの旦那は見事に指差す方向を見ません。そういう事、皆さんの旦那様もありますでしょうか。また、そういうのはアスペルガーの特徴の共感ができない、、、とかと関係があるのでしょうか。(どなたか私が以前見たような情報をご存知だと助かります)

定型が会話のターゲットにしたいもの、ポイント部分についてのアクションをスルーするというのはよくある事な気がします。少ない関心を「くまもん」に旦那が示したのを心にとめていた私がじぶんのリフレッシュを兼て紙粘土で制作した時も散々でした。

自分で言うのもなんですが全身立体的な高校の美術の成績なら5はもらえるなという出来栄えだったのですが、、、サプライズだとトイレの蓋の上に座らせて「トイレちょっと調子悪いかも」とトイレに誘導したところ、、、。はい、見事に蓋の上のくまもんをのけて作業はじめようとしてました。

いやいやいや、、、(ホントの定型的ならば、、そして本人は定型だと言い張るならば)普通なら「ははーん、このくまもんの為にトイレに連れてきたわけか」ってなりますでしょ。

指差しもくまもんも気がついてはいるんです。指がそこにあること、くまもんがそこにあること。でも、「だから?」なんです。トイレの調子って会話だから「トイレの調子」が今の題材でしょうって感じです。

こういうの、発達障害を支援するようなところに言わせたら説明が曖昧って言われるんでしょうね。でも、「指をさしている時はそちらを見てもらえますか?」(言ったことはある)とか「サプライズでくまもんを作りましたが嬉しいですか?」とか言って暮らすのって全然楽しくないのですが。なんか、外出もサプライズもテンションが下がるのですが。「興ざめ」という言葉が私の中で最近はアスペルガーとの会話を思うときによく頭に浮かびます。

指差しに関してどうですか?、、、、皆様も似たようなことありますか?
No.8768 - 2015/09/28(Mon) 03:21:37
 
 
 
 
Re: 指をさす私、ちっとも見ない別居旦那 / 沈丁花
通りすがりのレディーさん、こんにちは。

私、その「くまもん」拝見してみたいです。

サプライズを仕掛けるのって楽しいですよね!仕掛けられるのも、それまで、自分のことを考えてくれていた気持ちがとても嬉しくなりますよね。
でも、もう夫に仕掛けることはないでしょう。悲しくなるだけです。

今回のくまもんの様なことを、わが夫に仕掛けたら「おっ、お〜っ⤵︎」(文字だと伝わりにくいのですが)
と云う反応をして、固まります。
その後に続ける言葉や態度が、わからなくて戸惑う様です。(今なら、ASの反応だと理解はできるのですが)一事が万事、同じ反応です。

子供が小さい頃、お父さんに仕掛けたサプライズにも同じ反応だったので、子供には、せっかくの気持ちが悲しい思い出になってしまって、母親として、こんなお父さんを選んでしまってごめんねって思っています。

その代わり、自分が本当に欲しかったプレゼントなどには、大はしゃぎになります。例えるなら、クリスマスの朝、サンタさんから希望していたプレゼントが枕元に届いていた子供のような感じです。

指差しに関しては、意識したことがなくて、と云うより、ここ何年、そう云う場面になるほど夫と外出してないですし、コミニュケーション取ってないので、わからないですね。ごめんなさい。

追記 ……もしかしたら通りすがりのレディーさんの差した指を見ないのではなくて、例えば「あれ、見て」とかの言葉が聞こえていない(脳に届いていない)
のでは?夫は、テレビなどに集中していると、すぐ側で話しかけても、反応ない時が多々ありますよ。それか、指が見えていないのかも、夫は視力はあるけど視野が恐ろしく狭いです。ですから、通りすがりのレディさんが、旦那さんが「見えている、聞こえている、気がついている」と、感じられても、実際の旦那さんの脳では、きちんと処理されていないのかもわかりません。
No.8769 - 2015/09/28(Mon) 14:21:51
 
 
 
 
Re: 指をさす私、ちっとも見ない別居旦那 / 通りすがりのレディー
沈丁花様、どこに行ったか分からないくまもんを(今改めて考えたらトイレの蓋からのけて、、、そこから虚しいなと思いながらのけたな、、、で私の記憶は終わっています)見たいとおっしゃってくださり嬉しかったです。

くまもん、どこに行ったか分からない可愛そうなくまもん、良かったなぁと言いたいぐらいです。

追記、、、みました。聞こえていない、、、だったらいいのですが。確かに五感が鋭かったり弱かったりというアスペルガーの特徴で耳はあまりよくないと感じる時もあります。ただ、くまもんや指差しの時は確認すると「なぜそっちを重要視(指さし方向を見る、トイレの問題ではなくくまもんへ意識を向ける)するのかが分からない」という感じのことを言われています。だから、本人的には理解できているけど定型的なものの考え方、流れは理解できていないという感じです。

子供さんがお父さんに仕掛けた、、、というサプライズ、その後の反応をみたお子さんの気持ち、、、それはくまもんどころの話ではないですね。なぜ、そういう事になるのかを判らないままでは「自分が受け入れられてない」という風にもなりかねませんから。でも、そこに沈丁花様がそばにおられたから大丈夫ですよね。(自分にも小さな子供がいるので将来の姿と重なり切なく読ませていただきました)

言葉では伝わりにくいと書かれていますが、→夫に仕掛けたら「おっ、お〜っ⤵︎」(文字だと伝わりにくいのですが

こういう部分だけでなくとも大人になって分かるアスペルガーの人との困りごとはいざ文章にしようと思うと(私の場合はカウンセリングで説明の時によく思いました)普通の男性がすることのような説明に聞こえてしまうという事がありました。

これがよくいうカサンドラたるゆえんと言いますか。「よくあることじゃない」と一見すると思われてしまうと言いますか。

困りごとポイントがその時だけのものでない場合が多く。だから、「一事が万事、同じ反応です。」という事の重さが分かります。

、、、しめくくりの言葉が見当たりません。昨日ヘロヘロに遠出をしたせいかもしれません。

優しい言葉をいただいた沈丁花様の明日が今日よりちょっといい日でありますようにとふと思ったのでその言葉で終わります。

おやすみなさいませ。
No.8778 - 2015/10/02(Fri) 03:19:13
 
 
 
 
そういえば… / エクレア
夫と別居して、1年2ヶ月。

ふと気がついたのですが、この間、1度も病気にかかってないんです。
軽い風邪すらも。

同居しているときは、年2〜3回、寝込むことがあったのに。
それが、当たり前の状態(自分は体が弱い)なのだと思ってました。

どうも、違ったようです。
ストレスやら疲れやらで、寝込んでたんですね。

多分、体調面だけでなく、皆さんが書かれている定型との付き合い方など、いろんな面で、自分の「普通」や「当たり前」が、夫との生活の中でズレてしまっていたのかな…と。

早く、「本来の自分」を取り戻したいです。
No.8774 - 2015/10/01(Thu) 10:49:43
 
 
 
 
Re: そういえば… / いーちゃん
こんにちは。
わたしも同じです。
ある時にふとおもいました。そういえば風邪ひとつひいていない、って。子供達も、わたさしも。インフルエンザも予防接種をしなくても罹りませんでした。別居して1年5ヶ月、基礎体力がついてきたというか元気になったと感じます。
あと変わったのは、電気代がかなり減りました。夜中にぼーっと起きていることがなくなったからです。

夫と関わると苦しくて頭痛がしますが、離れている時は、体はずいぶん楽です。
一緒にいるときは知らず知らずストレスを感じていた部分もあったのだろうなと、今になって気付きます。
No.8776 - 2015/10/01(Thu) 16:20:13
 
 
 
 
我慢しないように・・ / ほのぼーの [地球外]
ここ1カ月以上、次々と色々な事がおこり、中には夫がアスぺである事が大きな原因となる出来事もあり、ホトホト疲れました。

でも、そのような中でも、夫をアスぺと知り、私一人に負担がかかっている現状を察知し、「どう?」と心配して家に来たり、あたたかなメールをくれる一人の先輩の存在に励まされています。

アスぺ夫の生活は、常に我慢を強いられる。自分の好きなことは勿論、仕事、体調管理、人間関係も全て犠牲にしなければいけない。

でももうそれを変えたくて、2か月前から昔の知人がメインの音楽活動に参加しています。先日、知人が近くに来て、歌うと言うので、聞きにいきました。

そこで突然、「(私が書いた)詞に(私の)昔からの友人が曲をつけてくれて、直前にその楽譜が出来たから、今日歌うね〜」と。
本当に、70人近くのお客さんの前で歌ってくれました。
体はまだ元気になれないけど、心は元気になりました。

しぶしぶ一緒に行った夫は無関心で、当然知人には挨拶無。
妻の家族や知人=自分には関係のない人 という理解なので。
それはそれで仕方がないと割り切りました。

一緒に行った子供達は、大勢の人の前で私が書いた詞だと紹介され曲の後にあたたかい拍手をもらったとき「お母さんがうらやましかった。」そうです。夫は「よかったね。」とは言いました。

その場に、上記の先輩もおり、「よかったね〜今度楽譜のコピーちょうだいね。」とメールが来ました。

ここ1カ月、改めて、夫以外に相談&信頼できる人を持つこと、
そして自分の世界を持つ事って本当に大切だなあと実感しました。

我慢ばかりではなく、無理するばかりではなく、自分を解放し、
自分を大切に生きて行こうと思っています。
No.8765 - 2015/09/26(Sat) 18:53:17
 
 
 
 
素敵です💕 / レモン
ほのぼーの様、こんばんは。
ご自分が書かれた詩が皆さんの前で披露されたんですね。
素敵ですね〜。
ご主人も無関心?ながらも同席させれて、良かったねと
おっしゃったんですね。
私は、夫の事を話せる友人や身内がいません。
心療内科にかかりながらも、先生にすら話せずに、ただ
薬をもらいに行くだけになっています。

ほのぼーの様の様に一歩踏み出す勇気が大切ですね。
頭ではわかっていても、まだまだ抱え込んでしまいます。
No.8767 - 2015/09/27(Sun) 21:06:00
 
 
 
 
夫を戻す方法 / まりん [北海道]
東山ご夫妻の本を読みました。
私の今おかれている状況ととても似ていて、いますぐカレンさんと話しがしたいと思ってしまいました。
以前カレンさんはこの掲示板で書き込みをされていたようなので、もし見ていただけたら・・・。
また、同じような境遇な方、なにかよいアドバイスがあればぜひお願いいたします。

みなさまご存じのとおり、ASの特徴として言葉を文字通りに受け取るということから、私が発した「出て行ってよ」という言葉に反応し、出て行ってしまいました。もちろんその前後の言葉を聞けばそういうことが言いたいわけではないということが定型の人にはわかるのですが、、、。そしていくらそういう意味で言ったわけではないと言っても「一度口から出た言葉は消えない」といいます。そのあたりがとても「アスペルガーと定型といきる」と似てると思うのですが(笑)。そして、私のことをすでに家族ではないという認識をしてしまっているようで、時々かえってきても私に対しては「無」の状態です。義母はあなたのせいだといって、彼が出て行ったことをむしろ正当化します。
このような状況で戻ってきてもいたい場合、まだ方法はあると思いますか?
ASの特徴でもある100か0ということから考えると、すでに私に対して家族ではないという認識をしてしまった場合、その意識を戻すことはできるものなのかと・・・。
No.8761 - 2015/09/25(Fri) 09:22:19
 
 
 
 
カレンさん、私からもお願い / KS [関東]
横レスですが、カレンさん、もし、ここをご覧になってたら、カレンさんがご主人と共に生きる決意をなさって、ご本も書かれて、そして、ご本の中にも色々書いてはありますが、「共に生きて」こんな風に幸せ!とか、こんな工夫をしたらうまく行った、とか、アスペルガーの方との結婚にはこんないいところがあるよ!とか(アストン博士もアスペルガーの方との結婚の良いところ、というのがある、とおっしゃってますが、日本の事情には合わないものもある)、そういうの、ここで悩んでる方に教えていただけるといいなぁと思います。

自分なりの道の中で、離婚を選んだ人ばかりが、その後も時々ここを訪れているので、他の道を選んだ人の「その後」が分からないな〜、と思ってます。

「共に生きる」の選択をされた方の「その後」のあり方が具体的に分かると、ここで悩んでおられる方の「選択」のための情報が偏らなくていいと思います。

カレンさんお元気にしてらっしゃるのかなぁというのも、もちろん気になってます。「私、こんな風に幸せです!」という話を聞きたいです。「幸せ」のお裾分け、していただけると嬉しいな。カレンさんが幸せな姿を見ることが出来たら、同志として闘ってきた私も嬉しい。
No.8766 - 2015/09/27(Sun) 09:41:41
 
 
 
 
心身ともにさらにラクになりました / KS [関東]
みなさま、お久しぶりです。

…と言っても、ほとんどの方には「はじめまして」ですね。

アスペ疑いの夫と離婚して4年半が過ぎました。
時が経つのは速いですね。

結婚していた頃はいつも身体や気持ちが重く、休日に早起きして街に繰り出す人たちを「元気だな〜」と思ってました。

でも、それって「今日1日が楽しい日になる」という確信が全く持てなかったからなのだな〜と、今、改めて思います。

今は、朝は気持ち良く起きて、動けます。気持ちと身体がこんなに軽いのは、実は、人生始まって以来のことかもしれないです。私はACでもあるので。

仕事も忙しいですし、年齢も年齢なので(自分でもびっくりですが還暦を迎えてしまいました!)、本来なら「最近疲れやすくなっちゃって」と愚痴をこぼしていて当然なのですが。

カサンドラもACもまだまだ癒えてはいないです。でも、それでもずいぶんと癒えてきていて、それでこんなに毎日がラクなのだと思います。もっと治ってくれば、もっともっとラクになっていくのかもしれません。今後自分がどう変わるのか、楽しみです。

出来ることなら若い頃からこの「軽さ」で生きたかったです。そうしたら、勉強も仕事ももっとうまく行ってたと思います。私は辛い現実の逃避の意味もあったし、この状況から逃げるために「力」が必要だと思ってかなりガリ勉して、それなりには成果を上げましたけれど、いつも辛くて苦しかったです。

「成功=幸せ」ではないし、もし私が幸せな家庭に生まれてたら、あそこまでガリ勉しなかったかもしれません。でも、それは「逃避のためにガリ勉するような不幸」よりはずっと良いことだと思います。勉強が好きで楽しくてやるならいいけど。

残念なのは勉強も仕事ももっと「好き! 楽しい!」と思ってやれたはずなのに、いつも重苦しい気持ちでやってきたことです。でも、これからは、もっと前向きに人生の一瞬一瞬を楽しんでやっていきたいです。
(もちろん辛いこともあるけれども。今一番きついのはアスペ同僚対応です。プライベートのみならず職場でも苦労するなんて…と思います)

私は離婚を選択しましたが、どの選択がその人にとってベストかは、人それぞれ。みなさまが、自分にとってのベストの道を選択され、少しでも今よりも幸せになれることをお祈りしています。

階段をまた2−3段昇った感じがして、近況報告にまいりました。
私の場合は定年までまだ数年あります。その時までに自分の仕事の総決算もやりたい、と思っています。
また何か変化があったらご報告にまいりますね。
No.8754 - 2015/09/22(Tue) 11:52:10
 
 
 
 
Re: 心身ともにさらにラクになりました / ななさん [近畿]
KSさん、はじめまして。

私が夫のアスペルガーを疑い出したのが55才。今57才でもうこのまま私の人生終わるのかなと漠然と思っていました。離婚という選択をするパワーもなく、周囲の理解も得られる状況でもありません。結婚してからストレスからくる不調や病気を繰り返しています。10年間パートをしていましたが、体力のいる仕事で続けるのに無理を感じて辞めました。とにかく自分の健康は自分で守らないといけない日々でしたので。


> 結婚していた頃はいつも身体や気持ちが重く、休日に早起きして街に繰り出す人たちを「元気だな〜」と思ってました。

この一文、そのままです。
上手く説明できない体調の異変。この感覚に慣れてしまったのかもしれません。

でも、この状況から解放されると身も心も元気になるんですね。
人其々だとは思いますが、そういう事もあるんだよと自分に言い聞かせていきます。
No.8755 - 2015/09/22(Tue) 12:34:20
 
 
 
 
Re: 心身ともにさらにラクになりました / 通りすがりのレディー
KS様、はじめまして。

とてもとても、、、キラキラと希望を見るような思いです。自立して離婚することも少し前向きに考えたいなと思いました。(思うだけで今はヘロヘロでして実行はもう少し先かもしれませんが、それでも少し別れてキラキラする自分を夢見ました)

どうぞ、またどんどん輝いて行かれる姿を後に続くものとして見せていただけたら嬉しいです。

当方、別居一年強ですがまだまだ自由とは言えない心身弱った状態です。すぐに一緒にいることでついた脳がフリーズするような、何かを決断する必要があるときはどうも以前の自分のようには判断が行かずに焦燥する状態がまだまだあります。

とはいえ、別居して人生に音楽やらドラマを見る気力やらが戻ってきましたし、なによりこのまま痴呆になるのかと思われた「短期記憶障害」(医師の勧めでMRIなども受けに大学病院へ行った程)もずいぶん改善し、鬱によるものと言われ「カサンドラ」状態の怖さを改めて痛感しました。

そこに加え、今回の文章を拝見し、離婚しては別居と一見すると変わりないように思ってきましたが実は全然、解放され方が違うのかもと思ったりしました。もちろん、社会にほりだされるような戦いの部分もあるかと思いますが。(高齢で産んだ2歳になったばかりの子供とヘロヘロな現在、立派な社会人とは程遠く)

泣いても一年、笑っても一年。一年ぐらいならまだしもそれが積み重なってこれからまた10年、20年、、、耐えられません。

KS様、今の笑顔にいたるまでの奮闘記や気持ちの切り替え術などいろいろ書いていただけると参考になります。お時間のある時にまたいろいろ期待しております。
No.8756 - 2015/09/23(Wed) 05:53:23
 
 
 
 
Re: 心身ともにさらにラクになりました / びっちゃん [関東]
KS様、はじめまして。

先日こちらに初めて投稿した者です。
その際アドバイス頂き、しばらくアスペルガーについて考えず、というか理解しようとエネルギーを使う事は止めて過ごしました。孤独感はありますが、少しラクになれたような気がします。

私にもKS様からキラキラとしたものを感じます。
何度もお互いの気持ちで離婚の話があったのに、その時は自分が悪いと反省する事でやり直し、またやり直しと今に至ります。それは私自身の弱さからしがみついたんだ…。結果的に悪循環に陥っているのだと恥ずかしくなります。

KS様まだまだ癒えてはいないとの状態でも、前向きに活躍されていらっしゃるのですね。
私も産まれてくる子供を不幸にだけはしないよう、自立という選択についてじっくり考えてみます。

毎度グズ呼ばわりされる私には、伝えたい事を文章にしている今がハツラツとしますが、皆様にとって不快な表現等ありましたらお許しください。今後もよろしくお願い致します。
No.8757 - 2015/09/24(Thu) 01:42:28
 
 
 
 
治って分かる自分の不調(ななさんへ) / KS [関東]
>ななさん

はじめまして

古い方には「KSさん、また同じこと書いてる」と言われてしまうと思いますが、イギリスのアスペルガーに詳しいアストン博士(この方の名前を私はこの掲示板で知りました。そして、それが私の転機となりました)は、アスペルガーの人との結婚は、@この結婚が好き!、A嫌だけど我慢、B別れる、の3つしかなく、そして、どの道を選んでも大変とのこと。

当時はアストン博士の本の日本語訳がなかったけど、今は2冊翻訳があります。

『アスペルガーと愛』
http://www.amazon.co.jp/アスペルガーと愛-ASのパートナーと幸せに生きていくために-アストン-マクシーン/dp/4487808766/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1443048190&sr=8-2&keywords=アストン%E3%80%80アスペルガー

『アスペルガーの男性が女性について知っておきたいこと』
http://www.amazon.co.jp/アスペルガーの男性が女性について知っておきたいこと-アストン-マクシーン/dp/4487808251/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1443048190&sr=8-1&keywords=アストン%E3%80%80アスペルガー

私もこの掲示板で知り合ったC子さんという70代の方が、若い頃苦労されたけれど、てもお元気そうに幸せそうにされている姿に励まされました。人生のうち1年でも2年でも、あんな風に幸せに輝きたいな〜、と。

> この一文、そのままです。
> 上手く説明できない体調の異変。この感覚に慣れてしまったのかもしれません。

→よく「失って分かる健康のありがたさ」って言うけれど、私は「(病気が)治って分かる自分の不調」と思います。風邪引いたりして、辛い時には、健康だった時の感覚と今の自分を比較する元気もないんですよね。で、だんだん調子が戻ってくると、「あ〜、私、ずいぶんと辛かったんだなぁ」と思う。

それと似た感覚です。ず〜っと辛い時期が続いているから、自分がどう不調かってのが分からなくなってるんですよね〜。私もずーっとそうでした。そもそも「元気」な時がなかった訳だからさ。

私も元気になってきて「え〜っ、世間の人はこんなにラクに生きてたんだ〜!」と思いました。

アスペルガーと結婚する人は我慢強い人が多いので(そういう人が狙われるのです。これもアストン博士がおっしゃってることですが、アスペルガーの男性が結婚したがる女性は、頭が良くて、我慢強くて、優しい人です)、人一倍頑張っちゃうし、また、頑張れちゃうので、自分が辛いということにもなかなか気づけないんですよね。
>
> でも、この状況から解放されると身も心も元気になるんですね。
> 人其々だとは思いますが、そういう事もあるんだよと自分に言い聞かせていきます。

→「この状況からの解放」の道筋も到達点も人それぞれです。
「離婚=解放」でもないです。

私の場合は、離婚によって解放された面も大きいですが(なにせ、私の場合は、最後の方は元夫と会うとその後、嘔吐する、という心身症状態でしたから、生存の確保のためにも離れねばならなかったのです)、それよりも、「癒し」を頑張ったことが大きいです。

アストン博士の「カサンドラ癒し」のワークショップに参加するためにイギリスまで行きました。
http://www.maxineaston.co.uk/workshop/

ついでにアストン博士のカウンセリングも数回受けてきました。

私の場合は、アスペルガーとの結婚は自分がACであることの「二次障害」でしたので、ACを癒すためのワークショップに出たり、アサーションのワークショップに出たり、ということをコツコツやってきました。

ずーっと辛かった自分をいたわってあげて、頑張ったね、と言ってあげて、そして、そういう中で「ついつい無理をしてしまう」自分を解放してあげて...ということを重ねる中で、少しずつ生きやすくなってきています。

でも、何より大きかったのはこの掲示板。ここで、辛い気持ちを吐き出し、みなさんから慰めてもらい、励ましてもらい、知恵をもらい学びました。この掲示板がなかったら今の私はありません。

だから、ななさんも辛い時はここで吐き出してくださいね。みんながついてます。

決して無理をせず、一歩つつ、ひとつずつね。辛い中で頑張ってる「自分のためだけ」になにかしてあげて。コンビニのコーヒーでもいい、チロルチョコでもいい。

私は買い物の時に「自分のためだけ」にチロルチョコを買って(息子にもあげず)、歩き食いしてました。悲しくなるぐらい「ささやか」ですけど、でも、けっこうこれに救われました。

(何回もこの話読んでる人ごめんなさい。同じ人間だから同じことしか書けないのでお許しくださいね)
No.8758 - 2015/09/24(Thu) 08:04:00
 
 
 
 
Re: 心身ともにさらにラクになりました / ななさん [近畿]
>KS様 ありがとうございます。

アスペルガーとは何なのかとショックを受けて約二年。
通院している心療内科では「思いすぎるな、肩の荷を降ろしなさい」と言われ、更年期を疑い受診した更年期外来では「もう少しの辛抱でしょう。ゆったり過ごしなさい」と言われ、田舎ではこれ以上のことは望めず 自分の感情と向かい合う日々。ご近所のご夫婦の仲睦まじい姿を見ると羨ましいというより妬みたくなる程です。

私の育った環境も今だからこそ見えるものもありACになったことも納得がいきました。


> ずーっと辛かった自分をいたわってあげて、頑張ったね、と言ってあげて、そして、そういう中で「ついつい無理をしてしまう」自分を解放してあげて...ということを重ねる中で、少しずつ生きやすくなってきています。

やはり色々トライされたんですね。イギリスまでなんて。
とても真似できることではありません。

自分で労わるってなかなかできるもんじゃないです、今の私には。
まだ自分を責めたり罪悪感をもったりすることがあるんです。

アスペルガーのパートナーに関する書籍の紹介ありがとうございます。読みたい気持ち半分、落ち込むのが怖いのが半分でまだ読んでいません。自分のために読めたらと思います。

拘りが強いのでしょうか。えいっ!と気持ちを切り換える事ができたらどれほどいいでしょう。

でも決して今の状況に溺れたくありません。いつか、いつかきっと
たとえ1年であっても自由に過ごすことができると信じています。
その為には健康でいなくてはいけませんね。

パニック障害歴22年。大きな症状は消えましたが不安感が絶えず付きまといます。一人旅をしていた若い頃があったんです。
コンサートや繁華街でのショッピング、結婚してこれらは遠い夢になってしまいました。
諦めた訳ではありませんが 辛いですよね。

KSさんのように心身共に元気が戻ってくる日が来ると希望を頂きました。
No.8759 - 2015/09/24(Thu) 15:09:37
 
 
 
 
キラキラ(通りすがりのレディーさん) / KS [関東]
>通りすがりのレディーさま

「ベストの選択」は、さまざまな条件によって、人それぞれです。通りすがりのレディーさんにとっての「ベストの選択」を、時間をかけてゆっくりと探してくださいね。

私も、決断を急ごうとしていました。でも、友人から「大事な決断はゆっくりと」と何度も言われました。その時は「だって、私、もう年だし、そんなこと言ってたら残りの人生がちょっとぢゃん!」と思いました。でも、「その時」が来るのを待つのは大事です。「その時」が来た時の選択が、離婚の場合もあれば、結婚の継続もあれば、人それぞれだと思いますが。

>
> 当方、別居一年強ですがまだまだ自由とは言えない心身弱った状態です。すぐに一緒にいることでついた脳がフリーズするような、何かを決断する必要があるときはどうも以前の自分のようには判断が行かずに焦燥する状態がまだまだあります。

→「一緒にいることで脳がフリーズ」な感じ、よく分かります。
今は別居されたとのこと、少しずつ「一人の時間」「マイペースな時間」の中で自分のペースを取り戻し、自分の本当の気持ちを見つめてくださいね。

カサンドラ、本当に恐いです。私もね、今振り返ると、カサンドラの深みにはまってたんだな〜って、改めて思います。

私もここにたどり着いた時は、本当にへろへろでしたよ。渦潮に巻き込まれて、どちらが上でどちらが下で、どちらに向かって泳げば、水面にたどり着けるのか、分からない感じでした。あがいて、あがいて、でも、実は、どんどん下にもぐって、結局窒息死??っていうような感じでした。

> KS様、今の笑顔にいたるまでの奮闘記や気持ちの切り替え術などいろいろ書いていただけると参考になります。お時間のある時にまたいろいろ期待しております。
→すでにほとんどすべてのことを「書き尽くしで燃え尽きた」っていう感じがあるんですよね、私。この掲示板は過去ログが消えちゃうので、残念ですが。

それに、私、離婚後は、もうアスペルガーについての勉強はほとんどやめてしまったので、知識も古いままで止まったままですし。

ひとつ言えることは、私は、元夫が「アスペルガーだから」離婚したのではないってことです。私が離婚したのは、元夫が「(私にとって)嫌なアスペルガーだったから」離婚した、ということです。

私が頻繁にこの掲示板に書き込みをしていた時に、よく登場されていたカレンさんは、配偶者と「共に生きる」という決断をされました。その体験をカレンさんはご著書に著しました。
http://www.amazon.co.jp/アスペルガーと定型を共に生きる-危機から生還した夫婦の対話-東山-伸夫/dp/4762827797

選んだ道は違いますが、私にとってカレンさんは同志のような存在です。

通りすがりのレディーさんにとっての「ベストな選択」が何かは分かりません。でも、きっと、それが何なのかは、時とともに見えてくるはず。

私も、元夫の女性問題が発覚して離婚まで4年かかりました。こんなに長い時間を塗炭の苦しみの中で生きなければならなかったこと、心底、くっそぉ!と思います。そして、離婚してからも、友人に離婚したことを打ち明けるたびに、帰宅してから嘔吐する…ということが続いていました。心身ともにへろへろな中で、這うようにして生きてきました。

でも、「急がずに」決断したことは、結果的には良かったのかなって思ってます。
No.8760 - 2015/09/25(Fri) 00:06:02
 
 
 
 
限界を越えない(ぴっぴちゃんさんへ) / KS [関東]
ぴっぴちゃんさん

> その際アドバイス頂き、しばらくアスペルガーについて考えず、というか理解しようとエネルギーを使う事は止めて過ごしました。孤独感はありますが、少しラクになれたような気がします。
→「限界」を越えないようにすることはとても大事。
私も最後の方はアスペルガー関連の本を読むと頭痛がしてくるようになってしまい、「知る努力」を放棄しました。
さんざん色々な本を読んで、もうお腹いっぱい…ということもありますが、「知りたい」と思えなくなったとうのが大きいです。

(アスペルガーに関する)知識があればアスペルガーの方と接する際に避けられるトラブルというのはあります。が、私は元夫に対して、そこまでして関係を築く価値を感じられなくなってしまいました。通りすがりのレディーさんにも書いたのだだけど、私は、元夫がアスペルガーだから嫌だったのではなく、嫌な人だから嫌いになったのです。努力して、コミュニケーションの(大きな)ギャップを埋めて、そこまでして、彼が考えていることを「知りたい」と思わなくなったのです。なので、「知る」努力は放棄しました。

ぴっぴちゃんさんは、もう十分すぎるぐらい頑張ってきたんだと思います。反省する必要なんてない。限界を越えるまで頑張ってきたんだと思います。だからこそ、みなさんから、アスペルガーについて理解する努力はお休みしたら?というアドバイスがくるほど疲れてしまったんだと思います。

そんなになるまで頑張った自分を誉めてあげてね。

>
> 毎度グズ呼ばわりされる私には、伝えたい事を文章にしている今がハツラツとしますが、

→自尊感情を低くしちゃダメですよ。ぴっぴちゃんさんが私と同じようにACかどうかは分かりませんが、私はACだったため、元夫に「きっぱり!」と言われると、「そうだよなぁ」と流れてしまう傾向がありました。ACは、アスペルガーの「きっぱり!」した物言いに惹かれてしまう傾向があるんですよね〜。

でも、アスペルガーの「きっぱり!」はしばしば、矛盾を含んでいたり、社会性が欠如しているために定型だったら判断する際に含むべき要素をばっさり切り捨てているために「きっぱり!」だったりするんですよね〜。

私がさんざん勉強して、私なりに悟ったことは、アスペルガーと定型は徹頭徹尾違うということです。その「違い」を越えてまでつきあいたい相手なら知る努力をすればいいし、そうでないのなら、距離を取るのが一番だと思います。

「排除」ではなく、「距離」を取る。私はこれを、共存共栄ではなく、並存並栄とよんでます。

アスペルガーの人たちだって、無理して定型とつきあいたいなんて思ってないと思います。「みんなと仲良く」なんてまっぴらごめん、というアスペルガーの方、多いですよね。

お互いにつきあいたいと思う「アスペルガー×定型」が(恋愛であれ、友情であれ)、努力してコミュニケーションすればいいのだと思います。

もちろん、学校や職場で、「無知」であるがゆえにアスペルガーの人を傷つけるようなことは望ましくないので、発達障がいについての一定の知識をみんなが持つことは大切です。でも、それ以上のことは、仲良くしたい人同士に任せたらいいと思います。

私の弟は多分アスペルガーです。軽いけども。でも、才能があって、とてもいいやつで、私は大好きです。仲良しです。だから、会いたいです。

私にはアスペルガーと思われる親しい友人がいます。とても頭が良くて、物知りで、話していて楽しいです。でも、(定型の目からすると)ちょっとヘンです。でも、それでも好きなので会いたいです。多少、「はぁぁぁ?」ということがあっても、我慢できます。

私の母は多分アスペルガーです。でも、会うと必ず傷つけられる。私は母が大嫌いです。だから必要最小限しか会いません。母と仲良くすることは、私の能力の限界を越えてます。だから、なるべく距離を取ってます。

定型同士だって、気が合わない人と無理につきあわないですよね。だから、それをアスペルガーの方にも適用するのは、私は、むしろアスペルガーの方を「対等」に見ていることになるのではないかと思っています。

自分を大切にしてくださいね。ぴっぴちゃんさんはグズなんかじゃないからね!
No.8762 - 2015/09/25(Fri) 21:33:45
 
 
 
 
小さなことの積み重ね(再びななさんへ) / KS [関東]
>ななさん

> やはり色々トライされたんですね。イギリスまでなんて。
> とても真似できることではありません。

→イギリスまで行ったのは、我ながら思い切ったと思います。効果もすごくありました。

でも、それは、離婚して、ある程度元気になった(今よりはへろへろの頃で、まだ嘔吐がありました)後のことなんです。

そこまで行くまでに、小さなことの積み重ねもいっぱいやりました。というか、当時は「小さなこと」しか出来ませんでした。

最初はね、「アスペルガーのことを考えない時間」を1秒でも「無理矢理作る」ということ。これも、何度も書いたことなので、古い方には「まただよ」と言われてしまうと思いますけれど、"ing"法とでも言うか、自分が「今」やってることに意識を集中させるんです。

道ばたで可愛い花があったら「私は今花を見ています。この花はとても可愛い」とか、夏にアイスコーヒーを飲んだら「私は今アイスコーヒーを飲んでます。夏はアイスコーヒーが美味しい」など。

そうやって、頭の中の「アスペ、アスペ、アスペ、アスペ….」というわんわんする思いをほんの一時脇にやる、あるいは、「アスペ」連呼の音量を下げるために、ほんとうに必死に自分をアスペから引きはがす。

そんな作業を地道にやりました。というか、当時はもう苦しくて苦しくて、少しでもアスペルガーのことを考えないですむために、必死に編み出した方法なんですけどもね。

あの頃の地獄を思うと、ほんと、よくここまで回復したと思います。当時は生きながら死んでた感じ。死体が生きてるような感じ。ゾンビみたいだったな〜と思う。

頭の中もごちゃごちゃだから仕事上のミスもかなりあったし。その中で昇進の道も一度は断たれました。(離婚後、元気が戻ってきて、復活することが出来ました)
>
> アスペルガーのパートナーに関する書籍の紹介ありがとうございます。読みたい気持ち半分、落ち込むのが怖いのが半分でまだ読んでいません。自分のために読めたらと思います。

→決して無理はしないでね。自分のペースでね。
>
> 拘りが強いのでしょうか。えいっ!と気持ちを切り換える事ができたらどれほどいいでしょう。

→私も上に書いたように、最初は1秒から始めました。ほんの1秒でもいい、アスペから意識をそらして、疲れきった脳みそと心を休めてくださいね。それが難しいんだけどね〜。

離婚後も、アスペルガーのことを考えてしまう時間が長かったです。

今は、アスペルガーのことなどすっかり忘れている時間が増えて、本当にらくちん。でも、ここまで来るのに長い時間がかかりました。

> でも決して今の状況に溺れたくありません。いつか、いつかきっと
> たとえ1年であっても自由に過ごすことができると信じています。
> その為には健康でいなくてはいけませんね。

→健康は大事。ほんとに大事。無理は禁物です。疲れたら休んでね。

私もね、ここまで元気になれるってのは、この掲示板を訪れていた頃には想像もしてなかったです。こんな世界があったなんて、びっくり〜!という感じ。

でも、もしかしたら、もっともっとラクになれるのかもしれません。ずっと重荷を背負った人生だったので、生育家庭に恵まれた人、夫に恵まれた人に比べたら、今も重たい人生なのかも。

出来ることなら幸せな家庭に生まれたかったし、ACを治してから結婚相手を探したかったし…と思うところは色々あります。

でもね、今は、こんなに苦しんだことを、無駄にはすまいと思います。転んでもただでは起きない、という精神で。

ACはついつい周りに合わせてしまったりしますが、周りが何を期待しているのかを読む能力には長けています。

その能力をACだったころのように(今もACなので正確にはACがもっと重かったころのように)、「流されて」「相手にこびて」「卑屈になって」そうするんじゃなくて、自分の意志をもって、状況を好転させるために「使う」ことが出来れば、仕事の上でも、ひとつの「能力」となります。

日常の中にも「小さな幸せ」はころがってます。まずは、その「幸せ」を感じる力を回復させてね。

私も悲しくなるぐらい「ささやか」というか「いじましい」楽しみを必死に「感じよう」と踏ん張るところから始めました。枯れて、ほとんど死んでる心に水をやるところから始めました。

大丈夫! きっと笑える日が来る! だから、自分を大事に頑張ってくださいね。
No.8763 - 2015/09/26(Sat) 07:51:15
 
 
 
 
また会いましょう! / KS [関東]
久しぶりにみなさまとお会いし、しかも、「キラキラしている」なんて言っていただけて、嬉しかったです。

また、何か変化があったらご報告に来ます。

みなさま、どうぞ、ご自分を大切に、お身体を大切にしながら、ご自分にとってベストな道を歩いてくださいね。
No.8764 - 2015/09/26(Sat) 08:17:30
 
 
 
 
迷い / えりな [九州]
結婚3年目子どもなしです。夫は診断は出ていないものの、付き合っている時からアスペルガーだろうと思っていました。私は教員をしていたこともあり、私が彼をお世話していかなきゃ!と変な使命感を感じ結婚しました。
結婚後も喧嘩は絶えず、夫はすぐに実家にSOSを出し、義両親は決まって私を悪者にします。立派な息子に何をしてくれるというような感じです。
義両親も恐らくアスペルガーだと思われます。
とにかく常識は通じない、問題からは逃げる。嘘をつく。時間を守れない。要領が悪い。コミュニケーションがとれない。。。
数え切れない程の喧嘩、ありえない行動、沢山経験してきました。

先日、旅行に行く予定だったのに前日に仕事に行くと出て行ったきり、音信不通になりました。旅行は当日キャンセル。

もう良い機会だと思い荷物をまとめて実家に帰ってきました。
前にお互い記入していた離婚届けも持ってきましたのでいつでも提出できる状態なのですが、、、
あれだけ不可解な行動に苦しんできたのに何故か寂しくて、悲しくて、、
情なのでしょうか、、心のどこかでは最後だと思ってもう一度やり直してみたいとも思ってしまったりします。でも、、これからもこの繰り返しだと頭でわかってはいます。

とても苦しいです。
No.8740 - 2015/09/16(Wed) 21:46:22
 
 
 
 
Re: 迷い / エクレア
そうですよね。苦しいですよね。

私は、3年半後(末子が高校を卒業したら)、離婚することになっています(調停で、そう決めました)。今は別居しています。

「不可解な行動に苦しんできた」のは、私も同じです。
多分、皆さんそうでしょう。

ただ、私の場合は、苦しかったのは、「夫がまわりに迷惑をかけてフォローが大変」とか、「訳の分からないことをしでかして、恥ずかしい」とかいうことではなく。

「私と子どもたちに対する、夫からの愛情が感じられない」というポイントに絞られます。

そして、それが苦しいのは、夫に対して愛情があるからです。
赤の他人からの愛情が感じられなくても、痛くも痒くもありませんから。

愛している相手と、多分、一生コミュニケーションが成り立たない。
そして、多分、一生、愛されていると実感できない。

その事に耐えきれず、離婚することにしました。

本来、愛し、愛されるべき配偶者として側にいて、でもそれが叶わない。
そんな生活を、20年してきましたが、心が限界に達しました。
平均寿命までなら、あと40年…。
これ以上の結婚生活は、絶対に無理です。

離れて暮らして、とても楽にはなりましたが、やはり寂しくもなりました。

私の場合は、こんな感じです。
No.8746 - 2015/09/18(Fri) 19:52:43
 
 
 
 
Re: 迷い / カメカメ [東海]
えりなさんこんにちは。そして皆様初めまして。

えりなさんの気持ち凄く分かります。
私は、今年の初めに離婚したのですが、望んで離婚した筈だったのに
寂しさ、孤独感でいっぱいです。
人の気持ちを考えられない、共感出来ない、自分、自分の実家は正しい、
同じく問題を解決出来ない(そもそも問題とは思っていないかも)
…などなど色んな事に苦しめられて来て、どんなに訴えても分かってもらえず、決断した筈なのにいざ離婚して離れてみると…
何故だろう、良い思い出しか思い出せなく、もう少し頑張れなかったのか
とか考えてしまい、復縁も考えました。
でも、また同じ事の繰り返しだと思うし…やはり無理でした。

エクレアさんのお言葉で、一生コミュニケーションがとれない、愛されてると実感出来ない…というのがありましたが、本当にその通りだと思います。堪えられません…孤独感、惨めさ…悲しいです。
これも、相手は分かりません、感じません。

離れて正解の筈なのに…苦しいです。
ただの情なのかな?私は多分まだ愛情も有ると思ってます、だから余計に苦しい。
時間が解決してくれるのを待つしか無いのかな?と思ってしまいます。
いつまで!!!って聞きたくなりますが…
負けない様にがんばりましょうね!
No.8751 - 2015/09/19(Sat) 16:06:33
 
 
 
 
Re: 迷い / いーちゃん
こんばんは。
先日、また苦しくなり、相談員さんに聞いてもらいましたが、その会話の中でハッとしたことがありました。

それを楽しんで暮らしておられる方もありますが、いーちゃんさんは楽しめていないのでやはり離れて暮らしてよかったんです。

という趣旨のことをいわれ、
確かに楽しくないもんなぁ、としみじみ。何かの用事で一時的に帰宅される予定が入るともう、不眠。夫が帰宅し、用を済ませ出ていけばイライラ。
楽しい暮らしは送れないです。心身ともに限界が来てるのが見えました。
No.8752 - 2015/09/19(Sat) 22:50:24
 
 
 
 
はじめまして / しらたま [関東]
こんにちは。初めて投稿させていただきます。

結婚して12年、その前に交際2年の夫がアスペルガーではないかと以前から疑っています。

夫は有名大学(東京六大学の1つ)を卒業しているので偏差値は低くはないのですが、それなのに「なんで??」と思うような行動や言動が数多く私は困っています。

最初の頃は「頭がいい人の考えだから変ってるのかも」くらいだったのですが、だんだんとおかしく思うようになり、友人たちに相談してみると「男なんてそんなもの」「ウチのそうだよ」とお決まりの返事に「私がおかしいんだ・・・」と孤独を感じるようになりカサンドラ(?)状態になってしまいました。

出産の時は感動を一緒に味わいたいわけではなく、飲み物を取ったり、腰をさすったりするサポートが必要だから出来るだけ側にいて欲しいと言ったのに、私を病院に連れて行くと、自分は帰宅し寝ていたり。(入院は夜中ではなく、朝。夕方には出産しました。夫の仕事は休みの日でした)

子供が赤ちゃんの時に離乳食を食べさせてもらっていた時「こんなまずそうなのでごめんな」と言っていたり。(確かに離乳食はぐちゃぐちゃのペーストですが手作りですし、私は栄養士の仕事をしているので料理は下手ではないつもりです)

子供がまだ2歳くらいの時に私が40度近くの熱を出しても以前から予定していた飲み会に行ってしまったり。(仕事の接待ではなく、同僚との飲み会です)

子供が3歳の頃、休日、私が出掛けている間に子供をショッピングセンターに連れて行ってくれたのはいいのですが、子供が迷子になって、迷子センターに行っても子供の服装を覚えておらず館内放送をしてもらえなかったり。(私は朝から出かけていたので、子供の服は夫が選んで子供に渡しました)

学生時代の彼女の誕生日が2月14日、夫の誕生日は3月14日だから、バレンタインとホワイトデーはしないと言ったり。(私の誕生日は2月14日でも3月14日でもありませんが・・・)

結婚前から「俺は長男だから」という発言が多かったのですが、義父が亡くなった時、「なんで俺が喪主なんだ」と言ったり。(義母は存命ですが、当時39歳の長男がいれば喪主が長男になるのは何もおかしくはないと思うのですが・・・)

エピソードを挙げればきりがないくらいです。唯一の救いは仕事は続いていること。仕事上の評価は低くないことですね。
No.8731 - 2015/09/12(Sat) 12:22:48
 
 
 
 
Re: はじめまして / ほのぼーの [地球外]
しらたま 様

長い間、色々な思いをされてきましたね。
私も同様です。特に出産や病気、災害の時。いつも「一人ぼっち」です。

仕事上の評価は低くない、のは私の夫も同様ですが、実は、自営業で同じ仕事をしており、夫の仕事を陰で私が一切引き受けているから・・。ミスもほとんど私が背負って、片づけています。

周囲は、もちろん、私がしているなんて知りません。夫の能力だと思っています。ミスを私が処理していることから、私のミス、と周囲に理解され、周囲からは「無能」のレッテルを張られていますし、私と周囲の人間関係も決してよくありません。

常に孤独な状態、でも、周囲との関係は諦めても、
この掲示板にお邪魔し、皆さんとよい関係を築いていくことは
あきらめていません。

しらたまさんとも、色々な思いをわかちあっていけたら、と願っていますので、今後とも、よろしくお願い致します。
No.8732 - 2015/09/12(Sat) 17:32:19
 
 
 
 
Re: はじめまして / いーちゃん
しらたまさん、初めまして。
子供が小さな時は本当に大変ですよね。
しらたまさんの投稿を読んで、私にも覚えがあると思ったことがあります。
私も、末っ子が1才の頃私自身が40度近く発熱し一週間寝込みましたが、夫は週末、朝から夜10時までボランティアに出掛けました。ボランティアのリーダー格の人に、奥さんが大変な時に来てる場合じゃない、帰りなさい、と言われたらしいですが「僕は、“いえ。前から決まっていたことですから”と言って予定通り最後までボランティアした」と。
もちろん、その間、様子伺いの連絡は皆無です。
何を優先すべきかの判断が難しい、とか
予定を変更することが苦手である、とか
発熱していることと寝ていることが、因果関係があると理解出来ない(発熱してるから寝てる、と分からない)とか
夫にとっての家族は義母であり妻である私・子供は夫の人生の登場人物くらいの感覚だ、とか
働いてるのだから僕は夫の役割は果たしていると思ってる、とか

頭ではわかってるつもりでも、
あなたには一体何が見えてるの?と言いたいぐらい、家族がこまってることが分からないことに疑問がつきません。
家族を放っておいてボランティア。
意味が分からない。
専門家には「寝込んでいるときには、熱があるから寝ている、とだんなさんには説明が必要だし、してほしいことは指示をして。話せないほど不調なら書いて指示できるでしょう?」と言われましたが。自分が責められてるようでした。あなたは支援者なのに、って。

この事件以降、私は夫に対して完全に信頼や信用というものをもたなくなりました。

この嫌な思い出が消えていくほどの良い思い出が何もありません。
あぁ、虚しい。
なので、好きなことして生きようと思っています。楽しい思い出は、私と子供で作ります。
No.8733 - 2015/09/13(Sun) 06:53:21
 
 
 
 
Re: はじめまして / しらたま
ほのぼーのさん、いーちゃんさん返信ありがとうございます。

最近は「夫は宇宙人なのだ」と思うようにしています。宇宙人だから言葉も通じないし、生活習慣や常識も違うのは仕方のないことだと・・・。

そんな宇宙人がまたやってくれました。娘が故意ではなく事故だったのですが、友達と遊んでいる時に相手の友達を怪我させてしまいました。
私は相手の友達の保護者に謝罪の連絡をし(「気にしないでいいよ」と言ってもらえました)、どうしたらその事故が起こらずに済んだのか、二度と同じ事故を起こさないためにはどうしたらいいのかを娘に考えさせながら指導していました。
そこへ宇宙人夫がやってきて娘に「お前これで友達が一人減ったな」と一言。相手の友達を心配することもなく・・・。

プラスになることは何もしてくれないのに、マイナスになることはいくらでもしてくれる・・・。せめてプラスマイナスゼロならいいのに・・・。

嫌な思い出は数知れず、楽しい思い出は嫌な思い出を消してくれるには全然足りません。今は私自身がしっかりと自立すること、私と娘で楽しく暮らすことを最優先に考えています。
No.8735 - 2015/09/13(Sun) 21:56:07
 
 
 
 
Re: はじめまして / いーちゃん
私も最近は、“家族とは?”と聞かれてイメージするものが、夫とは本当にかけはなれているのだな、と思い、交わることはないのだと諦めています。隣のご夫婦や友人夫婦のような夫婦のカタチは望めない、と思っています。でも、だからといって、どんなカタチがよいのかは分かりません。
No.8737 - 2015/09/13(Sun) 23:03:39
 
 
 
 
Re: はじめまして / ブイヤベース
しらたまさん、皆さまはじめまして。

今日初めてこちらの掲示板があることを知り、拝見しました。
4歳の息子(自閉症スペクトラムと診断されています)がひっきりなしに話しかけるので、
まだ皆さんの投稿はゆっくりと読めていませんが、しらたまさんの投稿内容に自分の主人と重なるものがあったので、思わず返信させていただきました。

私の主人も子供の頃から成績優秀らしく、IQも高いと自慢しています。
仕事も幸い主人の気質に合っているのか、職場では評価されているようです。

私は付き合い1年+結婚8年目です。
付き合っている時から、変わった人だなと思っていましたが、今まで付き合った人にはない純粋さや子供っぽさに不思議と惹かれて、結婚してしまいました(苦笑)

出産後、私は体調を崩すことが多いのですが
息子がまだ0歳〜1歳のときに、息子の世話ができないので早めに仕事から帰ってきてほしいとお願いしても、
そのまま同僚との飲み会に行ってしまったり(私が何度も電話をするのが嫌だったようで、途中から電源も切られました)
先週末にも39度以上の熱が出て食欲もなかったので、
仕事は休みだった主人に、自分と息子の食べたいものだけでいいから買ってきてくれないかな?と頼んだところ
「ぼくもつかれてるんだよね・・・」とあっさり断られ(涙)

やっとのことでネットスーパーで注文をし終わったところ、
息子と外に出てくる〜と言って遊びに行ってしまいました。

子供の服装など、決して覚えてない(見てない)のもうちの主人も同じです。
というか、人のことには基本的に無関心です。
ある冬の寒い日、たまたま私が外出していて、主人と息子と家から3分のショッピングセンターで待ち合わせていた時にも
自分は冬物のコートを着ているくせに、息子には半袖短パンだけでしたよ。。。
あまりにも驚き、息子が冷たくなっていたのですぐに自分の上着を着せていったん家に帰りました。

主人も義両親も診断は受けていませんが、
3人とも自分の世界があり、自分の趣味を何より大切にしています。
人間嫌いで、友達など親しくしている人はいないようで、親戚づきあいもなく、特に義母は他人にとても攻撃的でいつも誰かの文句を言っています。
3人とも普通に会話が成り立ちません(泣)
特に義母と主人はアスペ(義母はもしかすると精神疾患も)だと自分の中では確信しています。

主人の家族と息子と私。
家も近所なので年に何度も顔を合わせますが、息子も含めて本当に宇宙人のようです。

しらたま様は、ご主人から攻撃されたり責められることはありませんか?
私は主人や義母からいつも攻撃されて、心無い言葉や行動をされて、身もココロもボロボロです。。。
No.8745 - 2015/09/17(Thu) 17:25:37
 
 
 
 
Re: はじめまして / しらたま
ブイヤベースさん、返信ありがとうございます。

私の場合、攻撃されたり責められるというほどのことはありませんが、味方にはなってくれません。多分、攻撃対象になるほどの興味もないのでしょう・・・。

夫にとっての守るべき家族は「自分の生まれた家」の人たち(両親や兄弟や親せき)であって、「結婚して作った家」の人たち(私と娘)ではないのだと思います。夫にとっては私と娘は「おまけ」くらいの存在なのだと思います。

結婚する際、マンションを購入することになったのですが、義両親が勧めたマンションを義両親・夫・私で見学に行って私としてはキッチンが気に入らなかったので違う物件にしたかったので夫にそう言ったのですが「ここで充分だ」と聞き入れてもらえませんでした。
私は栄養士なので料理は好きです(私が栄養士なのは夫も知っています)。夫は一人暮らしをしたこともなく料理はまったくできません。そもそも食に無頓着で3食ファストフードでもいい人です。結婚しても夫が料理をするとは考えられず、料理は間違いなく私の担当になるので、キッチンに関しては私に決定権があると信じていたのですが、夫にとっては私の意見よりも自分の両親が勧めた物件は絶対だったようです。


私は義弟より年下なのですが、義弟はそれが気に食わない(?)らしく、結婚当初、私のことをわざわざ「年下の義姉さん」と呼んでいました。私としては最近にしては若くに結婚したので(20代前半)、「若いから家事もできないんじゃない?」と馬鹿にされているように当時は感じたので、わざわざ「年下」は要らないと思いましたし、「義姉さん」じゃなくて名前でいいのではないかと夫に言ったところ「本当の事だから仕方ない、弟には悪気がないのだからそんなことを気にするのがおかしい」と。義理の兄弟間とはいえ「年下のOO」「年上のOO]なんて呼び合ってる人を見たことないのですが・・。そもそも本当の事とはいえ、言われる本人が嫌がってるのにわざわざ「年下の義姉さん」と呼ぶのはどうかと思うのですが、夫にとっては私が嫌がってることはどうでもいいのだと思います。

親せきたちから「子供はまだか」と言われてももちろん助けてはくれません。私には婦人科の持病があり、妊娠しにくい身体で、当時、通院し治療をしていたのですが、それでも助けてはくれませんでした。

義実家との付き合いにおいて、夫が味方になってくれないので、今は付き合いを控えるようにしています。自分の身を(心も)守るためには仕方ないことだと割り切っています。夫が義実家に行くのを止めたりはしていません。あくまでも私と義実家の付き合いを控えています。
No.8747 - 2015/09/18(Fri) 23:27:41
 
 
 
 
Re: はじめまして / ななさん [近畿]
しらたまさん、はじめまして

夫と同じです、人の呼び方。夫は実家の兄の嫁のことは「兄貴のよめさん」だし姉の主人は「○○ちゃんの旦那」です。只、面と向かって言わないだけマシですが、62才にもなって恥ずかしいとは思わないのか不思議です。私の実家の両親など「お義父さん、お義母さん」と一回も呼ばれてません。夫から用がある時は「あの〜」で済ませます。大人の関係が取れないんだろうなとは思いますが
周りの者が「義姉さん」と言ってるのをどう見てるんだろうとも思います。
二年前 夫の姉に酷く傷つくことを言われました。その頃はまだアスペルガーやカサンドラなんて知らなくて必死になって夫に私の辛い気持ちを訴えました。そんな時失礼な姉に代わって謝るか、姉に一言言ってくれてもいいんじゃないと思いましたが夫は「へ〜そうなん」だけでした。人の感情が分からないってことなんでしょう。
その時家族としては やってられない!とブチきれました。
私と子供を家族として見ているのか、家族を作っていくことを自覚してるのか…聞いても無理だろうなとあきらめるしかないのでしょうか。家族が半泣きで訴えていてもどうしていいのか分からない、理解できない、そういう特性だとしても こっちは生身の人間ですし、受け止めて欲しいと思うのは普通の感情です。
時になんで生きてるのかなと泥沼に落ちそうになります。
No.8749 - 2015/09/19(Sat) 10:03:49
 
 
 
 
Re: はじめまして / ブイヤベース
しらたまさん、返信ありがとうございます。

いろいろと辛い経験をされたんですね。
不妊治療をしながら、義理のご親戚のデリカシーのない催促や、その時にご主人のフォローがなかったこと。
たぶん、何よりご主人が自分の味方になってくれないことが何より寂しかったことでしょう。
私も不妊治療をしていましたし、主人はいつも義両親の言いなりなのでお気持ちよくわかりますよ。

今はその不妊治療が実を結んで、お子さんがいらっしゃるのですね。
男の子でしょうか?女のことでしょうか?
いずれにしても、子供が何より生きる支えでしょうね。
私はそうです。
主人や義両親の気質をそのまま受け継いだ、アスペルガーの息子ですが、それでも療育を受けさせ、私ができる限りフォローをしていくことで、
少しでも他人と共感しながら生きていくことの楽しさを感じられる子供になってほしい。。。とそれだけ考えて日々生きています。

お話を聞けば聞くほど、何だか重なることがあります。
うちも、義両親の強い勧めで、義両親宅から徒歩5分のマンションを購入し住んでいます。
息子がまだ生後3ヶ月のときに、義両親から勧められ。
私と主人の中ではまったく住宅購入は考えていませんでしたし、私は睡眠もとれない意識朦朧とした中で、マンションの見学などすべて段取りをされてしまい
結局主人がその勧めを断りきれず、購入した次第です。

マンションだけではありません。
1人息子の名付けも、幼稚園も、お宮参りや七五三などのイベントなどすべて義両親の言いなりでした。
もちろん私は黙って従っていたわけではありません。
四面楚歌の状況の中で、言葉を選びながらも自分の気持ちを伝え続けてきましたがダメでした。

今はわかります。義両親も主人もアスペルガーなのですから。
私の気持ちをどれだけ伝えたところで意味がなかったことが。

義両親と夫のつながりというか、その家族に入りきれない(入りたくはないのですが)孤独感も私も感じます。
義父はいまだに私には敬語を使います。
義母は、義父のことを「私の主人はね・・」と言いますし、義父は義母のことを「家内は・・」と言います。
なんというか、もちろん悪気も何もないのはわかりますが、疎外感を感じます。
ちなみに、主人には自分たちのことはパパ、ママと言います。

私ももう頑張らないことにしました。
近所なのでそれでも度々会う機会はどうしても避けられませんが、今日も主人と息子だけ義両親の家に泊まりに行きます。
私から義両親に「よろしくお願いします」という旨のメールをしても、無視されますが。
とにかく私が義両親に会わないで済むのでありがたいと思うようにしてます。

お互い自分をいたわることも忘れずにいましょうね。
家族はいたわってはくれませんからね(笑)
No.8750 - 2015/09/19(Sat) 11:29:58
 
 
 
 
優しさは信じてよいのだろうか。 / びっちゃん [関東]
皆さんの投稿を見て、こんなにも共感できる場所があった事、とてもうれしいです。

結婚2年目、今お腹に4ヶ月の赤ちゃんがいます。
結婚前は言い間違いや勘違い、失礼ない大人の会話を知らない部分など単にちょっとおバカ、ケンカにはなるけどでも笑わせてくれるし子供のように純粋にも見え、教えられる事は都度伝えてきました。

私は再婚、旦那は初婚です。
アパート探しや契約で不動産へ行った際は、私が話のやり取りをしました。結婚式の下見も話のやり取りは主に私でしたが、その辺りから旦那のびっくりするような質問、相手に伝わらない言い方が気になりサポートしているつもりが、私がでしゃばりだそうで、ケンカが増えました。挙げ句に私達はごく少人数のつもりが、義母の考えと合わず予算がない為、結婚式は諦める事になりました。ご祝儀たくさんくれるからと親戚の話を出してましたが、そもそも式場にどう払うのでしょう。旦那は初婚だったのにと今でも私が悪者です。


そんなでも忘れられない感謝の日がありました。大雪の日に片道1時間以上も歩き、仕事で帰れなくなった私を迎えに来てくれた事、関係が悪化した今も涙が出ます。しかしお互い好きな晩酌が、話の噛み合わない気持ちを理解してくれない事に対する私の苛立ちで毎度ケンカしてきました。そのうちに旦那は罵倒や暴力へと発展し、理論的に話す方だった私も暴れるようになりました。何度も離婚の話が出ましたが、ふっ切れませんでした。

赤ちゃんを授かった今、なんとか少しでも旦那を理解し穏やかに暮らしたいと思い、アスペルガーの本を読みました。本人が自覚していてくれたら良いのですが、自分は正常、私が異常という考えです。真面目に働く旦那なので、今後もまわりに理解者は出来ないと思います。唯一の相談役は母ですが、これ以上心配をかけたくないので辛いです。
No.8742 - 2015/09/17(Thu) 02:30:44
 
 
 
 
Re: 優しさは信じてよいのだろうか。 / 沈丁花
びっちゃんさん、はじめまして。

>そんなでも忘れられない感謝の日がありました。

私も、数少ない幸せな思い出にすがって夫と暮らしてきました。ですから、びっちゃんさんのお気持ちよくわかります。

今後、びっちゃんさんが夫さんと、どのように暮らしていけばいいかのアドバイスは私にはできません。

でも、どうぞ今は、お腹の赤ちゃんのことだけを考えて、心穏やかにおすごしください。アスペルガーのことを考え続けるのは、ものすごいストレスです。

お体お大事に。
No.8743 - 2015/09/17(Thu) 06:50:12
 
 
 
 
Re: 優しさは信じてよいのだろうか。 / びっちゃん [関東]
沈丁花さま、返信ありがとうございます。

やはり幸せな思い出は数少ないのですね。会話をしながら買い物や食事を楽しむ他の夫婦を見ると羨ましくもあり、そんな何気なく味わえる普通に触れて精神保っています。今は専業主婦で近くに友達もいないので、人と直接話す事が少なく笑顔も失いかけてますが、いずれ絶対に自信を取り戻すんだという気持ちを持ち続け暮らします。

アスペルガーのことを考え続けるのは、ものすごいストレスだと教えてくださり、気が付く事ができて良かったです。
体大事にしますね。ありがとうございました。
No.8744 - 2015/09/17(Thu) 12:42:17
 
 
 
 
アスペルガーにとって望む暮らしはどうなんだろう。 / 通りすがりのレディー
昔、(まだ一緒に暮らしてそれなりに話し合えば何とかなると私が問題があった時には膝突き合わせて、、、と頑張っていたころ)旦那が言っていた感じのことを思い出しました。

「俺は次の日には元気になっている。」(意見らしい意見、解決らしい解決もないまま部屋にこもって眠るだけ)

これって喧嘩の次の日に前日何も起こらなかったときと同じ態度に戻っているってことなんですが、、、これ、どうなんでしょう。喧嘩をするという事は何か問題があるわけで、それを乗り越えるなり、まだ問題が解決してないからちょっとギクシャクしたりしながらの日々があっても私は良いと思うのです。

ところが彼が目指すのはまるでリセットなんです。

と、こんなことを思い出してふと思いました。アスペルガーとの暮らしは毎日が昔古いゲームセンターであったような50円だか100円だか出してやる「コンティニューしますか?」と聞いてくるゲームみたいだと。

毎回毎回、同じことを繰り返し、先ほどのゲーム内容なんて全然関係ない淡白さ。アレと似ているんです。

昨日あったこと、昔あったこと、思い出やら病気になったなんて事やら、、、普通の夫婦なら思い出がいっぱい、配慮するべきことがいっぱいなんです。何か買うときには「妻はあの思い出の時に赤が好きだったから赤がいいだろうか」とか妻が病気を訴えたら「以前はこういう時にこういう病だったからとか、こうされるのは妻は嫌だから」と思い出一つ一つと関連があるんです。

また同時に私たちは機械のゲームではないので「今、どう思っているか、どうしたいか」を聞いてもらうことも大切なんです。

昨日、話をして、、、やっぱりドツボにはまりました。この人と話していても人間の情とかあったかさは私には全然感じられない、、、と。Q&Aみたいな会話はできるのですが、(彼が知りうる情報を引き出すことはできるが)ただそれだけという感じで。

人として虚しくない暮らし、我々がホッとする暮らしどうしたら平行線を少しは近づけるようなことができるのか、、、途方に暮れるばかりです。

本人が発達障碍者支援関係にアクセスすることは期待できません。(何度も自分が違っていると思っているにしても我々のコミュニケーションの問題に生かせるヒントがあるかもしれないといったのですが無理。というか障害に対し毛嫌いのような感じです。同時に私がカウンセラーさんから勧めてもらったソーシャルスキルトレーニングという話も馬の耳に念仏というか、、、。)問題があるのは私だけという感じです。我々の問題というような意識は全く持ってもらえません。

どうしたら我々の問題という意識へとつなげられるでしょうか。
No.8734 - 2015/09/13(Sun) 16:51:08
 
 
 
 
Re: アスペルガーにとって望む暮らしはどうなんだろう。 / いーちゃん
うちの夫も同じです。
私には、昨日から今日へと続く一連の気分があります。昨日喧嘩すれば今日もなんとなく面白くない訳です。それが当たり前だと思っていました。
そんな私を夫は理解できないようです。スッキリ起きてきて、おはよう!だなんて、こっちはモヤモヤしてるのに、何事もないみたいに・・・・って思っていました。一度尋ねてみたんです、昨日あんなことがあったのにどうしてそんな風なのか?って。そしたら、そんな質問をされるとは思ってもみなかった!みたいな顔で、えっ?・・・沈黙。私も沈黙。会話は終了。感じてることがこんなにも違うことがあるのかと不思議で仕方なかったのを覚えています。
No.8736 - 2015/09/13(Sun) 22:56:14
 
 
 
 
Re: アスペルガーにとって望む暮らしはどうなんだろう。 / すももママ
(以前「モモ」という名前で投稿しましたが、他に似たお名前の方がおられることに気付き変えました。気にしておられないかもしれませんが、すみませんでした。)

「リセット」という表現、とてもよくわかります!!

うちも努力と忍耐でなんとか一緒に暮らしていた頃、忍耐忍耐と思っていても忍耐しきれず私がキレてしまって、そこだけ聞けば「暴言」と言われるようなことをついに言ったことがあります。

私は暴言、暴力といったこととは無縁で穏やかな生活をしてきたのですが。

夫は約束は守らない、家族の状態関係なしでどうでもいい用事で出かけて帰って来ない(連絡も取れない)、基本的なサシスセソが出来ない等色々あります。
もちろん人の気持ちはわからないし、ADHDでもあるので毎日ミスがものすごく、フォローは大変でした。

夫の特性によるそういったことで当時私は疲弊していて、同時にこどもは夜も1〜2時間に一度は起きるので睡眠不足…そんな中冷静に話し合ってみたのですが、やはりどうにもならなかったので、ついにはキレたんです。限界でした。

それでも、今思えば私も夫に歩み寄りすぎで、普段は波風立たせないよう極力合わせていたし、自分で言うのもおかしいですが、当時の私は優しすぎました。

私はその暴言の後も「ショック受けてるかも」「言い過ぎたかな」「ちょっとは反省してるかも」と思っていたんです。

そんなわけ、ありませんでした。
それは次の日の態度から明らかでした。まるっきり、リセットされていました。

私への怒りや抗議や強がりで普通に装っているわけではありませんでした。本当に普段どおり…私が相手を見誤っていたんです。そんなもんでは効かないんです。

もし深いところで効いているとしても、障害のためかそれがなんらかの表情や態度には表れません。逆切れしてくることすらありません。ただリセットされます。なかったことにされます。
(それぞれ違うので、逆切れしてくるアスペルガーの方もおられるでしょう。うちの場合は、です。)

そういった「リセットされてはもう一度」を何年もくり返し、何が残ったのかよくわかりません。とにかく手におえません。今は大事なこどもとの生活優先です。

こどもは私の責任でしっかり育てなければなりませんが、夫がああなのは私のせいではない。

このことに気付いても尚、「こどもの父親には最低限こうあってもらいたい」という思いに囚われ、嫌になりますが、そんな思いもすべてあちらには気にならないことなんです。

「見えてないことは無いってことでいいじゃん」といった内容のことを夫が言っていたことがあります。

アスペルガーのことをちょっと勉強した今はそれがどんなにおそろしい意味を持つ発言かわかります。

その時「自分が見えない」「人にも言われない」嫌なこと面倒なこと、時には自分のこどもですら「無いもの」とされ、無視して生きて行かれるんです。

我々の問題と彼らが捉えるのは果てしなく難しいでしょうね…。

彼の特性によるものに私が耐え難くても、「おまえ(すももママ)が我慢できるようになればそれでいい」と言い切りました。

聞いた私は唖然としましたが、それが本音なんでしょう。すごい、の一言です。
No.8738 - 2015/09/13(Sun) 23:16:20
 
 
 
 
Re: アスペルガーにとって望む暮らしはどうなんだろう。 / ぶん
もう、同じ過ぎて笑いました。

うちも、落ち込んだ時(一応落ち込むことはあります、うちの夫は)の解消法→寝る、です。

「それですっきりする人もいるのか」と30年前に「落ち込んだ時の対処法」の話を聞いたときに思いました。それも手ではあるよな、と思いました。睡眠不足よりはいいでしょうね。

しかし、解消法というより、「何もかも全部忘れる」ですけど。
試験の内容のようなものは覚えている(うちの場合)ので、脳内の記憶する場所や回路が人といろいろ違うんでしょうね。

よく生きてきてるなあ、今まで、と感慨深くもあります。
No.8739 - 2015/09/14(Mon) 21:44:54
 
 
 
 
Re: アスペルガーにとって望む暮らしはどうなんだろう。 / 通りすがりのレディー
お一人お一人の名前を書けなくてすいません。(一人一人の名前をスクロールさせて書くことはできますが、さらっと見てさらっと覚えてが現在の私には難しく、短期記憶が難しいことをこの掲示板では隠さずにいるほうが、他のやりとりも覚えていられないことも苦しく思わずにすむためあえて頑張ることはやめています。失礼を承知でお許しください)

同じだと思ってもらえ、「リセット」という言葉に共感いただけ、嬉しいです。また、色々なご意見を見させていただきありがとうございます。(お返事いただきというのは掲示板の場合どう書けばいいのでしょうかね)

、、、、同時にカサンドラとしての出口がやっぱり見えない困惑もあります。

数日前、私事ながら歩くのもやっとというおじいちゃん先生がやっている病院に行きました。そこが病院であることや治療内容は全く関係なく、そこのおじいちゃん先生との会話が私にはすごく救いになったと言いたいだけです。病院滞在時間の半分以上が雑談です。おじいちゃん先生の足の調子が悪くて電話に出るのに間に合わない話や、文学について、虫についてや、なぜ今医師をしているかなど。まわりくどいし忙しい人には向かない病院だと思います。

でも、私はすごく救われました。そして同時にやっぱり私には無駄な(アスペルガー的にも世間的にもいわゆる余談)会話、事務的ではない会話が必要なんだと痛感しました。

離婚しないならより多くのこういった心のオアシスを持たなければ私は生きていられません。老人ホームめぐりして友達を作ろうかと思ったり、このおじいちゃん先生に通院以外でも会いに行ってしまおうかと思ってしまうぐらいです。「文学」の中に潜む人生訓についてもいろいろおっしゃっていたのでもしかしたらカサンドラのドツボにも風穴を開けるヒントがもらえたり(ちょっと希望的すぎでしょうか)。

本当は定型の人と別の人生を歩けたらと思うのですが、、、。小さい子供を抱え仕事もまだできるとは言えず、良くなったとはいえ短期記憶障害。次の人生のパートナーを探すなんてとてもとても今の私にはできないです。

でも、出来ない出来ないと言っていたら人生変わらないことも痛く判っております。。何か自分を子供を幸せにしそうなことにはアンテナを張って頑張れることは頑張りたい、、、矛盾しているかもしれないですがそんな現状です。
No.8741 - 2015/09/17(Thu) 01:21:19
 
 
以下のフォームに記事No.と投稿時のパスワードを入力すれば
投稿後に記事の編集や削除が行えます。
200/200件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ]

- HOME - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

- Icon: ぱたぱたアニメ館 -

Rocket Board Type-LF (Free) Rocket BBS