04 03. 2008
・さっそくブログでご紹介いただきました。
  
・la signora
プロのブロガー、ゴージャスカレー姉妹の華麗叫子さんが、4/2の記事で当店をご紹介してくださいました。
華麗さま、Grazie mille!!!
わたくしが新店の写真を全然UPできなくてごめんなさい。
こちらをご覧いただければ、雰囲気が伝わりますね♪ →http://cosmo.tokyobookmark.jp/e2930150.html


Update:04 03. 2008 10:49 [No.471]


03 21. 2008
・la scatola di pesce!
  
・la signora
もう一枚お目にかけちゃおっかな〜☆
Q: これ、なーんだ!
A: グラスファイバー(船と同じ素材)で造船所で作ってもらっている、「お魚ケース」でーす。
「signoraさん、どんな模様に貼ればいい? 好きなようにマジックで描いてよ!」というお言葉に甘えて、
イタリアっぽくネームを入れていただきました。私のオーダーする文字表現をするためには△が多くて、
タイルをいっぱい切らないといけないのに、腕のいい職人さんが二人がかりで協力してくださいました。
イタリア製の厚手のガラスタイルは、光を受けると透明感が出てすっごく素敵! お楽しみに!


Update:03 21. 2008 08:25 [No.469]


03 21. 2008
・きょうもみんなで。
  
・la signora
みんな、本当に頑張ってくれている。
酷い花粉症と尋常ではない疲労と闘いつつ、みんなをぐいぐい引っ張ってくれるお父ちゃん的存在の船長。
施主おてずからのまかない付きの現場なんて、きっと職人さんたちの記憶にもくっきりと残るだろうと思う。
その船長の手となり足となり自主的にどんどん動いてくれる、我が『ラ・スコリエーラ』のスタッフ達。
大分順調に引越しの準備は整い、毎日現場でもよく職人さんたちを手伝ってくれました。
設計士の先生方も驚くほどのチームワークで、現場をまとめ、素晴らしい腕を披露してくれた職人さんたち。
銀座の設計士さんにも「この現場は大丈夫。だってみんな生き生きと動いているでしょう?」とお褒め戴いた。
遠く岡山の空の下、タイトな納期にも拘らず、本当に高いクオリティの建具と家具を作ってくれた職人さんたち。
岡山と東京を行ったりきたりしつつ、我儘な施主の要望をあますところなく聞いてくれた大阪事務所のみなさん。
みなさんの汗と涙の結晶のようなお店が、今、出来上がりつつあります。本当に嬉しいです。
みなさんの頑張りに比べたら、私のグダグダっぷりは何だろう…。もうちょっと、もうひとふん張り頑張らねば。
今日から最後の大一番、最後の大仕事が待っている。頭をイタリア語にしておかなければ…。いざ出陣!

新装開店まであと一週間。もうちょっとだけ、待ってて下さいね☆
↓みんなで船長に教わりながら、カウンタートップの無垢板にサンダーをかけているところ。
この無垢板は、旧店舗のカウンターから持ってきたお馴染みのもの。ブビンガって言うんだって。
特にishibashi君とdecが頑張って、ちゅるちゅるになるまでサンダーをかけた。「20代の肌になったよ!」だって。


Update:03 21. 2008 07:51 [No.467]


03 19. 2008
・業務連絡。
  
・la signora
ここまでくると、日一日と店が出来上がっていく。刻一刻わたくしに残された時間が減っていく。ピーンチ!
今日はもろもろの尻拭いをすべく、あらゆる約束をキャンセルしてしまいまして、関係各位には本当に申し訳ございませんでした。どこかで必ずお詫びをさせてくださいませ。江戸の敵(かたき)は長崎で討つ!・・・みたいな。

ところで、大切な業務連絡です。
フレスコ画設置の瞬間を見学したいわ、とおっしゃってくださっていたみなさま。日付が決まりましたら連絡しますね、と申し上げていたのですが、すみません。ええー、色々な事情により、来日中はまったく猶予の無い、非常にタイトな状況となって参りました。つきましては、大変恐縮なのですが、関係者以外のご見学をお受けしているゆとりが(わたくしのほうに)まったくなくなってしまいましたので、恐縮ではございますが、見学会は中止ということで、何とぞご了承いただきたくお願い申し上げます。ごめん。江戸の敵は長崎で討つから!(←しつこい)


Update:03 19. 2008 17:00 [No.466]


03 16. 2008
・signora, ついにダウンです。
  
・la signora
温かくなりましたね〜!!!
昼も夜も頬を撫でる風が心地よく「気持ちイイ〜!」と言ってましたら油断しちゃったみたいです。ついにダウン!
昨晩は9度6分のお熱(子供か〜☆) 今朝は7度6分まで下ったのに、さっき計ったらまた8度6分(げ!)。
滋養強壮のため、と思って、さきほど隣の北京宮廷料理『カンメイホウ』で、フカひれスープとお粥を戴いたんだけど、そう簡単には効かないか…。これはもう抗生物質を飲まなければどうにもならないのか。うう〜。無念じゃ…。

最初、諸々の事情で遅れ遅れであったお店の工事は、現在は順調に進んでおります。
写真は、先日佐賀・福岡・長崎に出張していたときのワンショット。佐賀のホテルでの朝食の風景です。
コルティジャーナの紅伽さんが通訳を務めていらっしゃる、イタリアの某高級ジュエラーの作品。あまりに素敵だったので、ついうっかり買ってしまった(笑)指輪が、朝日に当たってあまりにも美しかったので。この指輪してたら、ご縁、来るかな〜(←これは独り言です)。

いえね、女一人旅ってだけでも田舎では十二分に目立つのですが、その上私は店員さんにいきなり「メジャー貸してください! 無ければ物差しでも!」と申し出て物差しをget my loveし、おもむろに座っていたベンチソファを計測開始!(笑) だって、今度『ラ・スコリエーラ』の新しいお店に作るベンチソファのサイズの件で、悩んでいたんですもの〜★ 座面の深さとか、背の勾配の程度とか、そこのホテルのソファのままにするわけではないのですが、このサイズでこの程度なら、これぐらいにすれば贅沢なんじゃない? という風に参考にさせていただいたわけです。計測が終了したら、今度は頭をぐりぐり回転。実験開始!(笑) だって船長が、フレスコ画にお客様の頭が当たるぞって、脅かすんですもの〜★ 厚みがあれば大丈夫ってことを発見したので大収穫だったんだけど、そのことを家具製作会社さんに嬉々としてご報告申し上げたら、「signoraさん、それは相当怪しい行為ですね〜」と笑われてしまいました。ハイ! これからは10年前にフィレンツェのcelleriniで購入したmyメジャーを持ち歩きマース!(←いや、そーゆーことを言われたのではないのだが…。しかし、なぜか持ってる伊製メジャー)

そうなんですヨ。新しいお店には個室がいくつかあり、一番メインの個室には、ナナナナナント! 7mものフレスコ画(本物だよ! 只今フィレンツェにて製作中)が入るんですよ。そして、その前は(体の大きな)船長が寛げるサイズの、妙に贅沢なベンチソファなのだ。。。楽しみにしていてくれたまへ!(←高熱にうなされて、ちょっと変なテンションなのだが、許してくれたまへ!) 末筆ながら、みなさまくれぐれもお風邪にはご用心召されますように。。。


Update:03 16. 2008 23:31 [No.465]


03 15. 2008
・只今、工事中です☆
  
・la signora
Buongiorno, tutti !
南イタリア魚介料理『ラ・スコリエーラ』は、移転準備のため、只今一時休業をさせていただいております。
新天地での新OPEN予定が、ようやく決まりましたのでお知らせいたします。

3月27日(木)〜 PLANZO(ランチ)営業開始
3月31日(月)〜 CENA(ディナー)営業開始

残り約2週間、休業中はしばらくご不便をおかけいたしましてすみません。
休業期間中も、定休日である日曜以外は、いつもどおりスタッフが出社しておりますので、
ご予約・お問い合わせは10:00〜21:00ぐらいの間で受け付けております。お気軽にどうぞ! 

さてさて、工事中の新しいキッチンはこんな感じ。decと船長が、なにやら相談しております。
3/12(水)からお店はお休みなのですが、スタッフは毎日ぶっ通しでお引越しの準備に取り掛かっております。
工事現場にも、毎日2名ずつ交代で出勤して、率先して職人さんたちのお手伝いです。
signora「うちの若い衆、少しはお役に立っておりますかね〜」
職人さん「おう! みんなよく働いてくれるよ〜、助かってるよ〜!」
現場は粉塵がすごくて大変ですが、decなどは職人さんたちの匠の技に興味津々のご様子で、楽しそう!
ここは船長と私のお店ではなくみんなのお店だからね。改装もそうだったけど、今回もまたみんなで作ろうね!


Update:03 15. 2008 07:18 [No.464]


03 12. 2008
・旧店舗での営業終了!!! ありがとうございました。
  
・la signora
昨日の営業をもちまして、現在の場所での『ラ・スコリエーラ』の営業は終了した。
お蔭様で、ランチから記録的な満員御礼。有終の美を飾ることが出来たと思う。
終了間際には、馬場(初代)シェフも登場して、最後のお客様をスタッフ総出でお見送りした後、
プロセッコで乾杯をした。特に馬場シェフは、一緒に一から手作りで作った店だったから、寂しそう。
ノスタルジーアだねぇ…

本日から、27日ぐらいまで(まだ大決定できていなくてすみません…)、
工事&引越しのため休業いたしますが、定休日の日曜以外はスタッフは出てきております。
(やることは山積み。時間が足りないぐらいなのだー。)
ご予約やお問い合わせは通常通り受け付けておりますので、お気軽にお電話くださいませ。


Update:03 12. 2008 09:55 [No.463]


03 04. 2008
・残すところ、あと一週間!
  
・la signora
Buongiorno, tutti!  みなさま おはようございます。
signoraただいま出張中につき、申し訳ございませんが、メールでのお問い合わせなど、
いつもより少々お時間を戴いてしまいますこと、ご了承くださいませ。

さて、いよいよ、今の場所で『ラ・スコリエーラ』が営業できるのは、残すところあと一週間となりました。
「最後にさよならパーティはしないの?」というお問い合わせもポツポツいただいてはいるのですが、
当店といたしましては、あくまでも通常のレストランワークが我々の本分と自負しておりますので、
別れを惜しんでいただけるのであれば、ぜひ通常の営業形態の中で、
存分に『La Scogliera』の魅力をお楽しみいただきたいなぁ、と思っております。

さあ、カウントダウンが始まりました。今度の日曜日は、月に一度の特別営業日、
今の場所で開催される最後のお料理教室と、今の場所で開催される、最後のバンビーノday♪ です。
こちらも残席僅かです。ご予約はお早めに☆ civediamo, ciao, ciao!!!


Update:03 04. 2008 06:10 [No.462]


02 29. 2008
・新天地を紹介します!■その3
  
・la signora
三部作になっておりますので、↓↓の日記から、ずずずいーっとお読み下さいませ。
今、日付を見てふと気がついたんだけど、閏年なんですねぇ…。29日かぁ…。あ、ではまいります!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなこんなで、尋常ではない日々を過ごしているsignoraではあるが、忙しいけど嬉しいことがある。
わが『ラ・スコリエーラ』の面々が、とっても協力的に動いてくれていることがだ。
何がどうってことではないのだけれども、移転を控えてみんなの意識が、今迄で一番高いような気がするのだ。
ひとりひとりが、『ラ・スコリエーラ』は自分の店、という意識で働いてくれているのがたまらなく嬉しい。
ひとりひとりが、店を盛りたてるために、今自分が何をやるべきかを、自主的に考えてくれているのがわかる。
成長しているんだなぁ、みんな…。この店をやって、本当に良かったと思うのは、こういう瞬間だ。
だから船長もsignoraも、かなり寝不足だけど、頑張って全力を尽くそう! という元気と勇気が湧いてくるのだ。

誰一人欠けることなく、みんなが新事業についてきてくれること。これが何よりも実は嬉しい。
お客様にとっても、場所がちょっと変わっても、インテリアがちょっと変わっても、
いつもの笑顔がいつものように、同じように出迎えてくれること…。
これに勝る「ホッ」とすることは無いだろう。みんな本当にお客様を喜ばせることが大好きなメンバーなのである。
新しいお店でも変わらぬ笑顔と変わらぬ元気で、はりきっていこうとお待ちしておりますので、どうぞご安心を☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みなさま、新店舗は只今鋭意工事中でございます。
このビルを設計した方が「僕はこの景色がとても気に入っているんだけど」と語ってくださったのがこの景色。
丸くくり抜かれた天井から、上階のガーデンに植えられた緑越しに、美しいビルが望めます。
腕のいい職人さんたちが目一杯頑張ってくださっているので、きっといい店になることと思います。
もう少し待っていて下さいね★ そして今のお店にお別れを言いに、最後にもう一度御来店くだされば幸いです。


Update:02 29. 2008 05:31 [No.461]


02 29. 2008
・新天地を紹介します!■その2
  
・la signora
まだまだやらなければならないことが山積みなのに、書き始めたら止まらなくなっちゃったsignoraです。
さて、↓の日記からのつづきです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最初にこの物件を訪れた日は、まだ物件の中には入れず、このテラスしか見られなかった。
雨が降っていたので昼でも暗かったし、なんだか真ん中辺りが濡れている…。
ん? ちょっと待てよ。屋根があるテラスなのに、なんでここだけ濡れているんだろ?
つかつかと、近寄ってみる私…。
はっ! として上を見上げてみる。すると、ナナナナナント! ぽっかり丸く穴が開いているではないか!
「わぁっ! ここ、パンテオンだぁ〜〜〜!!!」 Roma好きのsignoraが、喜ぶまいことか。
ここだ。ここしかないのかもしれない。ビビッと来たってやつ? うーん、そうかもしれない。

それから毎日のように、私と船長はそれぞれ、昼となく夜となく、何度も何度もこの物件を訪れてみた。
今のお店に負けず劣らず、賑やかなエリアではない。駅からも、決して近くは無い。微妙な場所である。
もし初めて店をやる人がここを見つけてきたのならば、100%「やめとけ」とアドヴァイスすることだろう。
だが幸いにも、我々には4年9ヶ月の間に培った、赤坂『ラ・スコリエーラ』のお客様が既にいらっしゃる。
マニアックな趣向のお客様が多いため、大通りや繁華街よりも、このぐらい密やかな場所にあるほうが、
ちょっと隠れ家っぽくて、却ってうちのお客様好みかもしれない。
それに今の場所に親しんでいる方にとっては、違う町への移動よりも近所への移転のほうが望ましいであろう。
またterazza(テラス)が使えることで、ますますイタリア濃度を上げられるかもしれない。
ここがうちのお客様で一杯になった状態を想像してみた。なんとも言えず嬉しかった。間違いない。ここにしよう!
だがこれから待ち受けている怒涛の日々を思うと、さすがの私も武者震いがした。をいをい、銀座と同時かよ…。

それからが本当の勝負。大至急設計士の先生に依頼をし、仮の平面図を作り、プレゼン資料作りに没頭した。
兄弟店の『ゆうき丸・銀座本店』出店計画を、直接プレゼンさせていただくことによって通したので(祝!)、
赤坂の移転出店計画も、直接事業計画のプレゼンテーションをさせていただけるように依頼をした。
銀座のプレゼンの翌週だった。通ったので勢いだけはついた。二週連続のプレゼン。ずっと並行しての準備。
ありえないこと続きであったけれども、嬉しいことに、我々は二週連続で祝杯を挙げることとなったのである。
そしてすぐさま、今度は銀行めぐり…。今度は金融機関への、事業計画のプレゼンテーションの嵐。ふぅ…。
そして同時に、2軒分の設計の打ち合わせが無数に続き、大体決まったかと思えば、
今度は部材会議だから、毎日のように色々なショールームを駆け巡る毎日(くれぐれもいちいち2軒分ね)。
そうこうしているうちに、不本意ながら日々忙殺されて、追いまくられて現在に至っているのである。→つづく
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓こんなに明るいのに、住所的には地下一階!? かなりの斜面に建っているので、実質的には2階です。


Update:02 29. 2008 05:02 [No.460]


Skin design : Relax

200/200件 [ ページ : << 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 | 過去ログ ]

- HOME - 新規投稿 - お知らせ(3/8) - 記事検索 - 携帯用URL - フィード - ヘルプ - 環境設定 -

Rocket Board Type-X (Free) Rocket BBS